大阪大学蛋白質研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大阪大学 蛋白質研究所(たんぱくしつけんきゅうじょ、Institute for Protein Research, Osaka University、略称:蛋白研IPR)は、大阪大学の附置研究所共同利用・共同研究拠点)。1958年に設立された。日本におけるタンパク質研究の中核として機能している。

研究[編集]

21世紀COEプログラム研究拠点

21世紀COEプログラムでは、「細胞超分子装置の作動原理の解明と再構成」が採択され、研究拠点として機能している。

組織[編集]

研究部門[編集]

  • 蛋白質化学研究部門
    • 蛋白質有機化学研究室
    • 生体反応統御研究室
    • 細胞外マトリックス研究室
    • エピジェネティクス研究所
  • 蛋白質構造生物学研究部門
    • 蛋白質構造形成研究室
    • 蛋白質結晶学研究室
    • 旧蛋白質機能構造研究室
  • 蛋白質高次機能学研究部門
    • 細胞内シグナル伝達研究室
    • ゲノム-染色体機能研究室
    • 神経発生制御研究室
    • 体内環境統合蛋白質研究グループ
  • 蛋白質国際統合研究部門
    • 外国人PI研究室
    • 国内客員研究室
    • 共同研究員
  • 寄付研究部門
    • 生体分子認識(タカラバイオ)
    • 疾患プロテオミクス (Shimadzu)

附属センター[編集]

  • 蛋白質解析先端研究センター
    • 機能・発現プロテオミクス研究系
    • 分子創製学研究室
    • 超分子構造解析学研究室
    • 蛋白質情報科学研究室
    • 先端計測研究室
    • データベース開発研究室
    • 産学・国際連携研究室

立地等[編集]

所在地
大阪大学吹田キャンパス内
アクセス

外部リンク[編集]