北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター(ほっかいどうだいがくスラブ・ユーラシアけんきゅうセンター、英: Slavic-Eurasian Research Center)は、北海道大学の研究センターで、旧ソ連東欧研究の総合的・学際的研究を行う研究所である。シベリア・極東、中央ユーラシア、東欧、地域比較のすべてをカバーするのは、日本国内で唯一である[1][2]。北海道大学に設置されたスラブ研究室に端を発する[2]。略称はスラ研またはスラブ研、SRC。

概要[編集]

1953年、北海道大学にスラブ研究室が組織され、ロシア(ソ連)をはじめとするスラブ地域研究の拠点を作る試みが行われた[3]。1955年、スラブ研究室は北海道大学法学部附置スラブ研究所(後にスラブ研究施設に改称)として官制化され[2][3]、 日本唯一のスラブ地域研究機関として活動を開始した[3]。そして1978年、北海道大学共同教育研究施設への改組に伴い、スラブ研究センターと改称された[3]1990年代前半、ソ連ユーゴスラビアの解体に伴い、旧ソ連・東欧地域全体をスラブと呼称することが難しくなったため、「スラブ・ ユーラシア」という言葉を考案し、2014年スラブ・ユーラシア研究センターと改称した[3]

2009年6月、共同利用・共同研究拠点「スラブ・ユーラシア地域研究にかかわる拠点」として認定された[3]。共同利用・共同研究拠点第2期期末評価では、最高点のSと評価された[1]

ロシアだけでなく、アメリカ、オランダ、中国、フランス、イギリス等の諸大学・研究機関とも学術交流協定を結んでいる[1]

沿革[編集]

研究活動[編集]

研究分野は政治、経済、国際関係、歴史、文学・文化、言語学、人類学に及ぶ[1]。日本語・英語・ロシア語の3カ国語で研究成果を発信し、4種類の査読誌を発行している[1]

ソ連東欧研究の総合的・学際的研究の国際的な拠点であり、1980年代から毎年、国際シンポジウムや研究会、講演会を多数開催している[1][2]。また、重点領域研究 「スラブ・ユーラシアの変動」(1995〜1997年度) 、21世紀COEプログラム「スラブ・ユーラシア学の構築」(2003〜2007年度)、若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラム(2008〜2012年度)、新学術領域研究「ユーラシア地域大国の比較研究」(2008〜2012年度)、グローバルCOEプログラム「境界領域の拠点形成:スラブ・ユーラシアと世界」(2009〜2013年度)などの大型プロジェクトに積極的に取り組んでいる[3]

組織[編集]

  • ロシア部門
  • シベリア・極東部門
  • 中央ユーラシア部門
  • 東欧部門
  • 地域比較部門

2019年4月現在の研究スタッフは、専任研究員が8名(うち教授7名、准教授1名)、助教・特任助教4名という陣容である。その他、図書・編集担当の教員2名、および数名の非常勤研究員、プロジェクト研究員、外国人研究員、客員教員や日本学術振興会特別研究員がいる。また、全国に百数十名の共同研究員がいる。

教授[編集]

准教授[編集]

助教・特任助教[編集]

  • 諫早庸一(中央ユーラシア前近代史、モンゴル帝国史、科学史)
  • 高橋美野梨(国際政治学、グリーンランド・北極研究)
  • 加藤美保子(ロシア外交)
  • 後藤正憲(文化人類学、ロシアの文化・経済的行為)

過去センターに在籍した研究者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター”. 科学技術・学術審議会学術分科会. 2021年9月閲覧。
  2. ^ a b c d 北海道大学 スラブ・ユーラシア研究センター | 国立大学附置研究所・センター会議” (日本語). 2021年9月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 沿革と概要”. src-h.slav.hokudai.ac.jp. スラブ・ユーラシア研究センター. 2021年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]