会津大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
会津大学
会津大学正門 (2009年4月14日)
会津大学正門 (2009年4月14日)
大学設置/創立 1993年
学校種別 公立
設置者 公立大学法人会津大学
本部所在地 福島県会津若松市一箕町鶴賀字上居合90
北緯37度31分25秒 東経139度56分16秒 / 北緯37.52361度 東経139.93778度 / 37.52361; 139.93778座標: 北緯37度31分25秒 東経139度56分16秒 / 北緯37.52361度 東経139.93778度 / 37.52361; 139.93778
学部 コンピュータ理工学部
研究科 コンピュータ理工学研究科
ウェブサイト 会津大学公式サイト
テンプレートを表示

会津大学(あいづだいがく、英語: The University of Aizu、公用語表記: 会津大学)は、福島県会津若松市一箕町鶴賀字上居合90に本部を置く日本公立大学である。1993年に設置された。 日本初のコンピュータ専門大学として設置された。コンピュータ理工学部・コンピュータ理工学科の一学部一学科で構成される。

概観[編集]

会津地方は江戸時代から、会津藩が設置した藩校日新館が示すように、教育に熱心な地域である。しかし、長年にわたり会津地方の高等教育機関は会津短大(現短期大学部)のみであった。四年制大学を作るのは会津の人々の悲願であったともいえ、会津大学開学はその悲願を叶えることとなった。

福島県は1992年に4年制大学の設置を決定。國井利泰東京大学名誉教授、元理学部情報科学科教授)を初代学長に迎えて開学した。コンピュータサイエンス(計算機科学)を扱う学科は以前から存在したが、ほぼそれのみの大学は2015年現在でも珍しい。國井は国内に限らず、全世界を対象として教員を募集した。その結果、教員の過半数が外国人教員で占められるという、当時の日本では前例のない体制が出来上がった。2015年現在においても、会津大における外国人教員の割合は4割弱と非常に高い水準である。

すべての学位論文において、英語での執筆および学内での発表が義務付けられていることも特色である。修士ないし博士論文を英語で執筆することは珍しくはないが、学士も英語論文執筆が義務付けられていることは、語学関係学科ではない学部学科ではきわめて珍しい。こうした独自のカリキュラムは企業や社会からの評価を受けている。その反面、高い難易度のためか留年が比較的多く、開学当初より減ってきてはいるものの、現在でも四年卒業率はおよそ7割にとどまる[1]

コンピュータに特化した大学であることから、競技プログラミングが盛んである。競技プログラミング部は、2009年ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト世界大会で、世界88ヶ国1838大学から勝ち抜いた100大学の中で、49位タイ入賞を果たした。2016年2017年も世界大会に出場。

開学時から英語教育に力をいれており、スーパーグローバル大学創成支援事業(グローバル化牽引型)の実施校である。大学の特徴として、コンピュータ理工学専門教育、グローバル・多文化環境、ベンチャー・起業家精神の3つが掲げられる。

2016年4月現在、コンピュータ理工学部を設置している大学は会津大学と、京都産業大学である。山梨大学は工学部にコンピュータ理工学科を設置している。類似する学部としては、東京工科大学コンピュータサイエンス学部がある。

沿革[編集]

  • 1993年 - 会津大学設立(コンピュータ理工学部)、福島県立会津短期大学(1951年設置)を会津大学短期大学部に改称。
  • 1997年 - 大学院博士前期課程(修士課程)を設置(コンピュータ理工学研究科)。
  • 1999年 - 大学院博士後期課程を設置(コンピュータ理工学研究科)。
  • 2006年 - 公立大学法人へ移行。
  • 2008年 - 大学の2学科(コンピュータソフトウェア学科とコンピュータハードウェア学科)をコンピュータ理工学科の1学科に統合・改組。
  • 2014年 - 文部科学省による「スーパーグローバル大学創成支援事業」において、グローバル化牽引型の大学に選出。
  • 2016年 - 学部4学期制度を採用、留学生を対象とした「会津大学先進ICTグローバルプログラム」開始。
  • 2017年 -「THE 世界大学ランキング」において601位から800位、同ランキングの日本版において23位となる。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 福島県会津若松市一箕町鶴賀字上居合90

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

  • 会津大学のカレッジマークは、磐梯山猪苗代湖を表現しており、外周にはアドミッションポリシーの「to Advance Knowledge for Humanity」が記載されている。

会津大学のスクールカラーは「会津グリーン」。16進表記は#009999。鴨の羽色に近い青緑色である。

組織[編集]

学部[編集]

  • コンピュータ理工学部
    • コンピュータ理工学科
      • コンピュータ・サイエンス
      • コンピュータシステム
      • コンピュータ・ネットワークシステム
      • 応用情報工学
      • ソフトウェア・エンジニアリング

大学院[編集]

  • コンピュータ理工学研究科
    • コンピュータ・情報システム学専攻
    • 情報技術・プロジェクトマネジメント専攻

短期大学部[編集]

  • 産業情報学科:現在は「経営情報」・「デザイン情報」の各コースからなっている
  • 食物栄養学科
  • 幼児教育学科
  • 社会福祉学科

附属組織[編集]

  • 文化研究センター
  • 語学研究センター
  • 企画運営室
  • ソフトウェアエンジニアリングセンター
  • 情報センター
    • 情報処理センター
    • 情報センター附属図書館
  • 産学イノベーションセンター
  • 先端情報科学研究センター(CAIST)
  • 復興支援センター
  • グローバル推進本部
    • 国際戦略室
  • 先端ICTラボ LICTiA(リクティア)
  • シリコンバレー拠点(「ハッカードージョー」内部)

特徴的な学内施設[編集]

コンピュータ演習室[編集]

院生含む学生と教員、一部職員に限りカードキー(ICカード)を用いて、研究棟(コンピュータ演習室や研究室が存在)と講義棟に通年24時間入退室可能である(入学試験時などを除く)。研究棟内にはコンピュータ演習室1,2,5,6、講義棟には同じく3,4があり、院生含む学生は設置されたワークステーションを利用できる。それぞれの端末のOSは、演習室1,2はSolaris、3,4はSun Ray、5,6はmacOSがインストールされている。

Aizu Geek Dojo[編集]

研究棟内にあるものづくりに特化した工房。レーザーカッター3Dプリンター等の機器や工具を使用できる。

産学イノベーションセンター(UBIC)[編集]

会津大学と企業、地域が連携して研究を進める産学官連携拠点。施設内にはモーションキャプチャルームがある。

先端ICTラボ LICTiA(リクティア)[編集]

会津若松市情報政策課情報管理グループ執務室、ソフトバンク社公認Pepperアトリエサトライトが施設内にある。

修学支援室[編集]

継続的な学習支援、学生をサポートを行う部屋。パーティションで仕切られたオープンスペースにテーブル、ワークステーションが配置されており、講義や演習の予習・復習を行なう事が出来る。室内に常時待機している修学支援員や大学院生によるTA (ティーチング・アシスタント) から、学習支援を受けることも可能である。

グローバルラウンジ[編集]

学生、留学生、教職員が英語で語り合うコミュニケーションスペースである。

情報処理センター[編集]

ネットワーク、ソフトウェアの維持整備、不正アクセス等のセキュリティ対応、大学の基幹管理システムである学務システムや図書管理システムを全面的にバックアップサポートしている。

学生生活[編集]

部活動・クラブ・サークル[編集]

体育系・文化系の公認サークル団体は2016年時点で38団体。「競技プログラミング部」は、ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト世界大会に3度出場している。 部・サークル一覧を参照

学園祭[編集]

毎年10月の体育の日前後に、学園祭実行委員会が主体となって「蒼翔祭」を開催している。

学生寮[編集]

平成23年度より学内に「創明寮(そうめいりょう)」が設立。日本全国及び世界各国から集まった学生による共同生活を通して、グローバルな視野を持ち社会性や協調性を身に付け、入寮者全員の修学意欲の向上と円滑な学生生活を送ることの出来る様サポートすることを目的としている。各ユニットには創明寮レジデントアシスタント1名が入居しており、創明寮が学生にとって安全で、安心して生活できる場所となるよう、様々な面で指導・助言をし、他の入居者をサポートする。一人部屋と二人部屋があり、一人部屋は10㎡、二人部屋は10㎡または12㎡の面積がある。

学生食堂・大学カフェ[編集]

大学カフェでは朝食、学生食堂では昼食・夕食が提供されている。朝食は学部生限定定期券が販売されている。

付属図書館[編集]

付属図書館はコンピュータ理工学に関する学術文献を中心とした数多くの図書資料が収容されている。図書収容冊数は約17万5千冊。18歳(高校生は除く)でも利用することが可能である。

対外関係[編集]

  • マイクロソフト・サーティフィケイト・リサーチャーに認定されており、Windowsシリーズのソースコードの研究利用を行えることになっていたが、現状は不明瞭。
  • 国内最大規模のanonymous FTPサーバを運用[1]CPANCRANCTANCygwin窓の杜TurboLinuxの大手ミラーサイト。
    • 以前本項にて書かれていたRingプロジェクトはミラーしていないので注意。同プロジェクトのネットワーク上の直近は東北大となる。
  • もともと設立の目的であった、地域産業振興を目的として、会津大学TLOなどの組織を有し、画像処理などの研究成果を地元企業との間で共有。産学連携を進めている。

交流協定提携校・研究所[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

Wiki関係他プロジェクトリンク[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 全国高等学校パソコンコンクール - 会津大学が主催している、日本全国の高等学校などの生徒および高等専門学校の3年生までの学生を対象とした、パソコンによる情報処理技術のチーム対抗競技会

外部リンク[編集]