南京大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南京大学
大講堂
大講堂
大学設置 1921年
創立 258年
学校種別 国立
設置者 中華人民共和国教育部
本部所在地 中華人民共和国江蘇省南京市鼓楼区
キャンパス 鼓樓
仙林
学部 文学部他26学部
ウェブサイト 南京大学公式サイト
テンプレートを表示

南京大学(なんきんだいがく、英語: Nanjing University)は、中華人民共和国江蘇省南京市鼓楼区に本部を置く中華人民共和国国立大学である。1921年に設置された。


歴史[編集]

世界で最も古い大学の一つとされ、淵源を三国時代永安元年(258年)に開設した「太学」に求めている。その後、南京に都を置いた諸王朝の高等教育機関(明朝の南京国子監 (zh:南京国子监など)として変遷し、朝末期の1902年に近代教育機関としての三江師範学堂が設立されたとしている。もっとも、三国呉の太学から明朝の南京国子監までの連続性は証明できるものではない。また清朝では江寧府学に格下げとなり、太平天国の乱を以て断絶している。

1902年、南京国子監の跡地(現在の南京市玄武区四牌楼、東南大学四牌楼キャンパスの一部)に設立された三江師範学堂は、1906年兩江師範学堂と改名した。その後、 1915年南京高等師範学校が開学、1921年国立東南大学となる。1927年には河海工科・上海商科・江蘇医科など8大学を統合、国立第四中山大学と改称し、総合大学として発展した。1928年に南京が中華民国の首都となると国立中央大学と改称した。当時の中央大学の建築物群は、中央大学旧址として全国重点文物保護単位に指定されている。

第二次世界大戦後、国共内戦中に中国共産党に接収され、1949年8月国立南京大学になる(1950年10月に単に南京大学と改めた)。1952年7月、南京地域における高等教育機関の大規模な再編が行われた (zh:1952年南京高等学校院系调整。この結果、南京大学は文理学部(文理學院)を中心とする大学として再編されることとなり、私立金陵大学の文理学部と合併し、大学の中心キャンパスも旧金陵大学キャンパスに移動した。一方、文理学部以外の学部は、南京工学院(現在の東南大学)、南京農学院(現在の南京農業大学)、南京師範学院(現在の南京師範大学)などとして分離独立した。

台湾には国立中央大学の伝統を引き継ぐ大学がある(桃園市の国立中央大学)。1952年の大学再編を国立中央大学の廃絶と見なした卒業生らによる復興運動を経て、1962年に設立したものである。また、旧称のひとつ「東南大学」は、南京工学院が1988年に改称して使用している。

1920年代の南京大学キャンパス(当時は金陵大学キャンパス)

キャンパス[編集]

南京市中心の金陵園鼓楼校区と新しい仙林校区がある。

歴代総長[編集]

近代的な新しい学制を採用した1902年以降の南京大学歴代総長

国際交流[編集]

主な出身者[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度03分22秒 東経118度46分30秒 / 北緯32.05611度 東経118.77500度 / 32.05611; 118.77500