国家重点大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国家重点大学(こっかじゅうてんだいがく)、正式名称:中華人民共和国国家重点大学(ちゅうかじんみんきょうわこくこっかじゅうてんだいがく)は、中華人民共和国香港マカオ地区を除く)の大学のうち、権威ある大学であると政府が認定し、予算の優先配分などの支援を行うものとして、設置者の別を問わず選定された大学。単に重点大学(じゅうてんだいがく)ともいう。

1954年北京大学清華大学など6校がはじめて指定され、1978年、88校大学が選定を受けた。1995年から、新たに「985工程」と「211工程」重点大学が指定されたが、いわゆる「国家重点大学」という言葉は、「中華人民共和国教育部直属」の重点大学という意味で現在も使用されている。

国家重点大学に指定された大学(1978年)[編集]

総合大学(16校)[編集]

理工系(51校)[編集]

農林系(9校)[編集]

教育系(2校)[編集]

法律系(1校)[編集]

芸術系(1校)[編集]

外国語系(2校)[編集]

医学系(6校)[編集]

  • 北京医科大学(今:北京大学医学部)
  • 上海医科大学(今:復旦大学医学部)
  • 中山医科大学(今:中山大学医学部)
  • 華西医科大学(今:四川大学華西医学部)
  • 北京中医学院(北京中医薬大学)
  • 南京薬学院(中国薬科大学)

関連項目およびテンプレート[編集]

上記リストと比較して、大学の合併が反映されており複数の大学が追加されている。ただし、追加された大学については重点大学とする根拠が(本リストを原典とすると思われる資料を除けば)乏しい。

外部リンク[編集]

中国国内の多くのサイトで重点大学リストとして表示しているのはこれと同じものであるが、最近の大学の合併などが反映されていない。