国家重点学科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国家重点学科(こっかじゅうてんがっか、正式名称:中華人民共和国国家重点学科、単に重点学科ともいう)は、中華人民共和国香港マカオ地区を除く)の大学のうち、イノベーション人材育成と科学研究の基地に適した大学・学科に対して重点的に国家が認め予算の優先配分などの支援を行うものとして、設置者の別を問わず選定された大学である。国務院学位委員会はすべての学科を理学・工学・医学・農学等の12領域に分類し各領域に1級学科を設置し、1級学科は複数の2級学科に分けられる。第1回と第2回の選定に選ばれたのは2級学科のみ。

1988年に第1回目として416の国家重点学科が指定され、2002年1月に2回目の審査が行われ、964の学科が認定もしくは再認定され、2007年11月に3回目の審査でそれぞれの286の学科と677の学科が「1級学科国家重点学科」と「2級学科重点学科」として選定または再選定を受けた。

国家重点学科に指定されている大学[編集]

総合大学[編集]

理工系[編集]

医歯薬系[編集]

農林系[編集]

教育系[編集]

社会系[編集]

芸術系[編集]

体育系[編集]

外国語[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]