東南大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東南大学
東南大学大礼堂
東南大学大礼堂
大学設置 1921年
創立 1902年
学校種別 国立
設置者 中華人民共和国教育部
本部所在地 中華人民共和国江蘇省南京市玄武区四牌楼2号
キャンパス 四牌楼(江蘇省南京市玄武区)
九竜湖(江蘇省南京市江寧区)
丁家橋(江蘇省南京市鼓楼区)
学部 理学部
人文社会科学学部
生命科学・医学学部
土木・建築・交通学部
情報・電子学部
機械・エネルギー・材料・化学学部
電気器具控制学部
ウェブサイト 東南大学公式サイト
テンプレートを表示

東南大学(とうなんだいがく、英語: Southeast University)は、中華人民共和国江蘇省南京市玄武区四牌楼2号に本部を置く中華人民共和国国立大学である。1921年に設置された。

教育部直轄の全国の重点大学。985工程211工程や「双⼀流」にも選ばれている国家重点大学である。大学の略称東大(読み方:ドンダァ)、SEU。主な3つのキャンパスごとに教育内容・研究内容を異にする。

校訓は「止於至善(簡体字:止于至善)」、「止於至善」とは、儒教経書の一つである「大学」にある「大学之道、在明明徳、在新民、在止於至善」に由来している。意味は「至善に止まる」。

歴史[編集]

国立中央大学および南京大学とルーツを同じくする大学である。四牌楼キャンパス(南京市玄武区四牌楼)は、かつての南京国子監の跡地、国立中央大学のメインキャンパスである。

1902年三江師範学堂として創立。三江師範学堂1906年兩江師範学堂と改名した。その後、 1915年南京高等師範学校が開学、1921年国立東南大学となる。1927年には河海工科・上海商科・江蘇医科など8大学を統合、国立第四中山大学と改称し、総合大学として発展した。1928年に南京が中華民国の首都となると国立中央大学と改称。四牌楼キャンパスは当時の中央大学のメインキャンパスであり、大礼堂や旧図書館(孟芳図書館)ももともとは中央大学の施設として建設されたものである。1930年代に整備された歴史主義建築群は、中央大学旧址として全国重点文物保護単位に指定されている。

1949年8月、国立中央大学は国立南京大学に改称。1952年7月、南京地域における高等教育機関の大規模な再編が行われた (zh:1952年南京高等学校院系调整。この結果、南京大学工学部を中心として南京工学院が設立された。1988年に、旧称のひとつを採用して現在の名称東南大学になる。2000年南京鉄道医学院、南京交通高等専門科学校、南京地質学校を併合。

基礎データ[編集]

孟芳図書館

所在地[編集]

象徴[編集]

シンボルマーク
大学歌

現在の大学歌は2002年に制定された、王歩高作詞、印青作曲の『東南大学校歌』。祝典(入学式、卒業式)、講演などで使用される。

教育および研究[編集]

学部[編集]

中国の大学の「学院」も「系」も日本の大学の学部にほぼ相当する。「学部」は「学院」と「系」の上の編成で、実体はなく、日本の「学部」とは位置付けが異なっている。[1](中国の「学院」とは日本で言う単科大学或いは総合大学の学部を指すことが多い。)

  1. 理学部:数学学院、物理学院
  2. 人文社会科学学部:人文学院、経済管理学院、外国語学院、芸術学院、法学院、マルクス主義学院、海外教育学院
  3. 生命科学・医学学部:生物科学と医学工程学院、医学院、公衆衛生学院、学習科学研究センター
  4. 土木・建築・交通学部(工学一部):建築学院、土木工程学院、交通学院
  5. 通信・電子学部(工学二部):通信科学と工程学院、電子科学と工程学院、マイクロエレクトロニクス学院(旧名:集積回路学院)、コンピュータ科学と工程学院、ソフトウェア学院
  6. 機械・エネルギー・材料・化学学部(工学三部):機械工程学院、エネルギーと環境学院、材料科学と工程学院、化学化工学院
  7. 電気儀器控制学部(工学四部):電気工程学院、儀器科学と工程学院、オートメーション学院
  8. 呉健雄学院:高等理工類クラス、電子・情報クラス、機械動力クラス
  9. 体育系

附属機関[編集]

附属病院:東南大学附属中大病院、東南大学附属中大病院(江北院区)

附属図書館

  • 四牌楼キャンパス図書館
  • 四牌楼キャンパス旧図書館(孟芳図書館)
  • 九竜湖キャンパス図書館(李文正図書館)
  • 丁家橋キャンパス図書館

附属学校

  • 幼稚園:東南大学附属幼稚園 、東南大学附属幼稚園(江寧新園)
  • 中学:東南大学附属中学(南京市第九中学)
  • 高等学校:東南大学附属高等学校(南京市第九高等学校)

附属出版社:東南大学出版社

施設[編集]

キャンパス[編集]

九竜湖キャンパス

使用学部:

  • ⼈⽂社会科学学部(⼈⽂学院、経済管理学院、外国語学院、芸術学院、法学院、マルクス主義学院)
  • 理学部(数学学院、物理学院)
  • 通信・電子学部(通信科学と工程学院、電子科学と工程学院、マイクロエレクトロニクス学院、コンピュータ科学と工程学院、ソフトウェア学院)
  • 土木・建築・交通学部(土木学院、交通学院 )
  • 生命科学・医学学部(生物科学と医学工程学院、学習科学研究センター、医学院、公衆衛生学院)
  • 機械・エネルギー・材料・化学学部(機械工程学院、エネルギーと環境学院、材料科学と工程学院、化学化工学院)
  • 電気儀器控制学部(電気工程学院 、オートメーション学院、儀器科学と工程学院)
  • 呉健雄学院
  • 体育系

交通アクセス:

  • 南京メトロ3号線 東大九竜湖キャンパス駅

四牌楼キャンパス

使用学部:

  • ⼈⽂社会科学学部(海外教育学院)
  • 土木・建築・交通学部(建築学院 )
  • 通信・電子学部(電子科学と工程学院)
  • 機械・エネルギー・材料・化学学部(エネルギーと環境学院)
  • 電気儀器控制学部(電気工程学院 、儀器科学と工程学院、オートメーション学院)

交通アクセス:

  • 南京メトロ3号線 浮橋駅と鶏鳴寺駅

丁家橋キャンパス

使用学部:

  • 生命科学・医学学部(生物科学と医学工程学院、学習科学研究センター、医学院、公衆衛生学院)

交通アクセス:

  • 南京メトロ4号線 雲南路駅

キャンパス間の交通

  • 学生・教員向けに各キャンパス間の連絡バスが運行されている。九竜湖~四牌楼(通称九河バス)が1日27往復、所要時間はいずれも50分から1時間である。2015年4月1日から、何しろ南京メトロ3号線開業なので、バス運営中止

[編集]

  • 九竜湖キャンパス(桃園寮、梅園寮、橘園寮)
  • 四牌楼キャンパス(成園寮、沙塘園寮、文昌寮、兰園寮、校東寮、教工寮、群英楼寮、荟萃楼寮)
  • 丁家橋キャンパス(求恩寮、留学生寮、旧学生寮)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯32度03分28秒 東経118度47分20秒 / 北緯32.057778度 東経118.788889度 / 32.057778; 118.788889