チベット大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西藏大学(せいぞうだいがく、チベット語: བོད་ལྗོངས་སློབ་གྲྭ་ཆེན་མོ།、プージョン・ロプタ・チェンモ)[1]中華人民共和国チベット自治区首府ラサ市に本部を置く4年制国立大学である。略称藏大(zang da、ザンダー)[1]1952年創設された自治区唯一の総合大学である。正式に認可されたのは1985年。ラサ・キャンパスとニンティキャンパスがある。現任学長兼党委書記は劉慶慧山東師範大学卒)。日本語ではチベット大学[2]

概要[編集]

チベット大学正門

文学部、理学部、工学部、農学部、医学部、経済管理学部、観光・外国語学部、芸術学部、師範学部、継続教育学部、中央電気大学チベット校など11学部を設置し、修士課程にはチベット言語文学、チベット史、チベット美術、公共事業管理、作物栽培学、生態学、予防獣医学、音楽学などを置く。教職員数は863名で、専任教師523名である。専任教員のうちチベット族教員は327名で、全体の62.5%を占める。学生数は短大生を含め1,400余人、留学生20人という。キャンパスの敷地面積は23万平方メートル。

北京師範大学南京大学四川大学西南交通大学西南財経大学と高等教育出版社がチベット大学を支援している。日本では東海大学(友好学術登山隊)が提携している。

沿革[編集]

組織[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 西藏大学公式サイト”. 2018年3月14日閲覧。
  2. ^ 本記事の初版執筆者のTrek011氏が依拠した典拠不明

外部リンク[編集]

座標: 北緯29度38分45秒 東経91度08分43秒 / 北緯29.64590度 東経91.14541度 / 29.64590; 91.14541