中山大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中山大学
校訓 博学、審問、慎思、明辨、篤行
学校種別 公立大学
設立年

医学:清の旗 同治5年(1866年

主体:中華民国の旗 中華民国13年(1924年
学長 羅俊
大学職員数
13,527
位置 中華人民共和国の旗 中国広東省
北緯23度05分48秒 東経113度17分58秒 / 北緯23.09667度 東経113.29944度 / 23.09667; 113.29944座標: 北緯23度05分48秒 東経113度17分58秒 / 北緯23.09667度 東経113.29944度 / 23.09667; 113.29944
キャンパス 都市型
スクールカラー 中大緑
所属 中華人民共和国教育部
ウェブサイト www.sysu.edu.cn
Sun Yat-sen University seal (2007- )
広州南キャンパスにある懐士堂
広州北キャンパス(旧中山医科大学)にある孫文像

中山大学(ちゅうざんだいがく、ピンイン:Zhōngshān Dàxué、英名:Sun Yat-sen University、正しくは「孫逸仙大学」)は、広東省に所在する中華人民共和国副部級大学である。1924年民国13年)に創立された。大学の略称中大(ちゅうだい)又は SYSU

概観[編集]

大学全体[編集]

大学名は孫文の中国革命への貢献に対して敬意を払い、その号である中山を冠して命名された。オリジナルの学生と教員は全員中国国民党党員。

教育部直属の985工程211工程国家重点大学であり、52の学院と系を有する総合大学。中国国内においては有名な全国的大学である、社会科学人文科学医学理学計算機科学の実力が強い大学である、「華南の第1位の大学」(华南第一学府)とも称される。

大学評価の世界的指標であるタイムズ・ハイアー・エデュケーションによる「世界大学ランキング 2015-2016」では、351-400位である(中国大陸で第8位である)[1]

キャンパス[編集]

珠海キャンパス

総面積は9.38平方キロメートル。広州南キャンパスは1.17平方キロメートル、北キャンパスは0.39平方キロメートル、東キャンパスは1.13平方キロメートル。珠海キャンパスは3.48平方キロメートル。深センキャンパスは3.21平方キロメートル。

中山大学の学生は一・二年生の時に広州東キャンパスか珠海キャンパスで学び、三年生になると広州南キャンパスで学ぶ事になる。医学部の学生は一年生の頃から広州北キャンパスあるいは深センキャンパスで学ぶ。

校訓[編集]

1923年11月11日国立広東大学開校式典開催に於いて孫文直筆の書による「博学、審問、慎思、明辨、篤行」を校訓とする。

歴史概要[編集]

学校の主体[編集]

私立嶺南大学(1888年 - 1952年)[編集]

アメリカキリスト教長老会によって1888年(光緒13年)に設立されたミッション系の大学。文学部、理工学部、医学部、農学部、商学部、理科研究所、社会科学研究所によって構成されていた。

  • 1885年(清光緒11年)、アメリカのキリスト教長老会が中国広東省にミッション系大学を設立する事で同意。
  • 1886年(清光緒12年)-1887年(清光緒13年)、長老会のハッパー牧師を中心に、アメリカにて「嶺南基金」を設立。
  • 1888年3月28日(清光緒14年)、格致書院(Christian College in China)として開講。初代校長はハッパー牧師。
  • 1900年(清光緒26年)、義和団の乱の影響でマカオに移転。
  • 1903年(清光緒29年)、嶺南学堂(Canton Christian College)に改名する。
  • 1904年(清光緒30年)、広州に復帰。
  • 1906年(清光緒32年)、中国初の男女共学校となる。
  • 1912年(民国元年)、嶺南学校(Canton Christian College)に改名する。
  • 1927年(民国16年)、私立嶺南大学(Lingnan University)に改名する。同時に中国人によって学校運営がされるようになる。初の華人校長は鐘栄光。
  • 1938年(民国27年)、日中戦争の影響で香港へ移転。香港大学の校舎を間借りして授業を行う。
  • 1941年(民国30年)、第二次世界大戦の影響で停校となる。
  • 1945年(民国34年)、戦争終結と同時に広東省へ戻り、復校となる。
  • 1952年、私立嶺南大学が中華人民共和国の大学再編に伴って中山大学などに再編されて消滅したのち。1967年嶺南書院は香港で再建された。1999年7月に嶺南大学の名称となった。

中山医科大学(1866年 - 2001年)[編集]

2001年に合弁た中山医科大学の前身は1866年(同治5年)に設立された博済医学堂。

博済医学堂(1866年 - 1953年)[編集]

  • 1879年(清光緒5年)、博済病院南華学校に改名する。
  • 1930年(民国19年)、私立嶺南大学に吸収される。1934年、私立夏葛医学院(Hackett Medical College)と合併。1936年、私立嶺南大学孫逸仙博士記念医学院(Dr. Sun Yat-sen Medical College of Lingnan University)に改名する。

広東公医医学専門学校(1909年 - 1953年)[編集]

  • 1909年(清宣統元年)、博済病院南華学校の修了学生、広州にて広東公医医学専門学校を設立。
  • 1921年(民国10年)8月、広東公医医科大学に改名する。
  • 1925年(民国14年)、国立広東大学に吸収合併される、国立広東大学医学院に改名する。

広東光華医学社(1908年 - 1953年)[編集]

  • 1908年(清光緒34年)、広東光華医学社を設立。
  • 1909年(清宣統元年)3月、広東光華医学専門学校に改名する。
  • 1929年(民国18年)、広東光華医学院に改名する。

中山医科大学(1953年 - 2001年)[編集]

  • 1952年、私立嶺南大学医学院、国立中山大学医学院、広東光華医学院を合併し。1953年8月、華南医学院として設立される。
  • 1956年9月、広州医学院に改名する。
  • 1957年3月、中山医学院に改名する。
  • 1985年6月、中山医科大学に改名する。
  • 2001年10月、中山大学と合弁し、中山大学中山医学院となる。中山大学医学部を設立。

組織[編集]

学部[編集]

52の学院と系がある。「学院」も「系」も日本の大学の学部にほぼ相当する。「学部」は「学院」と「系」の上の編成で、実体はなく、日本の「学部」とは位置付けが異なっている。妙訳がないのでそのまま記す。位置づけが異なるのは、学院及び系は、個別の教育システムに位置づけられているためである。中山大学は、学院や系に相当する、各単科大学の集合体として運営がなされているためである。

人文学部[編集]

  • 中国語文学系
  • 歴史学系
  • 哲学系
  • リベラル及びアーツ学院(人文高等研究科、教養課程部)
  • 外国語学院
  • メディア及び設計学院
  • 中国語文学系(珠海)
  • 歴史学系(珠海)
  • 哲学系(珠海)
  • 国際翻訳学院

社会科学部[編集]

  • 社会学及び人類学学院
  • 嶺南学院
  • 法学院(知的財産権学院)
  • 政治及び公共事務管理学院
  • 管理学院
  • マルクス主義学院
  • 情報管理学院
  • 国際金融学院
  • 国際関係学院
  • 観光学院
  • 体育部

理学部[編集]

  • 心理学系
  • 数学学院
  • 物理学院
  • 化学学院
  • 地理科学及び計画学院
  • 生命科学学院
  • 逸仙学院
  • 数学学院(珠海)
  • 物理及び天文学院
  • 大気科学学院
  • 海洋科学学院

工学部[編集]

  • 工学院
  • 材料科学及び工学学院
  • 電子及び情報工学学院(マイクロエレクトロニクス学院、中山大学-カーネギーメロン大学連合工学学院)
  • データサイエンス及び計算機学院
  • 国家守秘学院
  • 土木工学学院
  • 環境科学及び工学学院
  • 地球科学及び工学学院
  • 化学工学及び技術学院
  • 海洋工学学院
  • 中国-フランス原子力工学及び技術学院

医学部[編集]

  • 中山医学院
  • 光華歯学院
  • 公衆衛生学院
  • 薬学院
  • 看護学院
  • 基礎医学院(深セン)
  • 臨床医学院(深セン)
  • 公衆衛生学院(深セン)
  • 薬学院(深セン)

国家重点実験室[編集]

  • 光エレクトロニクス材料及び技術国家重点実験室
  • 有害生物の制御及び資源の利用国家重点実験室
  • 華南腫瘍学国家重点実験室
  • 眼科学国家重点実験室

付属病院[編集]

  • 中山大学付属第一病院
  • 中山大学孫逸仙記念病院(中山大学付属第二病院)
  • 中山大学付属第三病院
  • 中山大学中山眼科センター(中山大学付属眼科病院)
  • 中山大学腫瘍防除センター(中山大学付属腫瘍病院)
  • 中山大学付属歯学病院
  • 中山大学付属第五病院
  • 中山大学付属第六病院(広東省胃腸肛門病院)
  • 中山大学付属第七病院
  • 中山大学付属第八病院

教員[編集]

2004年現在、教・職員12000余人。

  • 中国科学院院士10人
  • 中国工学院院士4人
  • 博士課程指導教官643人
  • 教授760余人
  • 助教授1500人弱

学生[編集]

2004年現在、学生数は5万余人。

  • 博士課程大学院生は3000余人
  • 修士課程大学院生は8000余人
  • 修士学生は3000余人
  • 本科生は21000余人
  • 外国人留学生は630余人

著名人[編集]

教師[編集]

卒業生[編集]

軍政界[編集]

  • 楊惠敏 - 中華民国軍人、日中戦争に中国の英雄
  • 謝東閔 - 中華民国(台湾)第6代の副大統領
  • 彭孟緝 - 中華民国(台湾)駐日本国大使、駐タイ王国大使
  • 楊泰芳 - 中華人民共和国郵電部の部長、中華全国帰国華僑連合会の会長
  • 盧瑞華 - 中華人民共和国広東省の省長
  • 楊資元 - 中華人民共和国広東省広州市の市長
  • 黄華華 - 中華人民共和国広東省の省長

学界[編集]

対外関係[編集]

脚注[編集]

  1. ^ World University Rankings 2015-2016 - Times Higher Education

外部リンク[編集]