北京化工大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北京化工大学
Buct statue.jpg
大学設置/創立 1958年
学校種別 公立
設置者 中華人民共和国化学工業部
本部所在地 中国北京市
学部 化学工程学院
材料科学と工程学院
機電工程学院
信息科学と技術学院
経済管理学院
理学院
文法学院
生命科学と技術学院
マルクス主義学院
継続教育学院
職業技術学院
国際教育学院
研究科 化学工程と技術
化学工芸
生物工芸
応用化学
工業催化
材料学
化工過程機械
ウェブサイト 北京化工大学公式サイト
テンプレートを表示

北京化工大学英語: Beijing University of Chemical Technology)は、中国北京市に本部を置く中国公立大学である。1958年に設置された。 大学の略称は北化化大北化大。2016年時点では、学校の面積は1,070畝、建築面積は63万平方メートル、生徒数約14,999人、本科生 余人、研究生6,358人、留学生497人、教職員2,298人[1]

大学は国家重点実験室も持っている。

略歴[編集]

北京化工大学は1958年7月14日に設置された北京化工学院が前身である。

1960年10月、中華人民共和国国務院は大学を全国重点大学に認定した。

1966年-1970年、文化大革命の時、学校閉校、学生募集を停止する。

1971年-1976年、学校は合計六ロット労農兵を募集する。

1971年10月、北京化纖工学院を吸収合併する。

1977年10月に統一入試募集制度を回復し、四年制学部学部に入学。

1978年10月、北京化纖工学院に分離。

1994年2月、「北京化工大学」に改称。

1996年4月、化工管理幹部学院を吸収合併する。

2014年、秦皇島の校区から建設が始まって。

基礎データ[編集]

  • 所在地
    • 東区地址:北京市朝陽区北三環東15号
    • 西区地址:北京市海淀区紫竹院路98号
    • 北区地址:北京市昌平区亢山路15号
  • 校訓
    • 「宏徳博学、化育天工」
  • 校歌
    • 「母校之光」。作詞王凱伝・作曲張丕基。

組織[編集]

「学院」も「系」も日本大学学部にほぼ相当する。「学部」は「学院」と「系」の上の編成で、実体はなく、日本の「学部」とは位置付けが異なっている。妙訳がないのでそのまま記す。

  • 化学工程学院
  • 材料科学と工程学院
  • 機電工程学院
  • 信息科学と技術学院
  • 経済管理学院
  • 理学院
  • 文法学院
  • 生命科学と技術学院
  • マルクス主義学院
  • 継続教育学院
  • 職業技術学院
  • 国際教育学院

附属機関[編集]

附属図書館[編集]

  • 北京化工大学図書館 - 蔵書数は全館合計で約150万冊

学生生活[編集]

  • 学生団体

大学の人物一覧[編集]

教授[編集]

  • 学長:譚天偉
  • 党委書記:王芳

卒業生[編集]

  • 李学勇:第十八回中央委員、江蘇省省委副書記、省長、省政府党組書記。
  • 馬志鵬:中共北京市委常委、市紀委書記、中共十六大中央紀律検查委員会委員、常委。
  • 張擇:テニス選手。

歴代学長[編集]

任期 名字
1958年8月-1960年12月 李蘇
1959年3月-1971年4月 馬芳庭
1979年7月-1982年6月 馬芳庭
1982年6月-1985年1月 陳鑒遠
1985年1月-1993年10月 龐瑶琳
1993年10月-1997年8月 樊麗秋
1997年8月—2012年6月 王子鎬
2012年6月現在 譚天偉

歴代書記[編集]

任期 名字
1959年3月-1971年4月 馬芳庭
1979年7月-1982年6月 馬芳庭
1973年7月-1979年7月 周靜
1982年6月-1983年12月 周靜
1985年1月-1993年10月 姜法善
1993年10月-1996年8月 盧済金
1996年8月-2002年12月 馮文林
2002年12月現在 王 芳

対外関係[編集]

2016現在、全部で15余国45大学・機関と交流協定を結んでいる。

  • ロシアの旗 ロシア
    • 庫班化工大学
    • モスクワ国立環境工学大学
    • ロシア碦山技術大学
    • ロシア科学院シベリア分院

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯39度58分08秒 東経116度24分55秒 / 北緯39.96889度 東経116.41528度 / 39.96889; 116.41528