カリフォルニア大学デービス校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
University of California, Davis
The University of California Davis.svg
旧称 University Farm
(1905–1922)
Northern Branch of the College of Agriculture (1922–1959)
モットー Fiat lux (Latin)
モットー (英語) Let there be light
種別 Public land-grant research university
設立年 1905年(116年前) (1905 (1959 as a general UC campus)
上位機関 University of California
学術的提携関係
資金 $1.66 billion (2019)[1]
予算 $4.9 billion (2017–18)[2]
総長 Gary May[3]
プロヴォスト Mary Croughan[4]
教員数
2,133 (Fall 2017)[5]
職員数
21,486 (2014–15)[6]
学生総数 39,152 (Fall 2018)[7]
学部生 30,718 (Fall 2018)[7]
大学院生 8,434 (Fall 2018)[7]
所在地 United States
CaliforniaUnincorporated Yolo and Solano counties adjacent to Davis
北緯38度32分24秒 西経121度45分0秒 / 北緯38.54000度 西経121.75000度 / 38.54000; -121.75000座標: 北緯38度32分24秒 西経121度45分0秒 / 北緯38.54000度 西経121.75000度 / 38.54000; -121.75000
キャンパス Suburban, 7,331エーカー (2,967 ha)[8]
Academic term Quarter
スクールカラー Aggie blue & gold[9]
   
ニックネーム Aggies
マスコット Gunrock the Mustang
スポーツ関係の
提携関係・加盟団体
NCAA Division I FCSBig Sky (football)
Big West (other sports)
American East (hockey)
公式サイト ucdavis.edu
UC Davis wordmark.svg
テンプレートを表示

カリフォルニア大学デービス校 (: University of California, Davis) は、東海岸の名門私立大学連盟であるアイビーリーグと並び、高い水準の教育が受けることができる公立大学群パブリック・アイビーの一校であり、世界でも屈指の生物及び農業関連の研究設備を誇る名門校である。教員・卒業生・研究者等がノーベル賞・ピューリッツァー賞等を受賞している。[10]

表記は「デイヴィス」、或いは「デーヴィス」等も存在するが、本項では「デービス」で統一する。

概要[編集]

カリフォルニア大学 (University of California) システムに属する10校のうちの1つであり、通称はUC Davis、UCデービス。農学が盛んであることに因みスポーツチームの愛称はAggies である。モットーは "Fiat lux"(そこに光あれ/Let There Be Light)。キャンパスの存在するデービス市カリフォルニア州の州都サクラメント市の約25km西、カリフォルニアセントラルヴァレーの北西部に位置する。

沿革[編集]

1905年にカリフォルニア大学バークレー校の農学専門学校 (The University Farm School ) を設立する法案がカリフォルニア州議会を通過した。当時のバークレー校にも農学部は存在したが研究が主眼だったので、農学校はより実践的な内容を主眼に置いたものであった。学校は当時 Davisville として知られた今日のデービス市に置かれることが決まった。1909年入学の第一期生は全員男子であったが、1914年には初めての女子学生が入学した。1922年、 Northern Branch of the College of Agriculture と改名され、4年制の学位授与カリキュラムが制定された。 1946年の獣医学部設置、1951年の文学部設置、1952年に農学部がバークレー校より独立する等を経て、1959年にカリフォルニア大学リバーサイド校とともに、UCシステムの中の独立した一大学となる。その後の工学部設置や各種大学院設置をもって完全な総合大学となった[11][12]

教育及び研究[編集]

組織[編集]

College of Agricultural and Environmental Sciences, College of Biological Sciences, College of Engineering, College of Letters and Science からなる4つのカレッジおよび School of Education, School of Law, School of Management, School of Medicine, School of Veterinary Medicine からなる5つの専門職大学院で構成される。2012年度の学生数は約33300名である[13]

研究[編集]

デービス校のウェブサイトによると2005年度の研究費は3億9800万ドルであり、そのうち凡そ30パーセントが College of Agricultural & Environmental Sciences によるものであり、22パーセントの医学部がこれに続く。National Science Foundation によれば2004年度の研究開発費は5億1175万7000ドルで全米の大学の中で17位である[13][14]

ランキング[編集]

主要世界大学ランキング[編集]

  • QS世界大学ランキング農林業部門:第1位(2015年)[15]
  • QS世界大学ランキング獣医学部門:第1位(2015年)[16]
  • QS世界大学ランキング生物学部門:第25位(2013年)[17]
  • 2013年度THE世界大学ランキング:第44位[18]
  • 2015年度THE世界大学ランキング生命科学部門:第19位[19]
  • 世界大学学術ランキング:第47位(2012年)[20]
  • 世界大学学術ランキング生物学/農林業部門:第19位(2012年)[21]
  • QSトップ100 US Universities 第28位(2020年)[22]
  • QS世界大学ランキング農学・林学 第2位(2021年)[23]
  • QS世界大学ランキング獣医学 第2位(2021年)[24]
  • THE世界大学ランキングBest Public Universities in the US 第5位(2021年)[25]
  • THE世界大学ランキング 第64位(2021年)[26]

US NEWS大学ランキング[編集]

2012年度US NEWS大学学部課程ランキング[27]

  • 全米州立大学ランキング:第8位[28]

キャンパス[編集]

カリフォルニア大学システムのキャンパスの中では最大の22 km2に及ぶメインキャンパスの他、UC Davis Natural Reserve System[1] と呼ばれる保護林群などメインキャンパス外に研究用の土地を保有している[13]。 図書館や研究施設といった通常の大学施設のほか、飛行場や消防署も備わっている。

2002年には Mondavi Center という舞台芸術用のホールが建設され、世界各地から地元から劇団や交響楽団を招き公演を催している。Mondavi とは最大の寄付者である ロバート・モンダヴィ 一族の名に因んだもの。

キャンパス内の移動には一般的に自転車が用いられ、学内の道路には中央分離線やロータリー交差点のような自転車交通を円滑に行うための工夫がなされている。

卒業生[編集]

学者[編集]

芸術家・芸能人[編集]

アスリート[編集]

実業家[編集]

政治家[編集]

出典[編集]

  1. ^ As of June 30, 2019; includes UC Regents portion allocated to UC Davis. Annual Endowment Report for the Fiscal Year Ended June 30, 2019”. University of California. 2020年2月3日閲覧。
  2. ^ UC Davis 2017-18 annual budget”. UC Davis (2018年4月16日). 2018年4月27日閲覧。
  3. ^ “Why Gary May is a promising pick to lead UC Davis”. Sacramento Bee. http://www.sacbee.com/opinion/editorials/article134320769.html 2017年2月25日閲覧。 
  4. ^ Blouin, Melissa (2020年6月16日), UC Davis Chancellor Gary May Selects Mary Croughan as Next Provost and Executive Vice Chancellor, (英語), UC Davis, https://www.ucdavis.edu/news/uc-davis-chancellor-gary-may-selects-mary-croughan-next-provost-and-executive-vice-chancellor/ 2020年11月25日閲覧。 
  5. ^ UC Davis Student Profile”. University of California, Davis. 2019年5月20日閲覧。
  6. ^ UC Davis Total On- and Off-Campus Headcount Population: Annual Averages”. UC Davis Institutional Analysis (2015年11月16日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ a b c Student Profile”. UC Davis (2015年11月26日). 2019年5月20日閲覧。
  8. ^ University of California Annual Financial Report 18/19”. University of California. p. 8. 2020年10月12日閲覧。
  9. ^ Colors – Marketing Toolbox”. ucdavis.edu. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  10. ^ Fell, Andy (2020年10月5日). “Alumnus Charles Rice Wins Nobel Prize for Medicine” (英語). UC Davis. 2021年4月8日閲覧。
  11. ^ Setting the stage: With Mondavi Center’s opening, a decades-long dream comes true”. University of California, Davis. 2007年11月5日閲覧。
  12. ^ Looking Back”. University of California, Davis. 2007年11月5日閲覧。
  13. ^ a b c UC Davis Facts”. University of California, Davis. 2013年5月31日閲覧。
  14. ^ Academic Research and Development Expenditures: Fiscal Year 2004”. National Science Foundation. 2007年11月5日閲覧。
  15. ^ http://www.topuniversities.com/university-rankings/university-subject-rankings/2015/agriculture-forestry#sorting=rank+region=+country=+faculty=+stars=false+search=
  16. ^ http://www.topuniversities.com/university-rankings/university-subject-rankings/2015/veterinary-science#sorting=rank+region=+country=+faculty=+stars=false+search=
  17. ^ http://www.topuniversities.com/university-rankings/university-subject-rankings/2013/biological-sciences
  18. ^ http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2011-2012/reputation-rankings.html
  19. ^ https://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2014-15/subject-ranking/subject/life-sciences
  20. ^ http://www.shanghairanking.com/ARWU2012.html
  21. ^ http://www.shanghairanking.com/FieldLIFE2012.html
  22. ^ Ranked: The Top 100 US Universities” (英語). Top Universities. 2021年4月8日閲覧。
  23. ^ QS World University Rankings by Subject 2021: Agriculture & Forestry” (英語). Top Universities. 2021年4月8日閲覧。
  24. ^ QS World University Rankings by Subject 2021: Veterinary Science” (英語). Top Universities. 2021年4月8日閲覧。
  25. ^ Best public universities in the United States 2021”. Student (2020年10月7日). 2021年4月8日閲覧。
  26. ^ World University Rankings” (英語). Times Higher Education (THE) (2020年8月25日). 2021年4月8日閲覧。
  27. ^ http://colleges.usnews.rankingsandreviews.com/best-colleges
  28. ^ http://colleges.usnews.rankingsandreviews.com/best-colleges/rankings/national-universities/top-public

関連項目[編集]

外部リンク[編集]