名古屋工業大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋工業大学
名古屋工業大学正門
名古屋工業大学正門
大学設置 1949年
創立 1905年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人名古屋工業大学
本部所在地 愛知県名古屋市昭和区御器所町
北緯35度9分23.63秒 東経136度55分29.07秒 / 北緯35.1565639度 東経136.9247417度 / 35.1565639; 136.9247417座標: 北緯35度9分23.63秒 東経136度55分29.07秒 / 北緯35.1565639度 東経136.9247417度 / 35.1565639; 136.9247417
キャンパス 御器所(名古屋市昭和区)
学部 工学部
研究科 工学研究科
ウェブサイト 名古屋工業大学公式サイト
テンプレートを表示

名古屋工業大学(なごやこうぎょうだいがく、英語: Nagoya Institute of Technology、公用語表記: 名古屋工業大学)は、愛知県名古屋市昭和区御器所町に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は名工大(めいこうだい)。

沿革[編集]

年表[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 御器所キャンパス(愛知県名古屋市昭和区御器所町)
  • 多治見キャンパス(岐阜県多治見市
名古屋工業大学周辺(1987年)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

  • 工学部(第一部)
    • 2016年度入学生以降[1]
      • 生命・応用化学科
        分野:生命・物質化学、ソフトマテリアル、環境セラミックス
      • 物理工学科
        分野:材料機能、応用物理
      • 電気・機械工学科
        分野:電気電子、機械工学
      • 情報工学科
        分野:ネットワーク、知能情報、メディア情報
      • 社会工学科
        分野:建築・デザイン、環境都市、経営システム
      • 創造工学教育課程[2]
        コース:材料・エネルギー[3]、情報・社会[4]
    • 2016年度に募集停止

大学院[編集]

  • 工学研究科博士前期課程博士後期課程
    • 2016年度入学生以降[5]
      • 生命・応用化学専攻
        分野:生命・物質化学、ソフトマテリアル、環境セラミックス
      • 物理工学専攻
        分野:材料機能、応用物理
      • 電気・機械工学専攻
        分野:電気電子、機械工学
      • 情報工学専攻
        分野:ネットワーク、知能情報、メディア情報、情報数理
      • 社会工学専攻
        分野:建築・デザイン、環境都市、経営システム
      • 共同ナノメディシン科学専攻(2013年に設置。名古屋市立大学との共同大学院。博士後期課程のみ)
        • 部門:機能医薬創成学、薬物送達・動態科学、医薬支援ナノ工学
    • 2015年入学生まで[6]
      • 物質工学専攻
        分野:有機、無機、プロセス、物性、生命機能
      • 機能工学専攻
        分野:エレクトロニクス、計測、機構、エネルギ
      • 情報工学専攻
        分野:情報数理、知能科学、通信・計算機、システム制御、メディア情報
      • 社会工学専攻
        分野:人間空間、社会基盤、環境防災、マネジメント
      • 産業戦略工学専攻(博士前期課程のみ)
        分野:産業技術経営、コアテクノロジー
      • 未来材料創成工学専攻
        分野:環境調和セラミックス工学、エネルギー変換工学、ナノ・ライフ変換科学、連携
      • 創成シミュレーション工学専攻
        分野:計算応用科学、 計算システム工学、 都市シミュレーション工学
      • 共同ナノメディシン科学専攻(2013年に設置。名古屋市立大学との共同大学院。博士後期課程のみ)
        部門:機能医薬創成学、薬物送達・動態科学、医薬支援ナノ工学

領域(教員組織)[編集]

従来の縦割り学問分野による学科組織から離れて、異分野の教員が交流する横断的、学際的な研究系組織として、大学院に置かれる。

  • おもひ領域
    「おもひ」は、発想することを意味する。
  • しくみ領域
    「しくみ」は、設計することを意味する。
  • つくり領域
    「つくり」は、制作することを意味する。
  • ながれ領域
    「ながれ」は、運用することを意味する。

附属機関[7][編集]

  • 教育研究センター機構
    • 教育研究センター[8]
  • 国際交流推進本部
    • 国際交流推進室
  • リサーチ・アドミニストレーション・オフィス
  • インスティテューショナル・リサーチ室
  • 産学官連携センター
  • 工学教育総合センター
  • 留学生センター
  • 情報基盤センター
  • 大型設備基盤センター
  • リスクマネジメントセンター
  • 若手研究イノベータ養成センター
  • 教員再雇用センター
  • 男女共同参画推進センター
  • ものづくりテクノセンター
  • 先進セラミックス研究センター
  • 極微デバイス次世代材料研究センター
  • 窒化物半導体マルチビジネス創生センター
  • 創造工学教育推進センター
  • 保健センター
  • 附属図書館

研究[編集]

21世紀COEプログラム[編集]

  • 採択1件
  • 2002年
化学・材料科学
環境調和セラミックス科学の世界拠点

学生生活[編集]

JR鶴舞駅にほど近い良い立地から、東海地方の高校から進学する学生が比較的多く、さらに卒業生のうち多くが大手企業に就職する。中でも地元企業に強く、トヨタグループまたは関連会社への就職が多い。その他、輸送機器電機重工業化学など様々な分野の産業へ就職する。

学科にもよるが卒業生の約8割が大学院(博士前期課程)へ進学する。博士後期課程まで進むのは約1割である。

正門付近には、名古屋工業大学で研究している音声言語処理技術をもとに開発された双方向音声案内デジタルサイネージを設置しており、大型ディスプレイに登場する3Dキャラクター「メイちゃん」が来校者の音声を認識し学内を案内するという、世界初の全天候型デジタルサイネージがある。

大学の土地面積はやや狭く駐車場が小さいため、学生は基本的に自動車では通学できない。最近では学内組織(環境委員会)の働きで学内環境は改善の方向に向かっている。

学生の男女比は、男子が約8割強。女子推薦などの影響もあり、近年女子の割合が増えてきている。

学生食堂は大学会館1階の生協大食堂と、2階のカフェテリアがある。また、大学の周辺には安価な食堂が数軒ある。2005年5月、近辺にイオン千種ショッピングセンター(現・イオンタウン千種マックスバリュ)ができ、ファストフード店などに行く学生もいる。

学生食堂については、2012年4月に改修された大学会館がオープン。1階の大食堂、2階のカフェテリアともに大幅に席数が増加し、以前のような混雑は解消された。メニューにも学生の声を生かす工夫がされている。学内には大学生協運営のコンビニが3つあり、夜10時まで営業。大学会館改修中に1号館内に設置されたミニコンビニも継続している。

また、大学に隣接した場所にコンビニエンスストアがあり、イオンタウン千種も24時間利用できるため、研究室の徹夜組には便利な存在となっている。

東京理科大学電気通信大学などと並び比較的留年が多い大学とされる。構内には古墳一本松古墳)が存在し、その古墳に登ると、留年する(あるいは単位を落とす)という学生に伝わる伝説がある。

大学のすぐ隣にある鶴舞公園名古屋でも有数の花見名所であり、毎年花見のシーズンになると鶴舞公園宴会を行う学生も多い。研究室に配属されたばかりの4年生は、研究室によっては場所取りをすることもある。

学園祭[編集]

名古屋工業大学の学園祭は工大祭と呼ばれ、2008年までは毎年6月に行われていたが、2009年以降は11月に行われている。各種模擬店や、「名古屋工業大学での研究を一般客に見てもらう」という工大祭の本来の姿であった企画の研究室開放等が催される。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

名古屋工業大学の全学同窓会

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

御器所キャンパス[編集]

最寄駅の鶴舞駅が大学から至近であり交通の便も良く、大須といった繁華街も近い。

多治見キャンパス[編集]

学生寮[編集]

  • 恒和寮(名古屋市千種区北千種2-5-46)
    定員:男子116名(個室)

対外関係[編集]

国内の大学との協定[編集]

2007年名古屋市立大学との間で連携・協力に関する基本協定を締結している。

海外の大学・研究機関との学術交流協定締結大学一覧[編集]

アジア[編集]

アフガニスタンの旗 アフガニスタン

バングラデシュの旗 バングラデシュ

中華人民共和国の旗 中国

 インド

 インドネシア

大韓民国の旗 韓国

マレーシアの旗 マレーシア

 オマーン

タイ王国の旗 タイ

 台湾

 ベトナム

オセアニア[編集]

オーストラリアの旗 オーストラリア

ヨーロッパ[編集]

 フィンランド

 オーストリア

フランスの旗 フランス

ドイツの旗 ドイツ

イタリアの旗 イタリア

 ルーマニア

ロシアの旗 ロシア

スペインの旗 スペイン

イギリスの旗 イギリス

北米[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

南米[編集]

ブラジルの旗 ブラジル

Wiki関係他プロジェクトリンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 学科・課程、分野・コースの構成は、名古屋工業大学教育課程履修規程による。
  2. ^ 2016年入学生用の大学案内[1]によると、学部と博士前期課程を接続した課程。専門を一つ選択すると同時に、幅広い工学の分野に触れるとしている。
  3. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、生命・物質化学、ソフトマテリアル、環境セラミックス、材料機能、応用物理、電気電子、機械工学の7分野から1分野を1年後期に選択。
  4. ^ 2016年入学生用の大学案内によると、ネットワーク、知能情報、メディア情報、建築・デザイン、環境都市、経営システムの6分野から1分野を1年後期に選択。
  5. ^ 専攻、分野、部門の構成は、2017年入学生用の大学案内による。
  6. ^ 学科、分野、部門の構成は、2016年度入学生用の博士前期課程の担当教員一覧[2]と博士後期課程の担当教員一覧[3]による。による。
  7. ^ 名古屋工業大学学則
  8. ^ 名古屋工業大学教育研究センター機構規則によると、教育研究センターとして、次世代自動車工学教育研究センター、高度防災工学センター、コミュニティ創成教育研究センター、オプトバイオテクノロジー研究センター、グローバル共生情報研究センター、マルチエネルギーイノベーションセンターを置いている。

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。