江戸川大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
江戸川大学
Edogawa University.jpg
大学設置/創立 1990年
学校種別 私立
設置者 学校法人江戸川学園
本部所在地 千葉県流山市駒木474番地
北緯35度52分36.1秒 東経139度56分19.5秒 / 北緯35.876694度 東経139.938750度 / 35.876694; 139.938750座標: 北緯35度52分36.1秒 東経139度56分19.5秒 / 北緯35.876694度 東経139.938750度 / 35.876694; 139.938750
キャンパス 本部のみ
学部 社会学部
メディアコミュニケーション学部
ウェブサイト 江戸川大学公式サイト
テンプレートを表示

江戸川大学(えどがわだいがく、英語: Edogawa University)は、千葉県流山市駒木474番地に本部を置く日本私立大学である。1990年に設置された。大学の略称は江戸大。

沿革[編集]

  • 1990年(平成2年)4月 - 開学(社会学部応用社会学科、マス・コミュニケーション学科)[1]
  • 1997年(平成9年)
    • 4月 - 総合情報図書館が完成[2]
    • 社会学部に環境情報学科増設
  • 1999年(平成11年) - 社会学部応用社会学科を人間社会学科に改名
  • 2000年(平成12年) - 社会学部に経営社会学科増設
  • 2006年(平成18年) - メディアコミュニケーション学部創設(マスコミュニケーション学科と情報文化学科の2学科を含む)。社会学部人間社会学科を人間心理学科に改名
  • 2008年(平成20年) 2月17日 - エクステンションセンターを流山おおたかの森駅前に移設[3]
  • 2012年(平成24年) - 社会学部ライフデザイン学科を現代社会学科に改名
  • 2014年(平成26年) - メディアコミュニケーション学部にこどもコミュニケーション学科増設

大学の特色[編集]

江戸川大学在校生には、1人につき1台のノートパソコンが入学後に配布されている。そして、コンピュータの基礎教育、文章教育、コミュニケーション教育(専門講師を招いて)を積極的に行っている。また、大学敷地内には無線LANも配置されており、インターネットが常時利用できる。

教員には小倉淳(マス・コミュニケーション学科教授)、西條昇(マス・コミュニケーション学科准教授)、小林至(経営社会学科教授)、北原憲彦(経営社会学科教授)、斗鬼正一(現代社会学科教授)他、各分野において著名な人物(非常勤講師も含めて)が多く、同大学卒業生の専任教員もおり、学生との交流も盛んである。

それぞれの学科においての野外活動も多い。特に現代社会学科は、専任教員の専門分野が幅広く、現代社会の諸相を野外活動(フィールドワーク)を軸に研究する学科として、江戸川大学の特色が生かされた学科である。

学部[編集]

行事[編集]

  • 4月:入学式
  • 4月または5月:江戸川ウォーク
  • 11月:駒木祭(こまきさい)
  • 12月:卒業論文提出
  • 3月:卒業式・卒業記念パーティー

所在地[編集]

アクセス[編集]

出身有名人[編集]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

国内大学[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ “インキャンパス 「国際人」育成に力こぶ 4月開学 江戸川大”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 26. (1990年9月4日) 
  2. ^ “3校分を統合 蔵書は12万冊 総合情報図書館が完成 流山・江戸川大学”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 16. (1997年4月17日) 
  3. ^ “エクステンションセンター移設 江戸川大 きょう、おおたかの森駅前に”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 15. (2008年2月17日) 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

外部リンク[編集]