北原憲彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北原憲彦
NORIHIKO Kitahara
江戸川大学 部長
役職 部長
身長(現役時) 201cm (6 ft 7 in)
--
基本情報
本名 北原憲彦
ラテン文字 NORIHIKO Kitahara
日本語 北原憲彦
誕生日 (1954-12-11) 1954年12月11日(62歳)
日本の旗 日本
出身地 長野県伊那市
出身 明治大学
ドラフト  
選手経歴
1977-1988 日本鋼管

北原 憲彦(きたはら のりひこ、1954年12月11日 - )は、日本の元バスケットボール選手、指導者である。長野県伊那市出身。モントリオールオリンピック男子バスケットボール日本代表江戸川大学社会学部経営社会学科教授で、同校の男女バスケットボール部の部長を務めている[1]

来歴[編集]

選手時代[編集]

明大中野高校でバスケットボールに本格的に取り組み、第1回春の選抜(現・ウィンターカップ)優勝メンバーとなる。また、当時大会記録となる1試合58得点を叩き出した(2008年に藤井祐眞藤枝明誠)が更新)[2]

明治大学進学後も、関東リーグ戦、インカレなどのタイトルを総なめにし、個人タイトルも多数手にする。4年次には主将を務め、モントリオール五輪にも出場。後のbjリーグコミッショナー河内敏光は同期に当たる。

卒業後の1977年日本鋼管に入社。南カリフォルニア大学に留学。

1978年に帰国しバスケットボール部に所属。日本リーグ1部優勝に貢献し、最優秀選手賞とベスト5に選ばれる。

1980年オールジャパン優勝、1981年アジアクラブ選手権大会準優勝も経験。

全日本でも活躍を続け、1981年からは主将を務め、1982年アジア競技大会で銅メダルに導く。

指導者[編集]

1988年現役引退。指導者に転じ、第一勧業銀行女子バスケットボール部のヘッドコーチに就任。

1993年には、日本リーグ昇格へ導く。

1994年、古巣である日本鋼管のコーチに就任。同年のJICトーナメント優勝、1996年のJBLトーナメント優勝に導く。

1999年、第一勧業銀行ヘッドコーチ復帰。2001年にW1リーグ優勝へ導くがチームは廃部。

2000年全日本女子監督に就任。2003年まで務め、その間2002年世界選手権でも指揮を執った。ちなみに2001年以降は専任となり、北原が全日本女子初の専任監督となった。

現在は江戸川大学教授を務め、男女バスケットボール部部長として指導にも当たる一方、NBAなどの解説者も務めている。

経歴[編集]

  • 明大中野高 - 明治大学 - 日本鋼管(1977年〜1988年)

日本代表歴[編集]

  • 1976モントリオール五輪
  • 1982アジア競技大会

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]