麗澤大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
麗澤大学
麗澤大学校舎「あすなろ」
麗澤大学校舎「あすなろ」
大学設置 1959年
創立 1935年
学校種別 私立
設置者 学校法人廣池学園
本部所在地 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
北緯35度49分58.97秒 東経139度57分16.94秒 / 北緯35.8330472度 東経139.9547056度 / 35.8330472; 139.9547056座標: 北緯35度49分58.97秒 東経139度57分16.94秒 / 北緯35.8330472度 東経139.9547056度 / 35.8330472; 139.9547056
キャンパス 柏(千葉県柏市)
学部 外国語学部
経済学部
研究科 言語教育研究科
経済研究科
ウェブサイト 麗澤大学公式サイト
テンプレートを表示

麗澤大学(れいたくだいがく、英語: Reitaku University)は、千葉県柏市光ヶ丘2-1-1に本部を置く日本私立大学である。1959年に設置された。大学の略称は麗澤大、RTU。

概観[編集]

元々、道徳や語学に関する大学として設立された経緯があり、語学教育や国際的な仕事に携わる人材の養成、道徳教育人格教育に力を入れている。大学付属の組織として企業倫理研究センターなどがあり、日本ではまだ珍しい企業倫理ゼミが経営学科に設置されている。道徳教育・人格教育は、創立者・廣池千九郎(法学博士)が樹立した「道徳科学(モラル・サイエンス)」に基づいて実施されている。具体的には、1年生の初年次教育の一環として、「道徳科学」という科目が必修化されている。外国人教員、留学生(世界20カ国以上から、500名を超える)が多く、日本人学生の留学派遣の数は全国トップクラスである。キャンパスは文字通り「小さな地球」である。外国語学部経済学部の2学部体制である。大学院には、言語教育研究科と経済研究科が設置されている。放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる[1]

沿革[編集]

戦前の道徳科学専攻塾

この節の出典:[2]

  • 1935年4月 - 道徳科学専攻塾を開塾。本科と別科を設置
  • 1942年4月 - 旧制専門学校の東亜専門学校開校
  • 1944年1月 - 東亜外事専門学校に校名改称
  • 1947年1月 - 千葉外事専門学校に校名改称
  • 1950年4月 - 麗澤短期大学開学。英語科を設置
  • 1959年4月 - 麗澤大学開学。外国語学部イギリス語学科、ドイツ語学科を設置
  • 1960年4月 - 外国語学部に中国語学科を増設
  • 1972年4月 - 麗澤日本語学校開校
  • 1976年4月 - 別科日本語研修課程を開設
  • 1986年4月 - 外国語学部のイギリス語学科を英語学科に改称
  • 1988年4月 - 外国語学部に日本語学科を増設
  • 1992年4月 - 国際経済学部国際経済学科、国際経営学科を開設。全寮制から通学制へ
  • 1996年4月 - 大学院言語教育研究科日本語教育学専攻修士課程(1998年より博士前期課程)、国際経済研究科経済管理専攻、政策管理専攻修士課程を開設
  • 1998年4月 - 大学院言語教育研究科日本語教育学専攻に博士後期課程を設置、国際経済研究科に経済・政策管理専攻博士課程を増設
  • 1999年4月 - 国際経済学部に国際産業情報学科を増設
  • 2001年4月 - 大学院言語教育研究科に比較文明文化専攻博士前期課程・博士後期課程増設
  • 2004年 - 国際経済学部にIMC (International Management and Communication) コース開設
  • 2006年4月 - 大学院言語教育研究科に英語教育専攻修士課程を増設
  • 2008年4月 - 外国語学部の英語学科、ドイツ語学科、中国語学科、日本語学科を外国語学科に、国際経済学部国際経済学科、国際経営学科、国際産業情報学科を経済学部経済学科、経営学科に改組
  • 2012年
    • 3月 - 国際経済学部の国際産業情報学科を廃止
    • 4月 - 大学院国際経済研究科経済管理専攻修士課程、政策管理専攻修士課程、経済・政策管理専攻博士課程を、経済研究科経済学専攻修士課程、経営学専攻修士課程、経済学・経営学専攻博士課程に改組
  • 2013年3月 - 外国語学部の英語学科、国際経済学部の国際経営学科及び大学院国際経済研究科経済管理専攻修士課程を廃止
  • 2014年3月 - 国際経済学部及び国際経済学部国際経済学科を廃止

組織[編集]

この節の出典:[3]

学部・学科・専攻[編集]

外国語学部
外国語学科
主専攻
  • 英語コミュニケーション専攻
  • 英語・リベラルアーツ専攻(平成28年度以前入学者は英語・英米文化専攻)
  • 日本語・国際コミュニケーション専攻(旧・日本語・日本文化専攻)
  • 国際交流・国際協力専攻
  • ドイツ語・ドイツ文化専攻
  • 中国語専攻
副専攻
  • 英語教育副専攻
  • 日本語教育・国語教育副専攻
  • 言語・情報コミュニケーション副専攻
  • EU地域副専攻
  • 英語圏地域副専攻
  • 東アジア地域副専攻
  • 比較文化・比較文明副専攻
  • 国際交流副専攻
  • ビジネス副専攻
  • 21世紀の人間学(麗澤スタディーズ)副専攻
経済学部
経済学科
  • 経済専攻
  • グローバル人材育成専攻
経営学科
  • 経営専攻
  • 会計ファイナンス専攻
特別コース
中国MCコース(原則として経済専攻所属が条件。1年次4月に選抜)
公務員コース
道経一体コース(原則として経済専攻所属が条件。3年次4月に選抜)
スポーツマネジメントコース(原則として経営専攻所属が条件。1年次4月に選抜。スポーツビジネス業界または提携大学との仕組みを活用して中学校・高等学校の保健体育教員を目指す)
税理士コース(会計ファイナンス専攻の1年次又は2年次に在籍していることが条件。1年次7月、2年次4月に選抜)

別科[編集]

  • 別科
    • 日本語研修課程

大学院[編集]

  • 言語教育研究科
    • 日本語教育学専攻 - 博士課程(前期・後期)
    • 比較文明文化専攻 - 博士課程(前期・後期)
    • 英語教育専攻 - 修士課程
  • 経済研究科
    • 経済学専攻 - 修士課程
    • 経営学専攻 - 修士課程
    • 経済学・経営学専攻 - 博士課程

研究機関等[編集]

この節の出典:[4]

  • 言語研究センター
  • 比較文明文化研究センター
  • 企業倫理研究センター
  • 経済社会総合研究センター
  • 情報教育センター
  • 道徳科学教育センター
  • 武道教学推進センター

文部科学省支援プログラム[編集]

  • 外国語学部「国際共通語としての英語教育」(現代GP)[5]

エクステンション[編集]

  • 麗澤オープンカレッジ[6]

その他[編集]

久間発言[編集]

2007年6月30日、久間章生防衛大臣(当時)が、「麗澤大学比較文明文化研究センター」主催の連続講演会「比較文明学と平和研究」(柏キャンパス1号棟大教室)で講演を行い、いわゆる「原爆しょうがない」発言をした[7]。被爆者などから批判を浴び、久間は翌日7月1日に発言を撤回したものの、7月3日になって防衛大臣を辞任した[8]

久間の後任の防衛大臣となった小池百合子も、2008年10月11日に「麗澤大学オープンカレッジ」主催の連続・特別講演会「持続可能性をいかに実現するか」で講演「日本と地球の守り方」を行っている[9]

関連団体[編集]


出身者[編集]

系属校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  2. ^ 沿革”. 麗澤大学. 2017年11月11日閲覧。
  3. ^ 学部・大学院・別科”. 麗澤大学. 2017年11月11日閲覧。
  4. ^ 研究・図書館”. 麗澤大学. 2017年11月11日閲覧。
  5. ^ 平成17年度現代的教育ニーズ取組支援プログラム選定取組の概要及び選定理由”. 文部科学省 (2005年8月5日). 2017年11月11日閲覧。
  6. ^ コンセプト”. 麗澤オープンカレッジ. 2017年11月11日閲覧。
  7. ^ 原爆投下「しょうがない」久間防衛相が暴言”. しんぶん赤旗 (2007年7月1日). 2017年11月11日閲覧。
  8. ^ 久間防衛相が辞任、「原爆発言」で引責”. 読売新聞 (2007年7月3日). 2017年11月11日閲覧。
  9. ^ 衆議院議員の小池百合子氏が講演”. 麗澤大学 (2008年10月11日). 2017年11月11日閲覧。
  10. ^ インタビュー 39”. 東京大学東洋文化研究所. 2017年11月11日閲覧。
  11. ^ 高めよ 深めよ 大学広報力〈41〉 こうやって変革した38”. 日本私立大学協会 (2009年8月5日). 2017年11月11日閲覧。
  12. ^ プロ車いすテニスプレーヤー 国枝慎吾選手とスポンサー契約を締結!”. 全日空 (2015年12月24日). 2017年11月11日閲覧。
  13. ^ いわて女性・九条の会 「高遠菜穂子さん講演会」案内 (PDF)”. 岩手県生活協同組合連合会 (2009年8月21日). 2017年11月11日閲覧。
  14. ^ 平戸市長に黒田氏”. 長崎新聞 (2009年10月19日). 2017年11月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]