コンテンツにスキップ

黒田成彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒田 成彦
くろだ なるひこ
内閣府地方創生推進室より公表された肖像
生年月日 (1960-08-12) 1960年8月12日(63歳)
出生地 日本の旗 日本 長崎県生月町(現・平戸市
出身校 青雲高等学校
麗澤大学外国語学部卒業
前職 参議院議員下条進一郎秘書
衆議院議員金子原二郎秘書
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト 黒田成彦のつぶやき

平戸市旗 長崎県平戸市長
当選回数 4回
在任期間 2009年11月6日 - 現職

選挙区 北松浦郡選挙区
平戸市選挙区
当選回数 3回(補欠選挙を含む)
在任期間 2002年1月 - 2009年
テンプレートを表示

黒田 成彦(くろだ なるひこ、1960年昭和35年〉8月12日[1] - )は、日本政治家長崎県平戸市長(4期)。元長崎県議会議員(3期)。

来歴

[編集]

長崎県生月町(現・平戸市)に生まれる。私立青雲高等学校麗澤大学外国語学部イギリス語学科卒業。1983年(昭和58年)3月、参議院議員の下条進一郎の秘書になる。1985年(昭和60年)、衆議院議員の金子原二郎の秘書になる[2]

1999年(平成11年)4月、長崎県議会議員選挙に北松浦郡選挙区から無所属で出馬するも、落選[3]

2002年(平成14年)1月25日公示、2月3日執行の長崎県議会議員補欠選挙に自由民主党公認で出馬し、無投票で当選。2003年(平成15年)4月、県議選に出馬、無投票で再選。生月町平戸市田平町大島村と合併して新たに平戸市となった後の2007年(平成19年)4月の県議選では、平戸市選挙区から出馬し、3選。

2009年(平成21年)10月18日執行の平戸市長選挙に無所属で出馬、初当選。投票率は、86.15%。同年11月6日、平戸市長に就任[4]

2013年(平成25年)10月、無投票で再選。

2017年(平成29年)10月、無投票で3選。

2021年(令和3年)10月、12年ぶりの選挙戦となり、行政書士で無所属新人の松本和之を破って4選[5]

書籍

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ 『全国歴代知事・市長総覧』日外アソシエーツ、2022年、412頁。
  2. ^ プロフィール黒田成彦HP
  3. ^ 長崎県議会選挙 1999年 北松浦郡選挙区ザ選挙
  4. ^ 全国青年市長会名簿全国青年市長会
  5. ^ 【速報】長崎県・平戸市長選 現職の黒田氏4選確実(長崎新聞)”. Yahoo!ニュース. 2021年10月17日閲覧。

外部リンク

[編集]
公職
先代
白浜信
平戸市旗 長崎県平戸市長
2009年 -
次代
現職