軟式野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

軟式野球(なんしきやきゅう)は、コルクなどを使用した硬球とは違い、ゴム等をボールの素材に使った野球競技のことで、日本発祥の競技である。

ソフトボール(塁球)とは全く別の競技である。

歴史[編集]

明治時代、米国から伝来した野球は中等学校野球高校野球大学野球の全国規模な大会の開催で花形スポーツとして定着し、子供たちも硬式テニス球を使うなどして野球遊びを楽しんだ。

しかし、テニス球だと耐久性や速さの問題から使いづらいという弱点が発生し、徐々に競技人口が低下する傾向になってしまった。そこで1919年大正8年)、神戸市にあった東神ゴムがこれらを踏まえて手軽・かつ安全な野球を楽しむことが出来るように軟式野球ボールが世界で初めて市販された。これがきっかけになって少年野球の人口が再び増加するようになり、翌年1920年(大正9年)にはその神戸で大日本少年野球協会が発足し少年野球の本格的な全国大会まで開かれた。その後1925年(大正14年)に横井春野が東京に同名団体を結成した。

昭和に入ると1929年昭和4年)に神戸の協会が中心となって本格的な一般社会人を対象とした日本軟式野球協会(この協会が用いた「軟式野球」という名称が日本におけるこの名称の起こり)の設立や軟式野球大会の開催など着実に市民スポーツとして定着するようになる。この後に大日本軟式野球協会、日本軟式野球連盟、極東軟式野球協会などの団体が生まれた。しかし東京の協会では1932年(昭和7年)に野球統制令のため、少年同士の大会が規制されてしまった。

更には第二次世界大戦の激化に伴うゴム統制令1938年=昭和13年)で、各地にあった軟式野球団体が統合され「全日本軟式野球綜合協会」として全国大会を開くが、敵国スポーツであった野球の開催が厳しく規制され、職業硬式野球以外の開催が出来なくなってしまった。

やがて終戦を迎えて1946年(昭和21年)、東京都軟式野球連盟が中心となって全国各都道府県や文部省(現・文部科学省)日本体育協会などの協賛により全日本軟式野球連盟設立。この年から始まった国民体育大会のプログラムの一環として天皇賜杯全日本軟式野球大会が開催された。当初は1部制だったが、1957年(昭和32年)から実力別トーナメント大会(高松宮賜杯全日本軟式野球大会2部・3部大会 高松宮杯の下賜は1959年=昭和34年)がスタートする。

更に少年野球の普及を目的として1970年(昭和45年)に小学生年代の「学童の部」と中学生年代の「少年の部」の部門による大会も本格的に始まるようになった。

なお、広義としては準硬式野球軟式野球の一種となる。特に、大学の軟式野球は準硬式球を使用した競技を中心に発展してきた。そのため、長い間大学での中空軟式野球はL号軟式野球やA号軟式野球と呼んで準硬式を示す「軟式野球」と区別されてきた。近年になって、準硬式と中空軟式を統合した全日本大学軟式野球連盟の準硬式の部・軟式の部を経て、準硬式と中空軟式それぞれの連盟に分化した。(分化後の現在も全日本軟式野球連盟の傘下に全日本大学準硬式野球連盟と中空軟式の全日本大学軟式野球連盟が存在する形となっている。)

世界規模での認知度は低いが、キューバでは少年期に積極的にプレーされている。

ボールの種類(変遷)[編集]

全日本軟式野球連盟が定めるところの認定球の歴史がそのまま軟式球の歴史とほぼ同一(但し同公認球の他にも公認球に準じた種類の他の軟式球も販売されている。)

1951年~1968年[編集]

昭和26年に従来までの軟式ボールをA号、新しく出来た準硬式球をB号として公認。同時に学童用のC号も誕生。

  • A号 種目:少年(中学生)~一般 直径:69.5-70.5(ミリ)
  • B号 種目:準硬式 直径:71.5-72.5(ミリ)
  • C号 種目:学童(小学生) 直径:67.5-68.5(ミリ)

1969年~1984年[編集]

従来の3種類に加えて一般成人向けに以下を追加公認。

  • L号 種目:一般 直径:71.5-72.5(ミリ)

1985年~2005年[編集]

それまでの、L号、A号~C号の名称設定を見直して若干の意匠改良を行なったうえで再定義した。

  • A号 種目:一般 直径:71.5-72.5(ミリ) ※旧L号
  • B号 種目:少年(中学生) 直径:69.5-70.5(ミリ) ※旧A号
  • C号 種目:学童(小学生) 直径:67.5-68.5(ミリ) 
  • D号 種目:学童低学年 直径:64.0-65.0(ミリ)※新規追加
  • H号 種目:準硬式 直径:71.5-72.5(ミリ) ※旧B号

2006年~2017年[編集]

2006年以降の公認球

A号球~C号球に関してディンプル(ボール表面についている凸凹)を無くした新球が開発され、新しい公認球に認定[1]。平成18年度の大会からの使用で、公認球の意匠変更は55年ぶりとなる。

大きさと重さ、反発力はこれまでのボールと同じだが、旧公認球と比べて約10%の飛距離アップが計られ、投手にとっても変化球が投げやすくなっている。従来ボール全面にあったディンプルが殆ど無くなり、滑らかな球体に近づくと同時に縫い目(軟球は硬球のように実際に縫われているわけではないので、縫い目を模した凸部分)が高く造型されている。これにより縫い目とそうでない部分で握った感触の差が大きくなり、縫い目を握らないと滑りやすくなったため、硬式野球と同様に縫い目を握る重要性が大きくなった。縫い目が高くなったことで、ボールの回転による空気抵抗にも影響を及ぼし、直球はより伸びるように、変化球はより大きく変化するようになった他、反発力は同じながら、2バウンド以降の高さを抑えるように設計されている。

D号球は変更なし。

2017年以降[編集]

2016年12月、全日本軟式野球連盟と野球ボール工業会がボールの規格変更を発表した。A号とB号を統一してM号(メジャー)に、C号はJ号(ジュニア)に変更される。M号は大きさで2ミリ重さで3グラム大きくなり、J号は1ミリ1グラム大きくなる。変形しにくくなりバウンド高さは約15%減少する事で硬式球との差を小さくした[2][3][4]。価格は従来の物より半額ほどになった[5]

準硬式球[編集]

主に大学生を中心に使用されるものとして準硬式球がある。外観はゴムであるが、中身の芯の部分は硬式球と同じコルク製であるため、硬式球とほぼ同等の感触で試合を楽しむことが出来る。(以前は社会人野球にも準硬式の大会があったが社会人では大学と異なり硬式との住み分けが進まず、関東の一部で行われている程度で、全国規模の大会や組織は消滅し現在に至っている。)
あくまで軟式球の一種として、硬式に似た感覚で楽しめるものとして1949年内外ゴム株式会社が商品名トップボールとして開発したもの。連盟がこれを翌年の大会で試験使用した後、昭和26年に公認球として指定。
2006年12月より新意匠の準硬式球が発売され、2007年の全国大会から新意匠の公認球に切替。

Kボール[編集]

ナガセケンコー株式会社が重量と外径は硬球と同一、さらにゴロの跳ね方の目安となる反発係数も硬球に近いが、ゴムを使用した表面の素材、空洞となっている内部構造は軟球と同じという独自のボールを開発。Kボールと命名された。
表面がゴムで出来ているために安全性が高いこと、守備では硬球特有のゴロ処理が身に付く一方で打撃ではバットの芯に当て振り切らなければ飛距離が出ない軟球特有の構造を踏襲している。また、硬球に比べて価格が3分の2と経済的である。

日本の軟式野球の主な大会[編集]

特記なしは全日本軟式野球連盟が主催する

一般社会人対象[編集]

一般社会人/大学生対象[編集]

大学生対象[編集]

専門学校生対象[編集]

高校生対象[編集]

中学生対象(少年の部)[編集]

小学生対象(学童の部)[編集]

世界への普及[編集]

キューバでは独自の軟式野球が存在するほか、台湾でも準硬式野球が行われている。日本の軟式野球は世界的な規模で広まっているとは言い難いが、世界大学軟式野球大会を開催するなど大学の軟式野球界、また一般社会人の私設リーグでの大会など普及運動が行われている。

関連項目[編集]

軟式野球出身のプロ野球選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ function公認球について(公認球の意匠変更)
  2. ^ 軟式野球ボールが新規格に…低バウンド&飛距離UPで硬式に近く
  3. ^ 軟式ボールの規格変更=バウンド抑え、飛距離維持-野球
  4. ^ 野球の軟式ボール、硬式に近い感覚に 12年ぶり新公認
  5. ^ 軟式公認球、67年ぶり「大改革」 よく飛ぶ 小中生の体格よくなり、重く大きく

外部リンク[編集]