西日本短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西日本短期大学
福浜キャンパス本館
福浜キャンパス本館
大学設置 1957年
創立 1948年
学校種別 私立
設置者 学校法人西日本短期大学
本部所在地 福岡県福岡市中央区福浜1-3-1
キャンパス 福浜キャンパス
二丈キャンパス
学部 法学科
緑地環境学科
社会福祉学科
保育学科
健康スポーツコミュニケーション学科
メディア・プロモーション学科
ウェブサイト 西日本短期大学公式サイト
テンプレートを表示

西日本短期大学(にしにほんたんきだいがく、にしにっぽんたんきだいがく、英語: Nishinihon junior collegeまたはNishi-Nippon Junior College)は、福岡県福岡市中央区福浜1-3-1に本部を置く日本私立大学である。1957年に設置された。大学の略称は「西短(にしたん)」。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 西日本短期大学は、福岡県福岡市中央区内にある日本私立短期大学で、同県糸島市に実習用キャンパスがある。元々は、法学科緑地環境学科(造園科から名称変更)のみの学科体制となっていたが、社会福祉・保育・健康スポーツコミュニケーション学科さらにメディアプロモーション学科が設置されたことで計6学科を擁する総合短大として発展している。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 西日本短期大学における「建学の精神」は「宇宙精神」・「報恩感謝」となっている。

教育および研究[編集]

  • 西日本短期大学に設けられている学科は6学科ある。

法学科は、起源となっている「学生の街大憲塾」を母体として設置され、最初に設置された学科で、全国的にも珍しい短大の学科として広く知られており、公務員宅地建物取引士など法律に関する資格取得に向けた教育に力をいれている。学位に付記される専攻分野の名称は「法学」。

緑地環境学科は、全国の短大の中でもランドスケープを学ぶという数少ない高等教育機関となっており福浜キャンパスと実習場のある二丈キャンパスで学ぶことになる。二丈キャンパスは実際の自然にふれながら、創造力を身につけるために設けられたキャンパスで、実践的なカリキュラムが豊富で実社会において必要とされる資格試験の合格に力をいれている。自然環境デザインコースは、自然環境を地球規模で考え、身近な地域を保全し、緑を通して持続可能な社会を築くエキスパートを育成すること、造園芸術コースは、植物の知識から材料の特性まで幅広く学び、日本庭園設計施工に関するすべてを習得すること、ガーデンデザインコースは、ガーデニング・庭づくりができる人材を育成することをそれぞれコンセプトとしている。学位に付記される専攻分野の名称は「造園学」。

社会福祉学科では、介護職として必要な諸科目が開講されている。学位に付記される専攻分野の名称は「社会福祉学」。

保育学科では、「子育て支援」・「ノーマライゼーションの実践」・「リーガルマインドの育成」・「癒しの技法の理解・習得」・「国際感覚の育成」に重点をおいた教育が行なわれているほか「園芸療法」・「保育園芸」・「介護技術演習」・「国際文化研修」などの学科の領域を越えた科目が開講されている。学位に付記される専攻分野の名称は「幼児保育学」

健康スポーツコミュニケーション学科では、スポーツをベースとして健康と福祉に関する諸科目を学ぶものとなっている。学位に付記される専攻分野の名称は「スポーツ福祉学」。

メディアプロモーション学科は、明確に<表現者-モデル・女優・タレント-の領域>に焦点を定めた日本で唯一の学科となっている。学位に付記される専攻分野の名称は「メディア法学」。

学風および特色[編集]

  • 西日本短期大学は法学系の学科が設置当初からある関係上、法律に関連する科目が全学科において設けられているのが特色となっている。また、学内に資格支援室として「大憲塾」がある。

沿革[編集]

  • 1948年12月 福岡県福岡市中央区に勉学修道場として「大憲塾」が開設される
  • 1955年3月 各種学校の認可を受ける。大憲塾法学院に改称(中央大学法学部通信教育部の連絡校に指定される)
  • 1957年3月 九州労働短期大学(きゅうしゅうろうどうたんきだいがく)として開学。法科Ⅰ部・Ⅱ部を設置[1]
  • 1959年4月 大憲塾法学院と九州労働短期大学が合併により学校法人西日本短期大学を設置。短期大学名を西日本短期大学と改称。大憲塾法学院は西日本法律専門学校に改組
  • 1962年4月 法人および西日本短期大学を八女市に移転
  • 1967年4月 造園科を増設
  • 1973年4月 法科のキャンパスを八女市から福岡市中央区に移転
  • 1984年4月 造園科を八女市から福岡市中央区に移転
  • 1992年4月 糸島郡二丈町に二丈キャンパスを取得
  • 1996年4月 学校法人を八女市から福岡市中央区に移転。西日本法律専門学校を廃止
  • 2003年3月介護福祉士養成施設の指定を受ける
4月 社会福祉学科を増設
  • 2005年3月 保育士養成施設指定を受ける
4月 保育学科を増設
  • 2006年4月 造園科を緑地環境学科に名称変更
  • 2007年4月 法科を法学科に改称
  • 2008年4月 健康スポーツコミュニケーション学科を新設
  • 2011年4月 メディア・プロモーション学科を新設

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 福浜キャンパス(福岡県福岡市中央区福浜1-3-1)
  • 二丈キャンパス(福岡県糸島市二丈深江2324-2)

象徴[編集]

  • カレッジマークは、頭文字の『N』をモチーフに、太陽系、大宇宙を表現し、その中心にある太陽からは、

光・空気・水が渦を巻くように溢れ、それに感謝する「報恩感謝」の精神を示している。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 法学科
    • I部(現:昼間主コース):「商経ビジネス」、「公務員」、「編入学」の各コースがある。
    • II部(現:夜間主コース)
  • 緑地環境学科:「造園芸術」、「ガーデンデザイン」、「自然環境デザイン」の各コースがある。
  • 社会福祉学科:
  • 保育学科:
  • 健康スポーツコミュニケーション学科:「フィットネストレーナー」、「キッズスポーツ」の各コースがある。
  • メディアプロモーション学科(女子のみ):<モデル・女優>、<声優・レポーター>、<タレント・アーティスト>の各系列がある。

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • 日本語研修課程
取得資格について[編集]
  • 緑地環境学科では、測量士補樹木医補資格が其々卒業時の申請により取得可能。指定科目の単位を得ると2級ビオトープ計画管理士一部試験免除の資格を得られる。
  • 社会福祉学科では、介護福祉士資格が取得できる。
  • 保育学科では、保育士資格・幼稚園教諭二種免許状が取得できる。
  • かつて法学科の前身である法科では教職課程として中学校教諭二種免許状(社会)が設置されていた[2]
  • 健康スポーツコミュニケーション学科では、衛生管理者資格が卒業時の申請により取得できるようになっている。
  • その他、詳細はホームページを参照にされたい。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 西日本短期大学の学園祭は毎年、概ね11月に実施されている。ニ丈キャンパスでは「秋の感謝祭」と称したイベントが催される。

大学関係者[編集]

  • 宇賀田順三 - 初代学長
  • 溝口虎彦 - 現在の学長

主な卒業生[編集]

施設[編集]

福浜キャンパス[編集]

  • 使用学科:法学科・緑地環境学科・社会福祉学科・保育学科・健康スポーツコミュニケーション学科・メディアプロモーション学科
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:なし
  • 交通アクセス:JR鹿児島本線山陽新幹線博多駅下車。
  • 西鉄バス
博多駅前からは300・301・303・305番系統都市高速経由で「伊崎」下車徒歩4分。または博多バスターミナルからは68番系統福浜行で終点下車、または300・306番系統都市高速経由で「伊崎」下車徒歩4分。
天神1A乗り場から300・301・303・W1系統都市高速経由で「伊崎」下車徒歩4分、または同乗り場から61・68番系統福浜行で終点下車。
福岡市営地下鉄空港線唐人町駅下車徒歩15分。
地図

設備[編集]

  • 本館:図書館がある。
  • 1号館
  • 2号館:製図室やデザイン実習室がある
  • 3号館:体育館学生食堂、茶室などがある。
  • 4号館:保育学科棟になっている。

二丈キャンパス[編集]

  • 使用学科:緑地環境学科
  • 使用専攻科:なし
  • 交通アクセス:JR筑肥線筑前深江駅下車 。徒歩30分
  • 設備:工房・雨天実習棟・見本庭園などがある。
地図

設備[編集]

  • コテージ教室
  • 温室
  • 雨天実習棟
  • ミニ庭園
  • 日本庭園

[編集]

  • 「ウィンズ西公園」や「ウィンズ大濠」などの委託寮がある。

社会との関わり[編集]

  • 地域との交流を深めることのねらいから、「ふれあい祭り」が同短大と地域住民やボランティア団体と連携して行われている。
  • ほか、学生のより高い専門性と幅広き見識を養うことのねらいから一般講座を実施している。

卒業後の進路について[編集]

就職実績(過去5年間)[3][編集]

  • 一般企業・公務員系:
添田町役場、 福岡市消防局九州旅客鉄道・NTTマーケッティング・ソフトバンクモバイル岩田屋三越九州マツダファイブフォックス・ワールドストアーパートナーズ ほか一般企業や官公庁、各種社会福祉施設など。
  • 緑地環境系:
九州:
内山緑地建設、古賀緑地建設、積和建設九州、若松緑地建設、旭日緑化建設、愛香園、安藤造園土木、原田緑地建設、中村緑地建設、平田ナーセリー、まほろば自然学校、アーバンデザインコンサルタント、アーバンリゾート筑紫ヶ丘ゴルフクラブ、井長グリーン産業、栄住産業、ABCフラワー、エスティ環境設計研究所、M'sDS、大橋グリーン、香椎造園、九州グラウンド、窪田造園、倉八園芸、小山千緑園、斉藤広盛園、サクラグリーン、山栄緑化、執行茂寿園、樹蘭、総合緑化コガキュー、素鶴園、第一園芸、TAISEI.gu凛、高尾造園、高嶋造園、田主丸緑地建設、花かご、花工房ガラージュ、花日記、花のチモト、花ののぐち、はな道、葉菜葉菜、パシフィックコンサルタンツ、馬場大成園、万代園、福田造園、藤田造園、藤吉園芸場、フラワーパーク、別府梢風園、みとま花園、都造園、村純、森園芸場、モロトミ園芸、山田園芸場、 江里口造園、 高取造園土木、 葉隠緑化建設、ベニハナ、山田造園、浮羽園、八江農芸、ザ ウェディングタウンクマモト、宮崎園芸、桂植木
関東・東日本:
エイチ・アイ・エス、昭和造園、ランデック、庭良
関西・京都:
植芳造園、江夏庭苑事務所、江見景集園、小西造園、樋口造園、優樹造園、大西東山造園、竹中庭園緑化、ユニバーサル園芸社、辻井造園、舟橋植木、中嶋造園、石勝エクステリア、関西造園土木
中国・四国:
下関市役所、(一般財団)公園財団、渡部造園、繁農園、常盤地下工業、河崎組、西条庭園、やつかの郷、水野造園
  • 社会福祉系:
福岡徳洲会病院、早良病院、菅原病院、三樹病院、福岡市社会福祉協議会、糟屋子ども発達センター・さくら園 ほか各種社会福祉施設
  • 保育士系:
日田市職員(保育士)、伊万里市役所(臨時保育士)、宇美町役場(臨時保育士)、志免町立亀山保育園(嘱託)、長門市役所(臨時保育士)ほか福岡県内外の私立保育園・幼稚園。
  • 健康スポーツ系:
福岡市立障がい者スポーツセンターさん・さんプラザ、北九州市障害者スポーツセンター、小倉リハビリテーション病院、 河合楽器製作所体育事業部、 木下スポーツクラブ、ホテル日航フィットネスクラブ、スポーツクラブNAS、スポーツクラブルネサンス、 カーブス ほか各スポーツ施設および一般企業。

編入学・進学実績[4][編集]

  • 法・商・文学系:
佐賀大学琉球大学(夜間主)・愛媛大学(夜間主)・福島大学中央大学帝京大学国士館大学福岡大学九州産業大学久留米大学筑紫女学園大学九州国際大学大阪経済法科大学創価大学桃山学院大学沖縄国際大学
  • 緑地環境・芸術系:
和歌山大学愛媛大学島根大学東京農業大学福岡工業大学九州産業大学長岡造形大学京都造形芸術大学神戸芸術工科大学神戸山手大学大阪産業大学南九州大学九州東海大学(現・東海大学
  • 社会福祉系:
日本社会事業大学日本福祉大学西南学院大学西九州大学熊本学園大学
  • 保育系:
中村学園大学梅光学院大学福岡女学院大学

附属学校[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キャンパス直方市上新入に設置されていた。
  2. ^ I部では2002年度、II部では1995年度入学生まで設けられていた。
  3. ^ 過去5年間の就職実績 - 西日本短期大学ホームページ (2016年2月6日閲覧)
  4. ^ 主な編入実績 - 西日本短期大学ホームページ (2016年2月6日閲覧)

公式サイト[編集]

学校ブログ[編集]

学科ブログ[編集]

座標: 北緯33度35分53.1秒 東経130度22分0.8秒