高山自動車短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高山自動車短期大学
高山自動車短期大学
大学設置 1975年
創立 1961年
学校種別 私立
設置者 学校法人高山短期大学
本部所在地 岐阜県高山市下林町1155番地
北緯36度8分51.55秒 東経137度14分5.94秒 / 北緯36.1476528度 東経137.2349833度 / 36.1476528; 137.2349833座標: 北緯36度8分51.55秒 東経137度14分5.94秒 / 北緯36.1476528度 東経137.2349833度 / 36.1476528; 137.2349833
学部 自動車工学科
商経学科[1]
ウェブサイト 高山自動車短期大学公式サイト
テンプレートを表示

高山自動車短期大学(たかやまじどうしゃたんきだいがく、英語: Takayama College of Car Technology、公用語表記: 高山自動車短期大学)は、岐阜県高山市下林町1155番地に本部を置く日本私立大学である。1975年に設置された。大学の略称は高短、高山短期。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 高山自動車短期大学は、岐阜県高山市内にある日本私立短期大学1975年に高山短期大学として設置された。かつて、学科の新設(商経学科)もあり2学科を擁していた時期もあったが、現在は初期と同じ自動車工学系の単科短期大学である。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 建学の精神は「新しい大学教育を目指して」。

教育および研究[編集]

  • 現在、自動車整備士の養成に力を注いでいる。「自動車工学」・「自動車経営」・「自動車電子」・「二輪整備」・「車体整備」の各コースが存在する。

学風および特色[編集]

  • 高山自動車短期大学は開学以来、少数精鋭主義を重視し実践している。
  • 自己点検自己評価への取り組みや世界ラリーへの参戦をおこなっている。

沿革[編集]

  • 1961年昭和36年)4月 - 高山自動車高等整備学校を創設。
  • 1963年(昭和38年)3月 - 運輸大臣より三級自動車整備士養成校として認定される。
  • 1964年(昭和39年)4月 - 研究科課程を併設。
  • 1967年(昭和42年)1月 - 岐阜県知事より学校法人中村学園の設立を認可される。
  • 1968年(昭和43年)4月 - 高山自動車整備専門学校に改称。
  • 1975年(昭和50年)1月 - 文部大臣より『高山短期大学』の設置を認可される。
  • 1975年(昭和50年)2月 - 学校法人の名称を『学校法人高山短期大学』と変更認可される。
  • 1975年(昭和50年)4月 - 自動車工学科を設置(学生数:203 0 [2])。
  • 1975年(昭和50年)8月 - 運輸大臣より二級整備士の認定大学として認可される。
  • 1976年(昭和51年)3月 - 『高山自動車整備専門学校』を廃止する。
  • 1977年(昭和52年)4月 - この年度よりはじめて女子学生が入学する(学生数:男669、女1[3])。
  • 1978年(昭和53年)12月 - 岐阜県知事より『高山短期大学附属幼稚園』の設置を認可される。
  • 1979年(昭和54年)4月 - 『高山短期大学附属幼稚園』開園。
  • 1985年(昭和60年)4月 - 商経学科を増設:在学者数は76(うち女子27)[4]
  • 1986年(昭和61年)12月 - フロントレンヂ短期大学(デンバー市)と姉妹校協定締結する。
  • 1990年平成2年)10月 - 創立30周年記念・文化記念講堂完成。
  • 1992年(平成4年) 5月 - 創立者・名誉市民中村春雄の命日(6月19日)を開学記念日と定める。
  • 1996年(平成8年) 9月 - 世界ラリー参戦開始。
  • 2000年(平成12年)10月 - 創立40周年記念式典挙行。
  • 2004年(平成16年) - 商経学科の学生募集を停止する。
  • 2005年(平成17年)3月 - 商経学科、正式に廃止される[5]
  • 2006年(平成18年)4月 - 高山自動車短期大学に名称を変更する[6]
  • 2008年(平成20年)4月 - 専攻科(自動車工学専攻・一級自動車整備士課程)を開設すること。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 岐阜県高山市下林町1155番地

交通アクセス[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 自動車工学科
過去にあった学科[編集]
  • 商経学科[1]

専攻科[編集]

  • 一級自動車整備士課程

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
  • 二級ガソリン自動車整備士・二級ディーゼル自動車整備士の受験資格のほか、自動車整備専門学校学科実習教員資格・自動車整備技術講習所講師資格がある。また、前述の二級ガソリン自動車整備士及び二級ディーゼル自動車整備士の合格率は、2008年度及び2009年度国家試験に於いて 合格率100%を達成した。

附属機関[編集]

  • 図書館
  • 飛騨自然博物館

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 高山自動車短期大学の学園祭は「秋の高山祭」と呼ばれ例年、10月に開祭される。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 久保田完三:初代学長
  • 中村實:二代目学長
  • 野添雅義:現学長

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • キャンパスの敷地面積はおよそ100,000m2。第一講義棟・実習棟・第二講義棟・自動車工学研究センター・応用技術センター・モータースポーツテクノロジーセンター・モーターバイクテクノロジーセンター・グラウンド・体育館・トレーニングセンター・本部棟・モトクロスコース・学生駐車場ほか日本庭園がある。

学生会館[編集]

  • 「プランタンA」・「プランタンB」・「プリマヴェーラ」と称した学生会館がある。

他大学との協定[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

附属学校[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 学生募集は2003年度入学生まで。2005年3月31日付けで正式廃止。
  2. ^ 昭和51年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)46頁より。
  3. ^ 昭和53年度版『総覧』45頁より。
  4. ^ 昭和61年度版『総覧』58頁より。
  5. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』97頁「高山自動車短期大学」の項より。
  6. ^ 文部科学省 短期大学名等の変更届出一覧 [1]
  7. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

外部リンク[編集]