電動式リアテールゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

電動式リアテールゲート(でんどうしきリアテールゲート)は荷物で両手が塞がっていてもワンタッチボタン(またはリモコンキー)でリアテールゲートを自動で開閉できる装置のことで、日本メーカーでは本田技研工業が開発した。

2002年11月28日に発売されたアコードワゴンに初採用。のちに2003年10月発売のオデッセイ2004年5月発売のエリシオンにも搭載されている。(※アコードワゴン(2004年一部改良後)・オデッセイ・エリシオン3車ともオプション設定。)

また、2004年10月に発表された三菱自動車工業コルトプラスにはコンパクトカークラスで初めて採用された。名称はエレクトリックテールゲート(全車標準装備)。

電動式リアテールゲート搭載車両[編集]

本田技研工業[編集]

三菱自動車工業[編集]

日産自動車[編集]

トヨタ自動車[編集]

スズキ[編集]

マツダ[編集]

富士重工業[編集]