スノーソックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スノーソックス

スノーソックス (snow socks) は、タイヤチェーンの代用品のひとつ。スノータイヤが十分ではない場合、スノーソックスを用いることで、雪道におけるグリップが向上する[1]

日本語では、「布製タイヤチェーン」、「布タイヤチェーン」[2]「布製タイヤ滑り止め」[3]と説明されることがあるほか、「オートソック[4]、「スノーキャップ[5]など商品名に由来する名称で呼ばれることもある。

スノーソックスの利点と難点[編集]

スノーソックスは、アンチロック・ブレーキ・システム (ABS) や横滑り防止装置 (ESC) など、他の安全装置に影響を及ぼすことがない。ポリエステル素材の比重が高いスノーソックスは、地表の水分をより多く吸収し、グリップを向上させ、時速50km程度までの運転を可能とする[6]

耐久性の面では金属チェーンに劣り、装着したまま長時間駐車する場合の凍結や、長時間の高速走行による破損のリスクがある。

種類[編集]

スノーソックスには、繊維製モデルと、複合素材製モデルがある。

繊維製[編集]

これは、タイヤを覆い、タイヤと雪が接触しないようにする繊維製のカバーである。このカバーを装着しても、アルミニウム製のリムには損傷を与えない。

最も重要な素材はポリエステルである。ポリエステル繊維は水を吸収し、グリップを改善する。装着した状態で、時速50km程度までの運転が可能とされる[7]

複合素材製[編集]

2013年3月現在、複合素材製のモデルが1種類流通している。これはミシュランが開発したもので、イージーグリップ (Easy Grip) と呼ばれている[8]。内側に伸縮するバンドが付いており、装着を容易にしている。ネットを保護し、路面のグリップを高めるために、亜鉛メッキされた鋼鉄の輪150個が配置されている。

脚注[編集]

  1. ^ Snow socks or winter tyres? Are socks for tyres the latest winter must-have?”. Which? (2010年11月29日). 2015年11月27日閲覧。
  2. ^ 平成22年度 戦略的基盤技術高度化支援事業 「伸縮織物を用いた装着性が高く安全な布タイヤチェーンの開発」研究開発成果等報告書 (PDF)”. 九州経済産業局/財団法人福岡県産業・科学技術振興財団 (2011年). 2015年11月27日閲覧。
  3. ^ 宮島小次郎 (2013年1月15日). “スタッドレスに迫るオートソックの雪道性能”. オールアバウト. 2015年11月27日閲覧。
  4. ^ 緊急用タイヤすべり止め「オートソック」”. 日産自動車. 2015年11月27日閲覧。
  5. ^ 【解説】新追加のグレード名は「ハイパー」! ダイハツ ムーヴがフルモデルチェンジ(画像No.169)”. オートックワン. 2015年11月27日閲覧。
  6. ^ Don’t Get Caught Out This Winter. Get Your Snow Socks Ready Now”. uccc.co.uk. 2014年1月6日閲覧。
  7. ^ How good are snow socks?”. rezulteo-tyres.co.uk. 2013年3月25日閲覧。
  8. ^ MICHELIN COLD WEATHER TYRES AND EASY GRIP®”. michelin.co.uk. 2013年3月25日閲覧。