九州龍谷短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
九州龍谷短期大学
Kyushu Ryukoku Junior College01.jpg
大学設置 1952年
創立 1878年
学校種別 私立
設置者 学校法人佐賀龍谷学園
本部所在地 佐賀県鳥栖市村田町岩井手1350
学部 保育学科
人間コミュニティ学科
ウェブサイト 九州龍谷短期大学公式サイト
テンプレートを表示

九州龍谷短期大学(きゅうしゅうりゅうこくたんきだいがく、英語: Kyushu Ryukoku Junior College)は、佐賀県鳥栖市村田町岩井手1350に本部を置く日本私立大学である。1952年に設置された。大学の略称は龍谷短大。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 九州龍谷短期大学における建学の理念は、親鸞の精神であり、その実践のために知恩・自律・内省・平和を目標に掲げている。

教育および研究[編集]

  • 九州龍谷短期大学は日本の仏教系大学である関係上、「仏教学」と称した科目が開講されている。

学風および特色[編集]

  • 九州龍谷短期大学は仏教系の短大であることから、「報恩講」をはじめとした宗教的イベントが催されているのが特徴である。

沿革[編集]

  • 1878年 願正寺内に振風教校開校
  • 1903年 佐賀市水ヶ江に移転
  • 1952年 佐賀龍谷短期大学開学。仏教科のみ。
  • 1954年 国文科を増設。
  • 1955年 国文科及び仏教科教職課程開講。
  • 1962年 保育科を開設。
  • 1985年 現在地にキャンパス移転。九州龍谷短期大学に名称変更
  • 2001年 学科名を変更
    • 仏教科→仏教学科
    • 国文科→日本語・日本文化学科
    • 保育科→保育学科
  • 2002年 学科を改組変更
    • 仏教学科と日本語・日本文化学科を統合して人間コミュニティ学科とする。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 佐賀県鳥栖市村田町岩井手1350

年度別学生数[編集]

- 仏教科 国文科 保育科 出典
入学定員 ** ** ** -
総定員 ** ** ** -
1954年 男43 男64
女18
- [1]
1955年 - 1957年 不明 - [2]
1958年 男25
女3
男58
女12
- [3]
1959年 男19
女1
男23
女11
- [4]
1960年 男17
女0
男24
女17
- [5]
1961年 男18
女0
男27
女34
- [6]
1962年 男18
女1
男32
女34
女36 [7]
1963年 男20
女1
男32
女28
女82 [8]
1964年 男20
女0
男35
女40
女97 [9]
1965年 男21
女4
男45
女77
女125 [10]
1966年 男35
女6
男74
女115
女181 [11]
1967年 男40
女6
男97
女138
女195 [12]
1968年 男37
女5
男62
女125
女195 [13]
1969年 不明 [14]
1970年 男38
女3
男34
女66
女156 [15]
1971年 男33
女2
男20
女63
女163 [16]
1972年 男35
女5
男12
女70
女185 [17]
1973年 男31
女3
男12
女77
女219 [18]
1974年 不明 [19]
1975年 男31
女2
男21
女157
女342 [20]
1976年 男34
女3
男21
女191
女333 [21]
1977年 男45
女4
男23
女172
女300 [22]
1978年 男62
女6
男13
女193
女298 [23]
1979年 男63
女6
男11
女193
男2
女285
[24]
1980年 男54
女3
男15
女154
男4
女255
[25]
1981年 男50
女6
男12
女123
男4
女209
[26]
1982年 男56
女5
男10
女106
男3
女197
[27]
1983年 男53
女3
男10
女110
男5
女184
[28]
1984年 男60
女3
男8
女98
男8
女164
[29]
1985年 男55
女4
男10
女64
男7
女143
[30]
1986年 男72
女7
男19
女71
男3
女173
[31]
1987年 男76
女7
男18
女114
男4
女196
[32]
1988年 男73
女5
男24
女113
男6
女179
[33]
1989年 男82
女5
男35
女94
男11
女156
[34]
1990年 男77
女7
男41
女117
男13
女141
[35]
1991年 男88
女8
男50
女153
男10
女143
[36]
1992年 男96
女9
男66
女175
男9
女116
[37][38]
1993年 男92
女12
男67
女183
男11
女127
[39]
1994年 男98
女13
男86
女168
男13
女134
[40]
1995年 男102
女8
男96
女126
男14
女127
[41]
1996年 男99
女9
男64
女87
男12
女138
[42]
1997年 男68
女8
男55
女59
男10
女106
[43]
1998年 男40
女6
男43
女51
男13
女75
[44]
1999年 男37
女7
男23
女44
男18
女95
[45]

象徴[編集]

  • カレッジマークは「Ryukoku」の頭文字である「R」を図案化したものとなっている。

組織[編集]

学科[編集]

  • 保育学科:1962年設置。
  • 人間コミュニティ学科:2002年度に仏教学科と日本語・日本文化学科を統合し誕生。
    • 映像・放送コース
    • 司書・情報コース
    • 仏教コース

取得資格について[編集]

資格

教職課程

民間資格

  • 本願寺派教師資格:人間コミュニティ学科
  • 本願寺派学階『得業』:人間コミュニティ学科
  • 情報処理士:人間コミュニティ学科(全国大学実務教育協会により認定)
  • ビジネス実務士:人間コミュニティ学科(全国大学実務教育協会により認定)
  • レクリエーション・インストラクター:保育学科・人間コミュニティ学科(財団法人日本レクリエーション協会により認定)
  • 当初は、仏教科・国文科において中学校教諭ほか高等学校教諭免許状(国語)の教職課程を併設[46]

附属機関[編集]

  • 仏教文化研究所
  • 地域交流センター
  • 学生ボランティアセンター
  • 子育てサポートセンター
  • 附属図書館:所蔵数はおよそ40,000冊。

教育[編集]

  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
    • 「いのちの教育」:報恩講座・自然の森体験が行なわれた。
    • ほか、「県内全短大連携による幼児期からの環境教育」において2006年度より文部科学省より採択されている。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 近年は吹奏楽部に力を入れており、入学金半額免除の推薦制度を導入している。
  • 毎年11月下旬に「幼児教育研究発表会」といって、一つのテーマに沿ってサークル別に発表を行っている。保育学科の2年生は第二幕として合奏合唱を行っている。

学園祭[編集]

  • 九州龍谷短期大学の学園祭は「振風祭」と呼ばれており、毎年概ね7月に行なわれている。

施設[編集]

キャンパス[編集]

学生食堂[編集]

  • 学内に併設されている。

講堂[編集]

  • 「振風講堂」と称した講堂がある。宗教的イベントがこちらで行なわれている。

[編集]

  • 九州龍谷短期大学の学生寮には「慈風寮」と呼ばれる女子寮が学内にある。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

系列校[編集]

姉妹校[編集]

社会との関わり[編集]

九州龍谷杯 映像・放送コンテスト[編集]

  • 九州龍谷短期大学の主催で九州・沖縄の高校生を対象にした放送コンテストを2007年から開催している。映像部門とアナウンス・朗読部門の2部門があり、アナウンスと朗読は別々に審査、表彰される。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

附属学校[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和30年度版『総覧』1382頁
  2. ^ この年度における『総覧』が存在しないため。
  3. ^ 昭和34年度版『総覧』26頁
  4. ^ 昭和35年度版『総覧』24頁
  5. ^ 昭和36年度版『総覧』28頁
  6. ^ 昭和37年度版『総覧』28頁
  7. ^ 昭和38年度版『総覧』32頁
  8. ^ 昭和39年度版『総覧』34頁
  9. ^ 昭和40年度版『総覧』35頁
  10. ^ 昭和41年度版『総覧』39頁
  11. ^ 昭和42年度版『総覧』42頁
  12. ^ 昭和43年度版『総覧』43頁
  13. ^ 昭和44年度版『総覧』46頁
  14. ^ 昭和45年度版『総覧』46頁に記載はあるが、学園紛争により当年度の学生数の情報収集ができず、便宜上昨年度と同数で表示されている。
  15. ^ 昭和46年度版『総覧』47頁
  16. ^ 昭和47年度版『総覧』47頁
  17. ^ 昭和48年度版『総覧』49頁
  18. ^ 昭和49年度版『総覧』51頁
  19. ^ 昭和50年度版『総覧』53頁に記載はあるが、諸事情によりやむを得ず、昨年の学生数が表記されている。
  20. ^ 昭和51年度版『総覧』55頁
  21. ^ 昭和52年度版『総覧』54頁
  22. ^ 昭和53年度版『総覧』54頁
  23. ^ 昭和54年度版『総覧』55頁
  24. ^ 昭和55年度版『総覧』55頁
  25. ^ 昭和56年度版『総覧』57頁
  26. ^ 昭和57年度版『総覧』57頁
  27. ^ 昭和58年度版『総覧』60頁
  28. ^ 昭和59年度版『総覧』62頁
  29. ^ 昭和60年度版『総覧』62頁
  30. ^ 昭和61年度版『総覧』71頁
  31. ^ 昭和62年度版『総覧』72頁
  32. ^ 昭和63年度版『総覧』74頁
  33. ^ 昭和64年度版『総覧』77頁
  34. ^ 1990年度版『総覧』79頁
  35. ^ 1991年度版『総覧』80頁
  36. ^ 1992年度版『総覧』83頁
  37. ^ 1993年度版『総覧』84頁
  38. ^ 短大蛍雪 』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ、1992年9月臨時増刊号)438頁には「171、295(うち1年生男84、女139)」と表記されている。
  39. ^ 1994年度版『総覧』86-87頁
  40. ^ 1995年度版『総覧』89頁
  41. ^ 1996年度版『総覧』91頁
  42. ^ 1997年度版『総覧』92頁
  43. ^ 1998年度版『総覧』94頁
  44. ^ 1999年度版『総覧』82頁
  45. ^ 2000年度版『総覧』85頁
  46. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)69頁「佐賀龍谷短期大学」の項より。
  47. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  48. ^ 佐賀市立図書館所蔵。詳細は佐賀市立図書館にて。

公式サイト[編集]

座標: 北緯33度21分42秒 東経130度28分37.6秒


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。