千葉敬愛短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉敬愛短期大学
Gthumb.svg
大学設置 1950年
創立 1921年
学校種別 私立
設置者 学校法人千葉敬愛学園
本部所在地 千葉県佐倉市山王1-9
北緯35度41分5.56秒 東経140度12分29秒 / 北緯35.6848778度 東経140.20806度 / 35.6848778; 140.20806座標: 北緯35度41分5.56秒 東経140度12分29秒 / 北緯35.6848778度 東経140.20806度 / 35.6848778; 140.20806
学部 初等教育科
  第一部
  第二部[1]
法経科第二部[2]
国際教養科[3]
ウェブサイト 千葉敬愛短期大学公式サイト
テンプレートを表示

千葉敬愛短期大学(ちばけいあいたんきだいがく、英語: Chiba Keiai Junior College)は、千葉県佐倉市山王1-9に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は敬愛短大。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 千葉敬愛短期大学における建学の精神は「敬天愛人」となっている。

教育および研究[編集]

  • 千葉敬愛短期大学は、児童教育に携わるエキスパート養成に力をいれている。

学風および特色[編集]

  • 千葉敬愛短期大学は全国の短大では少数の小学校教員養成課程があり、その採用試験の対策にも力をいれている。
  • 短大独自の学習プログラム(取得免許・資格別クラスの編成、少人数制の授業、実践力作り、「読み、書き、パソコン」教育の重視)がある。
  • 「敬愛の日」と称した記念日がある。
  • 2006年度、財団法人短期大学基準協会の第三者評価より「適格」認定を受ける。

沿革[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

交通アクセス[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 初等教育科
学科の変遷[編集]
  • 初等教育科
    • 第一部:現在の初等教育科にあたる。
    • 第二部[1][7]
  • 法経科第二部[2]千葉敬愛経済大学に改組されたため廃止[8]
  • 国際教養科[3][9]:敬愛大学に改組される。

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
資格
教職課程

附属機関[編集]

  • 附属研究所
  • メディアセンター

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 千葉敬愛短期大学の学園祭は「敬愛フェスティバル」とよばれ、毎年11月に敬愛大学との合同で行われている。

スポーツ[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • * 千葉敬愛短期大学校友会組織がある。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 長戸路正司:初代学長
  • 長戸路雄厚:現学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 1号棟
  • 2号棟
  • 3号棟
  • 学生食堂棟
  • 講義室・研究棟
  • 学生会館
  • 学生ホール
  • メディアセンターおよび特別教室棟
  • 体育館
  • ゴルフ練習場
  • グラウンド
  • テニスコート

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

姉妹校[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 公開講座がある。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 初等教育科
  • 法経科II部:
  • 国際教養科:一般企業への就職者が多かったものとみられる。

編入学・進学実績[編集]

附属学校[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 学生募集は1985年度入学生まで。1987年12月23日付けで正式廃止。
  2. ^ a b 学生募集は1965年度入学生まで。1969年3月31日付けで正式廃止。
  3. ^ a b 学生募集は1996年度入学生まで。1999年12月22日付けで正式廃止。
  4. ^ 昭和38年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)24頁より。
  5. ^ a b c 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』56頁より。
  6. ^ 1991年度版『総覧』57頁より。
  7. ^ 昭和61年度版『総覧』50頁によると、最終募集年度における在学生総数は90(うち女42)となっている。
  8. ^ 昭和41年度版『総覧』57頁によると、最終募集年度における在学生総数は133人(うち女子3人)となっている。
  9. ^ 1997年度版『総覧』67頁によると、最終募集年度における在学生総数は442(うち男122)となっている。
  10. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

公式サイト[編集]