幼稚園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフガニスタンの幼稚園
戸外での自然体験(森のようちえん

幼稚園(ようちえん、: Kindergarten: kindergarten)は、満3歳から小学校就学までの幼児を教育し、年齢に相応しい適切な環境を整え、心身の発達を助長するための教育施設。

歴史[編集]

19世紀前半に活躍したドイツの幼児教育者、フリードリヒ・フレーベル1840年に設立した小学校に上がる前の幼児のための学校が最初の幼稚園である。幼稚園という語は、彼の作った学校の名前である De-kindergarten.ogg Kindergarten[ヘルプ/ファイル](フレーベルの造語、「子供達の庭」、「子供の国」の意)を翻訳してできた。

ドイツ以外の国々でも、フレーベルに敬意を表してドイツ語からの外来語としてのkindergartenkindergardenという表現を使う。アメリカ合衆国などではプレスクール(preschool)と言われることもある。ただし、カリフォルニア州などのように、プレスクールは「幼稚園のさらに前の教育施設」として、preschoolまたはpre-K(pre-kindergarten) - kindergarten - 1st grade -... という順序になっている地域もある[1]。ちなみに、保育所は、nursery school(略してnursery)または daycare centerという。

実際にはフレーベルよりも数年早く、イギリス産業革命の中で、子供の工場労働による健康障害と死亡率の高さに対し、空想的社会主義者といわれるロバート・オウエンが、幼児、子供のための性格形成学院を開校している。

ただし、現在の幼稚園の実態は、ほとんどがフレーベルの構想の中にあったもので、その意味では彼が幼稚園の生みの親といっても間違いない。ボール遊び積み木恩物)、お遊戯砂場、鳥や小動物の飼育と触れ合い、母親の家事の手伝い、言葉遊び、学級花壇での花や野菜の栽培など、すべて体系的にフレーベルの著作の中にある。彼の『幼稚園教育学』(フレーベル全集。玉川大学出版部刊に収録)を参照のこと。

日本[編集]

日本の場合、幼稚園は文部科学省幼児教育課の所管学校で、大学大学院までの教育体系の中の一環として組み込まれており、運営主体は私立の場合、学校法人及び歴史的経緯による個人立となる。

厚生労働省所管の児童福祉施設である保育所とは異なる。保育所は保育(養護と教育)を行うが、学校教育法による学校ではない。

日本の幼稚園における教育内容は、幼稚園教育要領の中に示されており、その内訳は「健康」、「人間関係」、「環境」、「言葉」、「表現」の5領域となっている(学校教育法23条各号参照)。施設設備については、幼稚園設置基準で定められている。幼稚園の教師になるためには、法律で定められた免許を取得しなければならない。

法制度上、在籍年齢は「就学の始期まで」となっており、また学年に相当する用語は「年少・年中・年長」となっており、ほぼ完全に年齢主義による運用となっている。ただし就学猶予を受けた場合など、学齢に達していても引き続き通うケースは存在する。

2005年平成17年)現在、日本には13,949の幼稚園があり、うち国立49園、公立5,546園(うち都道府県立5園、市町村立・組合立5731園)、私立8,354園(うち学校法人立7255園)である。また、小学校や大学等に併設された併設園と独立園がある。(小学校に併設されている場合は比較的小さい園で特に公立に多い)

また特別支援学校には、幼稚園の課程に相当する幼稚部がおかれている。

さらに日本社会においては、幼稚園とは別に、小学校受験のための幼児教室や幼児教育研究所なども存在する。近年はプリスクールの名で就学前児童・幼児の保育や教育を行っている施設が増加している。

日本での歴史[編集]

日本では1872年明治5年)に公布された学制に小学校の一種として「幼稚小学」が「幼稚小学ハ甲女ノ子弟六歳迄ノモノ小学ニ入ル前ノ端緒ヲ教ルナリ」(第二十二章)と規定された。就学前の幼児教育施設として(日本で)実際に設けられた最も早いものは、1875年(明治8年)12月に京都上京第三十区第二十七番組小学校(後の柳池小学校、現在の京都市立柳池中学校)に付設された「幼穉遊嬉場」(ようちゆうきじょう)である[2][3]。これはフレーベルのキンダー・ガルテンに倣って、官民一致で設けられたものであるが[2]、それは1年半しか存続しなかった[3]

キンダー・ガルテンの訳語として「幼稚園」を最初に名乗ったのが、1876年(明治9年)に開園した東京女子師範学校附属幼稚園で、現在もお茶の水女子大学附属幼稚園として存続し、これが日本で最古の幼稚園とされる。 1879年(明治12年)4月1日には鹿児島県が東京女子師範学校附属幼稚園より日本人保姆第一号とされる豊田芙雄を招聘し、鹿児島女子師範学校附属幼稚園を開園させている。さらにこの年の5月3日には大阪市大阪府立模範幼稚園が(その後廃園となったが、現在の大阪教育大学附属幼稚園は同園を前身と位置づけている)、6月7日には仙台市仙台区木町通小学校附属幼稚園が相次いで開園し、これ以降、幼稚園教育が地方へと展開していく[4]。また現存する私立幼稚園としては1886年(明治19年)に石川県金沢市に英和幼稚園として開園された北陸学院短期大学附属幼稚園がある。

この時代に開園し、今日まで現存する園舎については1880年(明治13年)に開園した大阪市中央区大阪市立愛珠幼稚園の木造園舎(1901年(明治34年)竣工)が日本最古のものとして知られ、岡山市の「旧旭東幼稚園園舎」とともに重要文化財に指定されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 学区によって呼称・年限は異なるが、kindergartenから12年生までの公共教育を「K-12」(K through 12またはK to 12と読む)と呼ぶ。
  2. ^ a b 原祐子保育における子どものうた (PDF) 『四天王寺大学紀要』第47号(2009年3月)
  3. ^ a b 文部科学省『学制百二十年史』第一編・第一章・第一節「初等教育
  4. ^ 文部科学省『学制百年史』第一編・第一章・第五節「[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前段階の学校 現学校 次段階の学校
  • なし
    (注1)
幼稚園
1年以上
3歳から6歳
同段階の学校
注1: 学校ではないが保育所はある。