秋田栄養短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋田栄養短期大学
秋田栄養短期大学の学舎はノースアジア大学と同じキャンパス内に設置されている。
秋田栄養短期大学の学舎はノースアジア大学と同じキャンパス内に設置されている。
大学設置/創立 1953年
学校種別 私立
設置者 学校法人ノースアジア大学
本部所在地 秋田県秋田市下北手桜字守沢46-1
北緯39度42分57.9秒 東経140度9分23.8秒 / 北緯39.716083度 東経140.156611度 / 39.716083; 140.156611座標: 北緯39度42分57.9秒 東経140度9分23.8秒 / 北緯39.716083度 東経140.156611度 / 39.716083; 140.156611
学部 栄養学科
ウェブサイト 秋田栄養短期大学公式サイト
テンプレートを表示

秋田栄養短期大学(あきたえいようたんきだいがく、英語: Akita Nutrition Junior College)は、秋田県秋田市下北手桜字守沢46-1に本部を置く日本私立大学である。1953年に設置された。旧来の秋田短期大学・秋田経済法科大学短期大学部についても本稿で説明する。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 秋田栄養短期大学は、秋田県秋田市内にある日本私立短期大学1953年に学校法人秋田短期大学による秋田短期大学として設置された。学科体制は最大で、昼間部2学科(1学科と1学科2専攻)と夜間1学科を擁していたが、現在は栄養学科のみとなっている。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 秋田栄養短期大学における建学の精神は「真理・調和・実学」となっている。これは経世学者である佐藤信淵が残した言葉をそのまま用いたものとなっている。

教育および研究[編集]

  • 秋田栄養短期大学は現在、栄養士養成に力をいれている。

学風および特色[編集]

  • 秋田栄養短期大学は、ノースアジア大学と同じ敷地内にある関係上、両者同士の交流が深く、大学行事やクラブ活動等は基本的には混合となっている。

沿革[編集]

  • 1953年 秋田短期大学(あきたたんきだいがく)として開学[1] 学長に大館蕘寿が就任。
    • 商経科I部・Ⅱ部を置く。
  • 1954年 家政科の設置[2]
  • 1964年 佐藤藤佐が学長に就任。
  • 1974年 中村常次郎が学長に就任。
  • 1980年 藤島主殿が学長に就任。
  • 1983年 現在地に移転する。
  • 1985年 丸山健が学長に就任。
  • 1988年頃 鈴木伝八が学長代行となる。
  • 1989年 家政科を生活文化学科に改称。
  • 1990年 生活文化学科を2 専攻制に移行。大渕利男が学長に就任。
    • 生活文化専攻
    • 食物栄養専攻
  • 1995年 井上隆明が学長に就任。
  • 1997年 秋田経済法科大学短期大学部(あきたけいざいほうかだいがくたんきだいがくぶ)に改称
  • 2001年 学科名の変更が行なわれる。
    • 商経科→商経情報学科
    • 生活文化学科
      • 生活文化専攻→ライフデザイン専攻
  • 2005年 秋田栄養短期大学に改称。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 秋田県秋田市下北手桜字守沢46-1

交通アクセス[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 栄養学科
学科の変遷[編集]
  • 家政科→生活文化学科
    • ライフデザイン専攻:募集は2004年度まで。
    • 食物栄養専攻→現存の栄養学科
  • 商経科→商経情報学科:募集は2004年度まで。
    • Ⅰ部
    • Ⅱ部:学生募集は1981年度まで。1986年廃止

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • 現在のノースアジア大学(旧・秋田経済大学)以前に設置された施設。
    • 雪国民俗研究所:1960年に設置された。
    • 経済研究所:1961年に設置された。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 秋田栄養短期大学の学園祭は「高杉祭」と呼ばれ毎年、概ね10月に行われている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長[編集]

大淵利男以降は、事実上秋田経済法科大学→ノースアジア大学の学長職と兼任となっている。

他大学との協定[編集]

アメリカ[編集]

中国[編集]

韓国[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 公開講座を行っている。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

附属学校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初は秋田市茨島にあった。
  2. ^ 当初の在学者数は女子75
  3. ^ 概ね1954年頃までは高等学校教員二級免許状(家庭・保健・職業)も設置されていた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。