千里金蘭大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千里金蘭大学
Senri Kinran University.JPG
大学設置 2003年
創立 1905年
学校種別 私立
設置者 学校法人金蘭会学園
本部所在地 大阪府吹田市藤白台5-25-1
キャンパス 吹田キャンパス
梅田サテライトキャンパス
学部 生活科学部
看護学部
現代社会学部(2009年4月入試より募集停止)
人間社会学部 (2004年4月~2008年3月)
研究科 -
ウェブサイト 千里金蘭大学公式サイト
テンプレートを表示

千里金蘭大学(せんりきんらんだいがく、英語: Senri Kinran University)は、大阪府吹田市藤白台5-25-1に本部を置く日本私立大学である。2003年に設置された。

概要[編集]

堂島高等女学校(今の大阪府立大手前高等学校)の同窓会である「金蘭会」が母体となって設立した学校法人金蘭会学園によって設置された女子大学。

「金蘭」は古代中国の書物「易経」の、『二人心を同じうすればその利きこと金を断つ、同心の言はその臭(かおり)蘭の如し』の一節よりとったもので、学園の創立当時、まだ女子に対する教育が十分では無かった時代に、「社会に尽くしたい」という数名の女生徒たちの活動から生まれた思いと志を表現している。

現在は学校法人金蘭会学園のもとに中学、高校、大学があり、千里金蘭大学キャンパスは大阪府吹田市に、金蘭会中学校・高等学校は大阪市内にある。なお、大学と同じキャンパスにある金蘭千里高等学校・中学校2005年に学校法人金蘭千里学園として別法人となった。

沿革[編集]

  • 1905年 大阪府立堂島高等女学校(現・大阪府立大手前高等学校)の同窓会「金蘭会」が、「私立金蘭会女学校」を設立。
  • 1908年 文部大臣認可の女学校「私立金蘭会高等女学校」を開校。
  • 1948年 「私立金蘭会高等学校」を発足。
  • 1963年 「金蘭会短期大学」を大淀学舎内に開学し、家政科を設置。
  • 1965年 新学舎を北千里に開校。金蘭会短期大学は「金蘭短期大学」と名前を改め、国文科、英文科を増設。
  • 2003年 千里金蘭大学を4年制大学として開学。生活科学部食物栄養学科(1学部1学科)を開設。[1]
  • 2004年 金蘭短期大学を千里金蘭大学短期大学部へ名称変更。[2]
  • 同年 人間社会学部(人間社会学科と情報社会学科の2学科)を開設。
  • 2007年 生活科学部に児童学科を新設[3]
  • 2008年 人間社会学部(人間社会学科と情報社会学科の2学科)を廃止(同年度入試より募集停止)し、現代社会学部(現代社会学科1学科)[4]を新設。
  • 同年 看護学部(看護学科1学科)[5]を開設。実習病院として住友病院と提携。[6]
  • 2009年 現代社会学部を同年度入試より募集停止。
  • 2011年3月31日 千里金蘭大学短期大学部閉校(事実上の同大学への統合)。

教育および研究[編集]

学部[編集]

学生生活[編集]

  • キャンパスは千里丘陵に位置し、大阪市の中心地である梅田から比較的近い立地(阪急千里線で直通約30分)にもかかわらず、緑が豊かで落ち着いた環境にある。また隣には大阪大学の吹田キャンパスがあり、同じ沿線には関西大学の千里山キャンパスもあるため、学びやすく、サークルなどを通しての交流もある。
  • 学科ごとの授業は資格取得を目ざす構成となっている。食物栄養学科では管理栄養士の受験資格、児童学科では保育士幼稚園教諭小学校教諭の免許、看護学科では、看護師保健師助産師精神保健福祉士などの受験資格を、それぞれ卒業時に得ることができる。

キャンパス・交通[編集]

  • 吹田キャンパス(大阪府吹田市藤白台5-25-1)
阪急千里線北千里駅から徒歩10分
北大阪急行電鉄千里中央駅からバス10分
  • 大阪梅田サテライトキャンパス(大阪府大阪市北区大淀南3-3-7)
JR環状線大阪駅から 徒歩15分
JR環状線福島駅から徒歩8分
JR東西線新福島駅から徒歩10分
阪神電車福島駅から徒歩10分

参考資料[編集]

  1. ^ 平成15年度開設予定大学等認可申請一覧
  2. ^ 大学・短期大学名等の変更届出一覧(平成16年度届出分)
  3. ^ 平成19年度開設予定の大学の学部等の設置届出一覧(平成18年5月分)
  4. ^ 平成20年度開設予定の大学の学部等の設置届出について(平成19年4月分)
  5. ^ 平成20年度開設予定大学等一覧(平成19年11月)
  6. ^ 朝日新聞 朝刊(平成19年1月15日)

外部リンク[編集]