森ノ宮医療大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森ノ宮医療大学
Morinomiya University of Medical Sciences1.jpg
大学設置/創立 2007年
学校種別 私立
設置者 学校法人森ノ宮医療学園
本部所在地 大阪市住之江区南港北1丁目26番16号
学部 保健医療学部
研究科 保健医療学研究科
ウェブサイト 森ノ宮医療大学公式サイト
テンプレートを表示

森ノ宮医療大学(もりのみやいりょうだいがく、英語: Morinomiya University of Medical Sciences)は、大阪市住之江区南港北1丁目26番16号に本部を置く日本私立大学である。2007年に設置された。

概観[編集]

大学全体[編集]

森ノ宮医療大学は大阪市営地下鉄中央線コスモスクエア駅から徒歩1分の場所にキャンパスを有し、2017年度時点で保健医療学部に5学科(看護学科・理学療法学科・作業療法学科・臨床検査学科・鍼灸学科)を持つ医療系総合大学である。開学当初は1学部2学科(理学療法学科・鍼灸学科)であったが、2011年4月に看護学科が開設し、2016年4月に作業療法学科と臨床検査学科が新たに加わった。同時期に専攻科として、助産学専攻科(1年課程)も設置されている。また大学院修士課程(保健医療学研究科)も有し、2018年4月には保健医療学部に臨床工学科(仮称)、そして大学院博士後期課程も設置構想中であるとされる。

建学の精神・教育理念[編集]

建学の精神「臨床に優れ、かつ豊かな人間性に裏打ちされた医療人を育成する」

学園の精神「生命(いのち)へのと畏敬」

基本理念「人によりそい幸福(しあわせ)を希う学園

大学ミッション「私たちは、幅広い知識高度な専門技術を有し、チーム医療実践に求められる豊かな感性と高い倫理観を備えた専門職医療人を育てます」 

教育および研究[編集]

森ノ宮医療大学の教育における特長の一つが、医療系総合大学の環境を活かし行われる、学科間の連携教育である。医療現場で一人の患者さんに対して、さまざまなスキルを持つメディカルスタッフたちが連携、協働してアプローチする「チーム医療」を在学時から身につけることができる。カリキュラムに「チーム医療」を学べる科目が組み込まれているほか、普段の授業クラブ活動を通じて、日頃からさまざまな医療職をめざす他学科の学生交流を持つことができる。

卒業生を輩出している看護学科・理学療法学科・鍼灸学科の3学科すべて、国家試験の合格率は全国平均を上回っており、看護師国家試験保健師国家試験理学療法士国家試験はり師国家試験きゅう師国家試験などで実績を有す。

沿革[編集]

  • 1973年昭和48年)4月 - 大阪鍼灸専門学校開校
  • 1977年(昭和52年)4月 - 学校法人森ノ宮学園となる
  • 2000年平成12年)4月 - 法人名を森ノ宮医療学園、大阪鍼灸専門学校を森ノ宮医療学園専門学校と改称
  • 2007年(平成19年)4月 - 森ノ宮医療大学開学
  • 2011年(平成23年)4月 - 大学院 保健医療学研究科設置(修士課程)
  • 2011年(平成23年)4月 - 看護学科設置
  • 2016年(平成28年)4月 - 作業療法学科、臨床検査学科、助産学専攻科を設置[1]
  • 2018年(平成30年)4月 - 臨床工学科(仮称)、大学院博士後期課程を設置予定

組織[編集]

保健医療学部[編集]

鍼灸学科[編集]

  • 鍼灸コース
    取得できる資格
はり師国家試験受験資格、きゅう師国家試験受験資格、スチューデントトレーナー中級
  • スポーツ特修コース
    取得できる資格
はり師国家試験受験資格、きゅう師国家試験受験資格、スチューデントトレーナー中級、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)、健康運動実践指導者

看護学科[編集]

取得できる資格

看護師国家試験受験資格、保健師国家試験受験資格(10名程度の選考制)、養護教諭一種免許状(10名程度の選考制)、養護教諭二種免許状(条件あり)、第一種衛生管理者(条件あり)

理学療法学科[編集]

取得できる資格

理学療法士国家試験受験資格

作業療法学科[編集]

取得できる資格

作業療法士国家試験受験資格

臨床検査学科[編集]

取得できる資格

臨床検査技師国家試験受験資格、遺伝子分析化学認定士(初級)受験資格(条件あり)、中級バイオ技術者認定試験受験資格(条件あり)

臨床工学科[編集]

取得できる資格(予定)

臨床⼯学技⼠国家試験受験資格

大学院[編集]

  • 保健医療学研究科
保健医療学専攻(修士課程)

専攻科[編集]

  • 助産学専攻科(1年課程[1]

附属施設[編集]

附属医療機関[編集]

  • みどりの風クリニック・みどりの風鍼灸院
  • はりきゅうコスモス治療院[2]

関係機関[編集]

  • 森ノ宮医療学園出版部
  • みどりの風保育園
  • はりきゅうミュージアム

大学関係者と組織[編集]

同窓会[編集]

  • 森ノ宮医療学園校友会

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • コスモキャンパス(〒559-8611 大阪市住之江区南港北1-26-16)
  • 交通アクセス:コスモスクエア駅下車後、徒歩約1分

学生食堂[編集]

Medi CAFE(メディ カフェ)
  • 地域貢献や学生に社交性を身に着けさせる目的から一般にも広く開放されており、内装は木材がふんだんに使われており南港の景色が一望できるようになっている。医療を学ぶ学生たちに食事を大切に考えてほしいという大学の考えから、米や野菜は近隣で採れたものが使われている[3]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

相愛大学との連携協定(2015年2月19日締結)
  • 同じ住之江区にある相愛大学と地域活性化に向けた連携協定を結んでいる。人口減少や高齢化が進んでいる南港ポートタウンの再生に向けて、大学図書館の開放やイベントやコンサートの開催、食と健康分野の受託研究などから連携を進めている[4]

企業連携[編集]

かなえるリンクとの相互連携協定(2017年10月5日締結)
  • 医療や介護福祉の分野で事業展開している株式会社かなえるリンクと相互連携協定を結んでいる。かなえるリンクでの学生の実習受け入れや双方の施設の有効活用、講演を通じた人材の相互派遣が進められる予定である[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 新・森ノ宮医療大学は医療系総合大学へ - 森ノ宮医療大学(2015年8月8日閲覧)
  2. ^ はり・きゅうコスモス治療院 - 森ノ宮医療大学(2015年8月8日閲覧)
  3. ^ 「見~つけた:3品デリランチ」毎日新聞 地方版/大阪(2011年11月3日・朝刊)
  4. ^ 「連携協定:相愛大と森ノ宮医療大、地域活性化で 南港再生へ」毎日新聞 地方版/大阪(2015年2月20日・朝刊)
  5. ^ <10.5>かなえるリンクと相互連携協定を締結 - 森ノ宮医療大学2017年11月24日 閲覧

付属校[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度38分29秒 東経135度24分49秒 / 北緯34.64139度 東経135.41361度 / 34.64139; 135.41361