阪南大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阪南大学
本キャンパス6号館
本キャンパス6号館
大学設置 1965年
創立 1951年
学校種別 私立
設置者 学校法人阪南大学
本部所在地 大阪府松原市天美東5-4-33
キャンパス 本キャンパス(松原市天美東5-4-33)
南キャンパス(松原市天美南1-108-1)
あべのハルカスキャンパス(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス23F)
学部 流通学部
経済学部
経営情報学部
国際コミュニケーション学部
国際観光学部
研究科 企業情報研究科
ウェブサイト 阪南大学公式サイト
テンプレートを表示

阪南大学(はんなんだいがく、英語: Hannan University)は、大阪府松原市天美東5-4-33に本部を置く日本私立大学である。1965年に設置された。大学の略称は阪南、阪南大。

概観[編集]

大学全体[編集]

時代や社会の要請に応えるための大学改革を重要な責務とし、次のような改革に取り組んでいる。

  • 学部の改組転換、新学部・大学院の設置
  • カリキュラム改革
  • 教育改革の推進、大学教育研究所の設置
  • 自己点検・評価の推進
  • 入試制度の改革
  • 国際化への対応
  • 社会への対応
  • 情報化への対応
  • 機構改革と大学の管理運営体制の充実
  • キャンパスの整備・拡充

建学の精神[編集]

「知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、意欲と自主性に満ち、総合的な分析・判断能力をもって国際化・情報化時代に活躍できる人間性豊かな人材を育成すること」

沿革[編集]

  • 1939年1月 - 大鉄工学校創立
  • 1941年
    • 3月 - 財団法人大鉄学院設立
    • 4月 - 大鉄工業学校開校
  • 1948年4月 - 大鉄工業学校を大鉄高等学校に改称(改組)
  • 1951年2月 - 財団法人大鉄学院を学校法人大鉄学園と改称
  • 1964年
    • 1月 - 大学設置準備委員会発足
    • 7月 - 大学設置準備委員会が大学名を阪南大学と決定
  • 1965年
    • 1月 阪南大学産業経済研究所設置
    • 4月 阪南大学開学(商学部商学科)
  • 1972年4月 経済学部経済学科を設置
  • 1986年4月 商学部に経営情報学科を設置。情報処理研究センター設置
  • 1994年4月 法人名を学校法人大鉄学園から学校法人阪南大学へ変更
  • 1996年4月 商学部を流通学部と経営情報学部に改組
  • 1997年4月 国際コミュニケーション学部(文化コミュニケーション学科、国際観光学科)を設置。南キャンパス開設。大学教育研究所設置
  • 2000年4月 阪南大学大学院企業情報研究科企業情報専攻修士課程開設
  • 2004年4月 国際コミュニケーション学部の文化コミュニケーション学科を国際コミュニケーション学科に改称。阪南大学サテライトを設置。中小企業ベンチャー支援センター開設
  • 2010年4月 国際観光学部(国際観光学科)を設置
  • 2011年4月 大学教育研究所を廃止し、大学教育センターを設置
  • 2014年3月 あべのハルカスキャンパスを開設

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 本キャンパス(大阪府松原市天美東5-4-33)
  • 南キャンパス(大阪府松原市天美南1-108-1)
  • あべのハルカスキャンパス(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス23F)

象徴[編集]

  • 校章はHANNANの頭文字「H」をとったもので「リバティ・ウイング」と名づけられている。大きく手を広げ希望に満ちた人をイメージしている。
  • スクールカラーはグリーンであり、校章やWebページなどに使用されている。
  • 学歌は1964年1月に作成された。作詞は喜志邦三、作曲は平井康三郎

公式マスコットキャラクター[編集]

阪南大学公式マスコットキャラクター「はぴなん」

大学創立50周年を記念して、2013年11月3日に誕生。キャラクターの制作は学生や教職員へのイメージ調査から始まり、数多く寄せられたイラスト原案のなかから人気の高かったキャラクターを選出。 ここから、有名なキャラクターを数多く送り出しているイラストレーターの福本若芽さんが書きおこし、誰からも愛される可愛いペンギンのキャラクターとして誕生。 学長からプレゼントされた帽子をかぶり、大好きなひまわりを手に、公式シンボルマークのリバティーウィング(自由の翼)のように、地元大阪はもちろん、全国各地へと羽ばたき、イベントや行事、式典などに参加して大学をPRしている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部・コース[編集]

大学院[編集]

  • 企業情報研究科
    • 企業情報専攻
      • 経営・会計分野
      • 情報分野
      • グローバル・ローカル分野

教育[編集]

学内システム[編集]

学生生活や学内業務をサポートする学内システム(HInT)を整備している。

国際協定校[編集]

学生生活[編集]

学園祭[編集]

大学祭は毎年度11月上旬に3日間にわたって開催される。メインとなる企画は歌手によるコンサートお笑い芸人によるライブ、俳優女優によるトークショーなどである。 中庭のステージでは学生による司会で、美人コンテストや歌うま選手権、ダンスショーやビンゴ大会などが行われる。 また、地域住民や子どもが楽しめるよう、毎年子ども向けのイベントが多数開催されている。

スポーツ[編集]

大学組織[編集]

  • 阪南大学同窓会
  • 阪南大学生活協同組合
  • 阪南大学後援会(保護者組織)
  • 阪南大学学会(全教職員で組織)
  • 阪南大学学友会(全学生で組織)
  • 阪南大学学生健康保険互助会

施設[編集]

本キャンパス[編集]

阪南大学 本キャンパス マップ
  • 開設学部・大学院:流通学部・経済学部・経営情報学部・国際コミュニケーション学部・大学院企業情報研究科
  • 交通アクセス:近鉄南大阪線河内天美駅から徒歩10分
  • 阪南大学の本部事務局は本キャンパスにあり、区域内には大学図書館、GYCホール、コミュニティセンター、大学会館、同窓会館、クラブハウスなどが設置されている。
  • 50周年記念会館が2014年7月に竣工。

南キャンパス[編集]

あべのハルカスキャンパス[編集]

学生食堂[編集]

  • NAGOMI(和)
本キャンパス3号館1階
  • フードコートTAMAKI(環)
本キャンパス3号館1階
  • カフェテリア
南キャンパス内

いずれもカフェテリア方式。

学生会館[編集]

主な設備:フィットネスルーム、ホールなど

高見の里グラウンド[編集]

  • 2008年1月18日に日本サッカー協会から国際試合認定施設として承認を受けた人工芝グラウンド。阪南大学サッカー部が練習グラウンドとして使用している。

羽曳野グラウンド[編集]

  • 交通アクセス:近鉄南大阪線古市駅下車、近鉄バス(羽曳ヶ丘西五丁目行き)乗車、羽曳ヶ丘西五丁目下車、北へ徒歩3分

附属学校[編集]

かつては中学校、中等部も設置されていたが、廃止された(高等学校のページを参照のこと)

著名な出身者・教員[編集]

出身者[編集]

教員[編集]

公式サイト[編集]