KSグバルディア・コシャリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グバルディア・コシャリン
原語表記 Klub Sportowy Gwardia Koszalin
クラブカラー 赤・白・青
創設年 1946年
所属リーグ IIIリガ
所属ディビジョン 4部
ホームタウン コシャリン, 西ポモージェ県
ホームスタジアム Stadion Stanisława Figasa
収容人数 25,000
代表者 ポーランドの旗 Jarosław Burzak
監督 ポーランドの旗 Wojciech Megier
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

KSグバルディア・コシャリンポーランド語: KS Gwardia Koszalin)は、ポーランド西ポモージェ県コシャリンをホームタウンとするサッカークラブである。1946年、コシャリン北部の都市で設立された。サッカークラブの他にハンドボールボクシング柔道部門がある。ポーランド・IIIリガ (4部リーグ) に所属している。

歴史[編集]

Gwardia(グバルディア)は英語のGuards(ガード)の意味で、元々はポーランド警察の支援を受けていた。最初はMilicyjny Klub Sportowyの名称だったが、1948年にGwardiaを持つ現在のクラブ名に変更された。グバルディア・コシャリンは今まで一度もポーランド1部リーグに昇格したことはないが、ハンブルガーSVに所属したMirosław Okoński、CAオサスナに所属したMirosław Trzeciak、シロンスク・ヴロツワフ所属のSebastian Milaなどのサッカーポーランド代表選手を輩出してきた。

クラブの最大の成功は1975-76シーズンのポーランド・カップで準々決勝に進出したことである。

歴代所属選手[編集]

外部リンク[編集]