ハンブルガーSV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンブルガーSV
原語表記 Hamburger Sport-Verein
愛称 HSV(ハー・エス・ファウ)
クラブカラー 青と白と黒
創設年 1887年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ハンブルク
ホームスタジアム アイエムテック・アレーナ
収容人数 57,000
代表者 ドイツの旗 ベルント・ホッフマン
監督 ドイツの旗 ミルコ・スロムカ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ハンブルガー・シュポルト=フェァアインHamburger Sport-Verein)は、ドイツハンブルクに本拠地を置くスポーツクラブ。通称:ハンブルガーSV(ハンブルガー・エス・ファウ)、略称:HSV(ハー・エス・ファウ)。

「Sport Verein」(スポルト フェァアイン)とは英語では「スポーツクラブ」と訳せる言葉であり、このクラブも同様に様々な種目のスポーツチームを傘下に持つ総合型スポーツクラブであるが、一般的にはブンデスリーガに所属するサッカー部門の事を指すため、ここでもそれを中心に記す("Verein"はVer-einと分けて発音する)。

概要[編集]

ドイツ・サッカー選手権発足前の1887年にSCゲルマニア・ハンブルクとして発足、後に現クラブ名に改称。なお、ドイツで最初に創設されたサッカークラブである。ヴェルダー・ブレーメンとの対戦はノルト・ダービーと呼ばれる。

ブンデスリーガ創立以来、一度も2部に降格した経験がない唯一のクラブである。2002年から2006年まで高原直泰が所属していた事で知られる。また、漫画『キャプテン翼』においては若林源三が所属するチームとして描かれており、日本での認知度も高い。

2005-06シーズン、3位に付ける大躍進を遂げ、オフには左サイドバックとしてファン・パブロ・ソリン、ディフェンスラインの要としてヴァンサン・コンパニヨリス・マタイセン、FWにはブバカル・サノゴダニエル・リュボヤを獲得したが、2006-07シーズンは全くといっていい程攻守の歯車がかみ合わず、一時期は2部降格圏をさまようまで成績が低迷、トーマス・ドルからフープ・ステーヴェンスへの監督交代でようやく建て直しに成功したが、2000-01シーズン以来の出場となったUEFAチャンピオンズリーグでは、予備戦3回戦でCAオサスナに勝ち抜き本戦出場を決めたものの、アーセナルポルトCSKAモスクワと同組となったグループリーグでは第5節まで連敗を続け、最終節のホームで迎えたCSKAモスクワ戦で勝利したものの、1勝5敗でグループリーグ最下位での敗退となってしまった。 低迷の原因として、攻撃の中心であったセルゲイ・バルバレスや守備の要であったダニエル・ファン・ブイテンハリド・ブラールズなど前季にチームを支えたメンバーが抜けたことが大きく、また新規加入の選手はドイツ語を話せないものがほとんどで意思疎通が図れていないとの指摘もあった。

2011-2012シーズンは開幕から低迷が続きクラブ史上初の降格も現実味を帯びてきたが、最終的に15位となりぎりぎりで残留を果たした。

ドイツで初めてスタジアムのネーミングライツを導入し、ホームスタジアムは2001-02シーズンからAOLの名を冠したAOLアレーナと呼ばれた。2007-08シーズンからはHSHノルトバンクと新たに3年契約を結び、HSHノルトバンク・アレーナと名称が変更された。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

1922-23, 1927-28, 1959-60, 1978-79, 1981-82, 1982-83
1962-63, 1975-76, 1986-87
1972-73, 2002-03

国際タイトル[編集]

優勝 1回 1982-83

準優勝 1回 1979-80 

優勝 1回 1976-77

準優勝 1回 1967-68

現所属メンバー[編集]

2014年2月14日現在
No. Pos. 選手名
1 チェコの旗 GK ヤロスラフ・ドロブニー
2 ドイツの旗 DF デニス・ディークマイアー
3 イングランドの旗 DF マイケル・マンシェン
4 ドイツの旗 DF ハイコ・ヴェスターマン
5 スイスの旗 DF ヨハン・ジュルー
6 オランダの旗 MF ワシム・ブーイ
7 ドイツの旗 MF マルセル・ヤンセン
8 ベネズエラの旗 MF トマス・リンコン
9 トルコの旗 MF ハカン・チャルハノール
11 クロアチアの旗 MF イヴォ・イリチェヴィッチ
14 クロアチアの旗 MF ミラン・バデリ
15 ドイツの旗 GK レネー・アードラー
16 ドイツの旗 DF ラッセ・ゾビーヒ
17 ドイツの旗 MF ジージン・ラム
18 ドイツの旗 MF トルガイ・アルスラン
No. Pos. 選手名
19 チェコの旗 MF ペトル・イラーチェク
20 ドイツの旗 FW ピエール=ミシェル・ラソッガ
21 ドイツの旗 MF マクシミリアン・バイスター
23 オランダの旗 MF ラファエル・ファン・デル・ファールト (Captain sports.svg)
24 セルビアの旗 DF スロボダン・ライコヴィッチ
25 オランダの旗 FW オラ・ジョン
27 トルコの旗 MF ケレム・デミルバイ
28 ドイツの旗 DF ヨナタン・ター
29 ドイツの旗 GK フローリアン・シュトリツェル
30 ドイツの旗 GK スヴェン・ノイハウス
31 カメルーンの旗 FW ジャック・ズア
32 ドイツの旗 MF マッティ・シュタインマン
34 マケドニア共和国の旗 FW ヴァルミル・ナフィウ
37 ドイツの旗 MF ロベルト・テシュ

ローン移籍選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
5 スイスの旗 DF ヨハン・ジュルー (アーセナル)
6 オランダの旗 MF ワシム・ブーイ (ユヴェントス)
No. Pos. 選手名
20 ドイツの旗 FW ピエール=ミシェル・ラソッガ (ヘルタ・ベルリン)
25 オランダの旗 FW オラ・ジョン (ベンフィカ)
out
No. Pos. 選手名
10 ラトビアの旗 FW アルチョムス・ルドニェフス (ハノーファー)
25 ノルウェーの旗 MF ペア・シリアン・シェルブレット (ヘルタ・ベルリン)
44 セルビアの旗 MF ゴイコ・カチャル (セレッソ大阪)

2013-14シーズン移籍[編集]

過去の成績[編集]

HSHノルトバンク・アレーナ
  • 1976-1977 ブンデスリーガ1部 6位
  • 1977-1978 ブンデスリーガ1部 10位
  • 1978-1979 ブンデスリーガ1部 1位
  • 1979-1980 ブンデスリーガ1部 2位
  • 1980-1981 ブンデスリーガ1部 2位
  • 1981-1982 ブンデスリーガ1部 1位
  • 1982-1983 ブンデスリーガ1部 1位
  • 1983-1984 ブンデスリーガ1部 2位
  • 1984-1985 ブンデスリーガ1部 5位
  • 1985-1986 ブンデスリーガ1部 7位
  • 1986-1987 ブンデスリーガ1部 2位
  • 1987-1988 ブンデスリーガ1部 6位
  • 1988-1989 ブンデスリーガ1部 4位
  • 1989-1990 ブンデスリーガ1部 11位
  • 1990-1991 ブンデスリーガ1部 5位
  • 1991-1992 ブンデスリーガ1部 12位
  • 1992-1993 ブンデスリーガ1部 11位
  • 1993-1994 ブンデスリーガ1部 12位
  • 1994-1995 ブンデスリーガ1部 13位
  • 1995-1996 ブンデスリーガ1部 5位
  • 1996-1997 ブンデスリーガ1部 13位
  • 1997-1998 ブンデスリーガ1部 9位
  • 1998-1999 ブンデスリーガ1部 7位
  • 1999-2000 ブンデスリーガ1部 3位
  • 2000-2001 ブンデスリーガ1部 13位
  • 2001-2002 ブンデスリーガ1部 11位
  • 2002-2003 ブンデスリーガ1部 4位
  • 2003-2004 ブンデスリーガ1部 8位
  • 2004-2005 ブンデスリーガ1部 8位
  • 2005-2006 ブンデスリーガ1部 3位
  • 2006-2007 ブンデスリーガ1部 7位
  • 2007-2008 ブンデスリーガ1部 4位
  • 2008-2009 ブンデスリーガ1部 5位
  • 2009-2010 ブンデスリーガ1部 7位
  • 2010-2011 ブンデスリーガ1部 8位
  • 2011-2012 ブンデスリーガ1部 15位
  • 2012-2013 ブンデスリーガ1部 7位


歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

総合型スポーツクラブ[編集]

ドイツのスポーツクラブはその傘下にいろいろな種類のスポーツチームなどを持つ「総合型スポーツクラブ」として知られているが、HSVにはほかに以下のものがある。

外部リンク[編集]