ホルスト・ルベッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホルスト・ルベッシュ Football pictogram.svg
Horst Hrubesch 2016.jpg
2016年のルベッシュ
名前
愛称 ヘディング・モンスター (Kopfball-Ungeheuer[1])
ラテン文字 Horst HRUBESCH
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1951-04-17) 1951年4月17日(66歳)
出身地 ハム
身長 188cm[2]
体重 88kg[2]
選手情報
ポジション FW
ユース
1958-1970 ドイツの旗 FCペルクム
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1971 ドイツの旗 ゲルマニア・ハムドイツ語版
1971-1972 ドイツの旗 ハマーSpVgドイツ語版
1972-1975 ドイツの旗 SCヴェステューネン
1975-1978 ドイツの旗 ロートヴァイス・エッセン 83 (80)
1978-1983 ドイツの旗 ハンブルガーSV 159 (96)
1983-1985 ベルギーの旗 スタンダール・リエージュ 52 (23)
1985-1986 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 17 (2)
1987-1988 ドイツの旗 SCヴェステューネン
代表歴
1980-1982 西ドイツの旗 西ドイツ 21 (6)
監督歴
1986–1987 ドイツの旗 ロートヴァイス・エッセン
1987–1988 ドイツの旗 SCヴェステューネン (選手兼任)
1988–1989 ドイツの旗 VfLヴォルフスブルク
1991 スイスの旗 スヴァロフスキ・チロルドイツ語版 (暫定)
1992 スイスの旗 スヴァロフスキ・チロルドイツ語版
1993 ドイツの旗 ハンザ・ロストック
1994–1995 ドイツの旗 ディナモ・ドレスデン
1995–1996 オーストリアの旗 FKアウストリア・ウィーン
1997 トルコの旗 サムスンスポル
2000 ドイツの旗 ドイツ代表 (アシスタント)
2000–2013 ドイツの旗 ドイツ ユース代表
2009 ドイツの旗 ドイツ U-21代表 (暫定)
2013–2016 ドイツの旗 ドイツ U-21代表
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホルスト・ルベッシュ(Horst Hrubesch, 1951年4月17日 -)は、ドイツ出身の元サッカー選手サッカー指導者。選手時代のポジションはフォワード

選手経歴[編集]

クラブ[編集]

ルベッシュは少年期から青年期にかけてFCペルクムでサッカーを学んだが、一方でハンドボール選手としてもプレーをしていた[3][4]。職業訓練を受けタイル職人として生計を立てながら小さなアマチュアクラブでプレーを続け[1]、24歳の時にロートヴァイス・エッセンと契約しブンデスリーガでデビューをした遅咲きの選手だった[3]。その後、クラブはブンデスリーガ2部へ降格したが1977-78シーズンに42得点をあげる活躍を見せた[3]

1978年アイントラハト・フランクフルトも獲得に動いたが最終的に約100万ドイツマルクの移籍金[1]ハンブルガーSVに移籍[3]。ハンブルクでは重要な得点源となり、1978-79シーズンにブンデスリーガ初優勝。UEFAチャンピオンズカップ 1979-80では9試合で7得点をあげる準優勝に貢献した[1]。準決勝のレアル・マドリードとの第2戦では5-1と大勝したが、5得点のうちの2得点を決める活躍をみせた[1]

1981-82シーズンのブンデスリーガ・第29節のバイエルン・ミュンヘン戦では試合終盤のルベッシュの2得点などで4-3と下し[3][1][5]、2度目の優勝を果たし自身も通算27得点をあげて得点王となった[1]

UEFAチャンピオンズカップ 1982-83決勝ではイタリアのユヴェントスFCを下し、初優勝に貢献するなど選手キャリアにおいて最大の成功を収めた[1]。ハンブルクでは右サイドバックのマンフレート・カルツとのコンビで知られ、彼から供給される正確なクロスから数多くの得点を生み出したが[1]、チャンピオンズカップ決勝後に年齢的な問題を理由にクラブを退団した[1]

1983年にベルギーのスタンダール・リエージュと2年契約を結んだ後、1985年にブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントへ移籍し17試合に出場したが、ヘルニアを患ったことが基でプロ選手としてのキャリアを終えた[1][4]

代表[編集]

西ドイツ代表としては29歳の時、1980年4月2日に行われたオーストリア戦でデビューをした[3]。センターフォワードのクラウス・フィッシャーが同年3月に骨折したことに伴う招集だったが[6]、同年6月にイタリアで開催されたUEFA欧州選手権1980の代表メンバーに選出されると、決勝のベルギー戦では2得点を決め同国の2大会ぶり2度目の優勝に貢献した[3][6][7]。また、大会終了後には欧州選手権のベスト11に選ばれた[8]

1982年スペインで開催された1982 FIFAワールドカップでは1次リーグ最終戦のオーストリア戦で決勝点を決めたが、2次リーグ以降はフィッシャーにレギュラーの座を譲った[9]。準決勝のフランス戦では73分に途中出場すると[10]、108分にピエール・リトバルスキーの左サイドからのクロスをヘディングで折り返し、フィッシャーの同点ゴールをアシスト[9]。PK戦では西ドイツの5人目のキッカーとして登場すると、これを落ちついて決め、決勝進出へ導いた[3][9]

同年7月11日に行われた決勝のイタリア戦が最後の代表出場となり、3年間で国際Aマッチ21試合に出場し6得点を記録した[2]

引退後[編集]

1986年にブンデスリーガ2部のロートヴァイス・エッセンの監督に就任すると、1986-87シーズンを10位の成績で終え退任した[3]。その後、国内のVfLヴォルフスブルクハンザ・ロストックディナモ・ドレスデンの監督を務めたが、ロストックを指揮した際には2部降格を阻止することは出来ず、ドレスデンを指揮した際にはクラブの破算という事態を経験した[1]。また、国外のスイストルコのクラブで監督を務めたが成功を収めることは出来なかった[1]

1999年からはドイツサッカー連盟(DFB)のコーチングスタッフに加わり[3]2000年6月に行われたUEFA EURO 2000ではウリ・シュティーリケの後任としてドイツ代表のアシスタント・コーチを務めた[1]。また、ユース年代のドイツ代表監督を務め2008年に行われたUEFA U-19欧州選手権2008においてチームを優勝に導くと[11]2009年に行われたUEFA U-21欧州選手権2009ではU-21ドイツ代表の暫定監督を務めメスト・エジルマッツ・フンメルスマヌエル・ノイアーらを擁して初優勝に導いた[1][11][12]

その後はユース代表監督を務めていたが、2013年6月にライナー・アドリオン英語版の後任としてU-21ドイツ代表監督に就任[13]2015年6月に行われたUEFA U-21欧州選手権2015ではチームを1988年大会以来となるオリンピック出場に導いたが、準決勝のU-21ポルトガル代表戦では0-5と大敗を喫した[11]

2016年8月にブラジルで行われた本大会ではDFBやブンデスリーガの各クラブの事情が重なりベストメンバーの招集が難しい状況だったが[14][15]、決勝進出に導くと地元のブラジル五輪代表にPK戦の末に敗れたものの銀メダルを獲得した[16][17]。大会後、ルベッシュはU-21代表監督からの引退を表明した[16][17]

2017年1月、ハンジ・フリックドイツ語版の後任としてDFBのスポーツディレクターに就任した[18]

個人記録[編集]

代表での成績[編集]

出典[2]
西ドイツ代表
出場 得点
1980 9 4
1981 3 1
1982 9 1
通算 21 6

代表での得点[編集]

出典[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Horst Hrubesch - "Manni Flanke, ich Kopf, Tor!"”. NDR.de (2011年4月16日). 2014年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e Horst Hrubesch - Die Nationalmannschaft”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V.. 2014年9月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j Ungeheuer erfolgreich: Hrubesch wird 60”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V. (2011年7月18日). 2014年9月20日閲覧。
  4. ^ a b Horst Hrubesch: Das Geheimnis seines Erfolgs”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V.. 2014年9月20日閲覧。
  5. ^ Spielstatistik FC Bayern München gegen Hamburger SV 3:4 (2:1) - Bundesliga 1981/1982 - Der 29. Spieltag”. Fussballdaten. 2014年9月20日閲覧。
  6. ^ a b サッカーマガジン1980年夏季号 欧州選手権決勝大会 ヨーロッパ'80』 ベースボール・マガジン社1980年、26-29頁。
  7. ^ Hrubesch turns West Germany's unlikely hero”. UEFA.com (2013年10月4日). 2014年9月20日閲覧。
  8. ^ 1980 team of the tournament”. UEFA.com (2011年7月1日). 2014年9月20日閲覧。
  9. ^ a b c ブライアン・グランヴィル著、田村修一 他訳 『決定版ワールドカップ全史』 草思社1998年、297-300頁。ISBN 978-4794208187
  10. ^ 1982 FIFA World Cup Spain ™ - Germany FR 3:3 a.e.t. (1:1 1:1) 5:4 PSO France”. FIFA.com (2011年7月18日). 2014年9月20日閲覧。
  11. ^ a b c "Fußball geht nicht auf Knopfdruck"”. Zeit.de (2015年7月23日). 2016年9月10日閲覧。
  12. ^ Germany claim first Under-21 crown”. UEFA.com. 2016年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月10日閲覧。
  13. ^ Hrubesch neuer Trainer der U 21-Nationalmannschaft”. Deutscher Fußball-Bund (2013年6月21日). 2016年9月10日閲覧。
  14. ^ ドイツ・リオ五輪代表のメンバー選考も大詰め…ブラジルへ旅立つのはどの18名か”. サッカーキング (2016年7月21日). 2016年9月10日閲覧。
  15. ^ まるで「Cチーム」…独サッカー五輪代表がベストメンバーを組めない“裏事情””. dot. (2016年8月2日). 2016年9月10日閲覧。
  16. ^ a b Bewegender Abschied der Nationalelf von Horst Hrubesch”. welt.de (2016年8月21日). 2016年9月10日閲覧。
  17. ^ a b Ende einer großen Karriere: Hrubesch geht "als Gewinner"”. Deutscher Fußball-Bund (2016年8月21日). 2016年9月10日閲覧。
  18. ^ Berufliche Auszeit: Flick verlässt den DFB”. kicker (2017年1月16日). 2017年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]