伊藤達哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤 達哉 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イトウ タツヤ
ラテン文字 ITO Tatsuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-06-26) 1997年6月26日(22歳)
出身地 東京都台東区
身長 166cm
体重 59kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ハンブルガーSV
ポジション FW
背番号 11
利き足 右足
ユース
2007-2015 柏レイソル
2015-2016 ハンブルガーSV U-19
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016-2017 ドイツの旗 ハンブルガーSV II 29 (2)
2017- ドイツの旗 ハンブルガーSV 34 (0)
代表歴
2019- 日本の旗日本
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

伊藤 達哉(いとう たつや、1997年6月26日 - )は、東京都出身のプロサッカー選手ハンブルガーSV所属。ポジションはフォワード日本代表

来歴[編集]

小学生の頃から柏レイソルの下部組織に所属。2014年4月にUAEで開催されたアル・アインインターナショナルジュニアチャンピオンシップでは、グループリーグのハンブルガーSV戦でマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど準優勝に貢献し、大会MVPを受賞した[1][2]

2015年7月13日、ハンブルガーSVに3年契約で入団することが発表された[3][4]。ハンブルガー側の要望により高校卒業前からチームに合流するため、通学していた日本体育大学柏高等学校では早期卒業の特例措置が取られ、柏レイソルには満額のトレーニング・コンペンセーション(育成費)が支払われた[2]

2017-18シーズンになるとハンブルガーSVの2軍に当たるU-23チームでレギュラーを獲得してトップチームの練習にも参加した[5]。9月25日、第6節のバイエル・レバークーゼン戦で途中から出場からトップチームデビューを果たした[6]。続く9月30日、第6節のヴェルダー・ブレーメン戦でトップチーム初先発を飾った。53分に足をつって途中交代となったが、観客から伊藤を称えスタンディング・オーベーションの大歓声が起こった[7]。12月14日、ハンブルガーSVとの契約を2021年まで延長したことが発表された[8]。2018年4月7日、第29節のシャルケ04戦では初のフル出場を果たして得点を演出した[9]

2018年8月30日、キリンチャレンジカップに挑む日本代表に初招集された。Jリーグ未経験で選出されるのは宮市亮以来[10]。しかし、出場機会は無かった。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • ブルーファイターズサッカークラブ
  • 2007年 - 2009年 柏レイソル U-12
  • 2010年 - 2012年 柏レイソル U-15
  • 2013年 - 2015年 柏レイソル U-18(日本体育大学柏高等学校
  • 2015年 - 2016年 ハンブルガーSV U-19
  • 2016年 - 2017年 ハンブルガーSV Ⅱ
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2017-18 ハンブルガーSV 43 ブンデス1部 20 0 - 0 0 20 0
2018-19 11 ブンデス2部 14 0 - 2 0 16 0
通算 ドイツ ブンデス1部 20 0 - 0 0 20 0
ドイツ ブンデス2部 14 0 - 2 0 16 0
総通算 34 0 - 2 0 36 0
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 期間通算
2016-17 ハンブルガーSV Ⅱ 17 ブンデス4部 20 1 20 1
2017-18 9 1 9 1
2018-19 11 3 0 3 0
通算 ドイツ ブンデス4部 32 2 32 2
総通算 32 2 32 2

タイトル[編集]

クラブ[編集]

柏レイソルU-18

個人[編集]

  • アル・アインインターナショナルジュニアチャンピオンシップ MVP : 2014年

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “柏レイソルU-18が『アル・アイン インターナショナルチャンピオンシップ』で準優勝” (プレスリリース), 柏レイソル, (2014年4月20日), http://blog.reysol.co.jp/news/2014/012052.html 2016年1月21日閲覧。 
  2. ^ a b “柏U18伊藤 独1部HSV入団決定!近日中にも正式発表”. スポーツニッポン. (2015年7月13日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/07/13/kiji/K20150713010726030.html 2016年1月21日閲覧。 
  3. ^ “Ein Japaner für den Nachwuchs: HSV verpflichtet Tatsuya Ito” (Deutsch) (プレスリリース), Hamburger SV, (2015年7月13日), http://www.hsv.de/nachwuchs/meldungen/juli-2015/ein-japaner-fuer-den-nachwuchs-hsv-verpflichtet-tatsuya-ito/ 2016年1月21日閲覧。 
  4. ^ “柏レイソルU-18所属 伊藤 達哉選手 ハンブルガーSVに加入” (プレスリリース), 柏レイソル, (2015年7月13日), http://blog.reysol.co.jp/news/2015/013750.html 2016年1月21日閲覧。 
  5. ^ 酒井高徳所属HSVのもう1人の日本人が活躍…レイソル出身の若手が2軍の“ダーリング”に Goal(2017年9月19日)2017年9月19日閲覧。
  6. ^ 伊藤達哉、HSVでトップチームデビュー…82分から途中出場し30人目のブンデスリーガーに Goal(2017年9月24日)
  7. ^ ハンブルク監督、伊藤は「すぐに観客の心をつかんだ」 ブンデスリーガ公式HP(2017年10月1日)
  8. ^ まさに“柏から世界へ”…FW伊藤達哉がハンブルガーSVとプロ契約を締結 ゲキサカ(2017年12月15日)
  9. ^ 伊藤達哉が初フル出場で得点演出、HSVが16試合ぶり勝利で最下位脱出 ゲキサカ(2018年4月7日)
  10. ^ 森保ジャパン 伊藤達哉「すごく光栄」 Jリーグ未経験でA代表デビュー目指す スポニチ(2018年8月31日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]