森保一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森保 一 Football pictogram.svg
名前
愛称 ポイチ
カタカナ モリヤス ハジメ
ラテン文字 MORIYASU Hajime
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1968-08-23) 1968年8月23日(48歳)
出身地 長崎県長崎市
身長 174cm[1]
体重 68kg[1]
選手情報
ポジション MF / DF
利き足 右足
ユース
1979-1980 土井首SSS(長崎市立深堀小学校
1981-1983 長崎市立深堀中学校
1984-1986 長崎日本大学高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1992 マツダ 55 (20)
1987-1989 マツダSC東洋  ? (?)
1992-2001 サンフレッチェ広島 216 (14)
1998 京都パープルサンガ 32 (1)
2002-2003 ベガルタ仙台 45 (0)
代表歴2
1992-1996 日本の旗 日本 35 (1)
監督歴
2012- 2017 サンフレッチェ広島
1. 国内リーグ戦に限る。2007年10月15日現在。
2. 2007年10月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森保 一(もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者JFA 公認S級コーチ)。公式的な資料での出身地は長崎県長崎市長崎日本大学高等学校卒業。元サッカー日本代表

人物[編集]

愛称
愛称は「ポイチ」。これは高校時代に試合に出ていたころ、公式記録などで「森 保一」とたびたび勘違いされ、それを見た同級生がポイチと呼び出したことから[2]
プレースタイル
守備的ミッドフィルダーとして中盤の底で守備を最優先し、相手ボールを奪い攻撃の芽を摘んだり、また攻撃をディレイさせることに長ける[3]。日本に「ボランチ」というサッカー用語が定着するきっかけとなった選手[3]。「ハンス・オフトの申し子」[4]、「ビハインド・ザ・ボールの申し子」[3] とも言われる。
人格
1990年代のサンフレッチェ広島におけるバンディエラの一人。今西和男は、今まで会ってきた人物の中で特にリーダーシップを持ち合わせる人物の一人として森保の名前を挙げている[5]
周辺
実弟に森保洋。息子が3人おり、2014年現在長男森保翔平カマタマーレ讃岐に所属するプロサッカー選手[6]。次男は大学生、三男はサンフレッチェ広島F.Cの育成組織に所属している。
1993年6月『広島アスリートマガジン』創刊号での対談から広島東洋カープ野村謙二郎と意気投合し、現役時代にはお互いの試合を見に行ったりしていた[7]。住居も「歩いて2分ぐらいの距離」にあり[8][9]、双方ともに現役引退した後もフットサルを楽しむ[10] など、交流を続けている。その他、北別府学[11] など同時代カープ現役選手だった数人と親交がある。
西岡明彦(現・フリーアナウンサー、スポーツジャーナリスト)とは、西岡が広島民放アナウンサー時代からの仲。森保のマネージメントを担当するフットメディアの社長でもある。

来歴[編集]

若年期[編集]

父親が造船関係者だったため幼少期から各地を転居、静岡県掛川市で生まれ、名古屋市横須賀市唐津市と転居、唐津市立鏡山小学校に入学するもすぐに転居し、小学1年生から長崎県長崎市に定住する[12]

小学5年から本格的にサッカーを始め[13]、小学6年の土井首SSS時代に全日本少年サッカー大会にGKとして出場している[14][15]長崎市立深堀中学校から高校進学の際にサッカー強豪校である長崎県立国見高等学校に進学しようと考えていたが、森保の不真面目な受験姿勢を見た父親はそれを反対したため、長崎日本大学高等学校へ進学した[16]。長崎日大高時代には攻撃的なMFとして山梨国体選抜に選ばれるが、当時長崎県のサッカーは国見と長崎県立島原商業高等学校が全盛期だったことから、選手権などの全国大会には出場できなかった[17][16]

マツダ/サンフレッチェ[編集]

高校の監督と日本サッカーリーグ(JSL)のマツダ(現サンフレッチェ広島)の今西和男総監督が知り合いだったため、1987年同クラブ入団[18]。同期は河村孝らがいたが森保は入団当初はその中で最下位の評価だった[16]。当時マツダ本社は高卒採用枠5人までであったため森保は本社に入社することが出来ず、子会社のマツダ運輸(現マツダロジスティクス)に勤務した[19]。当初はサテライトチームであるマツダSC東洋でプレーしていたが、この年からマツダ監督に就任したハンス・オフトに見出された[20]。その後チームは2部に降格しオフトは退団したが、ビル・フォルケスコーチに育てられ、3年目の1989年にJSL2部デビュー、風間八宏のアシストで先制点および2点目を挙げる[21]。1991年にマツダとプロ契約を結び、同年JSL1部昇格に貢献した[22]

1992年4月、オフトが日本代表監督に就任すると日本代表に初招集される[23]。代表メンバーの何人かは存在自体知らなかった無名選手の大抜擢[24]で、同チーム所属の高木琢也前川和也以外誰一人「モリヤス」と読めなかった[25]。同年5月オフトジャパン初戦のアルゼンチン戦で先発メンバーに抜擢され初出場を果たし、この際アルフィオ・バシーレ監督とクラウディオ・カニーヒアが“日本にはいいボランチがいる”と高く評価したことから、「森保」と「ボランチ」の名前が脚光を浴びることになる[3][15][26]。以降レギュラーとして活躍、ラモス瑠偉をカバーすることに重点を置いた[27]。1993年、W杯アメリカ大会アジア予選に出場し、ドーハの悲劇を経験した[28]

一方クラブチームでは、1993年にJリーグが開幕するとサンフレッチェ広島の選手としてプレー、スチュワート・バクスターの下、風間とともに中盤を支え、1994年サントリーシリーズでは広島のステージ優勝に貢献した[29]。1995年に就任したビム・ヤンセン監督時代は3-4-3システムのボランチやトップ下・リベロとさまざまなポジションでプレーする[30]ものの、同年7月に右足首関節脱臼骨折[31]してしまい満足に活躍できなかった。代表では、ファルカン時代および加茂周時代も選出されたが、山口素弘がボランチに定着したため1996年2月を最後に代表から遠ざかった[3][32]

現役後半[編集]

1997年末、広島は経営悪化がピークに達し、主力放出を余儀なくされた[33]。そこへ、1998年にオフトに誘われ、大型補強を行っていた京都パープルサンガレンタル移籍した[34]。当初は完全移籍の方向で話を進めていたが、広島サポーターが怒り、移籍反対署名を集め、その結果レンタル移籍に変わった経緯がある[注 1][注 2][36]。移籍後、京都は低迷し監督は清水秀彦に代わったが、引き続き主力としてチームを支えた[37]

翌1999年広島に復帰、同シーズンに広島の選手としては初のJリーグ通算200試合出場達成[38]。ただ、元々エディ・トムソン監督からの評価は低く[39]、また森崎和幸の台頭で先発メンバー入りできなくなった。2001年ヴァレリー・ニポムニシに監督が代わるも、ケガのため満足な出場は叶わなかった[40]

2002年広島からスタッフ転進のオファーを受けるも、現役にこだわり清水秀彦に誘われベガルタ仙台に移籍した[41]。主力として活躍したが、2003年のJリーグシーズン末に仙台はJ2に降格、自身も戦力外通告を受け、2004年1月に正式に現役引退を表明した[42]

指導者時代[編集]

2004年、サンフレッチェ広島強化部のコーチに就任、同年にJFA 公認S級コーチライセンスを取得[43]

2005年2月、吉田靖監督の下、U-19サッカー日本代表コーチと兼務し、2006年11月にAFCユース選手権2006にU-19日本代表コーチとして準優勝、2007年のFIFA U-20ワールドカップにもコーチとして参加した[43]

同年9月からミハイロ・ペトロヴィッチ率いるサンフレッチェ広島トップチームコーチに就任。2010年から黒崎久志[注 3]率いるアルビレックス新潟ヘッドコーチに就任した[43]

2011年末、広島は経営状況の悪化からペトロヴィッチとの契約延長を断念し、次期監督を探すことになる[44]。その中で、ペトロヴィッチのサッカーを継承および調整し、広島の現状のクラブ方針を把握しているOBを登用することになり、その中で森保の名前が挙がることになった[9][45]。2012年からは古巣のサンフレッチェ広島に復帰し、クラブ史上初の生え抜きとなるトップチーム監督を務めることとなった[9][45]。同シーズン、日本人元Jリーガーの監督としては初[注 4]であり[47]、日本人新人1年目監督としては松木安太郎以来2人目[48] となるJ1年間優勝を、翌2013には松木(V川崎)・岡田武史(横浜FM)およびオズワルド・オリヴェイラ(鹿島)以来4人目となるJ1連覇を達成[49]し、3連覇を狙った翌2014年こそ9位に終わるものの、11年ぶりに導入され2ステージ制が復活した2015年は再び年間優勝。4年間で3度のリーグ優勝を果たした。ただし、ACLでは2016年現在ACL通算で3勝6分け5敗とJリーグで見せているほどの強さがなく元気がない。

2017年7月4日、成績不振のため辞任したと発表した[50]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1987-88 マツダ JSL1部 0 0 0 0 0 0 0 0
1988-89 JSL2部 0 0 0 0 0 0 0 0
1989-90 19 8 0 0 0 0 19 8
1990-91 27 27 13 3 1 0 0 30 14
1991-92 JSL1部 18 4 0 0 0 0 18 4
1992 広島 - J - 8 1 0 0 8 1
1993 35 2 0 0 4 1 39 3
1994 40 3 1 0 3 0 44 3
1995 25 4 - 5 0 30 4
1996 26 3 14 2 5 0 45 5
1997 7 25 1 5 0 2 0 32 1
1998 京都 32 1 4 0 2 0 38 1
1999 広島 J1 27 1 3 1 0 0 30 2
2000 22 0 2 0 0 0 24 0
2001 16 0 3 0 1 0 20 0
2002 仙台 27 27 0 6 1 2 0 35 1
2003 18 0 3 1 1 0 22 1
通算 日本 J1 293 15 49 6 25 1 367 22
日本 JSL1部 18 4 0 0 0 0 18 4
日本 JSL2部 46 21 3 1 0 0 49 22
総通算 357 40 52 7 25 1 434 48
その他の公式戦
経歴

代表歴[編集]

試合数[編集]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1992 7 0
1993 15 0
1994 4 0
1995 6 0
1996 3 1
通算 35 1

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1996年2月10日 オーストラリアウロンゴン オーストラリアの旗 オーストラリア 4-1 勝利 国際親善試合

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦 ACL CWC
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
2012 J1 広島 優勝 34 64 19 7 8 予選リーグ敗退 2回戦敗退 - 5位
2013 優勝 34 63 19 6 9 準々決勝敗退 準優勝 1次リーグ敗退 -
2014 8位 34 50 13 10 11 準優勝 4回戦敗退 ベスト16 -
2015 優勝 34 74 23 5 6 予選リーグ敗退 - - 3位
2016 6位 34 55 16 7 11 準々決勝敗退 準々決勝敗退 1次リーグ敗退 -
2017 17位 17 10 2 4 11 - - - -

関連情報[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

関連書籍[編集]

CM[編集]

ドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 広島ではこのようなケースは、Jリーグが始まってから2016年現在まで森保のみである。
  2. ^ 京都へレンタル移籍した1998年シーズン時、広島では移籍反対署名を集めたサポーターに対して必ず戻すという意思を示すため、当初「7番を欠番」として登録し、翌1999年戻ってきてから森保にまたつけさせようとしていた。しかし、当時のJリーグでは欠番として空けることを認められなかったため、イアン・クルークがつけることとなった[35]
  3. ^ 共にドーハの悲劇の時の日本代表。1998年京都パープルサンガで共にプレーしている。
  4. ^ 外国人も含めるとギド・ブッフバルトドラガン・ストイコビッチに次いで3人目[46]
出典
  1. ^ a b 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2003』p41
  2. ^ 自伝 2004, p. 27.
  3. ^ a b c d e ニッポンボランチの世界観。”. Sports Graphic Number (2005年6月9日). 2014年1月27日閲覧。
  4. ^ モダンのリトマス試験紙 ~森保一(サンフレッチェ広島監督)~”. 二宮清純責任編集 Sports Communications (2012年3月20日). 2014年1月27日閲覧。
  5. ^ 意見は「意識して聞く」”. 朝日新聞 (2012年6月27日). 2012年6月28日閲覧。
  6. ^ 広島・森保監督の長男、法政大DF森保がJ2讃岐に新加入”. ゲキサカ (2014年2月23日). 2014年2月23日閲覧。
  7. ^ 広島カープ、野村選手引退”. 紫熊倶楽部 (2005年9月17日). 2014年1月27日閲覧。
  8. ^ サンフレ森保監督「カープと頑張る」”. デイリースポーツ (2012年1月20日). 2014年1月27日閲覧。
  9. ^ a b c 【広島:森保一新監督就任会見】森保一監督コメント”. J's GOAL (2011年12月8日). 2014年1月27日閲覧。
  10. ^ スポーツフェスタ&フットサル大会”. 吉田安孝オフィシャルブログ (2006年6月16日). 2014年1月27日閲覧。
  11. ^ 森保監督を祝う会”. 北別府学オフィシャルブログ (2012年12月22日). 2014年1月27日閲覧。
  12. ^ 自伝 2004, p. 43.
  13. ^ 自伝 2004, p. 44.
  14. ^ Jリーグで活躍する主な決勝大会卒業生”. 読売新聞. 2014年1月27日閲覧。
  15. ^ a b 自伝 2004, pp. 45-46.
  16. ^ a b c 【育将・今西和男】 森保一「プロ選手も、日本代表も教えのおかげ」 - 2”. スポルティーバ (2015年7月18日). 2015年8月2日閲覧。
  17. ^ 自伝 2004, p. 55.
  18. ^ 自伝 2004, p. 73.
  19. ^ 自伝 2004, p. 63.
  20. ^ 自伝 2004, pp. 65-66.
  21. ^ 自伝 2004, pp. 67-68.
  22. ^ 自伝 2004, p. 70.
  23. ^ 自伝 2004, p. 79.
  24. ^ 自伝 2004, p. 82.
  25. ^ 自伝 2004, p. 28.
  26. ^ 「南米の雄」、6年後の予知夢―オフトジャパンの始動”. キリン. 2014年1月27日閲覧。
  27. ^ 自伝 2004, p. 98.
  28. ^ 自伝 2004, pp. 118-119.
  29. ^ 自伝 2004, pp. 131-137.
  30. ^ 自伝 2004, p. 143.
  31. ^ 自伝 2004, p. 141.
  32. ^ 『紫熊倶楽部』2006年7月p21
  33. ^ 存続かけ大ナタふるう”. 中国新聞 (1997年11月2日). 2014年1月27日閲覧。
  34. ^ 自伝 2004, pp. 151-152.
  35. ^ 1998年2月初旬の中国新聞
  36. ^ 自伝 2004, p. 152.
  37. ^ 自伝 2004, p. 53.
  38. ^ 自伝 2004, p. 155.
  39. ^ 自伝 2004, p. 151.
  40. ^ 自伝 2004, p. 157.
  41. ^ 自伝 2004, p. 158.
  42. ^ サッカー元日本代表MF 森保が現役引退へ”. 共同通信(47NEWS) (2004年1月4日). 2010年11月24日閲覧。[リンク切れ]
  43. ^ a b c あのドーハ戦士が新潟・黒崎新監督の右腕に”. スポーツニッポン (2009年12月25日). 2014年1月27日閲覧。
  44. ^ 中国新聞2011年11月10日付14面「ペトロビッチ監督退任へ 契約更新せず」
  45. ^ a b 新監督に森保氏 クラブ初「生え抜き」”. 中国新聞 (2011年12月4日). 2014年1月27日閲覧。
  46. ^ 攻撃継承、守備力UP 森保監督 就任1年でもたらした初タイトル”. スポーツニッポン (2012年11月24日). 2014年1月27日閲覧。
  47. ^ 初のJ1年間優勝、森保監督就任1年目で栄冠…広島”. 報知新聞 (2012年11月24日). 2014年1月27日閲覧。
  48. ^ J創設時の10チームで最後に優勝を決めた…広島”. 報知新聞 (2012年11月25日). 2014年1月27日閲覧。
  49. ^ J史上4クラブ目の連覇を達成した広島”. スポーツナビ (2013年12月8日). 2014年1月27日閲覧。
  50. ^ 森保 一 監督 退任のお知らせ (2017年7月4日 閲覧)
  51. ^ “メディア・イベント情報” (プレスリリース), サンフレッチェ広島, (2016年11月25日), http://www.sanfrecce.co.jp/info/media_events/?m=11&y=2016 2016年12月3日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『1990-1991JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1990 ISBN 4-523-31032-7
  • 『1991-1992JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1991 ISBN 4-523-31033-5
  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1992-1993』、小学館、1992 ISBN 4-09-102301-0
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1993・サントリーシリーズ』、小学館、1993 ISBN 4-09-102303-7
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1993・ニコスシリーズ ヤマザキナビスコカップ』、小学館、1993 ISBN 4-09-102305-3
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1994・サントリーシリーズ』、小学館、1994 ISBN 4-09-102310-X
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1994・ニコスシリーズ』、小学館、1994 ISBN 4-09-102314-2
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1995・サントリーシリーズ』、小学館、1995 ISBN 4-09-102318-5
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1995・NICOSシリーズ』、小学館、1995 ISBN 4-09-102321-5
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1996』、小学館、1996 ISBN 4-09-102324-X
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1997』、小学館、1997 ISBN 4-09-102329-0
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1998』、小学館、1998 ISBN 4-09-102335-5
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-100-6
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-102-2
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2001』、トランスアート、2001 ISBN 4-88752-104-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]