反町康治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
反町 康治 Football pictogram.svg
名前
愛称 ソリさん
カタカナ ソリマチ ヤスハル
ラテン文字 SORIMACHI Yasuharu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1964-03-08) 1964年3月8日(55歳)[1]
出身地 埼玉県浦和市 (現:さいたま市)
身長 173cm[2]
体重 64kg[2]
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1979-1981 静岡県立清水東高校
1983-1986 慶應義塾大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1992 全日空
1992-1993 横浜フリューゲルス 26 (1)
1994-1997 ベルマーレ平塚 82 (8)
代表歴2
1990-1991 日本の旗 日本 4 (0)
監督歴
2001-2005 アルビレックス新潟
2006-2008 日本 U-23
2009-2011 湘南ベルマーレ
2012- 松本山雅FC
1. 国内リーグ戦に限る。2008年9月6日現在。
2. 2008年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

反町 康治(そりまち やすはる、1964年3月8日 - )は、埼玉県浦和市 (現:さいたま市) 出身の元サッカー選手、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。現役時代のポジションはミッドフィールダー(MF)。元日本代表

来歴[編集]

選手時代[編集]

静岡県立清水東高校沢入重雄望月達也らとともに全国大会優勝を経験。その後一浪し、一般入試で慶應義塾大学法学部政治学科に入学。大学以降はサッカーを辞めるつもりで、合格発表の帰りに誘われたテニスサークルに名前を書いた程だったが[3]、入学後に「清水東の反町」であることが露呈し監督コーチが反町の自宅アパートに押しかけ、半ば強制的にサッカー部へ入部することとなった。

卒業後、総合職にて全日本空輸に入社。全日空サッカークラブを母体とした横浜フリューゲルスで、全日空の社員契約ながらJリーグの試合に出場したことで「サラリーマンJリーガー」として注目された。全日空ではパイロットのスケジュール作成を担当していた。

その後1994年に全日空を退社してプロ契約でベルマーレ平塚(現:湘南ベルマーレ)に移籍し、チーム躍進の原動力として活躍した後、1997年で現役引退。

指導者時代[編集]

引退後、サッカー解説者として1998 FIFAワールドカップ等の解説を担当した。その後スペインに渡り、FCバルセロナでサッカーのコーチング留学を行った[4]

2001年、J2アルビレックス新潟監督に就任し、2003年にチームをJ1昇格に導いた。その後2004年、2005年の2シーズンに渡りJ1残留を果たし、2005年11月に新潟監督を退任した。

この間、サポーターにスタジアムに足を運んでもらうように積極的に奔走。新潟で1試合の平均入場者数を3万8千人以上の人気クラブまで成長させた。なお、この数字は当時最多動員を誇った浦和レッドダイヤモンズを抜き、2003年から3年連続で入場者数リーグ1位を記録した(2006年シーズンは浦和に抜かれ、記録は途切れた)。

2006年5月29日北京オリンピック日本代表監督に決まり、ドイツW杯終了後に正式契約することが発表された。A代表のコーチも兼務した。五輪代表監督就任時には「情熱と誇り」のスローガンを掲げている[5]

2007年8月五輪アジア予選の成績不振のため、A代表コーチを解任[6]。その後の北京五輪出場権をかけて争った最終予選の最終戦・サウジアラビア戦に引き分けて五輪出場が決まった際は、「予選は苦しい戦いが続きましたが、北京にいけます!!」とコメントした[4]

五輪本大会アメリカナイジェリアオランダ相手に3戦全敗。1996年のアトランタ大会以降、初となる白星なしでのグループリーグ敗退に終った。

その後は解説者として活動していたが、2009年より現役時代後半に所属した湘南ベルマーレの監督に就任し、就任1年でJ1昇格へ導いた。

2010年の湘南は怪我人が続出し、結局最終節まで21試合連続未勝利のJ1ワースト記録を更新、最下位でJ2降格した。2011年も引き続き指揮を執ったが14位に終わり、同年限りで退任した。

2012年、松本山雅FCの監督に就任。指揮3年目の2014年に松本をJ1へと導いた。2016年からは再びJ2所属となるが、2018年にチームをJ2優勝に導き[7]自身4度目のJ1昇格を果たした。

人物[編集]

評価[編集]

  • スポーツライターの木崎伸也は「常に皮肉を忘れない、会見力のある監督」と評している[9]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1987 全日空 JSL2部
1988-89 JSL1部 17 3
1989-90 7 20 7 2 0
1990-91 22 3 4 0
1991-92 21 1 1 0
1992 横浜F - J - 5 0
1993 - 26 1 6 2 3 1 35 4
1994 平塚 - 25 0 1 0 2 0 28 0
1995 - 21 3 - 2 0 23 3
1996 - 14 1 1 0 1 0 16 1
1997 14 22 4 1 0 1 1 24 5
通算 日本 J 108 9 14 2
日本 JSL1部 80 14
日本 JSL2部
総通算

その他の公式戦

代表歴[編集]

  • 日本代表初出場:1990年7月27日 韓国代表戦 (北京)

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点 (1990-1991)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1990 2 0 0 0 2 0
1991 2 0 2 0 4 0
通算 4 0 2 0 6 0

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ リーグ リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2001 新潟 J2 4位 78 44 26(4) 4 14(7) 1回戦 4回戦
2002 3位 82 44 23 13 8 - 3回戦
2003 優勝 88 44 27 7 10 - 4回戦
2004 J1 10位 37 30 10 7 13 予選リーグ 4回戦
2005 12位 42 34 11 9 14 予選リーグ 5回戦
2009 湘南 J2 3位 98 51 29 11 11 - 2回戦
2010 J1 18位 16 34 3 7 24 予選リーグ 3回戦
2011 J2 14位 46 38 12 10 16 - ベスト8
2012 松本 12位 59 42 15 14 13 - 2回戦
2013 7位 66 42 19 9 14 - 3回戦
2014 2位 83 42 24 11 7 - 3回戦
2015 J1 16位 28 34 7 7 20 予選リーグ 4回戦
2016 J2 3位 84 42 24 12 6 - 2回戦
2017 8位 66 42 19 9 14 - 4回戦
2018 優勝 77 42 21 14 7 - 3回戦
通算 日本 J1 - - 132 31 30 71 - -
通算 日本 J2 - - 473 239 114 120 - -
総通算 - - 605 270 144 191 - -

タイトル[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

横浜フリューゲルス
ベルマーレ平塚

指導者時代[編集]

クラブ[編集]

アルビレックス新潟
松本山雅FC

個人別[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]