1994年のJリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jリーグ > 1994年のJリーグ
Jリーグ
シーズン 1994
優勝 ヴェルディ川崎
ACC出場 ヴェルディ川崎
試合数 264
ゴール数 841 (1試合平均3.19)
得点王 オッツェ市原・30得点)
最大差勝利ホーム試合
名古屋 7-2 浦和(サントリー第5節・3月26日)
最大差勝利アウェー試合
広島 0-5 V川崎(サントリー第7節・4月6日)
広島 1-6 平塚(NICOS第5節・8月27日)
名古屋 1-6 横浜M(NICOS第19節・11月9日)
最多得点試合
名古屋 7-2 浦和(サントリー第5節・3月26日)
清水 5-4 浦和(NICOS第12節・9月21日)
浦和 3-6 横浜M(NICOS第22節・11月9日)
最多観客動員
55,125人 - 浦和 - V川崎(NICOS第11節・9月17日)
最少観客動員
7,854人 - 浦和 vs 広島(サントリー第4節・3月23日)
平均観客動員 19,598人
1993
1995

1994年Jリーグは、リーグ戦が3月12日に開幕、11月19日に日程を終了し、11月26日12月2日にチャンピオンシップを行った。リーグの優勝クラブはサントリーシリーズがサンフレッチェ広島、ニコスシリーズがヴェルディ川崎で、チャンピオンシップにより決定された年間総合優勝はヴェルディ川崎

1994年シーズンのJリーグ参加クラブ[編集]

1994年シーズンのJリーグのクラブは以下の通り。前年に導入された準会員制度に基づき、ジャパンフットボールリーグからベルマーレ平塚ジュビロ磐田が新たに正会員としてリーグに加わったため、全部で12クラブとなった。

レギュレーション[編集]

基本的に前年のレギュレーションを踏襲している。リーグは2ステージ制で行われ、12クラブが各ステージごとにホーム・アンド・アウェー2回戦各22試合×2ステージ=44試合(総試合数132試合×2ステージ=264試合)を戦う。

試合は、リーグ戦全試合を完全決着方式で開催し、前後半90分で決着が付かない場合、前後半15分ずつのVゴール方式による延長戦を行い、それでも決着が付かない場合はPK戦を行う。「90分勝利」「Vゴール勝利」「PK戦勝利」に優劣は与えず、純粋に勝利数のみで順位が決定する。各ステージの1位(ステージ優勝者)同士が2回戦制のJリーグチャンピオンシップを戦い、勝者が年間優勝、敗者が年間2位となる。なお、年間順位の3位以下は、チャンピオンシップに出場しなかった10クラブの間で「年間勝利数→得失点差→総得点」の順で定めた。

それぞれのステージならびにチャンピオンシップは冠スポンサー大会とされ、第1ステージを「サントリーシリーズ」、第2ステージを「日本信販・NICOSシリーズ」とそれぞれ称して行った。又、チャンピオンシップについてもサントリーが冠スポンサーとなり「サントリー・チャンピオンシップ」の名称で開催された。

スケジュール[編集]

前年より2ヶ月早い3月12日開幕隣ったことを踏まえ、前年の過密スケジュールが若干緩和され、土曜日の開催に特化し、水曜日の開催は極力減らすように日程が組まれた。サントリーシリーズは6月15日まで行われ、その後FIFAワールドカップアメリカ大会のための2ヶ月中断を挟んでNICOSシリーズは8月10日から11月19日の間で行われた。

サントリーチャンピオンシップは11月26日・12月2日に開催された。

リーグ概要[編集]

サントリーシリーズは3年目を迎えたスチュワート・バクスターの戦術が浸透した広島が開幕6連勝を飾るなど勢いに乗る。しかし、第7節のV川崎戦に0-5で大敗し、清水に首位を明け渡す。清水は第9節の広島との直接対決でも3-1と快勝し、第4節からの連勝を9まで伸ばす。ところが、第13節の鹿島戦にPK戦で敗れると、そこから4連敗と失速し、再び広島が首位となる。そして、天王山となった第19節の清水vs広島戦では2-1で広島が勝利し優勝に前進、広島は第21節の磐田戦の勝利で初優勝を果たす。 NICOSステージでは地力を発揮したV川崎とサントリーシリーズでは下位に低迷した平塚との優勝争いとなったが、地力を発揮したV川崎が2年連続で制した。

NICOSステージにおいて、浦和と清水は本来の本拠地(浦和=浦和市駒場陸上競技場、清水=清水市日本平球技場)が改修工事のため使えなかったため、それぞれ埼玉県大宮サッカー場静岡県草薙総合運動場陸上競技場を暫定本拠地とした。また、広島は登録上の本拠地は広島スタジアムのままながら、ホームゲームの過半数を広島ビッグアーチで開催し、事実上本拠を移転した。

順位表[編集]

サントリーシリーズ[編集]

開催期間:3月12日 - 6月15日


クラブ名
1 サンフレッチェ広島 17 5 44 26 +18
2 清水エスパルス 16 6 41 25 +16
3 鹿島アントラーズ 16 6 45 32 +13
4 ヴェルディ川崎 14 8 43 21 +22
5 横浜フリューゲルス 13 9 36 27 +9
6 ジェフユナイテッド市原 10 12 34 43 -9
7 ジュビロ磐田 9 13 27 32 -5
8 名古屋グランパスエイト 9 13 23 28 -5
9 横浜マリノス 8 14 29 35 -6
10 ガンバ大阪 7 15 37 46 -9
11 ベルマーレ平塚 7 15 27 54 -27
12 浦和レッドダイヤモンズ 6 16 26 43 -17
 

ニコスシリーズ[編集]

開催期間:8月10日 - 11月19日


クラブ名
1 ヴェルディ川崎 17 5 48 26 +22
2 ベルマーレ平塚 16 6 48 26 +22
3 横浜マリノス 14 8 44 26 +18
4 サンフレッチェ広島 12 10 27 31 -4
5 鹿島アントラーズ 11 11 44 36 +8
6 清水エスパルス 11 11 28 31 -3
7 ジュビロ磐田 11 11 29 37 -8
8 横浜フリューゲルス 9 13 31 33 -2
9 ジェフユナイテッド市原 9 13 35 42 -7
10 ガンバ大阪 8 14 29 36 -7
11 浦和レッドダイヤモンズ 8 14 33 51 -18
12 名古屋グランパスエイト 6 16 33 54 -21

年間総合順位[編集]

上位2チームの順位はJリーグチャンピオンシップの結果により確定する。

順位 クラブ名 得点 失点 備考
ヴェルディ川崎 31 13 91 47 +44 ニコスシリーズ優勝
サンフレッチェ広島 29 15 71 57 +14 サントリーシリーズ優勝
3 鹿島アントラーズ 27 17 89 68 +21
4 清水エスパルス 27 17 69 56 +13
5 ベルマーレ平塚 23 21 75 80 -5
6 横浜マリノス 22 22 73 61 +12
7 横浜フリューゲルス 22 22 67 60 +7
8 ジュビロ磐田 20 24 56 69 -13
9 ジェフユナイテッド市原 19 25 69 85 -16
10 ガンバ大阪 15 29 66 82 -16
11 名古屋グランパスエイト 15 29 56 82 -26
12 浦和レッドダイヤモンズ 14 30 59 94 -35

サントリーチャンピオンシップ[編集]

Jリーグチャンピオンシップについてはサントリーが冠スポンサーとなり、サントリー・チャンピオンシップの名称で開催された。

合計スコアが2-0となり、ヴェルディ川崎が年間王者に決定。

  1. ^ a b 当初は11月30日等々力陸上競技場で開催予定だった。しかし芝生のコンディション上の問題や増築工事の実施のため急遽国立に変更されたが、11月30日は12月1日トヨタカップ公式前日練習と重複したため、12月2日に延期した。

表彰[編集]

受賞者
最優秀選手賞 ブラジルの旗 ペレイラヴェルディ川崎
得点王 ドイツの旗 オッツェジェフユナイテッド市原
新人王 日本の旗 田坂和昭ベルマーレ平塚
優秀監督賞 日本の旗 松木安太郎ヴェルディ川崎
最優秀審判員賞 ユーゴスラビアの旗 ゾラン・ペトロヴィッチ
審判員特別奨励賞 日本の旗 太田潔
フェアプレー特別賞 サンフレッチェ広島
チェアマン感謝状 ブラジルの旗 ジーコ
イングランドの旗 ゲーリー・リネカー
功労選手賞 日本の旗 加藤久
日本の旗 木村和司

ベストイレブン[編集]

ポジション 選手名 受賞回数 所属クラブ
GK 日本の旗 菊池新吉 ヴェルディ川崎
DF ブラジルの旗 ペレイラ 2 ヴェルディ川崎
DF 日本の旗 井原正巳 2 横浜マリノス
DF 日本の旗 名塚善寛 ベルマーレ平塚
MF 日本の旗 柱谷哲二 2 ヴェルディ川崎
MF 日本の旗 北澤豪 ヴェルディ川崎
MF 日本の旗 ラモス瑠偉 2 ヴェルディ川崎
MF ブラジルの旗 ビスマルク ヴェルディ川崎
MF ブラジルの旗 ベッチーニョ ベルマーレ平塚
FW 日本の旗 武田修宏 ヴェルディ川崎
FW 日本の旗 高木琢也 サンフレッチェ広島

得点ランキング[編集]

順位 選手 得点
1 ドイツの旗 フランク・オルデネビッツ(市原) 30
2 ブラジルの旗 アルシンド(鹿島) 28
3 ブラジルの旗 ベッチーニョ(平塚) 24
4 日本の旗 武田修宏(V川崎) 23
アルゼンチンの旗 ラモン・ディアス(横浜M)
6 ブラジルの旗 トニーニョ(清水) 22
7 日本の旗 長谷川祥之(鹿島) 21
8 チェコの旗 イワン・ハシェック(広島) 19
日本の旗 野口幸司(平塚)
10 日本の旗 三浦知良(V川崎) 16
日本の旗 山口敏弘(G大阪)

記録[編集]

  • Jリーグ通算1,000ゴール
メディナベージョ(横浜マリノス 1994年8月17日 - ニコスシリーズ第3節vs鹿島アントラーズ・三ツ沢公園球技場

Jリーグ準会員[編集]

このうち、C大阪、京都とPJMは1993年秋季に準会員申請をし、C大阪は同年11月に準会員が承認された。京都とPJMは財政面・スタジアム整備などにより保留扱いとなっていたが、1994年7月に準会員が認められた。
1994年のJFLの成績により1位・C大阪と2位・柏がJリーグ入会を認められた。

関連項目[編集]