四方田修平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四方田 修平 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヨモダ シュウヘイ
ラテン文字 YOMODA shuhei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-03-14) 1973年3月14日(45歳)
出身地 千葉県千葉市
監督歴
チーム
2004-2015 コンサドーレ札幌U-18
2015-2017 北海道コンサドーレ札幌
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

四方田 修平(よもだ しゅうへい、1973年3月14日[1] - )は、日本サッカー指導者。

来歴[編集]

幼少期[編集]

千葉県千葉市出身[1]

サッカーを始めたのは横浜市で小学校に入学してからであり、千葉県に引っ越すまで約1年半プレーした[2]。幼稚園時代から小学校2年生の途中までは岡野雅行と同級生として過ごし、同じサッカークラブに所属していた[2]。千葉県に引っ越した後は、地元にサッカーチームがなかったため野球を始めたが、小学校5年の時から再び部活動でサッカーに復帰した[2]

高校、大学、日本代表スタッフ[編集]

習志野高校順天堂大学ではサッカー部に所属していた。この頃から、将来の指導者を目指し始めた[2]筑波大学大学院に進学[1]。大学院でコーチ学を学び[3]、1996年から1998年まで筑波大学蹴球部コーチを務めた[1]。筑波大学大学院では田嶋幸三研究室に属し[4]、論文『サッカーにおけるスライディングタックルに関する研究』を発表[5]

1996年から1998年まで日本代表チームスカウティングスタッフも務め[1]1998年のワールドカップでは岡田武史監督の下、スカウティング担当として日本代表に同行[6]

コンサドーレ札幌[編集]

1999年、コンサドーレ札幌監督に就任した岡田武史の誘いを受け[6]、同クラブのアシスタントコーチに就任[1]。2002年からコンサドーレ札幌ユースU-18コーチを務め[1]、2004年にコンサドーレ札幌ユースU-18監督に就任[1]。U-18監督としては、2010年までプリンスリーグ北海道で優勝6回[注 1]。2011年にプレミアリーグ・イースト優勝、2012年に同準優勝。また2005年高円宮杯準優勝、2012年Jユースカップ優勝を導いた。U-18監督として指導した選手のうち、2016年までに32名[注 2] がサッカー選手としてプロ選手となった。

2015年にJFA 公認S級コーチのライセンスを取得。7月24日にイヴィッツァ・バルバリッチの後任としてコンサドーレ札幌のトップチーム監督への就任が発表された[7]。最終順位は10位。

2016年は好調で、一時は2位と勝ち点10以上をつけた。10月に入りチームの調子が悪くなったが、負ければ自動昇格圏陥落も有り得た11月12日のアウェー千葉戦をアディショナルタイム弾で逆転勝ち。金沢との最終戦を0-0で終え、9年ぶりのJ2優勝と5年ぶりのJ1復帰を果たした。 

J1残留を目標に掲げた2017年は、ホームでは勝ち点を積み上げられるものの、アウェイでなかなか勝つことが出来ない状況が続き、更に5月から6月にかけて6連敗を喫して、残留争いに巻き込まれる。しかし、徐々に調子を取り戻し、第30節のFC東京戦でアウェイ戦初勝利を収めると、第32節の清水戦の勝利で、見事J1残留を成し遂げた。第33節・第34節でも勝利し、3連勝で最終順位を11位でシーズンを締めくくった。12月にはヘッドコーチに就任することを受諾。[8]

2018年1月にヘッドコーチに就任することになった[9]

指導歴[編集]

  • 1996年 - 1998年 日本の旗 筑波大学蹴球部 : コーチ
  • 1999年 - 日本の旗 コンサドーレ札幌 / 北海道コンサドーレ札幌
    • 1999年 - 2001年 : アシスタントコーチ
    • 2002年 : U-18コーチ
    • 2004年 - 2015年7月 : U-18監督
    • 2015年7月 - 2017年 : 監督
    • 2018年 - : ヘッドコーチ

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 得点 失点 得失 ルヴァン杯 天皇杯
2015 札幌 J2 10位 17 22 6 4 7 26 12 +14 - 3回戦
2016 優勝 42 85 25 10 7 65 33 +32 - 2回戦
2017 J1 11位 34 43 12 7 15 39 47 -8 プレーオフ 2回戦
通算 J1 - 34 - 12 7 15 39 47 -8 - -
J2 - 59 - 31 14 14 91 45 +46 - -
総通算 - 93 - 43 21 29 130 92 +38 - -
  • 2015年は第26節から指揮。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h コンサドーレ札幌ユース・U-12/U-15/U-18 コーチングスタッフのお知らせ”. コンサドーレ札幌 (2004年1月29日). 2013年1月17日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c d 2016 クラブコンサドーレ情報誌. 107. 札幌市: 株式会社コンサドーレ. (2016-05-16). pp. 1-2. 
  3. ^ 横田和幸 (2012年12月25日). “札幌V四方田監督分析ズバリ/Jユース杯”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20121225-1063939.html 
  4. ^ 元川悦子 (2013年2月26日). “雪の多い環境を逆手に取り、室内で基本技術を磨く札幌ユース”. J SPORTS. 2013年2月26日閲覧。
  5. ^ 四方田修平 (1999). “サッカーにおけるスライディングタックルに関する研究”. 筑波大学体育研究科研究論文集 21: 499-502. 
  6. ^ a b ユースU-18監督 四方田修平の「希望の轍」(1/3)- コンサドーレ札幌「北国プロビンチャの挑戦」第3回” (2005年4月11日). 2005年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月17日閲覧。
  7. ^ “コンサドーレ札幌 監督交代のお知らせ” (プレスリリース), コンサドーレ札幌, (2015年7月24日), http://www.consadole-sapporo.jp/news/2015076722/ 2015年7月24日閲覧。 
  8. ^ “【札幌】四方田監督が来季のコーチ就任を受諾” (プレスリリース), (2017年12月2日), http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20171202-OHT1T50213.html 2018年1月10日閲覧。 
  9. ^ “2018年シーズン 北海道コンサドーレ札幌 契約合意スタッフのお知らせ” (プレスリリース), (2018年1月10日), http://www.consadole-sapporo.jp/news/20180136427/ 2018年1月10日閲覧。 

関連項目[編集]