土肥洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土肥 洋一 Football pictogram.svg
名前
愛称 ドイちゃん[1][2][3]
カタカナ ドイ ヨウイチ
ラテン文字 DOI Yoichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-07-25) 1973年7月25日(44歳)
出身地 熊本県熊本市[4]
身長 184cm[5]
体重 84kg[5]
選手情報
ポジション GK[1]
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1999 日立製作所 / 柏レイソル 92 (0)
2000-2007 FC東京 230 (0)
2008-2012 東京ヴェルディ1969 131 (0)
代表歴2
1995-1996  日本 U-22/23
2003-2006 日本の旗 日本 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年11月24日現在。
2. 2005年10月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

土肥 洋一(どい よういち、1973年7月25日 - )は熊本県出身の元プロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

中学校1年生の時にサッカーを始めた[4]1992年熊本県立大津高等学校卒業後の日本サッカーリーグが内定していたが、足の骨折により契約が流れた[4]

日立 / 柏レイソル[編集]

プロ選手への夢を諦めきれず、日本テレビ天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の番組内企画「GENKI FC」(コーチはセルジオ越後)に出演[6][7]Jリーグクラブへのアピールを行い、ジャパンフットボールリーグ日立製作所本社サッカー部(後の柏レイソル) との契約を果たした。

加藤竜二らとのポジション争いを経て正GKの地位を掴み、1996年にはアトランタ五輪バックアップメンバー選出や、JOMOカップ出場など活躍を見せたが、1998年以降は南雄太[7]吉田宗弘の台頭を受け、ベンチ入りメンバーからも外れがちとなっていた[8][9]

FC東京[編集]

2000年には出場機会を求め[7]、この年よりJ1に昇格したFC東京に完全移籍で加入。大熊清監督の標榜する全員守備の要として、開幕からレギュラーポジションを維持。課題のポジショニングや状況判断を向上させ、安定感を高めた[10]

2002年原博実監督が就任してからもその信頼は揺るがず、2004年2nd第11節対広島戦で、146試合連続フルタイム出場というJリーグ新記録を達成[11](以前の記録は元清水GK真田雅則の145試合)[12]。この年のJリーグベストイレブンにも選出された[13][14]。また、同年のナビスコカップ決勝では、退場者を出す不利な状況の中、浦和の猛攻に耐え[9]、優勝に貢献すると共に自らもMVPを獲得[15][14]

その後は、日本代表との並行によるコンディション調整に苦心しながらも[14][9]、シュートへの鋭い反応と正確なキャッチング、守備陣を動かすコーチングを武器に[1]正GKとして出場を続け、2006年第33節対浦和戦の不出場に至るまで、2000年開幕戦から延べ216試合連続フルタイム出場というJリーグ新記録を打ち立てた[1][6](この記録は2014年に鹿島曽ヶ端準が更新。)。2007年塩田仁史にレギュラーを奪われるようになり、同年末に退団。試合での好守だけでなく、主将を任され[4]精神的にもチームを牽引する存在だった[16]

日本代表[編集]

2003年、J1ファーストステージにおいてFC東京がリーグ最小失点を記録したことで評価を高め[17]、同年6月に日本代表としてコンフェデレーションズカップに帯同[18][19]

以後も川口能活楢崎正剛に次ぐ第3GKの立場ながら[2]メンバー入りを続け、2004年2月のキリンチャレンジカップマレーシア戦で国際Aマッチ初出場を果たした[17]2005年の東アジア選手権第3戦の韓国戦ではスーパーセーブを連発し[20]、日本の勝利に貢献した。

2006年ドイツワールドカップにも選出され、試合出場こそ無かったが最年長選手としてチームを盛り立て[4]、対ブラジル戦のハーフタイムでは出場していた川口を励ます様子が見られた。日本代表の紅白戦では攻撃的なポジションを任されることが多く、得点を挙げることもあった。

東京ヴェルディ[編集]

2008年福西崇史と共に、J1へ復帰した同じ東京のライバル・東京ヴェルディ1969へと完全移籍[21][22]。移籍後は高木義成を抑えて正GKの座を獲得し、リーグ戦全試合出場と奮闘したがチームは17位となりJ2降格。クラブの経営悪化により[23][24]一度は契約非更新が発表されたが[25]、減俸での再オファーに応じ[26][24]、翌2009年の1月に再契約が発表された[27]。J2降格後も正GKの座を守り、高木を名古屋移籍へと追いやった。

2011年5月4日、古巣FC東京との「東京ダービー」試合中に負傷交代。左アキレス腱断裂により全治6ヶ月と診断され[28]離脱。

持ち前の闘志は衰えず[6]2012年7月15日、第24節鳥取戦で1年2ヶ月ぶりに復帰し、柴崎貴広からポジションを奪取。至近距離でのシュートセーブの鋭さを見せ、健在ぶりを発揮していたが[3]、この年限りで戦力外となり[29]、シーズン終了後、契約満了により退団[30]

現役引退以後[編集]

2013年1月、現役引退と東京Vの育成GKコーチ就任が発表された[5]。同年末、Jリーグ功労選手賞受賞[31]。2014年、JFA公認A級ジェネラルライセンス取得[32]

また、トレーナー木場克己と共にアスリートのコンディション調整治療やトレーニング指導などを行う株式会社アスリートウェーブの経営者としても活動している。

2014年9月、東京Vトップチーム監督冨樫剛一の要望を受け[33]、同チームのGKコーチに就任[34][35]。冨樫の退任に伴い2016年限りで退任[36]

2017年、東京ヴェルディの育成GKコーチに就任[37]

所属クラブ[編集]

ユース
プロ

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1992 日立 旧JFL1部 0 0 -
1993 31 0 0 - 0 0 0 0
1994 旧JFL 15 0 1 0 0 0 16 0
1995 - J 17 0 - 2 0 19 0
1996 30 0 15 0 2 0 47 0
1997 1 19 0 8 0 3 0 30 0
1998 8 0 0 0 1 0 9 0
1999 J1 3 0 0 0 0 0 3 0
2000 FC東京 20 30 0 2 0 0 0 32 0
2001 1 30 0 3 0 1 0 34 0
2002 30 0 7 0 1 0 38 0
2003 30 0 6 0 2 0 38 0
2004 30 0 1 0 3 0 34 0
2005 34 0 0 0 2 0 36 0
2006 32 0 2 0 0 0 34 0
2007 14 0 4 0 0 0 18 0
2008 東京V 34 0 4 0 0 0 38 0
2009 J2 43 0 - 1 0 44 0
2010 34 0 - 1 0 35 0
2011 2 0 - 0 0 2 0
2012 18 0 - 0 0 18 0
通算 日本 J1 341 0 52 0 17 0 410 0
日本 J2 97 0 - 2 0 99 0
日本 旧JFL1部 15 0 1 0
総通算 453 0 53 0

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合[1] 0得点 (2003-2006)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2003 0 0
2004 2 0
2005 2 0
2006 0 0
通算 4 0

指導歴[編集]

  • 2013年 - 東京ヴェルディ
    • 2013年 - 2014年9月 育成GKコーチ[34]
    • 2014年9月 - 2016年 トップチームGKコーチ[34]
    • 2017年 育成GKコーチ[37]
  • 2017年 -  U-18日本代表 GKコーチ[39]

個人タイトル・記録[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f PLAYER'S DATABASE”. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月9日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2007年2月13日)
  2. ^ a b イニシエーションとしての日韓戦 (8月7日@大邸) (1/2) スポーツナビ (2005年8月8日)
  3. ^ a b ピッチの孤影=シリーズ東京ヴェルディ (5) スポーツナビ (2012年7月25日)
  4. ^ a b c d e 「心一つに」大きな声 チームの兄貴、土肥選手 47NEWS (2006年6月15日)
  5. ^ a b c 土肥洋一選手引退ならびに育成GKコーチ就任のお知らせ 東京ヴェルディ (2013年1月20日)
  6. ^ a b c 元日本代表GK土肥が引退…今後は東京V下部組織のコーチに スポーツニッポン (2013年1月9日)
  7. ^ a b c 『DECADE 柏レイソル10年史』 文化工房,星雲社2004年、154頁。
  8. ^ 選手出場記録 Jリーグ (1999年11月27日)
  9. ^ a b c F東京が初タイトル! ナビスコ・カップ決勝戦”. 2004年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。 スポーツ報知 (2004年11月3日)
  10. ^ 『FC東京ファンブック2001』 毎日新聞社2001年、26-27頁。
  11. ^ 土肥洋一選手『J1リーグ戦連続試合出場記録』日本記録樹立のお知らせ”. 2004年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月8日閲覧。 FC東京 (2004.10.31)
  12. ^ J1 2nd 第11節 土肥 洋一選手(F東京)J1リーグ戦連続出場記録更新! Jリーグ (2004年10月31日)
  13. ^ 土肥洋一選手「ベストイレブン」選出について”. 2004年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。 FC東京 (2004年12月13日)
  14. ^ a b c 『FC東京ファンブック2005』 毎日新聞社2005年、14頁。
  15. ^ 【2004 Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝】PK戦の末、FC東京が初優勝! MVPは土肥洋一選手に決定!! Jリーグ (2004年11月3日)
  16. ^ 【スペシャルインタビュー Vol.21】FC東京:石川直宏選手 J's GOAL (2005年9月22日)
  17. ^ a b c d 『FC東京ファンブック2004』 毎日新聞社2004年、12頁。
  18. ^ キリンカップサッカー2003/FIFAコンフェデレーションズカップ2003 日本代表チーム選手の入れ替えについて”. 2003年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。 日本サッカー協会 (2003年6月9日)
  19. ^ キリンカップサッカー2003/FIFAコンフェデレーションズカップ2003日本代表チームに土肥洋一選手追加召集のお知らせ”. 2004年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。 FC東京 (2003年6月9日)
  20. ^ イニシエーションとしての日韓戦 (8月7日@大邸) (2/2) スポーツナビ (2005年8月8日)
  21. ^ 土肥洋一選手 東京ヴェルディ1969へ完全移籍決定のお知らせ”. 2007年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。 FC東京 (2007年12月30日)
  22. ^ 土肥洋一選手 加入のお知らせ”. 2007年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。 東京ヴェルディ (2007年12月30日)
  23. ^ 東京Vが大リストラ! 服部、福西ら解雇 日刊スポーツ (2008年12月1日)
  24. ^ a b 土肥が東京Vと再契約! 大幅減俸も男気でOK”. 2009年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。 スポーツ報知 (2009年11月19日)
  25. ^ 契約満了選手のお知らせ”. 2008年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月8日閲覧。 東京ヴェルディ (2008年12月1日)
  26. ^ 高木ヴェルディ 19日に新チームスタート スポーツニッポン (2009年1月19日)
  27. ^ 土肥洋一選手 契約のお知らせ”. 2009年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月8日閲覧。 東京ヴェルディ (2009年1月19日)
  28. ^ 土肥洋一選手の負傷について 東京ヴェルディオフィシャルウェブサイト、2011.05.07
  29. ^ 東京V 土肥を戦力外に…7月に1年2カ月ぶりに復帰も スポーツニッポン (2012年11月29日)
  30. ^ 土肥洋一選手の契約について 東京ヴェルディ (2012年11月29日)
  31. ^ 功労選手賞について Jリーグ (2013年10月15日)
  32. ^ 2013(平成25)年度 公認A級コーチジェネラル養成講習会 合格者【113名】 (PDF) 日本サッカー協会 (2014年4月10日)
  33. ^ 週刊サッカーダイジェスト No.1304』 日本スポーツ企画出版社2014年、76頁。
  34. ^ a b c “土肥洋一GKコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), 東京ヴェルディ, (2014年9月15日), http://www.verdy.co.jp/lancelot/cms/siteuser/newsdetail/user_id/f98c078b5e46cce02fd686fadbff9929/id/33a7bd0e44ad36f5539f785c82745cca 
  35. ^ 登録役員追加・変更・抹消のお知らせ Jリーグ (2014年9月19日)
  36. ^ “J2東京V 冨樫監督に続きコーチ陣も総退陣 元W杯戦士・土肥GKコーチも”. スポニチアネックス. (2016年11月30日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/11/30/kiji/K20161130013821360.html 2016年11月30日閲覧。 
  37. ^ a b “2017シーズン アカデミー・女子チームスタッフ決定のお知らせ” (プレスリリース), 東京ヴェルディ, (2017年1月14日), http://www.verdy.co.jp/lancelot/cms/siteuser/newsdetail/user_id/f98c078b5e46cce02fd686fadbff9929/id/3ded9870089bf37d9b02982faf7e47a9 
  38. ^ J1 第13節 土肥 洋一 選手(F東京)・林 健太郎 選手(甲府)J1リーグ戦通算300試合出場達成 Jリーグ (2007年5月26日)
  39. ^ 2017 ナショナルコーチングスタッフ体制【サッカー男子担当 (PDF) 日本サッカー協会 (2017年2月16日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

特集
プロフィール・成績