篠田善之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
篠田 善之 Football pictogram.svg
名前
愛称 シノ
カタカナ シノダ ヨシユキ
ラテン文字 SHINODA Yoshiyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-06-18) 1971年6月18日(46歳)
出身地 山梨県甲府市
身長 168cm[1]
体重 68kg[1]
選手情報
ポジション MF[1]
利き足 右足
ユース

1991-1994
山梨県立機山工業高等学校
中京大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1991 甲府サッカークラブ 1 (00)
1995-2004 アビスパ福岡[注 1] 203 (10)
監督歴
2008-2011 アビスパ福岡
2016-2017 FC東京
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

篠田 善之(しのだ よしゆき、1971年6月18日 - )は、山梨県甲府市出身のサッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー(主にボランチ[2])。

来歴[編集]

選手時代[編集]

山梨県立機山工業高等学校を卒業後、1年間のみ地元の甲府サッカークラブ(現 ヴァンフォーレ甲府)でプレーし、中京大学に進学。大学卒業後の1995年、当時ジャパンフットボールリーグに所属していた福岡ブルックス(現 アビスパ福岡)に練習生として入団[2]。以後、プロとしてのキャリア全てを福岡で過ごす。

Jリーグ初得点は1999年浦和戦、記憶に残るロングシュートであった[2](J1長距離ゴール史上4位)。ブルックス時代からの生え抜きボランチで福岡に最も長く在籍し、1999年と2003年には主将を務めた。また選手会長も務め、サポーターからは「ミスターアビスパ」と呼ばれ[3]チームリーダー的存在であった。

2003年、「飛躍」に選ばれた選手の一人である。「飛躍」はリーグ創設10周年に当たる2003年、当時のJリーグ28クラブから代表選手1名とゴスペラーズによる日本プロサッカーリーグオフィシャルソングである。

2004年シーズン終了後、引退[4]。Jリーグ通算203試合出場、10得点の成績を残した[4]

指導者時代[編集]

2005年にアビスパ福岡のホームタウン推進部コーチ[4]、U-18コーチを務め、2006年にはトップチームのコーチに就任[5]2007年にはU-15コーチを務めた[6]

2008年から再びトップチームのコーチ復帰[7]。同年7月にはトップで監督を務められるS級ライセンスを取得したが[8]、直後にピエール・リトバルスキー監督が解任され、ライセンス取得の翌日に監督に昇格した[9]2009年はクラブ史上最低[10]の11位に終わったが、翌2010年は自らコーチを人選し[11]、攻撃的でスピーディーなサッカーの浸透に成功[10]。開幕から昇格候補の甲府に完勝するなど好調を維持し、新加入の永里源気が得点源となって千葉東京Vとの三つ巴の争いを制し、3位で5年ぶりのJ1昇格を果たした[10]同年の天皇杯では、前身の福岡ブルックス以来15年ぶり、アビスパ福岡としては初のベスト8進出[12]2011年も引き続き福岡を指揮したが、財政難[注 2]により戦力確保に難航したばかりか、主力選手の故障が相次いだことから[14]、開幕9連敗、12戦連続未勝利を喫するなど低迷。7月2日の対甲府戦で念願のJ1初勝利を挙げたものの、以降も成績は好転せず、8月3日をもって解任された[15]

2012年よりFC東京コーチに就任。同年クラブはランコ・ポポヴィッチ監督の下、AFCチャンピオンズリーグに臨んだが、篠田は国外遠征には帯同せず、ポポヴィッチ不在の間のチーム指揮を任された[16]。その後もマッシモ・フィッカデンティ城福浩と異なるスタイルの監督[注 3]の下でコーチを務め[18]チームを支えた。

2016年7月、城福解任に伴い監督に昇格[19]。選手の強みを引き出し[18]積極性を取り戻させるべく[20]強度の強い練習を敢行。選手の布陣・配置も修正し、チーム再建に尽力した[21]。その手腕が認められ[22]同年11月には2017年の留任が発表された[21]

2017年は天皇杯・ルヴァンカップで敗退。リーグ戦でも10位に低迷していた9月10日に退任が発表された[23][24]

自らの理想とする監督像としてディエゴ・シメオネを挙げている[25]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 甲府ク JSL2部 1 0 0 0
1995 福岡B 41 旧JFL 0 0 - 2 0 2 0
1996 福岡 - J 14 0 3 0 0 0 17 0
1997 23 29 0 4 0 3 0 36 0
1998 6 0 1 0 3 3 10 3
1999 6 J1 27 2 2 0 0 0 29 2
2000 13 0 3 0 1 0 17 0
2001 20 0 3 0 1 0 24 0
2002 J2 43 5 - 4 0 47 5
2003 34 2 - 2 0 36 2
2004 17 1 - 0 0 17 1
通算 日本 J1 109 2 16 0 8 3 133 5
日本 J2 94 8 - 6 0 100 8
日本 JSL2部 1 0 0 0
日本 旧JFL 0 0 - 2 0 2 0
総通算 204 10 16 0

指導歴[編集]

  • 2005年 - 2011年8月 アビスパ福岡
    • 2005年 ホームタウン推進部コーチ
    • 2006年1月 - 07月 U-18 コーチ
    • 2006年7月 - 12月トップチーム コーチ 兼 サテライトコーチ[8][9]
    • 2007年 U-15 コーチ
    • 2008年 トップチーム コーチ
    • 2008年7月 - 2011年8月 トップチーム 監督
  • 2012年 - 2017年9月 FC東京
    • 2012年 - 2016年7月 トップチーム コーチ
    • 2016年7月 - 2017年9月 トップチーム 監督

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 Jリーグ杯 天皇杯
2008 福岡 J2 8位 29 18 7 8 3 - 3回戦
2009 11位 65 51 17 14 20 - 3回戦
2010 3位 69 36 21 6 9 - 準々決勝
2011 J1 18位 8 19 2 2 15 1回戦 -
2016 FC東京 9位 26 12 8 2 2 ベスト4 ベスト8
2017 10位 33 25 9 6 10 準々決勝 2回戦
通算 日本 J1 - - 56 19 10 27 - -
日本 J2 - - 105 45 28 32 - -
総通算 - - 161 64 38 59 - -
  • 2008年は7月より就任(順位は最終順位)。
  • 2011年は8月で解任(順位は解任時順位)。
  • 2016年は7月より就任(順位は最終順位)。
  • 2017年は9月で退任(順位は解任時順位)。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ a b 1996年に福岡ブルックスからアビスパ福岡へ改称。
  2. ^ 人件費はJ1最小額。20億円規模の予算を組むクラブが複数ある中で、福岡は4億円強に留まった[13]
  3. ^ 選手に変化を経験させ、戦術理解度を育む狙いがある[17]
出典
  1. ^ a b c d e 登録選手一覧表 Jリーグ (2004年12月10日)
  2. ^ a b c 篠田監督ってどんな人? 福岡放送 (2008年7月13日)
  3. ^ ミスター・アビスパ 篠田善之 現役引退 福岡放送 (2005年2月2日)
  4. ^ a b c 篠田善之選手引退ホームタウン推進部コーチ就任のお知らせ アビスパ福岡 (2005年1月)
  5. ^ 新体制のお知らせ アビスパ福岡 (2006年6月)
  6. ^ 篠田 善之(前トップチームコーチ)アビスパ福岡U-15コーチ 就任のお知らせ アビスパ福岡 (2007年1月)
  7. ^ 篠田 善之(アビスパ福岡 U-15コーチ)コーチ就任のお知らせ アビスパ福岡 (2008年1月)
  8. ^ a b 平成20年度 第4回理事会 協議事項 (PDF) 日本サッカー協会 (2008年7月10日)
  9. ^ a b 篠田 善之コーチ 監督就任のお知らせ アビスパ福岡 (2008年7月)
  10. ^ a b c アビスパJ1復帰 5季ぶり 47NEWS (2010年11月24日)
  11. ^ 福が来た~!5年ぶりアビスパ昇格/J2 日刊スポーツ (2010年11月24日)
  12. ^ 【第90回天皇杯4回戦 大宮 vs 福岡】レポート Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2010年11月18日)
  13. ^ 2011年度(平成23年度)Jクラブ個別情報開示資料 (PDF) Jリーグ
  14. ^ 福岡 開幕から8連敗、緊急補強も示唆 スポーツニッポン (2011年5月30日)
  15. ^ 浅野哲也ヘッドコーチ 監督就任のお知らせ アビスパ福岡 (2011年8月3日)
  16. ^ 米本 練習試合にフル出場 東京中日スポーツ (2012年3月5日)
  17. ^ 『フットボールサミット第23回』 カンゼン2014年、42頁。
  18. ^ a b FC東京・篠田新監督を正式発表「甘えは許さない」 デイリースポーツ (2016年7月27日)
  19. ^ 篠田善之監督就任のお知らせ FC東京 (2016年7月26日)
  20. ^ 篠田東京が初練習「積極的に前からいくように」 日刊スポーツ (2016年7月27日)
  21. ^ a b FC東京 篠田監督続投発表…7月下旬コーチから昇格し再建成功 スポーツ報知 (2016年11月5日)
  22. ^ FC東京・篠田監督、来季続投へ チーム再建手腕評価 デイリースポーツ (2016年10月23日)
  23. ^ 篠田善之監督退任のお知らせ FC東京 (2017年9月10日)
  24. ^ FC東京 篠田監督の退任発表 タイトル絶望的「大変申し訳ない」 スポーツニッポン (2017年9月10日)
  25. ^ エルゴラッソ Jリーグプレーヤーズガイド2017』 スクワッド2017年、50頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]