2016年のJリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jリーグ > 2016年のJリーグ
2016年のJリーグ
J1
期間 1st:2016年2月27日 - 6月25日
17節/合計153試合
2nd:2016年7月2日 - 11月3日
17節/合計153試合
年間優勝 鹿島アントラーズ
1st 優勝 鹿島アントラーズ
2nd 優勝 浦和レッズ
降格 名古屋グランパス
湘南ベルマーレ
アビスパ福岡
J2
期間 2016年2月28日 - 11月20日
42節/合計462試合
昇格 北海道コンサドーレ札幌
清水エスパルス
セレッソ大阪
J3降格 ギラヴァンツ北九州
J3
期間 2016年3月13日 - 11月20日
30節/合計240試合
J2昇格 大分トリニータ
YBCルヴァンカップ
2015
2017

この項目では、2016年シーズンの日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)について述べる。

概要[編集]

Jリーグ発足から24年目のシーズンになる。

このシーズンから若手選手の育成の在り方が見直され、J3リーグ発足から参加していたJリーグ・アンダー22選抜が廃止される代わりに、J1リーグJ2リーグに参加するクラブが23歳以下の選手により結成した「U-23チーム」がJ3リーグへ参戦する(初年度はFC東京ガンバ大阪セレッソ大阪の3チームが参戦[1])。これに伴い、従前の3回総当たり(ホーム&アウェー&ホームorアウェー)から、J1・J2と同じ2回総当たり(ホーム&アウェー)に変更された。

また、2009年を最後に廃止されたJサテライトリーグがこのシーズンから再開されることになり、ベガルタ仙台鹿島アントラーズ川崎フロンターレ横浜F・マリノス湘南ベルマーレアルビレックス新潟名古屋グランパスヴィッセル神戸サンフレッチェ広島の9クラブが参加する予定であった[2]

また、この年からリーグ戦におけるユニフォーム広告について、従来認められていた「シャツ前面(胸部)」「シャツ左袖」「シャツ背面」「パンツ左足裾」に加え、「シャツ背中下部(裾)」への広告掲出が可能になった[3]

できごと[編集]

1月13日
J1、J2、J3のホーム開幕カードが発表された[4]。J1は2月27日に8試合が開幕し、ガンバ大阪vs鹿島アントラーズ市立吹田サッカースタジアム)の1試合が2月28日に行われる。J2は2月28日に全試合一斉開幕。J3は3月13日に全試合一斉開幕となる。
また、未定とされていたJ1の2ndステージ以降の日程が発表された[5]
1月14日
プレシーズンマッチの一環である「Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ」の全試合日程が発表された。前年の宮崎県鹿児島県に加え、2年目の今年は新たに沖縄県でも行われる[6]
1月28日
J1、J2、J3及びヤマザキナビスコカップの全試合日程が発表された[7]
1月29日
日本サッカー協会 (JFA) とJリーグ協働プログラムの施策立案・実施を担当する「Jリーグ育成ダイレクター」のポストを2月1日付で新設し、同ポストに元FC岐阜監督の松永英機が就任することを発表[8]
2月23日
この日行われた理事会で、東京武蔵野シティFCJFL)とFC今治四国サッカーリーグ)をJリーグ百年構想クラブとして承認[9]
また、同じ理事会で、(公社)日本プロサッカーリーグの新年度の理事・監事が内定したことを発表[10]。新設ポストである副理事長(バイスチェアマン)にJFA専務理事の原博実が、常勤の理事にKCJ GROUP幹部の木下由美子が就任する予定。
2月24日
得点の見極め、ペナルティエリア内での事象に対する判定の精度向上を図ることを目的に、追加副審(アディショナル・アシスタント・レフェリー、AAR)をJリーグヤマザキナビスコカップ準決勝・決勝戦、Jリーグチャンピオンシップ全試合で導入することを発表。また、これに先立ってJ3リーグの6月以降の一部の試合(各節1試合程度)で試験導入される[11]
3月29日
日本トップリーグ連携機構への入会が承認された[12]
4月16日
熊本地震の影響により、4月16日・17日に九州地方で行われる予定だったJ1・J2・J3の5試合とJ2ロアッソ熊本のアウェーゲームの計6試合[注 1]の中止を発表[22]
4月17日
暴風の影響により、同日行われる予定だったJ2 第8節・ツエーゲン金沢vs愛媛FC石川県西部緑地公園陸上競技場[23] とJ3 第5節・カターレ富山vsガイナーレ鳥取富山県総合運動公園陸上競技場[24] の中止を発表。金沢vs愛媛は5月18日[25] に、富山vs鳥取は8月13日[26] にそれぞれ代替開催。
4月19日
熊本地震の影響により、4月23日に行われる予定だったJ2 第9節・ロアッソ熊本vs横浜FCうまかな・よかなスタジアム)の中止を発表[27]9月7日に代替開催[28]
また、この日行われた理事会で、熊本地震の被災地への支援として、Jリーグとして義援金1,000万円を拠出することを決定[29]
4月21日
熊本地震の影響により、J2 第12節までのロアッソ熊本の3試合[注 2]の中止を発表[32]
4月28日
熊本地震の影響により、5月22日に行われるJ2 第14節・ロアッソ熊本vs水戸ホーリーホックを開催予定だったうまかな・よかなスタジアムの安全確認が完了していないとして、同スタジアムでの開催を中止すると発表[33]。5月2日に日立柏サッカー場での代替開催を発表[34]
5月2日
Aリーグオーストラリアの旗 オーストラリア)と戦略的連携協定を締結したことを発表[35]
5月10日
この日行われた(公社)日本プロサッカーリーグ第2回社員総会で、岩上和道小川佳実西野朗の3名を理事(非常勤)に選任し、霜田正浩上川徹が理事を退任。日本サッカー協会の人事異動に伴うもの[36][37]
5月11日
熊本地震の影響により、5月28日に行われるJ2 第15節・ロアッソ熊本vsFC町田ゼルビアを開催予定だったうまかな・よかなスタジアムの安全確認が完了していないとして、同スタジアムでの開催を中止すると発表[38]。5月16日にノエビアスタジアム神戸での代替開催を発表[39]
5月12日
J1の1stステージ 第15節 - 第17節と2ndステージの第1節 - 第8節までの試合開始時間が発表された[40]
5月20日
国際サッカー評議会(IFAB)から2016/2017年競技規則の改正が通達され、JリーグはJ1が7月2日(2ndステージ 第1節)、J2・J3が7月3日(J2 第21節 J3 第15節)の試合から適用される[41]
5月24日
熊本地震の影響により、6月にうまかな・よかなスタジアムで開催予定だったロアッソ熊本のホームゲーム[注 3]について、同スタジアムの安全確認が完了していないとして、ベストアメニティスタジアムに会場変更して開催することが発表された[42]。なお、7月以降の熊本のホームゲームはうまかな・よかなスタジアムで開催[43]
5月29日
この日行われたJ2 第15節・清水エスパルスvsザスパクサツ群馬IAIスタジアム日本平)で、清水が8-0で群馬に勝利。清水の8得点は2013年J2 第22節・FC岐阜 2-8 ガンバ大阪(2013年7月3日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場)と並ぶJ2タイ記録で、8点差での勝利は過去3度の7-0を上回るJ2最多得点差記録(Jリーグ最多得点差タイ記録)[注 4] となった[44]
6月21日
Jリーグカップのスポンサーであるヤマザキナビスコ[注 5]の「ヤマザキビスケット」への商号変更(9月1日より)にあわせて、この日からリーグカップの名称を「Jリーグヤマザキナビスコカップ」から「JリーグYBCルヴァンカップ」に変更[46]
この日行われた理事会で、AC長野パルセイロのホームタウンを「長野市、須坂市、中野市、飯山市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、山ノ内町、木島平村、野沢温泉村、信濃町、飯鋼町、小川村、栄村、佐久市」に変更(佐久市を追加)することを承認した[47]
6月25日
この日行われたJ1・1stステージ第17節の結果により、鹿島アントラーズのJ1・1stステージ優勝が決定[48]
7月20日
イギリスの動画配信大手パフォーム・グループが提供するライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と2017年から2026年シーズンまでの10年間、約2100億円の放映権契約を締結したことを発表[49]。また、Jリーグ・DAZN・NTTグループの三者間でホームスタジアムのWi-Fi導入によるライブストリーミング配信などスタジアムにおけるICT化に関する「スマートスタジアム事業」の協業契約も締結[50]
J1・2ndステージ第9節以降の試合開始時間が発表された[51]
8月10日
J2・第31節以降、J3・第21節以降の試合開始時間が発表された[52]
9月20日
この日行われた理事会でレノファ山口FCのホームタウンを「山口市・下関市・山陽小野田市・宇部市・防府市・周南市を中心とする全県」に変更(防府市と周南市を追加)することを承認した[53]
9月28日
2017シーズンのクラブライセンスの審査結果を公表[54]
10月12日
この日行われた理事会で、2017年シーズン以降の放映権料増額を踏まえて、「2017明治安田生命J1リーグの大会方式変更」「海外ビッグクラブの招聘やJクラブの海外遠征を行う『サマーブレイク期間』の創設」「外国籍選手の登録枠拡大」「東京オリンピック世代の出場機会の創出による育成促進の強化」「クラブ財政基盤の強化(配分金の変更)」について議論。J1の大会方式については、3年振りに3年ぶりに「ホーム・アンド・アウェー方式の総当たり1ステージ制のリーグ戦」とすることを確認し、今後必要な手続きに入ることが公表された[55]
10月29日
この日行われたJ1・2ndステージ第16節の結果により、浦和レッズのJ1・2ndステージ優勝が決定[56]
11月3日
この日行われたJ1・2ndステージ第17節の結果により、浦和レッズのJ1年間勝ち点1位が決定[57]
11月16日
グルージャ盛岡の前代表取締役副社長がクラブ資金を私的に流用し、うち約2400万円が回収不能になっているとして、同クラブに対しJリーグ規約違反として譴責と制裁金の制裁を行うと発表[58]
また、この日行われた理事会で、アスルクラロ沼津のJ3入会を承認[59]
11月20日
この日行われたJ2 第42節の結果により、北海道コンサドーレ札幌のJ2優勝が決定[60]
また、この日行われたJ3 第30節の結果により、大分トリニータのJ3優勝が決定[61]
12月3日
この日行われたJリーグチャンピオンシップ決勝第2戦の結果により鹿島アントラーズの年間優勝が決定。

J1[編集]

年間順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 鹿島アントラーズ (C) (Q) 34 18 5 11 53 34 +19 59 AFCチャンピオンズリーグ2017グループステージの出場権を獲得 
2 浦和レッズ (Q) 34 23 5 6 61 28 +33 74
3 川崎フロンターレ (Q) 34 22 6 6 68 39 +29 72
4 ガンバ大阪 34 17 7 10 53 42 +11 58 AFCチャンピオンズリーグ2017プレーオフの出場権を獲得 
5 大宮アルディージャ 34 15 11 8 41 36 +5 56 J1残留
6 サンフレッチェ広島 34 16 7 11 58 40 +18 55
7 ヴィッセル神戸 34 16 7 11 56 43 +13 55
8 柏レイソル 34 15 9 10 52 44 +8 54
9 FC東京 34 15 7 12 39 39 0 52
10 横浜F・マリノス 34 13 12 9 53 38 +15 51
11 サガン鳥栖 34 12 10 12 36 37 −1 46
12 ベガルタ仙台 34 13 4 17 39 48 −9 43
13 ジュビロ磐田 34 8 12 14 37 50 −13 36
14 ヴァンフォーレ甲府 34 7 10 17 32 58 −26 31
15 アルビレックス新潟 34 8 6 20 33 49 −16 30
16 名古屋グランパス (R) 34 7 9 18 38 58 −20 30 J2リーグ 2017へ降格
17 湘南ベルマーレ (R) 34 7 6 21 30 56 −26 27
18 アビスパ福岡 (R) 34 4 7 23 26 66 −40 19

最終更新は2016年11月3日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1 チャンピオンシップの結果により年間2位となったクラブはAFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージの出場権を獲得。また、年間3位となったクラブはAFCチャンピオンズリーグ2017 プレーオフの出場権を獲得。

チャンピオンシップ[編集]

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ(明治安田生命 2016 J.League Championship , MEIJI YASUDA 2016 J.LEAGUE CHAMPIONSHIP

  準決勝(11月23日・等々力     決勝(11月29日・カシマ / 12月3日・埼玉
                     
     浦和レッズ(年間勝点1位・2nd1位) 1 1 2
   川崎フロンターレ(年間勝点2位) 0      鹿島アントラーズ (a) 0 2 2
   鹿島アントラーズ(年間勝点3位・1st1位) 1  

J2[編集]

チーム 出場権または降格
1 北海道コンサドーレ札幌 (C) (P) 42 25 10 7 65 33 +32 85 J1リーグ 2017へ昇格 1
2 清水エスパルス (P) 42 25 9 8 85 37 +48 84
3 松本山雅FC 42 24 12 6 62 32 +30 84 J1昇格プレーオフに出場 1
4 セレッソ大阪 (O) (P) 42 23 9 10 62 46 +16 78
5 京都サンガF.C. 42 18 15 9 50 37 +13 69
6 ファジアーノ岡山 42 17 14 11 58 44 +14 65
7 FC町田ゼルビア 42 18 11 13 53 44 +9 65 J2残留
8 横浜FC 42 16 11 15 50 51 −1 59
9 徳島ヴォルティス 42 16 9 17 46 42 +4 57
10 愛媛FC 42 12 20 10 41 40 +1 56
11 ジェフユナイテッド千葉 42 13 14 15 52 53 −1 53
12 レノファ山口FC 42 14 11 17 55 63 −8 53
13 水戸ホーリーホック 42 10 18 14 45 49 −4 48
14 モンテディオ山形 42 11 14 17 43 49 −6 47
15 V・ファーレン長崎 42 10 17 15 39 51 −12 47
16 ロアッソ熊本 42 12 10 20 38 53 −15 46
17 ザスパクサツ群馬 42 11 12 19 52 66 −14 45
18 東京ヴェルディ 42 10 13 19 43 60 −17 43
19 カマタマーレ讃岐 42 10 13 19 43 62 −19 43
20 FC岐阜 42 12 7 23 47 71 −24 43
21 ツエーゲン金沢 42 8 15 19 36 60 −24 39 J2・J3入れ替え戦に出場 2
22 ギラヴァンツ北九州 (R) 42 8 14 20 43 64 −21 38 J3リーグ 2017へ降格 2

最終更新は2016年11月20日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1. J1リーグ昇格ならびにJ1昇格プレーオフ出場は、J1ライセンスを保有するクラブに限る。
2. J3リーグ降格ならびにJ2・J3入れ替え戦出場は、J3リーグの上位2チームにJ2ライセンスを保有しないクラブが入った場合は対象チームが変更となる。

J3[編集]

チーム 出場権または降格
1 大分トリニータ (C) (P) 30 19 4 7 50 24 +26 61 J2リーグ 2017へ昇格 1,2
2 栃木SC 30 17 8 5 38 20 +18 59 J2・J3入れ替え戦に出場 1,2
3 AC長野パルセイロ 30 15 7 8 33 22 +11 52 J3残留
4 ブラウブリッツ秋田 30 14 8 8 37 26 +11 50
5 鹿児島ユナイテッドFC 30 15 5 10 39 29 +10 50
6 カターレ富山 30 13 10 7 37 27 +10 49
7 藤枝MYFC 30 14 3 13 48 42 +6 45
8 FC琉球 30 12 8 10 46 46 0 44
9 ガンバ大阪U-23 30 10 8 12 42 41 +1 38
10 FC東京U-23 30 9 9 12 32 31 +1 36
11 SC相模原 30 9 8 13 29 46 −17 35
12 セレッソ大阪U-23 30 8 8 14 38 47 −9 32
13 グルージャ盛岡 30 6 12 12 43 47 −4 30
14 福島ユナイテッドFC 30 7 9 14 35 44 −9 30
15 ガイナーレ鳥取 30 8 6 16 30 47 −17 30
16 Y.S.C.C.横浜 30 5 5 20 15 51 −36 20

最終更新は2016年11月20日の試合終了時
出典: J. League data
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決の結果 5.警告数 6.抽選.
1J2リーグ22位との自動昇・降格および同21位との入れ替え戦については、J3の1位・2位クラブがJ1もしくはJ2ライセンスを保有している場合のみ行われ、1位・2位のどちらか、あるいは両方がライセンスを保有していない場合、自動昇格・降格か入れ替え戦、あるいはその両方が行われない場合がある[62]
22位までにU-23チームが入賞した場合、U-23チームを除く13チームの成績を基として、自動昇格、または入れ替え戦出場チームを決定する[62]

昇格・降格[編集]

J1からJ2への降格
  • 2ndステージ第14節(10月1日)の結果により、アビスパ福岡の年間順位16位以下が確定し、J2降格が決定[63]
  • 2ndステージ第15節(10月22日)の結果により、湘南ベルマーレの年間順位16位以下が確定し、J2降格が決定[64]
  • 2ndステージ第17節(11月3日)の結果により、名古屋グランパスの年間順位16位が確定し、J2降格が決定[65]
J2からJ1への昇格
  • 第42節(11月20日)の結果により、北海道コンサドーレ札幌の優勝と清水エスパルスの2位が確定し、J1昇格が決定[66]
  • J1昇格プレーオフ 決勝(12月4日)の結果によりセレッソ大阪のJ1昇格が決定。
J2からJ3への降格
  • 第42節(11月20日)の結果により、ギラヴァンツ北九州の22位が確定し、J3降格が決定[67]
J3からJ2への昇格
  • 第30節(11月20日)の結果により、大分トリニータの優勝が決定し、J2昇格が決定[68]
JFLからJ3への参入
  • セカンドステージ第15節(11月13日)にアスルクラロ沼津のJ3参入のための成績条件(年間3位およびJリーグ百年構想クラブ内での上位2クラブ)が確定。11月16日のJリーグ理事会で沼津のJリーグ入会(J3参入)を承認[69][70]

J1昇格プレーオフ[編集]

2016 J1昇格プレーオフ2016 J.League Road To J1 Play-Offs

準決勝(11月27日・松本 / 金鳥スタ決勝(12月4日・金鳥スタ)
      
4位 セレッソ大阪 1
5位 京都サンガF.C. 1
4位 セレッソ大阪 1
6位 ファジアーノ岡山 0
3位 松本山雅FC 1
6位 ファジアーノ岡山 2

準決勝[編集]

2016年11月27日
15:33
松本山雅FC
(3位)
1 - 2 ファジアーノ岡山
(6位)
パウリーニョ 74分にゴール 74分 公式記録 押谷祐樹 22分にゴール 22分
赤嶺真吾 90+2分にゴール 90+2分

2016年11月27日
15:34
セレッソ大阪
(4位)
1 - 1 京都サンガF.C.
(5位)
柿谷曜一朗 13分にゴール 13分 公式記録 有田光希 90分にゴール 90分
キンチョウスタジアム
観客数: 13,922人
主審: 松尾一

決勝[編集]

決勝に駒を進めたのは、3位松本を後半アディショナルタイムのFW赤嶺真吾のゴールで下し初のJ1昇格を狙う6位岡山[71] と、5位京都に後半終了間際に同点に追いつかれながらもレギュレーションにより決勝進出を決めた4位C大阪[72]。今年改められたレギュレーションに基づき、リーグ戦上位のC大阪のホームゲームとしてキンチョウスタジアムで開催されることになった[73]。試合前にはラミア航空2933便墜落事故で亡くなった元C大阪のFWケンペスを悼み、C大阪の選手全員がケンペスのC大阪時代の背番号9のユニフォームを着用して入場[74]、キックオフ前にはケンペスをはじめ事故で亡くなったシャペコエンセの選手・関係者に黙祷が捧げられた[75]

試合は立ち上がりからC大阪が積極的に攻めるが、なかなかゴールが枠内に飛ばない[75][76]。一方の岡山は失点を避けるべく守備的な姿勢を見せ、前半のチャンスらしいチャンスは37分のセットプレーからのDF岩政大樹のヘディングシュート程度で[76]、前半はスコアレスで終える。失点ゼロは岡山にとって、ある意味プラン通りともいえる展開ではあった[75]

迎えた後半、先取点を奪いたい岡山が立ち上がりから積極的にC大阪ゴールに迫る。後半2分には左サイドからMF矢島慎也のパスを受けたMF三村真がシュート。さらにその2分後には、左サイドからのDF片山瑛一のクロスにFW豊川雄太が頭で合わせるが、いずれもC大阪GKキム・ジンヒョンのファインセーブに阻まれる[75][76]。すると後半7分、C大阪が得たコーナーキックをMF丸橋祐介が放ち、MFソウザが頭で落としたボールを岡山GK中林洋次が抑え損ね、密集の中でいち早く足を出したC大阪MF清原翔平が押し込んでC大阪が先制点を挙げる[75][76]。これで昇格のために2点が必要となってしまった岡山は反撃に転じるが、体調不良で急遽欠場したエースFW押谷祐樹[注 6]の穴は大きく[78]、焦りからFW赤嶺真吾への縦パスのみと攻めが単調になりがちで[75][79]、終盤にはDF岩政を前線に上げたパワープレーを試みるも、がっちりと守備ブロックを敷いたC大阪の前にゴールをこじ開けることが出来ず[75]、そのまま1-0で試合終了。C大阪が前年福岡に敗れて涙を呑んだ雪辱を果たし[76]、3シーズン振りのJ1復帰を決めた[75]


2016年12月4日
15:35
セレッソ大阪
(4位)
1 - 0 ファジアーノ岡山
(6位)
清原翔平 52分にゴール 52分 公式記録
キンチョウスタジアム
観客数: 17,086人
主審: 西村雄一

J2・J3入れ替え戦[編集]

2016 J2・J3入れ替え戦2016 J2/J3 Play-Offs

2016年11月27日 栃木SC
(J3 2位)
0 - 1 ツエーゲン金沢
(J2 21位)
栃木県グリーンスタジアム  
12:33 公式記録 小柳達司 89分にゴール 89分 観客数: 5,369人
主審: 廣瀬格

表彰[編集]

Jリーグアウォーズ2016年12月20日に開催された[81]

受賞者
最優秀選手賞 日本の旗 中村憲剛川崎フロンターレ
得点王 ブラジルの旗 レアンドロヴィッセル神戸) / ナイジェリアの旗 ピーター・ウタカサンフレッチェ広島
ベストヤングプレーヤー賞 日本の旗 井手口陽介ガンバ大阪
最優秀監督賞 日本の旗 石井正忠鹿島アントラーズ
最優秀主審賞 日本の旗 西村雄一
最優秀副審賞 日本の旗 名木利幸
フェアプレー賞 高円宮杯 サンフレッチェ広島
フェアプレー賞 (J1) 浦和レッズ / サガン鳥栖 / 鹿島アントラーズ / 川崎フロンターレ
フェアプレー賞 (J2) 清水エスパルス / ギラヴァンツ北九州 / 徳島ヴォルティス / ザスパクサツ群馬 / ファジアーノ岡山
フェアプレー賞 (J3) グルージャ盛岡 / Y.S.C.C.横浜 / 大分トリニータ / 藤枝MYFC
フェアプレー個人賞 日本の旗 秋元陽太FC東京) / 日本の旗 田中佑昌ヴァンフォーレ甲府
功労選手賞 日本の旗 鈴木啓太 / 日本の旗 山口智
Jリーグベストピッチ賞 デンカビッグスワンスタジアム / 豊田スタジアム / 埼玉スタジアム2002 / ユアテックスタジアム仙台
最優秀育成クラブ賞 ガンバ大阪
J1最優秀ゴール賞 日本の旗 田口泰士名古屋グランパス)1st 第13節 vs鹿島戦 46分(豊田ス)
J2最優秀ゴール賞 日本の旗 白崎凌兵清水エスパルス)第34節 vsC大阪戦 90+4分(ヤンマー)

ベストイレブン[編集]

ポジション 選手名 受賞回数 所属クラブ
GK 日本の旗 西川周作 5 浦和レッズ
DF 日本の旗 昌子源 鹿島アントラーズ
日本の旗 槙野智章 3 浦和レッズ
日本の旗 森重真人 4 FC東京
日本の旗 塩谷司 3 サンフレッチェ広島
MF 日本の旗 阿部勇樹 4 浦和レッズ
日本の旗 柏木陽介 浦和レッズ
日本の旗 中村憲剛 6 川崎フロンターレ
日本の旗 齋藤学 横浜F・マリノス
FW 日本の旗 小林悠 川崎フロンターレ
ブラジルの旗 レアンドロ ヴィッセル神戸

月間MVP[編集]

J1 J2
選手 所属 出典 選手 所属 出典
2月・3月 中村憲剛 川崎フロンターレ [82] 清武功暉 ロアッソ熊本 [83]
4月 李忠成 浦和レッズ [84] 庄司悦大 レノファ山口FC [85]
5月 金崎夢生 鹿島アントラーズ [86] 内村圭宏 北海道コンサドーレ札幌 [87]
6月 小笠原満男 [88] 矢島慎也 ファジアーノ岡山 [89]
7月 小林悠 川崎フロンターレ [90] 鄭大世 清水エスパルス [91]
8月 長沢駿 ガンバ大阪 [92] 松下裕樹 ザスパクサツ群馬 [93]
9月 レアンドロ ヴィッセル神戸 [94] 山口蛍 セレッソ大阪 [95]
10月・11月 齋藤学 横浜F・マリノス [96] 鄭大世 清水エスパルス [97]
11月 [98]

月間ベストゴール[編集]

J1 J2
選手 所属 対戦相手(試合会場) 得点時間 出典 選手 所属 対戦相手(試合会場) 得点時間 出典
2月 豊田陽平 鳥栖 1st 1節 福岡(ベアスタ) 8分 [99] 仲間隼斗 讃岐 1節 横浜FC(ニッパツ) 74分 [100]
3月 興梠慎三 浦和 1st 4節 湘南(BMWス) 55分 [101] 柿谷曜一朗 C大阪 3節 群馬(金鳥スタ) 59分 [102]
4月 齋藤学 横浜FM 1st 7節 磐田(ヤマハ) 41分 [103] 木島徹也 讃岐 8節 清水(アイスタ) 62分 [104]
5月 田口泰士 名古屋 1st 13節 鹿島(豊田ス) 46分 [105] 永井龍 長崎 11節 北九州(本城) 64分 [106]
6月 金森健志 福岡 1st 16節 川崎(レベスタ) 9分 [107] 清武功暉 熊本 19節 讃岐(ベアスタ) 34分 [108]
7月 ディエゴ オリヴェイラ 2nd 6節 磐田(ヤマハ) 71分 [109] 都倉賢 札幌 24節 松本(札幌ド) 15分 [110]
8月 長沢駿 G大阪 2nd 10節 湘南(BMWス) 26分 [111] 松下裕樹 群馬 28節 讃岐(ピカスタ) 26分 [112]
9月 河野広貴 FC東京 2nd 11節 湘南(味スタ) 75分 [113] 内田健太 愛媛 31節 熊本(ニンスタ) 2分 [114]
10月 鎌田大地 鳥栖 2nd 15節 柏(柏) 40分 [115] 白崎凌兵 清水 34節 C大阪(ヤンマー) 90+4分 [116]
11月 上田康太 磐田 2nd 17節 仙台(ユアスタ) 4分 [117] 山村佑樹 水戸 40節 岡山(Cスタ) 54分 [118]

協賛団体[編集]

協賛カテゴリー種別 協賛団体名 契約開始年度
Jリーグタイトルパートナー 明治安田生命保険 2015年
Jリーグトップパートナー キヤノン
キヤノンマーケティングジャパン
1996年
アイデム 2005年
明治安田生命保険 2014年
ルートインジャパン 2015年
コロプラ
ECC
イオンリテール
エレクトロニック・アーツ
EAスポーツ
002016年
タグ・ホイヤー
Jリーグ90度広告システム[注 8] スポンサー 明治安田生命保険 2015年
Jリーグ百年構想パートナー 朝日新聞社 2003年
リーグカップ戦スポンサー ヤマザキビスケット 1992年
スーパーカップスポンサー 富士ゼロックス 1994年
Jリーグオフィシャルエクイップメントパートナー モルテン 1993年
アディダス 2005年
Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナー スカパーJSAT 2007年
Jリーグスポーツ振興パートナー スポーツ振興くじ
日本スポーツ振興センター<toto>)
2001年
Jリーグオフィシャルチケッティングパートナー ぴあチケットぴあ 2012年
Jリーグサポーティングカンパニー Yahoo! JAPAN 2015年
Jリーグマーケティングパートナー 電通 2014年

今期より協賛契約開始 

Jリーグ百年構想クラブ[編集]

特記なしはいずれも日本フットボールリーグ(JFL)所属
前年度からの継続
2016年2月承認

2017年度クラブライセンス審査結果[編集]

2016年9月28日、Jリーグは2016シーズンのクラブライセンスのうち、J1・J2のライセンスについて、クラブライセンス交付第一審機関(FIB)による審査結果を発表した[54]。J2ライセンス以上についてはJ1・J2の40クラブ、J3の6クラブ(栃木・富山・長野・鳥取・大分・鹿児島)の計46クラブから申請があり、鹿児島を除く45クラブにライセンスが交付された。鹿児島については、ホームスタジアムである鹿児島県立鴨池陸上競技場がJ2ライセンス基準を満たさないとの理由からライセンス制度発足後初めて「J1・J2ライセンス不交付」との判定となった[54]

一方、J3クラブライセンスについては、まず2016年9月20日に「J3入会を希望するクラブ」に対するJ3クラブライセンス申請の審査結果が公表され[119]、申請のあった八戸・武蔵野・沼津・奈良の4クラブのうち、武蔵野を除く3クラブに対してJ3ライセンス交付の判定となったことを発表した。武蔵野については、本拠地の武蔵野陸上競技場がJ3クラブライセンス基準を満たさないとして不交付の判定となった。 2016年10月12日には、J3リーグに参戦中のクラブに対するライセンス申請の審査結果が公表され[120]、J2以上のライセンスを取得した5クラブを除く8クラブのうち、前副社長による資金流用問題が発覚し「経営状況を中心に引き続き事実確認を行っている」との判断から継続審議扱いとなった盛岡を除く7クラブがライセンス交付の判定の結果となった。盛岡はその後11月16日に開催された理事会でライセンス交付が決定した[121](同時に盛岡への制裁も発表された[122])。なお、百年構想クラブのうち、JFLに所属する栃木ウーヴァFC、地域リーグに所属するtonan前橋とFC今治はJ3ライセンス申請を行っていない。

クラブ名の後ろに「Arrowupgreen.png」が付いたクラブは当該ライセンスを初めて交付されたクラブ。

  • J1ライセンス(40クラブ) - 札幌、仙台、山形、鹿島、群馬Arrowupgreen.png、栃木、浦和、大宮、千葉、柏、FC東京、東京V、川崎、横浜FM、横浜FC、湘南、甲府、松本、新潟、富山、金沢、清水、磐田、名古屋、岐阜、京都、G大阪、C大阪、神戸、岡山、広島、山口Arrowupgreen.png、徳島、愛媛、福岡、北九州Arrowupgreen.png、鳥栖、長崎、熊本、大分
  • J2ライセンス(5クラブ) - 水戸、町田、長野、鳥取Arrowupgreen.png、讃岐
  • J3ライセンス(11クラブ) - 八戸Arrowupgreen.png、盛岡、秋田、福島、YS横浜、相模原、藤枝、沼津、奈良、鹿児島、琉球

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 4月16日に中止が発表されたのは以下の6試合。
  2. ^ 4月21日に中止が発表されたのは以下の3試合。
  3. ^ 5月24日に会場変更が発表されたのは以下の2試合。
  4. ^ それまでのJ2最多得点差記録は以下の3試合で記録した7点差。 また、Jリーグ全体での最多得点差記録は以下の3試合で記録した8点差。
  5. ^ 同日に2019年シーズンまでのスポンサー契約を更新[45]
  6. ^ 後に、押谷本人がインフルエンザに罹患していたことを明かしている[77]
  7. ^ 金沢のホームスタジアムである石川県西部緑地公園陸上競技場において2015年度より計画されていた芝の改修工事が2016年シーズンのホームゲーム終了後(11月8日)から既に着工されており、当日スタジアムが使用出来ないため[80]
  8. ^ ゴール部90度広告とは、看板を立てることが出来ないゴール両脇に、扁平に印刷された広告布を敷くことによって、テレビを通してみると通常の広告と同じに見える効果がある広告である。F1のコーナー部広告で発案された手法である。

出典[編集]

  1. ^ “2016明治安田生命J3リーグへ参加するU-23チームが決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年12月15日), http://www.jleague.jp/release/post-40975/ 2015年12月15日閲覧。 
  2. ^ “【Jリーグ】2016シーズンより「Jサテライトリーグ」が再開” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年12月15日), http://www.jleague.jp/news/article/4245 2015年12月17日閲覧。 
  3. ^ “スポンサー募集! Jリーグユニ背面下部の広告解禁”. 日刊スポーツ. (2015年12月15日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/1579754.html 2015年12月22日閲覧。 
  4. ^ “2016明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年1月13日), http://www.jleague.jp/release/post-41230/ 2016年1月13日閲覧。 
  5. ^ “2016Jリーグ 大会日程決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年1月13日), http://www.jleague.jp/release/post-41237/ 2016年1月13日閲覧。 
  6. ^ “「2016 Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ」 対戦カード、キックオフ時刻、開催スタジアム、放送スケジュール決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年1月14日), http://www.jleague.jp/release/post-41249/ 2016年1月14日閲覧。 
  7. ^ “【Jリーグ】2016シーズン試合日程を1/28(木)17:00に発表” (プレスリリース), (2015年12月24日), http://www.jleague.jp/news/article/4629/ 2015年12月24日閲覧。 
  8. ^ “育成ダイレクター就任のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年1月29日), http://www.jleague.jp/release/post-41450/ 2016年2月23日閲覧。 
  9. ^ “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年2月23日), http://www.jleague.jp/release/post-41864/ 2016年2月23日閲覧。 
  10. ^ “理事・監事内定の件” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年2月23日), http://www.jleague.jp/release/post-41844/ 2016年2月24日閲覧。 
  11. ^ “追加副審の導入を決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年2月24日), http://www.jleague.jp/release/post-41904/ 2016年2月24日閲覧。 
  12. ^ “「日本トップリーグ連携機構」への入会が決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年3月30日), http://www.jleague.jp/release/post-42420/ 2016年3月30日閲覧。 
  13. ^ “2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第7節 アビスパ福岡 vs 名古屋グランパス 開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年4月16日), http://www.jleague.jp/release/post-42717/ 2016年4月30日閲覧。 
  14. ^ “2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第7節 アビスパ福岡 vs 名古屋グランパス 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月13日), http://www.jleague.jp/release/post-43142/ 2016年5月13日閲覧。 
  15. ^ “2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第7節 サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸 開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年4月16日), http://www.jleague.jp/release/post-42721/ 2016年4月30日閲覧。 
  16. ^ “2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第7節 サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月11日), http://www.jleague.jp/release/post-43091/ 2016年5月11日閲覧。 
  17. ^ a b c d “明日(4/17)開催の試合について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年4月16日), http://www.jleague.jp/release/post-42723/ 2016年4月30日閲覧。 
  18. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第8節 V・ファーレン長崎 vs 水戸ホーリーホック 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月26日), http://www.jleague.jp/release/post-43341/ 2016年5月26日閲覧。 
  19. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第8節 京都サンガF.C. vs ロアッソ熊本 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月13日), http://www.jleague.jp/release/post-43147/ 2016年5月13日閲覧。 
  20. ^ “2016明治安田生命J3リーグ 第5節 鹿児島ユナイテッドFC vs SC相模原 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月6日), http://www.jleague.jp/release/post-42999/ 2016年5月7日閲覧。 
  21. ^ “2016明治安田生命J3リーグ 第5節 大分トリニータ vs 福島ユナイテッドFC 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月10日), http://www.jleague.jp/release/post-43065/ 2016年5月11日閲覧。 
  22. ^ 地震の影響により4/16(土)・17(日)開催予定だった6試合の中止が決定【明治安田生命Jリーグ】”. 日本プロサッカーリーグ (2016年4月16日). 2016年4月16日閲覧。
  23. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第8節 ツエーゲン金沢 vs 愛媛FC 開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年4月17日), http://www.jleague.jp/release/post-42745/ 2016年4月30日閲覧。 
  24. ^ “2016明治安田生命J3リーグ 第5節 カターレ富山 vs ガイナーレ鳥取 開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年4月17日), http://www.jleague.jp/release/post-42739/ 2016年4月30日閲覧。 
  25. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第8節 ツエーゲン金沢 vs 愛媛FC 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年4月28日), http://www.jleague.jp/release/post-42941/ 2016年4月30日閲覧。 
  26. ^ “2016明治安田生命J3リーグ 第5節 カターレ富山 vs ガイナーレ鳥取 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月13日), http://www.jleague.jp/release/post-43151/ 2016年5月13日閲覧。 
  27. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第9節 ロアッソ熊本 vs 横浜FC 開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年4月19日), http://www.jleague.jp/release/post-42745/ 2016年4月30日閲覧。 
  28. ^ a b “2016明治安田生命J2リーグ 第9節 ロアッソ熊本 vs 横浜FC、第11節 ロアッソ熊本 vs 愛媛FC 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), (2016年6月20日), http://www.jleague.jp/release/post-43789/ 2016年6月20日閲覧。 
  29. ^ “平成28年熊本地震に対する義援金について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年4月19日), http://www.jleague.jp/release/post-42840/ 2016年4月30日閲覧。 
  30. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第10節 モンテディオ山形 vs ロアッソ熊本 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月11日), http://www.jleague.jp/release/post-43097/ 2016年5月11日閲覧。 
  31. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第12節 北海道コンサドーレ札幌 vs ロアッソ熊本 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月24日), http://www.jleague.jp/release/post-43328/ 2016年5月24日閲覧。 
  32. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第10節山形vs熊本、第11節熊本vs愛媛、第12節札幌vs熊本 開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年4月21日), http://www.jleague.jp/release/post-42883/ 2016年4月30日閲覧。 
  33. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第14節 ロアッソ熊本 vs 水戸ホーリーホック うまかな・よかなスタジアムでの開催中止について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年4月28日), http://www.jleague.jp/release/post-42947/ 2016年4月30日閲覧。 
  34. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第14節 ロアッソ熊本 vs 水戸ホーリーホック 代替スタジアム決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月2日), http://www.jleague.jp/release/post-42955/ 2016年5月7日閲覧。 
  35. ^ “オーストラリア・Aリーグとの戦略的連携協定の締結について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月2日), http://www.jleague.jp/release/post-42963/ 2016年5月2日閲覧。 
  36. ^ “岩上、西野氏らを理事に追加=Jリーグ”. 時事通信. (2016年5月10日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051000631&g=spo 2016年5月11日閲覧。 
  37. ^ “理事選任の件” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月10日), http://www.jleague.jp/release/post-43039/ 2016年5月11日閲覧。 
  38. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第15節 ロアッソ熊本 vs FC町田ゼルビア うまかな・よかなスタジアムでの開催中止について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月11日), http://www.jleague.jp/release/post-43084/ 2016年5月11日閲覧。 
  39. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第15節 ロアッソ熊本 vs FC町田ゼルビア 代替スタジアム決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月16日), http://www.jleague.jp/release/post-43208/ 2016年5月16日閲覧。 
  40. ^ “明治安田生命J1リーグ 1st第15節 ~ 2nd第8節 日程発表” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月12日), http://www.jleague.jp/special/schedule/2016/may/ 2016年5月12日閲覧。 
  41. ^ “2016/2017年競技規則の改正について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月20日), http://www.jleague.jp/release/post-43259/ 2016年5月20日閲覧。 
  42. ^ “2016明治安田生命J2リーグ 第17・19節 ロアッソ熊本vsツエーゲン金沢、ロアッソ熊本vsカマタマーレ讃岐 開催スタジアム変更のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年5月24日), http://www.jleague.jp/release/post-43314/ 2016年5月24日閲覧。 
  43. ^ “7月からの「うまかな・よかなスタジアム」の使用について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年6月17日), http://www.jleague.jp/release/post-43771/ 2016年6月17日閲覧。 
  44. ^ “清水 記録ずくめの大勝! J2最多タイ8得点、8点差勝利は初”. スポーツニッポン. (2016年5月28日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/05/28/kiji/K20160528012674440.html 2016年5月29日閲覧。 
  45. ^ “ヤマザキナビスコ株式会社と 2017~2019シーズンリーグカップスポンサー契約を締結” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年6月21日), http://www.jleague.jp/release/post-43803/ 2016年6月21日閲覧。 
  46. ^ “2016シーズン リーグカップ戦の大会名称が 「JリーグYBCルヴァンカップ」に決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年6月21日), http://www.jleague.jp/release/post-43798/ 2016年6月21日閲覧。 
  47. ^ “AC長野パルセイロホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年6月21日), http://www.jleague.jp/release/post-43813/ 2016年6月21日閲覧。 
  48. ^ “鹿島がステージ優勝=CS進出決定-J1”. 時事通信. (2016年6月25日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062500296&g=scr 2016年6月26日閲覧。 
  49. ^ “JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結 ~2017年からライブストリーミングサービス「DAZN」で明治安田生命J1、J2、J3を全試合生中継~” (プレスリリース), (2016年7月20日), http://www.jleague.jp/release/post-44293/ 2016年7月20日閲覧。 
  50. ^ “Jリーグ、DAZN、NTTグループ 「スマートスタジアム事業」協業契約締結 ~スタジアム・ホームタウンのICT化で、日本のスポーツ界に新たな感動と体験を~” (プレスリリース), (2016年7月20日), http://www.jleague.jp/release/post-44312/ 2016年7月22日閲覧。 
  51. ^ 明治安田生命J1リーグ 2nd第9節 ~ 第17節 日程発表”. 日本プロサッカーリーグ (2016年7月20日). 2016年7月20日閲覧。
  52. ^ 明治安田生命J2リーグ 第31節~第42節 日程発表”. 日本プロサッカーリーグ (2016年8月10日). 2016年8月10日閲覧。
  53. ^ “レノファ山口FCホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年9月20日), http://www.jleague.jp/release/post-45341/ 2016年9月20日閲覧。 
  54. ^ a b c “クラブライセンス交付第一審機関 (FIB) 決定による 2017シーズン Jリーグクラブライセンス判定について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年9月28日), http://www.jleague.jp/release/post-45508/ 2016年9月28日閲覧。 
  55. ^ (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年10月12日), http://www.jleague.jp/release/post-45987/+2016年10月12日閲覧。 
  56. ^ “浦和がステージ優勝=J1”. 時事通信. (2016年10月29日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102900181&g=scr 2016年11月21日閲覧。 
  57. ^ “J1、浦和が年間勝ち点1位 名古屋は初のJ2降格”. 日本経済新聞. (2016年11月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK40137_T01C16A1000000/ 2016年11月16日閲覧。 
  58. ^ “前副社長によるクラブ資金私的流用に対し グルージャ盛岡に制裁を決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年11月16日), http://www.jleague.jp/release/post-46742/ 2016年11月16日閲覧。 
  59. ^ “Jリーグ入会審査(J3)結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年11月16日), http://www.jleague.jp/release/post-46748/ 2016年11月16日閲覧。 
  60. ^ “J2札幌が優勝、5季ぶりJ1へ 2位清水も復帰”. 日本経済新聞. (2016年11月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00270_Q6A121C1000000/ 2016年11月16日閲覧。 
  61. ^ “大分が優勝、1年でJ2復帰 J3最終節”. 日本経済新聞. (2016年11月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00197_Q6A121C1000000/ 2016年11月16日閲覧。 
  62. ^ a b “2016明治安田生命J3リーグ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年12月15日), http://www.jleague.jp/release/post-41038/ 2015年12月15日閲覧。 
  63. ^ “J1 福岡のJ2降格決定”. 毎日新聞. (2016年10月2日). http://mainichi.jp/articles/20161002/k00/00m/050/001000c 2016年10月12日閲覧。 
  64. ^ 曹監督に甘えた選手たちの依存心。湘南、降格の陰に「いい練習」問題。”. Sports Graphic Number. 文藝春秋 (2016年10月25日). 2016年11月15日閲覧。
  65. ^ “ぼうぜん名古屋、初のJ2降格 闘莉王が楢崎が…”. 朝日新聞. (2016年11月3日). http://www.asahi.com/articles/ASJC33D44JC3OIPE005.html 2016年11月15日閲覧。 
  66. ^ “北海道コンサドーレ札幌、清水エスパルスのJ1昇格が決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年11月20日), http://www.jleague.jp/release/post-46838/ 2016年11月20日閲覧。 
  67. ^ “ゴン中山がJ復帰へ…沼津の来季J3入会決定、村井チェアマン「懸念事項はない」”. サッカーキング. (2016年11月20日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20161120/518091.html 2016年11月20日閲覧。 
  68. ^ “北九州が痛恨の黒星でJ3降格…望み繋いだ金沢は入れ替え戦で栃木と対戦” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年11月20日), http://www.jleague.jp/release/post-46842/ 2016年11月20日閲覧。 
  69. ^ “Jリーグ入会審査 (J3) 結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年11月16日), http://www.jleague.jp/release/post-46748/ 2016年11月20日閲覧。 
  70. ^ “ゴン中山がJ復帰へ…沼津の来季J3入会決定、村井チェアマン「懸念事項はない」”. サッカーキング. (2016年11月16日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20161116/516839.html 2016年11月17日閲覧。 
  71. ^ “初のJ1昇格へ! 赤嶺が劇的ゴールの岡山、松本撃破でPO決勝進出”. サッカーキング. (2016年11月27日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20161127/520737.html 2016年11月27日閲覧。 
  72. ^ “柿谷が値千金の先制弾…C大阪、終盤に失点も京都とドローでPO決勝へ”. サッカーキング. (2016年11月27日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20161127/520722.html 2016年11月27日閲覧。 
  73. ^ “2016J1昇格プレーオフ 決勝の組み合わせは セレッソ大阪vsファジアーノ岡山に決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年11月27日), http://www.jleague.jp/release/post-46971/ 2016年11月27日閲覧。 
  74. ^ “涙には様々な思い…柿谷が語った「ケンペスのおかげ」”. ゲキサカ (講談社). (2016年12月4日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?204655-204655-fl 2016年12月9日閲覧。 
  75. ^ a b c d e f g h 宇都宮徹壱 (2016年12月5日). ““順当”なC大阪のJ1復帰とそれぞれの物語 J2・J3漫遊記2016 J1昇格プレーオフ決勝”. スポーツナビ. Yahoo! JAPAN. 2016年12月9日閲覧。
  76. ^ a b c d e “C大阪3年ぶりJ1復帰!! PO決勝で昨年の雪辱晴らす”. ゲキサカ (講談社). (2016年12月4日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?204643-204643-fl 2016年12月9日閲覧。 
  77. ^ 押谷祐樹 (@oshitanitakunai) 2016年12月4日のツイート
  78. ^ “岡山J1の夢遠くあと一歩及ばず エースの不在の影響大きく…”. デイリースポーツ. (2016年12月5日). http://www.daily.co.jp/soccer/2016/12/05/0009724942.shtml 2016年12月9日閲覧。 
  79. ^ “岡山、遠かったゴール=J1昇格プレーオフ”. 時事通信. (2016年12月4日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120400158&g=scr 2016年12月9日閲覧。 
  80. ^ “2016 J2・J3入れ替え戦 開催および出場チーム決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年11月16日), http://www.jleague.jp/release/post-46853/ 2016年11月20日閲覧。 
  81. ^ “2016Jリーグ 各賞発表のお知らせ 最優秀選手賞は中村憲剛選手(川崎フロンターレ)が初受賞 ~川崎フロンターレ所属選手初の最優秀選手賞受賞/最年長受賞記録を更新~”. 日本プロサッカーリーグ. (2016年12月20日). http://www.jleague.jp/release/post-47549/ 2016年12月20日閲覧。 
  82. ^ 2016年2月・3月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2016年4月8日). 2016年4月8日閲覧。
  83. ^ 2016年2月・3月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2016年4月8日). 2016年4月8日閲覧。
  84. ^ 2016年4月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2016年5月13日). 2016年5月13日閲覧。
  85. ^ 2016年4月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2016年5月13日). 2016年5月13日閲覧。
  86. ^ 2016年5月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2016年6月14日). 2016年6月14日閲覧。
  87. ^ 2016年5月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2016年6月14日). 2016年6月14日閲覧。
  88. ^ 2016年6月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2016年7月12日). 2016年7月12日閲覧。
  89. ^ 2016年6月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2016年7月12日). 2016年7月12日閲覧。
  90. ^ 2016年7月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2016年8月9日). 2016年8月9日閲覧。
  91. ^ 2016年7月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2016年8月9日). 2016年8月9日閲覧。
  92. ^ 2016年8月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2016年9月13日). 2016年9月13日閲覧。
  93. ^ 2016年8月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2016年9月13日). 2016年9月13日閲覧。
  94. ^ 2016年9月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2016年10月11日). 2016年10月11日閲覧。
  95. ^ 2016年9月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2016年10月11日). 2016年10月11日閲覧。
  96. ^ 2016年10・11月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2016年11月10日). 2016年11月10日閲覧。
  97. ^ 2016年10月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2016年11月10日). 2016年11月10日閲覧。
  98. ^ 2016年11月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2016年12月5日). 2016年12月5日閲覧。
  99. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2016年2月”. J.LEAGUE.jp (2016年3月4日). 2016年3月4日閲覧。
  100. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J2) 2016年2月”. J.LEAGUE.jp (2016年3月13日). 2016年3月15日閲覧。
  101. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2016年3月”. J.LEAGUE.jp (2016年4月8日). 2016年4月8日閲覧。
  102. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J2) 2016年3月”. J.LEAGUE.jp (2016年4月10日). 2016年4月10日閲覧。
  103. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2016年4月”. J.LEAGUE.jp (2016年5月13日). 2016年5月13日閲覧。
  104. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J2) 2016年4月”. J.LEAGUE.jp (2016年5月15日). 2016年5月16日閲覧。
  105. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2016年5月”. J.LEAGUE.jp (2016年6月14日). 2016年6月14日閲覧。
  106. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J2) 2016年5月”. J.LEAGUE.jp (2016年6月12日). 2016年6月12日閲覧。
  107. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2016年6月”. J.LEAGUE.jp (2016年7月12日). 2016年7月12日閲覧。
  108. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J2) 2016年6月”. J.LEAGUE.jp (2016年7月12日). 2016年7月12日閲覧。
  109. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2016年7月”. J.LEAGUE.jp (2016年8月9日). 2016年8月9日閲覧。
  110. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J2) 2016年7月”. J.LEAGUE.jp (2016年8月11日). 2016年8月11日閲覧。
  111. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2016年8月”. J.LEAGUE.jp (2016年9月13日). 2016年9月13日閲覧。
  112. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J2) 2016年8月”. J.LEAGUE.jp (2016年9月13日). 2016年9月13日閲覧。
  113. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2016年9月”. J.LEAGUE.jp (2016年10月11日). 2016年10月11日閲覧。
  114. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J2) 2016年9月”. J.LEAGUE.jp (2016年10月11日). 2016年10月11日閲覧。
  115. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2016年10月”. J.LEAGUE.jp (2016年11月10日). 2016年11月10日閲覧。
  116. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J2) 2016年10月”. J.LEAGUE.jp (2016年11月12日). 2016年11月12日閲覧。
  117. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2016年11月”. J.LEAGUE.jp (2016年11月10日). 2016年11月10日閲覧。
  118. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J2) 2016年11月”. J.LEAGUE.jp (2016年12月5日). 2016年12月5日閲覧。
  119. ^ “2017シーズン J3クラブライセンス判定結果について (J3入会を希望するクラブ)” (プレスリリース), (2016年9月20日), http://www.jleague.jp/release/post-45344/ 2016年9月20日閲覧。 
  120. ^ “2017シーズン J3クラブライセンス判定結果について(現J3クラブ)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年10月12日), http://www.jleague.jp/release/post-45984/ 2016年10月12日閲覧。 
  121. ^ “2017シーズン J3クラブライセンス判定結果について (グルージャ盛岡)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年11月16日), http://www.jleague.jp/release/post-46744/ 2016年11月21日閲覧。 
  122. ^ “前副社長によるクラブ資金私的流用に対し グルージャ盛岡に制裁を決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年11月16日), http://www.jleague.jp/release/post-46742/ 2016年11月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]