AFCチャンピオンズリーグ2016

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AFCチャンピオンズリーグ2016
AFC Champions League 2016
大会概要
日程 1月27日-11月26日
チーム数 45 (17連盟)
大会結果
優勝 大韓民国の旗 全北現代モータース (2回目)
準優勝 アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン
3位 カタールの旗 アル・ジャイシュSC
大韓民国の旗 FCソウル
大会統計
試合数 139試合
ゴール数 357点
(1試合平均 2.57点)
総入場者数 1,793,768人
(1試合平均 12,905人)
得点王 ブラジルの旗 アドリアーノ(13点)
最優秀選手 アラブ首長国連邦の旗 オマル・アブドゥッラフマーン
 < 20152017

AFCチャンピオンズリーグ2016(AFC Champions League 2016)は、2002-2003年に第1回大会が行われて以来、14回目のAFCチャンピオンズリーグである(前身も含めれば35回目)。

概要[編集]

優勝クラブはFIFAクラブワールドカップ2016への出場権を獲得する。

各国出場枠[編集]

  • AFCランキング上位24協会はグループリーグもしくはプレーオフに出場しうる[1]
  • 東西両地区ともに、合計12のグループリーグ参加枠と4つのプレーオフ勝者枠が与えられる。
  • 東西両地区の上位2協会は3つのグループリーグ出場枠と1つのプレーオフ枠を有する。
  • 東西両地区のポイント3位・4位の協会は2つのグループリーグ出場枠と2つのプレーオフ出場枠を有する。
  • 東西両地区のポイント5位の協会は1つのグループリーグ出場枠と2つのプレーオフ出場枠を有する。
  • 東西両地区のポイント6位の協会は1つのグループリーグ出場枠と1つのプレーオフ出場枠を有する。
  • 東西両地区のポイント7位~12位の協会は1つのプレーオフ出場枠を有する。
  • 各協会の出場枠数は、各協会の国内リーグ最上位ディビジョンの総チーム数の3分の1まで認められる(オーストラリアは最上位ディビジョンであるAリーグの総チーム数が10チームなので、基準を満たしていても最高3枠までとなる)。

各国協会の出場枠は以下の通り[2]

各国協会の評価[3]
基準をクリア
出場枠を認められず
注釈
  1. ^ UAE:第4代表は当初予選2回戦からの出場であったが、出場枠の変動によりプレーオフラウンドからの出場に変更となった。
  2. ^ カタール:第2・3代表は当初予選2回戦からの出場であったが、出場枠の変動によりプレーオフラウンドからの出場に変更となった。
  3. ^ イラク:予選2回戦からの出場枠を2枠与えられていたが、クラブライセンスを満たすクラブがなかったため、出場クラブはなしとなった。
  4. ^ クウェート:予選1回戦からの出場枠を1枠与えられていたが、クウェートサッカー協会がFIFAからの資格停止処分[4]を受けているため、出場クラブはなしとなった。
  5. ^ ヨルダン:当初予選1回戦からの出場であったが、出場枠の変動によりプレーオフラウンドからの出場に変更となった。
  6. ^ a b c d オマーン・バーレーン・レバノン・シリア:予選1回戦からの出場枠を1枠与えられていたが、クラブライセンスを満たすクラブがなかったため、出場クラブはなしとなった。
  7. ^ インドネシア:予選2回戦からの出場枠を1枠与えられていたが、インドネシアサッカー協会がFIFAからの資格停止処分[5]を受けているため、出場クラブはなしとなった。
  8. ^ a b ミャンマー・マレーシア:当初予選1回戦からの出場であったが、出場枠の変動により予選2回戦からの出場に変更となった。

出場チーム[編集]

出場チームは以下のリストの通りとなった[3]

  1. ^ 日本 (JPN): 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会で優勝したガンバ大阪がリーグ戦で3位以内が確定し、出場権を確定させているため、リーグ4位のFC東京が繰り上げで出場する。
  2. ^ シンガポール (SIN): Sリーグ2015優勝のブルネイDPMMブルネイ・ダルサラームサッカー協会に属するクラブであり、シンガポールの国内リーグを代表して出場する資格を有さないため、Sリーグ2015で2位となったタンピネス・ローバースが出場する。
  3. ^ タイ (THA): 本来はタイ・プレミアリーグ2015 3位のスパンブリーが出場する予定であったが、クラブライセンス要件を満たさなかったため、4位のチョンブリーが出場する[6]

日程[編集]

2016年度のAFCチャンピオンズリーグの日程は以下のとおりである(組み合わせ抽選会はすべてマレーシアクアラルンプールのAFCハウスにおいて行われる)[7]

区分 抽選日 第1戦 第2戦
予選ステージ 予選1回戦 抽選なし 2016年1月27日
予選2回戦 2016年2月2日
プレーオフステージ プレーオフラウンド 2016年2月9日
グループリーグ 第1節 2015年12月10日 2016年2月23-24日
第2節 2016年3月1-2日
第3節 2016年3月15-16日
第4節 2016年4月5-6日
第5節 2016年4月19-20日
第6節 2016年5月3-4日
決勝トーナメント ラウンド16 2016年5月17-18日 2016年5月24-25日
準々決勝 2016年6月9日[8] 2016年8月23日-24日 2016年9月13日-14日
準決勝 2016年9月27日-28日 2016年10月18日-19日
決勝 2016年11月19日 2016年11月26日

プレーオフ[編集]

プレーオフは、予選1回戦、予選2回戦、プレーオフラウンドの計3回戦制で行われ、プレーオフラウンドに勝利した両地区の8クラブがグループリーグに進出する。プレーオフの組み合わせは2015年12月4日に発表された[3]

トーナメント表[編集]

西地区[編集]

プレーオフ1[編集]
予選1回戦 予選2回戦 プレーオフラウンド
      
               
               
            サウジアラビアの旗 アル・イテハド 2
            ヨルダンの旗 アル・ワフダート 1
             
                 
      


プレーオフ2[編集]
予選1回戦 予選2回戦 プレーオフラウンド
      
               
               
            イランの旗 ナフト・テヘラン 0
            カタールの旗 アル・ジャイシュSC 2
             
                 
      


プレーオフ3[編集]
予選1回戦 予選2回戦 プレーオフラウンド
      
               
               
            ウズベキスタンの旗 ブニョドコル 2
            アラブ首長国連邦の旗 アル・シャバーブ 0
             
                 
      


プレーオフ4[編集]
予選1回戦 予選2回戦 プレーオフラウンド
      
               
               
            アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ (PK) 2 (5)
            カタールの旗 アル・サッド 2 (4)
             
                 
      


東地区[編集]

プレーオフ1[編集]
予選1回戦 予選2回戦 プレーオフラウンド
      
               
               
            大韓民国の旗 浦項スティーラース 3
            ベトナムの旗 ハノイT&T 0
          ベトナムの旗 ハノイT&T 1
          香港の旗 傑志 0    
      


プレーオフ2[編集]
予選1回戦 予選2回戦 プレーオフラウンド
      
               
               
            日本の旗 FC東京 9
            タイ王国の旗 チョンブリー 0
          タイ王国の旗 チョンブリー (延長) 3
          ミャンマーの旗 ヤンゴン・ユナイテッド 2    
      


プレーオフ3[編集]
予選1回戦 予選2回戦 プレーオフラウンド
      
               
               
            オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッド 1
            中華人民共和国の旗 山東魯能 2
          中華人民共和国の旗 山東魯能 6
 インドの旗 モフン・バガン 3      インドの旗 モフン・バガン 0    
   1  


プレーオフ4[編集]
予選1回戦 予選2回戦 プレーオフラウンド
      
               
               
            中華人民共和国の旗 上海上港 3
            タイ王国の旗 ムアントン・ユナイテッド 0
          タイ王国の旗 ムアントン・ユナイテッド (PK) 0 (3)
          マレーシアの旗 ジョホール・ダルル・タクジム 0 (0)    
      


予選1回戦[編集]

チーム #1 スコア チーム #2
東地区
モフン・バガン インド 3 - 1 シンガポール タンピネス・ローバース


予選2回戦[編集]

チーム #1 スコア チーム #2
東地区
ハノイT&T ベトナム 1 - 0 香港 傑志
チョンブリー タイ王国 3 - 2 (延長) ミャンマー ヤンゴン・ユナイテッド
山東魯能 中華人民共和国 6 - 0 インド モフン・バガン
ムアントン・ユナイテッド タイ王国 0 - 0
(PK 3 - 0)
マレーシア ジョホール・ダルル・タクジム


プレーオフラウンド[編集]

チーム #1 スコア チーム #2
西地区
アル・イテハド サウジアラビア 2 - 1 ヨルダン アル・ワフダート
ナフト・テヘラン イラン 0 - 2 カタール アル・ジャイシュSC
ブニョドコル ウズベキスタン 2 - 0 アラブ首長国連邦 アル・シャバーブ
アル・ジャジーラ アラブ首長国連邦 2 - 2
(PK 5 - 4)
カタール アル・サッド
東地区
浦項スティーラース 大韓民国 3 - 0 ベトナム ハノイT&T
FC東京 日本 9 - 0 タイ王国 チョンブリー
アデレード・ユナイテッド オーストラリア 1 - 2 中華人民共和国 山東魯能
上海上港 中華人民共和国 3 - 0 タイ王国 ムアントン・ユナイテッド


2016年2月9日
19:30 UTC+9
FC東京 日本の旗 9 - 0 タイ王国の旗 チョンブリー
カレカ 6分にゴール 6分 (o.g.)
阿部拓馬 9分にゴール 9分
東慶悟 34分にゴール 34分
前田遼一 54分にゴール 54分
米本拓司 55分にゴール 55分
水沼宏太 61分にゴール 61分
河野広貴 73分にゴール 73分90+2分 (pen.)
ジャンタカーム 84分にゴール 84分 (o.g.)
レポート


グループリーグ[編集]

組み合わせ抽選会は2015年12月10日に、クアラルンプールのAFCハウスにて行われた[3][10]。参加する32チームは4チームずつ8組に別れる。同一協会に所属するチームが同じグループに入ることはない。グループリーグはラウンドロビン方式で6試合を戦う。

各グループの上位2チームがラウンド16に進出する。勝ち点は勝利3、引き分け1、敗退0として計算を行う。各グループで勝ち点が同点のチームが2つ以上ある場合は、以下の順に比較して順位を決定する。

  1. 当該チーム同士の対戦における、勝ち点の多少
  2. 当該チーム同士の対戦における、得失点差
  3. 当該チーム同士の対戦における、ゴール数の多少
  4. 当該チーム同士の対戦における、アウェーゴール数の多少
  5. 1から4を、(全ての順位が決まるまで)繰り返し適用する。決められない場合は、下記6以降を適用
  6. 当該チームのグループ全試合における、得失点差
  7. 当該チームのグループ全試合における、ゴール数の多少
  8. ここまで参照し、それでも2クラブが差がつかず、さらにその両方が同じ試合会場にいる場合は、PK戦を行う
  9. 警告および退場処分になった回数をポイント化(警告=1ポイント、2回目の警告による退場=3ポイント、いわゆる一発退場=3ポイント、警告に続いて退場=4ポイント)し、ポイントの少ない方を上位とする
  10. AFCランキング(国・協会別)の順位の高い方の所属チームを上位とする

西地区[編集]

グループA[編集]

チーム







ウズベキスタンの旗 ロコモティフ・タシュケント 6 2 4 0 6 3 +3 10
アラブ首長国連邦の旗 アル・ナスルSC 6 2 3 1 5 4 +1 9
サウジアラビアの旗 アル・イテハド 6 2 3 1 9 4 +5 9
イランの旗 セパハン 6 1 0 5 2 11 −9 3







グループB[編集]

チーム







イランの旗 ゾブ・アハン 6 4 2 0 12 2 +10 14
カタールの旗 レフウィヤSC 6 2 3 1 7 2 +5 9
サウジアラビアの旗 アル・ナスル 6 1 2 3 5 14 −9 5
ウズベキスタンの旗 ブニョドコル 6 0 3 3 5 11 −6 3







グループC[編集]

チーム







イランの旗 トラークトゥール・サーズィー 6 4 0 2 10 3 +7 12
サウジアラビアの旗 アル・ヒラル 6 3 2 1 10 7 +3 11
ウズベキスタンの旗 パフタコール 6 3 1 2 10 9 +1 10
アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ 6 0 1 5 2 13 −11 1







グループD[編集]

チーム







カタールの旗 アル・ジャイシュSC 6 3 1 2 6 8 −2 10
アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン 6 3 1 2 8 6 +2 10
サウジアラビアの旗 アル・アハリ・ジッダ 6 3 0 3 10 7 +3 9
ウズベキスタンの旗 ナサフ・カルシ 6 1 2 3 4 7 −3 5







東地区[編集]

グループE[編集]

チーム







大韓民国の旗 全北現代モータース 6 3 1 2 13 9 +4 10
日本の旗 FC東京 6 3 1 2 8 8 0 10
中華人民共和国の旗 江蘇蘇寧 6 2 3 1 10 7 +3 9
ベトナムの旗 ビン・ズオン 6 1 1 4 6 13 −7 4







グループF[編集]

チーム







大韓民国の旗 FCソウル 6 4 1 1 17 5 +12 13
中華人民共和国の旗 山東魯能 6 3 2 1 7 5 +2 11
日本の旗 サンフレッチェ広島 6 3 0 3 9 8 +1 9
タイ王国の旗 ブリーラム・ユナイテッド 6 0 1 5 1 16 −15 1







グループG[編集]

チーム







中華人民共和国の旗 上海上港 6 4 0 2 10 8 +2 12
オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー 6 2 3 1 7 7 0 9
大韓民国の旗 水原三星ブルーウィングス 6 2 3 1 7 4 +3 9
日本の旗 ガンバ大阪 6 0 2 4 4 9 −5 2







グループH[編集]

チーム







オーストラリアの旗 シドニーFC 6 3 1 2 4 4 0 10
日本の旗 浦和レッズ 6 2 3 1 6 4 +2 9
中華人民共和国の旗 広州恒大 6 2 2 2 6 5 +1 8
大韓民国の旗 浦項スティーラース 6 1 2 3 2 5 −3 5