水原三星ブルーウィングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水原三星ブルーウィングス
原語表記 수원 삼성 블루윙즈 축구단
愛称 青白赤軍團、青翼、Blue Wing、Blue-White-Red Corps、SSB
クラブカラー     青(ブルー)
    白(ホワイト)
    赤(レッド)
創設年 1995年
所属リーグ Kリーグクラシック
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 京畿道水原
ホームスタジアム Suwon world cup.JPG水原ワールドカップ競技場
(ビッグバード)
収容人数 43,959
運営法人 チェイル・ワールドワイド
(サムスングループ)
代表者 韓国の旗 金在烈
監督 韓国の旗 徐正源
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

水原三星ブルーウィングス(スウォン・サムソン・ブルーウィングス、ハングル:수원 삼성 블루윙즈、英語:Suwon Samsung Bluewings)は、韓国の北西部、京畿道水原ホームタウンとする、韓国プロサッカーリーグ(Kリーグクラシック)に加盟するプロサッカークラブ。通称・水原三星と表記されることもある。

概要[編集]

1995年12月、韓国最大の財閥である三星グループによって創設した。ホームタウンは韓国の北西部、京畿道水原である。現在のホームスタジアムは、2002年ワールドカップ日韓大会の際に建設された、水原ワールドカップ競技場(通称:「ビッグバード」)(収容人員は43,959人)。現在はKリーグクラシックに所属し、同リーグにおいて4回の優勝記録を持つクラブである。その他に国内タイトルでは韓国FAカップを3回、韓国リーグカップ(2011年大会を最後に廃止された)を6回、韓国スーパーカップ(2006年大会を最後に廃止された)を3回の優勝を果たしている。クラブカラーは青と白と赤。

国際タイトルではアジアクラブ選手権(AFCチャンピオンズリーグの設立に伴い発展解消した)を2回、アジアスーパーカップ(AFCチャンピオンズリーグの設立に伴い発展解消した)を2回、パンパシフィックチャンピオンシップ(2010年を以て大会は廃止された)を1回、A3チャンピオンズカップ(2007年大会を最後に廃止された)を1回の優勝を果たしている。

韓国最大数のサポーターを抱えるKリーグ随一の人気クラブ。また設備の整ったクラブハウス・選手宿舎や、若手選手のスカウト活動など、1990年代のKリーグ初期にはまだ珍しかった先進的なクラブ運営を当初から行っており、他クラブの模範モデルとしてKリーグ全体の経営水準の引き揚げに一役買った。かつてドイツでストライカーとして鳴らした車範根が監督を務めていた(2004年-2010年)。

歴史[編集]

水原のホームゲーム , フレンテトリコロール
水原の順位

1995年 - 1996年(1995年にクラブ創設)[編集]

1995年 - 1996年

1995年12月、韓国最大の財閥である三星グループによって創設される。1994年ワールドカップアメリカ大会韓国代表の指揮を執った金浩(キム・ホ)を初代監督に迎え、1996年からKリーグに加盟した。

1997年 - 2003年(1998年にリーグ戦初優勝)[編集]

1997年 - 2003年

創設当初、「5年以内にKリーグ優勝、10年以内にアジアの頂点に立つ」というキャッチフレーズを掲げた。リーグ参加初年度に準優勝。1998年シーズンに初のKリーグ制覇。翌1999年シーズンも制しV2を達成した。2001年にはアジアクラブ選手権アジアスーパーカップを獲得し、創設時の目標を完遂した。

2004年 - 現在[編集]

2004年

金浩の後任監督に車範根を招聘。就任初年度にリーグ優勝を果たす。

2005年

AFCチャンピオンズリーグ2005ACL初出場するとグループリーグで深圳健力宝(中国)、ジュビロ磐田(日本)、ホアンアイン・ザライ(ベトナム)のグループEを4勝1分1敗の2位で終えグループリーグで敗退した。

2007年

1月、日韓W杯で国民的スターとなったフォワード安貞桓(アン・ジョンファン)が加入した。

2008年

1月、ヴィッセル神戸へ移籍した金南一の穴を埋めるべく安英学を獲得。リーグチャンピオンシップでFCソウルをやぶり、4年ぶりにリーグ優勝。

2009年

4年ぶりで2回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2009のグループリーグで鹿島アントラーズ(日本)、上海申花(中国)、アームド・フォーシズ(シンガポール)のグループGを4勝2敗で2位通過して初の決勝トーナメントに進出した。ラウンド16で名古屋グランパス(日本)と対戦した。アウェイで1-2で敗れ敗退した。

リーグ戦で10位と低迷しプレーオフ進出を逃したが、FAカップで4年ぶり2度目の優勝を達成した。

2010年

2年連続の3回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2010のグループリーグでガンバ大阪(日本)、シンガポール・
アームド・フォーシズ
(シンガポール)、河南建業(中国)のグループGを4勝1分1敗で首位通過して決勝トーナメントに進出した。ラウンド16で北京国安(中国)と対戦した。ホームで2-0で勝利し準々決勝に進出した。準々決勝で城南一和(韓国)と対戦した。アウェイの第1戦を4-1で敗れるとホームの第2戦では2-0で勝利したが合計スコア4-3で準々決勝で敗退が決定した。

5月の時点でリーグ戦において最下位に低迷し、車範根の辞任が発表され最終順位も7位にとどまった。だが、FAカップで2年連続3度目の優勝を果たし、2011年AFCチャンピオンズリーグの出場を決めた。

2011年

3年連続の4回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2011のグループリーグで鹿島アントラーズ(日本)、シドニーFC(オーストラリア)、上海申花(中国)のグループHを3勝3分で首位通過して決勝トーナメントに進出した。ラウンド16で名古屋グランパス(日本)と対戦した。ホームで2-0で勝利し準々決勝に進出した。準々決勝でゾブ・アハン(イラン)と対戦した。ホームの第1戦を1-1で引き分けるとアウェイの第2戦では1-2で勝利し合計スコア3-2で準決勝に進出した。準決勝でアル・サッド(カタール)と対戦した。ホームの第1戦を0-2で敗れるとアウェイの第2戦では1-0で勝利したが合計スコア1-2で準決勝で敗退が決定した。

2013年

2年ぶりで5回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2013のグループリーグで柏レイソル(日本)、セントラルコースト・マリナーズ(オーストラリア)、貴州人和(中国)のグループHを4分2敗の最下位で終えグループリーグで敗退した。

2015年

2年ぶりで6回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2015のグループリーグで北京国安(中国)、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、浦和レッズ(日本)のグループGを3勝2分1敗の2位で決勝トーナメントに進出した。ラウンド16で柏レイソル(日本)と対戦した。ホームの第1戦を2-3で敗れるとアウェイの第2戦では1-2で勝利したが合計スコア4-4のアウェーゴールルールでラウンド16で敗退が決定した。

2016年

2年連続の7回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2016のグループリーグで上海上港(中国)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、ガンバ大阪(日本)のグループGを2勝3分1敗の3位で終えグループリーグで敗退した。Kリーグクラシックでは7位に終わった。

12月3日、韓国FAカップ決勝でFCソウルを下し、2010年以来6年ぶりとなる4度目の韓国FAカップ優勝を決めた。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • 韓国リーグカップ:6回
    • 1999(アディダスカップ), 1999(大韓火災カップ), 2000(アディダスカップ), 2001, 2005, 2008

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

年度 リーグ 順位 チャンピオンシップ 韓国FAカップ
1996 Kリーグ 前期3位/後期1位 準優勝 準優勝
1997 Kリーグ 5位 大会なし ベスト8
1998 Kリーグ 1位 優勝 ベスト8
1999 Kリーグ 1位 優勝 1回戦敗退
2000 Kリーグ 5位 資格なし ベスト8
2001 Kリーグ 3位 大会なし 1回戦敗退
2002 Kリーグ 3位 大会なし 優勝
2003 Kリーグ 3位 大会なし ベスト32
2004 Kリーグ 前期4位/後期1位 優勝 ベスト16
2005 Kリーグ 前期9位/後期8位 資格なし ベスト16
2006 Kリーグ 前期8位/後期1位 準優勝 準優勝
2007 Kリーグ 3位 3位 ベスト16
2008 Kリーグ 1位 優勝 ベスト16
2009 Kリーグ 10位 資格なし 優勝
2010 Kリーグ 7位 資格なし 優勝
2011 Kリーグ 4位 2回戦敗退 準優勝
2012 Kリーグ 4位 大会なし ベスト8
2013 Kクラシック 5位 大会なし ベスト16
2014 Kクラシック 2位 大会なし ベスト32
2015 Kクラシック 2位 大会なし ベスト32
2016 Kクラシック 7位 大会なし 優勝
2017 Kクラシック

歴代監督[編集]

現所属メンバー[編集]

2016年3月12日現在
No. Pos. 選手名
1 韓国の旗 GK ノ・ドンゴン
3 韓国の旗 DF ヤン・サンミン
4 韓国の旗 MF イ・ヨンネ
5 韓国の旗 MF パク・ヒョンボム
6 韓国の旗 DF ヨン・ジェミン
7 韓国の旗 MF イ・サンホ
8 韓国の旗 MF チョ・ウォニ
9 韓国の旗 FW チョ・ドンゴン
10 ブラジルの旗 FW サントス
12 韓国の旗 MF コ・チャウォン
13 韓国の旗 FW キム・グニ
14 オランダの旗 FW ロメオ・カステレン
15 韓国の旗 DF ク・ジャリョン
16 韓国の旗 MF Lee Jong-sung
17 韓国の旗 MF Kim Jong-woo
18 韓国の旗 FW キム・ジョンミン
19 韓国の旗 MF チャン・ヒョンス
20 韓国の旗 MF ペク・チフン
21 韓国の旗 GK Yang Hyung-mo
22 韓国の旗 MF クォン・チャンフン
No. Pos. 選手名
23 韓国の旗 MF Jeon Hyun-ouk
24 韓国の旗 MF Ko Seung-beom
26 韓国の旗 MF ヨム・ギフン (Captain sports.svg)
27 韓国の旗 MF ウン・ソンス
28 韓国の旗 FW Moon Jun-ho
29 韓国の旗 DF クァク・ヒジュ
30 韓国の旗 DF シン・セゲ
31 韓国の旗 GK Lee Sang-wook
32 韓国の旗 DF Kang Seong-jin
33 韓国の旗 DF ホン・チョル
34 韓国の旗 DF カク・グァンソン
35 韓国の旗 MF Choi Ju-yong
36 韓国の旗 DF Kim Jin-rae
37 韓国の旗 FW Yoo Han-sol
39 韓国の旗 DF ミン・サンギ
40 韓国の旗 DF イ・ジョンス
41 韓国の旗 GK Kim Sun-woo
66 韓国の旗 MF オ・ジャンウン
70 ブラジルの旗 FW ジョナサン
77 韓国の旗 DF Jang Ho-ik

※星印は外国人選手を示す。

監督

歴代所属選手[編集]

  • 韓国の旗 徐正源 (1994年, 1998年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 黄善洪 (1994年, 1998年, 2002年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 李雲在 (1994年, 2002年, 2006年, 2010年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 高宗秀 (1998年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 金大儀 (1998年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 崔成勇 (1998年, 2002年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 安貞桓 (2002年, 2006年, 2010年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 金南一 (2002年, 2006年, 2010年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 宋鐘國 (2002年, 2006年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 李天秀 (2002年, 2006年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 曹宰榛 (2006年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 白智勲 (2006年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 趙源熙 (2006年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 李正秀 (2010年ワールドカップ代表)
  • 韓国の旗 朴建夏 (元韓国代表)
  • 韓国の旗 李官雨 (元韓国代表)
  • 韓国の旗 呉章銀 (元韓国代表)
  • 韓国の旗 金斗炫 (韓国代表)
  • 韓国の旗 辛泳録 (韓国代表)
  • 韓国の旗 李容來 (元韓国代表)
  • 韓国の旗 趙東建 (元韓国代表)

外部リンク[編集]

公式