小塚和季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小塚 和季 Football pictogram.svg
名前
カタカナ コヅカ カズキ
ラテン文字 KOZUKA Kazuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-08-02) 1994年8月2日(24歳)
出身地 新潟県見附市
身長 173cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府
ポジション MF
背番号 19
利き足 右足
ユース
0000-2006 見附FC
2007-2009 長岡ジュニアユースFC
2010-2012 帝京長岡高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2017 アルビレックス新潟 8 (0)
2014 Jリーグ・アンダー22選抜 1 (0)
2014-2015 レノファ山口FC (loan) 46 (8)
2017 →レノファ山口FC (loan) 39 (8)
2018- ヴァンフォーレ甲府 31 (6)
代表歴
2012  日本U-18 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小塚 和季(こづか かずき、1994年8月2日 - )は、新潟県見附市出身のサッカー選手。ポジションはMF

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

アルビレックス新潟のJ1昇格を見て「地元で活躍したい」と夢を持った[1]。12歳の頃には「サッカーの強い高校に入り、Jリーグへ行き、日本代表になる」と夢を語っていた[2]。中学時に所属していた長岡ジュニアユースFCでは、フットサルの全国大会で優勝した経験を持つ[3]。この頃共に選抜チームに選ばれ、後にチームメートとなる川口尚紀を、それ以来ずっとライバル視していた、と後に語っている[4]帝京長岡高校2年時に北信越プリンスリーグ1部で得点王を獲得[5]。3年時にはU-18日本代表のスロバキア遠征に参加した[2] ほか、第91回全国選手権に出場し、新潟県勢28年ぶりとなるベスト8に進出した。3回戦鹿児島城西高校戦では、遊び心溢れるプレーで3得点に絡み、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されている[6]

プロ入り後[編集]

帝京長岡高校在学中の2012年にアルビレックス新潟から春季キャンプ参加の招待を受け[3]、同年4月に特別指定選手へ登録。背番号34を与えられた[7]。早い段階から周囲の評価は高く、大井健太郎三門雄大は小塚を「天才」と呼び[8]内田潤は「新潟から出してはいけない」と話した[9] という。同年11月に翌年入団の仮契約を結び、2013年より正式にアルビレックス新潟へ入団した[10]

2014年7月に新潟ユース時代の恩師でもある上野展裕が指揮するJFL(当時)レノファ山口FC期限付き移籍[11]。左サイドハーフやフォワードなど攻撃的なポジションを多くこなし[12]、山口のJ3リーグ参入に貢献。翌2015シーズンも山口への期限付き移籍期間を延長したが、上野の指示でこの年はボランチへコンバート[12]。出場停止の3試合を除く33試合に出場し、攻撃の起点として山口のJ2昇格に貢献した。

2015年シーズン終了後、新潟へ復帰する[13] が、リーグ戦6試合・カップ戦5試合の出場にとどまり、出場機会を求めて、2017年シーズンに山口へ再度期限付き移籍[14]。シーズン途中で監督が交代するなど難しいシーズンを送ったが、チームの攻撃のキーマンとして39試合に出場し、チーム最多の8得点を挙げた。

2017年シーズンをもって新潟を退団し(山口への期限付き移籍も満了)、ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍[15]

プレースタイル[編集]

2015年に山口でダブルボランチとしてペアを組んだ庄司悦大からは「相手の逆を突くのがうまいし、それでいて味方へのパスは受けやすいところに出す」とパサーとしての技術の高さを評価する一方で「プレーにちょっと波がある。その波さえなくなれば、相当なレベルの選手になるだろう」とも指摘している[16]

一方で、技術面では優れているがヘディングは得意ではなく、川口尚紀とのインタビューで川口のクロスから決めたいと話した際に川口に「ないじゃん」と冗談混じりに返されていた[17]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2013 新潟 14 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2014 2 0 1 0 - 3 0
山口 JFL 13 2 - - 13 2
2015 J3 33 6 - 0 0 33 6
2016 新潟 41 J1 6 0 5 1 2 0 13 1
2017 山口 40 J2 39 8 - 0 0 39 8
2018 甲府 19 31 6 3 2 0 0 34 8
通算 日本 J1 8 0 6 1 2 0 16 1
日本 J2 70 14 3 2 0 0 73 16
日本 J3 33 6 - 0 0 34 6
日本 JFL 13 2 - - 13 2
総通算 124 22 9 3 2 0 97 17
  • 2012年は特別指定としての出場は無し

その他の公式戦

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2014 J-22 - J3 1 0 1 0
通算 日本 J3 1 0 1 0
総通算 1 0 1 0

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新潟日報 2013年1月4日 18面
  2. ^ a b 現実になりつつある"夢"サッカーU-18日本代表 小塚和季さん (PDF) 」 、『広報見附』第622号、見附市役所新潟県2012年6月8日、 24頁。
  3. ^ a b NPO法人 長岡ジュニアユースフットボールクラブ | お知らせ
  4. ^ 『アルビプレビュー開幕編2013』 ニューズ・ライン、新潟県、2013年、30-31頁。ASIN B00BAM7RGM
  5. ^ スケジュール・試合結果|JFAプリンスリーグ2011 北信越1部|大会・試合|日本サッカー協会
  6. ^ [MOM739]帝京長岡MF小塚和季(3年) 3点演出!鹿児島城西沈めた技巧”. ゲキサカ. 講談社 (2013年1月4日). 2015年12月12日閲覧。
  7. ^ “帝京長岡高校 小塚 和季選手 JFA・Jリーグ特別指定選手に承認 アルビレックス新潟ユース 本田 渉選手 トップチーム登録(2種登録)” (プレスリリース), アルビレックス新潟, (2012年4月19日), http://www.albirex.co.jp/news/top_team/35392 2015年12月12日閲覧。 
  8. ^ 『アルビプレビュー開幕編特別号』p.12
  9. ^ アルビレックス新潟モバイルサイト 広報ダイアリー 2012年11月12日
  10. ^ “小塚 和季選手(帝京長岡高)来季新加入内定のお知らせ” (プレスリリース), アルビレックス新潟, (2012年11月12日), http://www.albirex.co.jp/news/club/37394 2015年12月12日閲覧。 
  11. ^ “小塚 和季選手 レノファ山口へ期限付き移籍のお知らせ” (プレスリリース), アルビレックス新潟, (2014年7月8日), http://www.albirex.co.jp/news/top_team/42343 2015年12月12日閲覧。 
  12. ^ a b 宇都宮徹壱 (2015年12月1日). “首位独走と突然の失速のはざまで J2・J3漫遊記 レノファ山口<前編>”. スポーツナビ. Yahoo! JAPAN. 2015年12月12日閲覧。
  13. ^ “新潟 MF小塚がJ3山口から復帰 1年半レンタルで2度の昇格を経験”. スポーツニッポン. (2015年12月11日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/12/11/kiji/K20151211011668360.html 2015年12月12日閲覧。 
  14. ^ “【山口】新潟からMF小塚を期限付き移籍で獲得「維新公園を盛り上げたい」”. スポーツ報知. (2017年1月6日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170106-OHT1T50143.html 2017年1月6日閲覧。 
  15. ^ “小塚 和季選手 ヴァンフォーレ甲府に完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), アルビレックス新潟, (2017年12月28日), http://www.albirex.co.jp/news/top_team/53852 2017年12月28日閲覧。 
  16. ^ フロムワン(編)『Jリーグサッカーキング』第9巻第17号、朝日新聞出版2015年9月24日、 31頁、2015年12月12日閲覧。
  17. ^ 『アルビプレビュー開幕編2013』p.32
  18. ^ エルゴラJリーグ選手名鑑2015より
  19. ^ 2015明治安田生命J3リーグ第2節山口vs.Jリーグ・U-22選抜戦結果 - 2015年3月21日 Jリーグ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]