藤本憲明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤本 憲明 Football pictogram.svg
名前
愛称 ノリ[1]
カタカナ フジモト ノリアキ
ラテン文字 FUJIMOTO Noriaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-08-19) 1989年8月19日(30歳)
出身地 大阪府富田林市[1]
身長 175m[2]
体重 69kg[2]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴィッセル神戸
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
ユース
2005-2007 青森山田高校
2008-2011 近畿大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2015 SP京都FC 93 (23)
2016-2017 鹿児島ユナイテッドFC 57 (39)
2018-2019 大分トリニータ 47 (20)
2019- ヴィッセル神戸
1. 国内リーグ戦に限る。2019年8月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

藤本 憲明(ふじもと のりあき、1989年8月19日 - )は、大阪府富田林市出身のプロサッカー選手Jリーグヴィッセル神戸所属。登録ポジションフォワード。マネジメント会社はエースポーツクリエイション[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小中学校時代をガンバ大阪の下部組織で過ごした後、2005年青森山田高校に進学。同期には佐々木絢也岩崎晃也三浦修らがいた。高校3年次に右サイドバックのレギュラーとして第86回全国高等学校サッカー選手権大会に出場を果たす。

その後近畿大学を経て、2012年に当時JFLに所属した佐川印刷SC(2014年に佐川印刷京都SC、2015年SP京都FCに改名)に加入。アマチュア選手として午前は練習、午後は本の包装作業に携わりながらプレーを続けた[4]。3年目の2014年にステージ優勝を経験。翌2015年にはリーグ戦9得点をマークし、加藤大樹と並びチーム得点王となるなど[5]活躍を続けていたが、同年10月にチームが同年限りでの活動休止を発表[6]。移籍の選択を迫られた。

鹿児島ユナイテッドFC[編集]

2016年J3リーグに参入する鹿児島ユナイテッドFCからオファーが届き、SP京都でのチームメイトであった山岡哲也麻生瞬と共に鹿児島に完全移籍した。同年は15得点を記録し、後藤優介大分)と1点差でJ3得点王を獲得[7]。また同年末に開催されたJリーグアウォーズでは、J3部門のMYアウォーズ・ベストイレブンに選出された[8]2017年は副キャプテンに就任[9]。2月のニューイヤーカップにてJ1ジュビロ磐田と対戦し、先制点となるゴールを記録。試合後、磐田監督の名波浩からは「上のカテゴリーでも十分通用する」との評価を受けた[10]。リーグ開幕後も好調を維持し、2度のハットトリックを達成するなど24得点を記録、2年連続でJ3得点王を獲得した。

大分トリニータ[編集]

2018年、得点力のあるストライカーを求めていたJ2大分トリニータに完全移籍[11][12]。開幕戦・栃木SC戦でJ2初得点をマークした[13]が、その後は無得点が続き、第5節以降は先発メンバーに定着できない日々が続いた[14]。第19節・松本山雅FC戦で15試合振りに先発復帰を果たすと以降は能力を発揮し[14]、9月には第32節・ロアッソ熊本戦 - 第35節・水戸ホーリーホック戦と4試合連続で得点するなど6得点(うち4得点は途中出場からの得点)を挙げた[15]。最終的にシーズン通算で馬場賢治と並びチーム得点王となる12得点を挙げ、チームの6年ぶりとなるJ1自動昇格に貢献した[16]

個人として初のJ1挑戦となった2019年シーズンは開幕戦・鹿島アントラーズ戦で2得点を挙げて勝利に貢献。2017年の鹿児島時代を合わせて、「異なるカテゴリ(J3・J2・J1)で3年連続開幕戦ゴール」、さらには2014年の佐川印刷京都時代を含めると「4カテゴリ(JFL・J3・J2・J1)で開幕戦ゴール」を挙げるという快挙を達成した[17]。その後も得点を重ね、3月までのリーグ戦計5試合で最多の5得点を記録し、2・3月度の月間MVPを受賞した。月間MVPの選考委員の一人である原博実からは選考理由として「JFL、J3、J2、J1とステップアップしてきた苦労人。ゴール前でのポジション取りの巧みさ、多彩なシュートの種類。何より決定力が素晴らしい」とコメントされている[18]

ヴィッセル神戸[編集]

2019年8月7日、ヴィッセル神戸への完全移籍が発表された[19]

人物・エピソード[編集]

  • 2012年の佐川印刷SC加入以降から2018年シーズン終了に至るまで、公式戦では全てPKを成功させている。この事についてインタビューで「本番に強いというか、持っているというか。試合になればゾーンに入る。集中力が研ぎ澄まされる感じ。強い相手になればなるほど燃える」と語っている[20]。また、理想のゴールを尋ねられた際には「簡単に得点できるから」という理由からPKと回答している[21]
  • アマチュア(SP京都)からプロになりトップリーグに辿り着いたという経歴が、7部・8部相当のクラブを経てイングランド代表に上り詰めたジェイミー・ヴァーディと一部から比較され、「日本のヴァーディ」と呼ぶ声もある[22]
  • 大分在籍時代のゴールパフォーマンスで行っていた、右手の人差し指と親指で「L」を作り、左手はその逆の形で「T」を作るポーズは、「Love Trinita(ラブトリニータ)」という意味があった[23]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

太字はシーズン最多

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2012 佐川印刷
佐川印刷京都
SP京都
24 JFL 19 0 - - 19 0
2013 9 25 6 - 2 1 27 7
2014 21 8 - - 21 8
2015 28 9 - - 28 9
2016 鹿児島 J3 27 15 - 1 2 28 17
2017 30 24 - 2 1 31 25
2018 大分 10 J2 26 12 - 1 0 27 12
2019 J1 21 8 1 0 0 0 22 8
神戸 9 -
通算 日本 J1 21 8 1 0 0 0 22 8
日本 J2 26 12 - 1 0 27 12
日本 J3 57 39 - 3 3 60 42
日本 JFL 93 23 - 2 1 95 24
総通算 197 82 1 0 6 4 204 86
その他の公式戦
  • 2014年
    • JFLチャンピオンシップ 2試合0得点

タイトル[編集]

クラブ[編集]

青森山田高校
SP京都FC
  • JFL セカンドステージ:1回(2014年

個人[編集]

  • J1リーグ 月間MVP:1回(2019年2月・3月)
  • J3リーグ 得点王:2回(2016年2017年
  • J3リーグ MYアウォーズ ベストイレブン:1回(2016年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 鹿児島U総選挙 第1位/藤本憲明選手の素顔…”. Felia. 南日本新聞 (2017年8月30日). 2019年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月2日閲覧。
  2. ^ a b 藤本 憲明:大分トリニータ”. 日本プロサッカーリーグ (2019年2月1日). 2019年2月3日閲覧。
  3. ^ 藤本憲明 【FW】”. エースポーツクリエイション株式会社. 2018年9月13日閲覧。
  4. ^ “開幕白星の大分に29歳の“新星” 高校後輩の柴崎岳に「覚えてる?」”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2019年2月23日). オリジナルの2019年8月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/oehZ5 2019年8月2日閲覧。 
  5. ^ 第17回 日本フットボールリーグ(2015) 得点ランキング”. 日本フットボールリーグ (2015年11月15日). 2018年10月1日閲覧。
  6. ^ SP京都FCの今季限りでのJFL退会が決定”. ゲキサカ (2015年10月29日). 2018年6月25日閲覧。
  7. ^ 藤本 憲明(鹿児島)がJ3得点王を獲得【明治安田J3】”. 日本プロサッカーリーグ (2016年11月21日). 2018年10月23日閲覧。
  8. ^ MYアウォーズ 結果発表”. 日本プロサッカーリーグ (2016年12月). 2018年10月23日閲覧。
  9. ^ J3鹿児島の新シーズン主将はMF赤尾公に決定”. ゲキサカ. 講談社 (2017年2月6日). 2018年10月23日閲覧。
  10. ^ 名波浩監督に認められたストライカー、藤本憲明が大分トリニータに完全移籍”. サカノワ (2017年12月29日). 2018年6月25日閲覧。
  11. ^ “藤本憲明選手 鹿児島ユナイテッドFCより完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 大分トリニータ, (2017年12月28日), http://www.oita-trinita.co.jp/news/20171238961/ 2017年12月28日閲覧。 
  12. ^ トリニータ 積極的な補強で戦力アップ J1昇格へのビジョンを探る”. オー!エス!. 大分合同新聞,テレビ大分 (2018年1月19日). 2018年6月25日閲覧。
  13. ^ “因縁カード”は大分に軍配! 4発猛攻でリベンジ狙う栃木を返り討ち”. ゲキサカ(講談社) (2018年2月25日). 2018年9月11日閲覧。
  14. ^ a b 【大分 vs 京都】 ウォーミングアップコラム:覚醒した点取り屋・藤本憲明。5戦連発ゴールでチームを5連勝に導く”. J's GOAL (2018年10月6日). 2018年11月18日閲覧。
  15. ^ 37分に1ゴール。得点を量産する大分・藤本憲明は「努力は全然したことがない」”. ブロゴラ. スクワッド (2018年10月27日). 2019年1月16日閲覧。
  16. ^ 大分FW藤本が残留決定、JFLから悲願のJ1初挑戦へ!「目標は噛まずにデジっちをやり遂げること」”. ゲキサカ. 講談社 (2018年12月7日). 2019年1月16日閲覧。
  17. ^ “6年ぶりJ1昇格の大分で“珍記録” 10番・藤本がJ3、J2、J1で3年連続開幕弾”. スポーツニッポン. (2019年2月23日). オリジナルの2019年8月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/256aX 2019年8月2日閲覧。 
  18. ^ J1受賞者 大分トリニータ FW10藤本 憲明”. 日本プロサッカーリーグ (2019年4月11日). 2019年4月12日閲覧。
  19. ^ “FW藤本憲明選手が大分トリニータより完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2019年8月7日), https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16508.html 2019年8月7日閲覧。 
  20. ^ 「おれ、失敗しないので」“ストライカーX”藤本憲明のPKに注目!”. サッカーダイジェストWeb. 日本スポーツ企画出版社 (2019年5月11日). 2019年5月11日閲覧。
  21. ^ 大分FW藤本憲明、その得点力の真髄。ゴールゲッター出世の3要素、確信に満ちた8割の無駄【西部の目】”. FOOTBALL CHANNEL (2019年4月19日). 2019年5月11日閲覧。
  22. ^ 絶好調の大分FW藤本、彼のシンデレラストーリーが熱い”. ゴラッソ (2019年3月18日). 2019年5月22日閲覧。
  23. ^ 29歳でブレイクした”日本のヴァーディ”!藤本憲明が好調の要因やゴールパフォの意味を激白”. サッカーダイジェストWeb. 日本スポーツ企画出版社 (2019年3月30日). 2019年5月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]