U-23サッカー日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
U-23サッカー日本代表
国または地域 日本の旗 日本
協会 日本サッカー協会
FIFAコード JPN
監督 日本の旗 手倉森誠
ホームカラー
アウェイカラー
オリンピック
出場回数 5回
最高成績 4位(2012
アジア競技大会
出場回数 5回
最高成績 優勝(2010
U-23選手権
出場回数 1回
最高成績 ベスト8(2013

U-23サッカー日本代表は、日本サッカー協会 (JFA) によって編成される日本サッカーの23歳未満のナショナルチームである。23歳未満の選手を対象とするオリンピックに出場するためのチームである。そのため、オリンピックの前年にはU-22サッカー日本代表、そのさらに前年にはU-21サッカー日本代表と呼称が変わる。

オリンピックの成績[編集]

1988年大会まではサッカー日本代表#オリンピックの成績を参照。

オリンピックサッカー競技
開催年 ラウンド 試合数 得点 失点
スペインの旗 1992 アジア予選敗退 - - - - - -
アメリカ合衆国の旗 1996 グループリーグ敗退 3 2 0 1 4 4
オーストラリアの旗 2000 ベスト8 4 2 1 1 6 5
ギリシャの旗 2004 グループリーグ敗退 3 1 0 2 6 7
中華人民共和国の旗 2008 グループリーグ敗退 3 0 0 3 1 4
イギリスの旗 2012 4位 6 3 1 2 6 5
19 8 2 9 23 25

アジア競技大会の成績[編集]

1994年大会まではサッカー日本代表#アジア競技大会の成績を参照。

アジア競技大会サッカー競技
開催年 ラウンド 試合数 得点 失点
タイ王国の旗 1998 2次リーグ敗退 5 3 0 2 8 4
韓国の旗 2002 準優勝 6 5 0 1 13 4
カタールの旗 2006 2次リーグ敗退 3 2 0 1 5 4
中華人民共和国の旗 2010 優勝 7 7 0 0 17 1
韓国の旗 2014 ベスト8 5 3 0 2 13 5
26 21 0 6 55 18

※1998年大会は、大会規定上はフル代表が出場可能であったものの、日本はU-21の選手で参加した。

U-23選手権の成績[編集]

AFC U-23選手権
開催年 ラウンド 試合数 得点 失点
オマーンの旗 2013 ベスト8 4 1 2 1 7 4
カタールの旗 2016
4 1 2 1 7 4

※2013年大会の日本代表は、規定よりも2年低い年代の選手(予選(2012年開催)はU-19、本戦(2014年開催)はU-21)で編成されている[1][2]

歴代監督[編集]

オリンピックの登録メンバー[編集]

2000年シドニー大会[編集]

監督はフィリップ・トルシエ。楢崎正剛、森岡隆三、三浦淳宏がオーバーエイジ。

No. Pos. 選手名
1 日本の旗 GK 楢崎正剛 (名古屋グランパス)
2 日本の旗 DF 中澤佑二 (ヴェルディ川崎)
3 日本の旗 DF 松田直樹 (横浜F・マリノス)
4 日本の旗 DF 森岡隆三 Captain sports.svg (清水エスパルス)
5 日本の旗 DF 宮本恒靖 (ガンバ大阪)
6 日本の旗 MF 稲本潤一 (ガンバ大阪)
7 日本の旗 MF 中田英寿(イタリアの旗 ASローマ)
8 日本の旗 MF 明神智和 (柏レイソル)
9 日本の旗 FW 平瀬智行 (鹿島アントラーズ)
No. Pos. 選手名
10 日本の旗 MF 中村俊輔 (横浜F・マリノス)
11 日本の旗 MF 三浦淳宏 (横浜F・マリノス)
12 日本の旗 MF 酒井友之 (ジェフユナイテッド市原)
13 日本の旗 FW 柳沢敦 (鹿島アントラーズ)
14 日本の旗 MF 本山雅志 (鹿島アントラーズ)
15 日本の旗 MF 西紀寛 (ジュビロ磐田)
16 日本の旗 DF 中田浩二 (鹿島アントラーズ)
17 日本の旗 FW 高原直泰 (ジュビロ磐田)
18 日本の旗 GK 都築龍太 (ガンバ大阪)

2004年アテネ大会[編集]

監督は山本昌邦。曽ヶ端準、小野伸二がオーバーエイジ。

No. Pos. 選手名
1 日本の旗 GK 曽ヶ端準 (鹿島アントラーズ)
2 日本の旗 DF 田中マルクス闘莉王 (浦和レッズ)
3 日本の旗 DF 茂庭照幸 (FC東京)
4 日本の旗 DF 那須大亮 Captain sports.svg (横浜F・マリノス)
5 日本の旗 MF 阿部勇樹 (ジェフユナイテッド市原)
6 日本の旗 MF 今野泰幸 (FC東京)
7 日本の旗 MF 森崎浩司 (サンフレッチェ広島)
8 日本の旗 MF 小野伸二 (オランダの旗 フェイエノールト)
9 日本の旗 FW 高松大樹 (大分トリニータ)
No. Pos. 選手名
10 日本の旗 MF 松井大輔 (京都パープルサンガ)
11 日本の旗 MF 田中達也 (浦和レッズ)
12 日本の旗 MF 菊地直哉 (ジュビロ磐田)
13 日本の旗 MF 駒野友一 (サンフレッチェ広島)
14 日本の旗 MF 石川直宏 (FC東京)
15 日本の旗 DF 徳永悠平 (FC東京)
16 日本の旗 FW 大久保嘉人 (セレッソ大阪)
17 日本の旗 FW 平山相太 (国見高校)
18 日本の旗 GK 黒河貴矢 (清水エスパルス)

2008年北京大会[編集]

監督は反町康治。

No. Pos. 選手名
1 日本の旗 GK 西川周作 (大分トリニータ)
2 日本の旗 MF 細貝萌 (浦和レッズ)
3 日本の旗 DF 吉田麻也 (名古屋グランパス)
4 日本の旗 DF 水本裕貴 Captain sports.svg (京都サンガF.C.)
5 日本の旗 DF 長友佑都 (FC東京)
6 日本の旗 DF 森重真人 (大分トリニータ)
7 日本の旗 DF 内田篤人 (鹿島アントラーズ)
8 日本の旗 MF 本田圭佑 (オランダの旗 VVVフェンロ)
9 日本の旗 FW 豊田陽平 (モンテディオ山形)
No. Pos. 選手名
10 日本の旗 MF 梶山陽平 (FC東京)
11 日本の旗 FW 岡崎慎司 (清水エスパルス)
12 日本の旗 MF 谷口博之 (川崎フロンターレ)
13 日本の旗 DF 安田理大 (ガンバ大阪)
14 日本の旗 MF 香川真司 (セレッソ大阪)
15 日本の旗 FW 森本貴幸 (イタリアの旗 カターニア)
16 日本の旗 MF 本田拓也 (清水エスパルス)
17 日本の旗 FW 李忠成 (柏レイソル)
18 日本の旗 GK 山本海人 (清水エスパルス)

2012年ロンドン大会[編集]

監督は関塚隆。徳永悠平、吉田麻也がオーバーエイジ。

No. Pos. 選手名
1 日本の旗 GK 権田修一 (FC東京)
2 日本の旗 DF 徳永悠平 (FC東京)
3 日本の旗 MF 扇原貴宏 (セレッソ大阪)
4 日本の旗 DF 酒井宏樹 (ドイツの旗 ハノーファー96)
5 日本の旗 DF 吉田麻也 Captain sports.svg (オランダの旗 VVVフェンロ)
6 日本の旗 MF 村松大輔 (清水エスパルス)
7 日本の旗 FW 大津祐樹 (ドイツの旗 ボルシアMG)
8 日本の旗 DF 山村和也 (鹿島アントラーズ)
9 日本の旗 FW 杉本健勇 (セレッソ大阪)
No. Pos. 選手名
10 日本の旗 MF 東慶悟 (大宮アルディージャ)
11 日本の旗 FW 永井謙佑 (名古屋グランパス)
12 日本の旗 DF 酒井高徳 (ドイツの旗 シュトゥットガルト)
13 日本の旗 DF 鈴木大輔 (アルビレックス新潟)
14 日本の旗 MF 宇佐美貴史 (ドイツの旗 ホッフェンハイム
15 日本の旗 FW 齋藤学 (横浜F・マリノス)
16 日本の旗 MF 山口蛍 (セレッソ大阪)
17 日本の旗 FW 清武弘嗣 (ドイツの旗 ニュルンベルク)
18 日本の旗 GK 安藤駿介 (川崎フロンターレ)

参考文献[編集]

  1. ^ AFC U-22選手権予選 グループE マッチスケジュール”. 日本サッカー協会 (2012年5月9日). 2012年7月13日閲覧。
  2. ^ 手倉森ジャパン初陣のAFC U-22選手権に臨むU-21代表メンバーが発表”. ゲキサカ (2013年12月11日). 2013年12月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 『日本代表公式記録集2008』 日本サッカー協会、2008年、228-230頁。
  4. ^ 関塚監督「可能性を秘めたプレーヤーは多い」 U-21日本代表新監督就任会見”. スポーツナビ (2010年9月22日). 2013年12月11日閲覧。
  5. ^ U-21日本代表(リオデジャネイロオリンピック2016)監督に手倉森誠氏が就任”. 日本サッカー協会 (2013年10月10日). 2013年12月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]