フォルトゥナ・デュッセルドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
原語表記 Düsseldorfer Turn- und Sportverein
愛称 F95
クラブカラー
創設年 1908年
所属リーグ ブンデスリーガ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン デュッセルドルフ
ホームスタジアム エスプリ・アレーナ
収容人数 51.500
代表者 ドイツの旗 ペーター・フリムト
監督 ドイツの旗 ミヒャエル・ビュスケンス
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

フォルトゥナ・デュッセルドルフ 1895(Düsseldorfer Turn- und Sportverein Fortuna 1895 e.V.)は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州デュッセルドルフを本拠地とするサッカークラブチーム。通称F95。2014-15シーズンはブンデスリーガ2部に所属する。

概要[編集]

1895年創立、1933年のドイツ選手権優勝など、ブンデスリーガ創設(1963年)前からの強豪クラブとして名を知られていた。その後も1979年・80年 ドイツカップ連覇、1979年のUEFAカップウィナーズカップで準優勝するなど中堅クラブとしての地位を維持していた。1980年代は成績が低迷し2部リーグへの降格を繰り返す様になり、1996-1997シーズンにブンデスリーガ1部から降格すると、そこからわずか5年でオーバーリーガ(4部相当)まで滑り落ちた。2004-2005シーズンにはホームスタジアムをLTUアレーナ(現エスプリ・アレーナ)に移すものの、しばらくは最新鋭のスタジアムに見合わないレギオナルリーガ(3部相当)での戦いが続いた。2008-2009シーズンには3. リーガの創設チームのひとつにもなっている。2007-2008シーズン途中にノルベルト・マイヤーが監督に就任するとチームは上向き、2008-2009シーズンの3. リーガで準優勝の成績を残してブンデスリーガ2部へ昇格すると、2011-2012シーズンにはヘルタ・ベルリンとのプレーオフを制して1996-1997シーズン以来のブンデスリーガ1部復帰を果たした。2012-2013シーズンではシーズン序盤は健闘を見せたものの、年明け後の後半戦でわずか2勝と大きく調子を落として1年での2部降格となった。

もともとドイツ国内の主要都市のクラブでもあり、近年はエスプリ・アレーナの完成や2006 FIFAワールドカップ後のブンデスリーガの人気上昇とともにチームも勢いを取り戻しつつあることから、2部でありながら3万人以上の観客を集める人気クラブの一つとなっている。近隣クラブの1.FCケルンバイエル・レバークーゼンボルシア・メンヒェングラートバッハなどとの対戦はラインダービーと呼ばれ、特に1.FCケルンとは伝統的に強烈なライバル関係にある。

略歴[編集]

  • 1895年: 前身の体操クラブTurnverein Flingern1895創立。
  • 1908年: Düsseldorf Fussballklub Spielverein創立。
  • 1911年: Fußballklub Alemania 1911 創立。
  • 1912年: Fußballklub Alemania 1911 から Fußballklub Fortuna 1911に改称。
  • 1913年: Düsseldorf Fussballklub Spielverein と Fußballklub Fortuna 1911が合併。

Düsseldorfer Fußballklub Fortuna 1911に改称。 

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • ドイツ選手権: 1回
    • 1933
  • Gauliga Niederrhein champions: 5回
    • 1936, 1937, 1938, 1939, 1940
  • ドイツアマチュア選手権: 1回
    • 1977
  • ドイツカップ(DFBポカール): 2回
    • 1979, 1980
  • ツヴァイテリーガ (ドイツ2部): 1回
    • 1989
  • オーバーリーガ北部 (ドイツ4部): 1回
    • 1994

国際タイトル[編集]

  • インタートトカップ: 3回
    • 1967, 1984, 1986

過去の成績[編集]

  • 2006-2007: レギオナルリーガ北部 10位
  • 2007-2008: レギオナルリーガ北部 4位
  • 2008-2009: ブンデスリーガ3部 2位 昇格
  • 2009-2010: ブンデスリーガ2部 4位
  • 2010-2011: ブンデスリーガ2部 7位
  • 2011-2012: ブンデスリーガ2部 3位 昇格
  • 2012-2013: ブンデスリーガ1部 17位 降格
  • 2013-2014: ブンデスリーガ2部 6位
  • 2014-2015: ブンデスリーガ2部 10位

現所属メンバー[編集]

2015年6月22日現在
No. Pos. 選手名
1 ドイツの旗 GK ミヒャエル・レンジング
2 ドイツの旗 DF ヨナタン・ター
3 ナイジェリアの旗 DF レオン・バログン (Flag of Germany.svg)
4 ギリシャの旗 DF ステリオス・マレザス
5 オーストリアの旗 MF ミヒャエル・リーンデル
6 ドイツの旗 DF ダスティン・ボンホイヤー
7 ドイツの旗 MF オリヴァー・フィンク
8 カザフスタンの旗 DF ハインリヒ・シュミットガル (Flag of Germany.svg)
9 オーストリアの旗 FW エルヴィン・ホッファー
10 グルジアの旗 MF レバン・ケニア
11 ドイツの旗 MF アクセル・ベリングハウゼン
13 ドイツの旗 MF アダム・ボジェク (Flag of Poland.svg)
14 ブラジルの旗 DF ブルーノ・ソアレス
15 クロアチアの旗 MF イヴァン・パウレヴィッチ (Flag of Germany.svg)
17 ドイツの旗 MF アンドレアス・ランベルツ (Captain sports.svg)
18 コートジボワールの旗 MF マティス・ボリー (Flag of Denmark.svg)★
No. Pos. 選手名
19 ドイツの旗 GK ラース・ウンナーシュタル
20 フィンランドの旗 FW ヨエル・ポーヤンパロ
21 オーストリアの旗 MF クリスティアン・ガートナー
22 ギリシャの旗 FW ギアンニス・ギアンニオタス
23 オーストラリアの旗 MF ベン・ハローラン
24 カナダの旗 MF サミュエル・ピエット
25 アゼルバイジャンの旗 MF トゥグルル・エラト (Flag of Germany.svg)
26 アゼルバイジャンの旗 MF エレン・タシュキン
28 チェコの旗 DF マルティン・ラトカ
29 トルコの旗 DF アリオスマン・アイディン (Flag of Germany.svg)
30 ブルキナファソの旗 FW アリスティデ・バンス (Flag of Côte d'Ivoire.svg)
34 トルコの旗 MF ムハメト・カルプズ (Flag of Germany.svg)
35 オランダの旗 FW チャリソン・ベンスホップ (Flag of Curaçao.svg)
37 トーゴの旗 FW イフラス・ベブー
38 ドイツの旗 GK ロビン・ヘラー
-- トルコの旗 MF セルジャン・サラレル
-- チュニジアの旗 DF カリム・ハグイ

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

ローン移籍選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
2 ドイツの旗 DF ヨナタン・ター (ハンブルガー)
No. Pos. 選手名
20 フィンランドの旗 FW ヨエル・ポーヤンパロ (バイエル・レバークーゼン)
out
No. Pos. 選手名

203-14シーズン移籍[編集]

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

外部リンク[編集]