宇都宮徹壱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宇都宮 徹壱(うつのみや てついち、1966年3月1日 - )は、東京都出身のサッカーノンフィクションライター写真家東京芸術大学大学院美術研究科修了。

人物[編集]

大学院修了後、映像制作会社を経て、1997年から写真家・ノンフィクションライターとしての活動を開始。当初、旧ユーゴスラビア諸国等の旧社会主義国のサッカー事情について精力的に取材活動を行う。ワールドカップについては、1998年から取材を行っているが、スポーツ・ポータルサイトスポーツナビの特派員となった2002年以降、取材活動を本格化。なお、ワールドカップにおけるスポーツナビとの連携は2006年、2010年も継続。

2009年、ヨーロッパ各地のサッカー事情を取材した著書『フットボールの犬』が第20回ミズノスポーツライター賞の最優秀賞を受賞。

現在は、東欧を始めとするヨーロッパだけでなく、JFL地域リーグなども取材対象としている。自称マスコット評論家。

主な著書[編集]

外部リンク[編集]

webマガジン