2017年のJリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Jリーグ > 2017年のJリーグ
2017年のJリーグ
J1
期間 2017年2月25日 - 12月2日
34節/合計306試合
優勝 川崎フロンターレ
降格 ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
大宮アルディージャ
J2
期間 2017年2月26日 - 11月19日
42節/合計462試合
昇格 湘南ベルマーレ
V・ファーレン長崎
名古屋グランパス
J3降格 ザスパクサツ群馬
J3
期間 2017年3月11日 - 12月3日
34節/合計272試合
J2昇格 栃木SC
YBCルヴァンカップ
2016
2018

この項目では、2017年シーズンの日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)について述べる。

概要[編集]

Jリーグ発足から25年目のシーズンになる。この年から放映権の更新に伴い、メディア中継はそれまでのスカパー!によるテレビ中継から、イギリスパフォーム・グループが展開するOTT(ライブ動画配信)サービス「DAZN」(ダゾーン)になる[1]

Jサテライトリーグには、J1のベガルタ仙台アルビレックス新潟清水エスパルスサンフレッチェ広島、J2の湘南ベルマーレの5チームが参加する[2]

できごと[編集]

1月11日
プレシーズンマッチの一環である「JリーグDAZNニューイヤーカップ」(「Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ」改め)の開催が発表された。前年同様宮崎県鹿児島県沖縄県で開催される。全試合がパフォーム・グループが展開するOTT(ライブ動画配信)サービス「DAZN」で全試合生中継される[3]
1月12日
J1、J2、J3各クラブのホーム開幕カードが発表された。J1は2月25日と26日、J2は2月26日、J3は3月11日と12日に開幕を迎える[4]
1月25日
J1、J2、J3及びYBCルヴァンカップの全試合日程が発表された[5]
2月23日
この日行われた理事会で、JリーグYBCルヴァンカップ全試合で追加副審(アディショナル・アシスタント・レフェリー、AAR)を導入することを決定[6]
また、同理事会でレノファ山口FCのホームタウンを「山口市・下関市・山陽小野田市・宇部市・防府市・周南市・美祢市を中心とする全県」に変更(美祢市を追加)することを承認[7]
2月26日
この日行われたJ1 第1節のガンバ大阪ヴァンフォーレ甲府とJ2 第1節の愛媛FCツエーゲン金沢の2試合がDAZNで視聴ができない状態となり、2試合はJリーグの公式YouTubeチャンネルで試合映像を配信する処置をとった[8]
3月21日
この日行われた理事会で2016年11月に発生したラミア航空2933便墜落事故により被害を受けた、ブラジルセリエA所属のシャペコエンセに対して義援金100万円を拠出することを決定。同年8月に開催されるスルガ銀行チャンピオンシップに同クラブが出場予定のため、来日した際にJリーグの主管試合にて実施した義援金募金と合わせてお渡しする予定[9]
また、同理事会でレノファ山口FCのホームタウンを「山口市・下関市・山陽小野田市・宇部市・防府市・周南市・美祢市・萩市・下松市・岩国市・光市・長門市・柳井市・周防大島町・和木町・上関町・田布施町・平生町・阿武町【山口県全県】」に変更(6市6町を追加)することを承認[10]
3月31日
藤枝MYFCが54歳のシジマールGKコーチを選手登録。選手の負傷に伴う第3GKの位置づけだが、Jリーグへの選手登録は22年振りで、50歳代のJリーガーはこの年出場し最年長ゴール記録を更新した三浦知良横浜FC)について2人目[11]。なお4月28日付けで選手登録を解除されており、この間の出場機会は無し[12]
4月6日
J2 第29節以降、J3 第19節以降の開催日が発表された[13][14]
4月15日
この日行われたJ3 第5節・セレッソ大阪U-23 vs FC東京U-23ヤンマースタジアム長居)で、FC東京U-23の久保建英が15歳10カ月11日でJリーグ初ゴール。J3リーグ戦最年少得点記録を更新するとともに、J1・J2を含めた全カテゴリでも森本貴幸(当時東京ヴェルディ)の持っていた15歳11ヶ月28日での最年少ゴールを上回る記録となった[15]
4月21日
この日行われたJ1 第8節・川崎フロンターレvs清水エスパルス等々力陸上競技場)で、清水の金子翔太が14分に挙げた得点が、J1リーグ戦通算20,000得点目となった[16]
4月25日
楽天との間で「オフィシャルECプラットフォームパートナー」契約を締結することを決定[17]
4月27日
2016年のJ1リーグ優勝の鹿島アントラーズと2016年のJリーグYBCルヴァンカップ優勝の浦和レッズがヨーロッパの強豪クラブと対戦するJリーグ主催のプレシーズンマッチ「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」を開催することを決定[18]7月15日に浦和とボルシア・ドルトムントドイツの旗 ドイツブンデスリーガ)、7月22日に鹿島とセビージャFCスペインの旗 スペインリーガ・エスパニョーラ)が対戦する。
この日行われた理事会で横浜F・マリノスのホームタウンを「横浜市・横須賀市・大和市」に変更(大和市を追加)すること[19]、および徳島ヴォルティスのホームタウンを「徳島市・鳴門市・美馬市・板野町・松茂町・藍住町・北島町・吉野川市を中心とする全県」に変更(吉野川市を追加)すること[20]をそれぞれ承認。
5月10日
この日行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第5節・ヴィッセル神戸 vs ヴァンフォーレ甲府ノエビアスタジアム神戸)で、甲府の土屋征夫が得点を挙げ、リーグカップ戦最年長記録を「42歳9ヶ月10日」に更新。それまでの記録は中山雅史(当時ジュビロ磐田)が2008年大会で記録した「40歳8ヶ月2日」で、これを2歳以上更新[21]
5月18日
6月よりタイの大手放送局「TRUE VISIONS」でJリーグ(J1・J2・ルヴァンカップ・FUJI XEROX SUPER CUP)の試合が放送されることが発表された[22]
5月25日
この日行われた理事会で福島ユナイテッドFCのホームタウンを「福島市を中心とする全県」から「福島市・会津若松市を中心とする全県」に変更(会津若松市を追加)することを承認[23]
また、同じ理事会で、Jリーグの戦略推進支援を目的として、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーおよびデロイトトーマツコンサルティングとサポーティングカンパニー契約を締結することを決定[24]
6月19日
国際サッカー評議会(IFAB)から2017/2018年競技規則の改正が通達され、JリーグはJ1・J2が7月29日(J1 第19節 J2 第25節)、J3が8月19日(第19節)、ルヴァンカップは8月30日(準々決勝 第1戦)の試合から適用される[25]
6月22日
ラ・リーガスペインの旗 スペイン)との戦略的連携協定締結を発表[26]
6月27日
この日行われた理事会でグルージャ盛岡のホームタウンを「盛岡市」から「盛岡市・北上市」に変更(北上市を追加)することを承認[27]
また、中西大介常務理事が「リーグ内で不適切な言動(パワーハラスメントおよびセクシャルハラスメント)があったこと」を理由に、同日付で理事を退任したことを発表[28]
6月30日
NTTドコモとの間で「トップパートナー」契約を、NTTグループとの間で「オフィシャルテクノロジーパートナー」契約を締結[29]
7月19日
J1 第23節以降、J2第29節以降およびJ3第19節以降の開催日、試合開始時間が発表された[30]
8月6日
この日行われたJ2 第26節・名古屋グランパス vs 愛媛FCパロマ瑞穂スタジアム)が7-4で名古屋の勝利。両軍合計11得点は2013年7月3日のJ2第22節FC岐阜 2-8 ガンバ大阪、2017年6月25日のJ2第20節・FC岐阜 4-6 ジェフユナイテッド千葉(共に岐阜メモリアルセンター長良川競技場)の10得点を上回る1試合J2最多得点記録となった[31]
9月16日
台風18号の影響により、9月17日に行われる予定だったJ2・J3の計3試合の中止を発表。
9月26日
2018シーズンのクラブライセンスの審査結果を公表 [36]
9月28日
この日行われた理事会で、2018年シーズン以降のJリーグYBCルヴァンカップの大会方式を変更することが了承された [37]
また、同理事会で、京都サンガF.C.のホームタウンを「京都市・宇治市・城陽市・向日市・長岡京市・京田辺市・木津川市・亀岡市・南丹市・京丹波町」に変更(南丹市・京丹波町を追加)すること[38]、およびヴァンラーレ八戸JFLJリーグ百年構想クラブ)のホームタウンを「八戸市・十和田市・五戸町・三戸町・田子町・南部町・おいらせ町・階上町・新郷村・三沢市・七戸町・六戸町・東北町・野辺地町・横浜町・六ケ所村」に変更(三沢市・七戸町・六戸町・東北町・野辺地町・横浜町・六ケ所村を追加)すること[39]をそれぞれ承認。
10月24日
この日行われた理事会で、湘南ベルマーレのホームタウンを「厚木市・伊勢原市・小田原市・茅ヶ崎市・秦野市・平塚市・藤沢市・大磯町・寒川町・二宮町・鎌倉市・南足柄市・大井町・開成町・中井町・箱根町・松田町・真鶴町・山北町・湯河原町」に変更(鎌倉市・南足柄市・大井町・開成町・中井町・箱根町・松田町・真鶴町・山北町・湯河原町を追加)することを承認[40]
10月29日
この日行われたJ2 第39節の結果により、湘南ベルマーレのJ2優勝が決定。
11月21日
この日行われた理事会で、水戸ホーリーホックのホームタウンを「水戸市・ひたちなか市・笠間市・那珂市・小美玉市・茨城町・城里町・大洗町・東海村」に変更(4市3町1村を追加)することを承認[41]
12月2日
この日行われたJ1 第34節の結果により、川崎フロンターレのJ1優勝が決定。
12月3日
この日行われたJ3 第34節の結果により、ブラウブリッツ秋田のJ3優勝が決定。
12月12日
この日行われた理事会で、グルージャ盛岡のホームタウンを「盛岡市・北上市・宮古市・大船渡市・花巻市・久慈市・遠野市・一関市・釜石市・二戸市・八幡平市・奥州市・滝沢市・雫石町・葛巻町・岩手町・紫波町・矢巾町・西和賀町・金ケ崎町・平泉町・住田町・大槌町・山田町・岩泉町・田野畑村・普代村・軽米町・野田村・九戸村・洋野町・一戸町」に変更(11市15町4村を追加)することを承認[42]

J1[編集]

チーム 出場権または降格
1 川崎フロンターレ (C) (TQ) 34 21 9 4 71 32 +39 72 AFCチャンピオンズリーグ2018グループステージ1の出場権を獲得 

2 鹿島アントラーズ (TQ) 34 23 3 8 53 31 +22 72
3 セレッソ大阪 (TQ) 34 19 6 9 65 43 +22 63
4 柏レイソル (Q) 34 18 8 8 49 33 +16 62 AFCチャンピオンズリーグ2018プレーオフ1の出場権を獲得 

5 横浜F・マリノス 34 17 8 9 45 36 +9 59 J1残留
6 ジュビロ磐田 34 16 10 8 50 30 +20 58
7 浦和レッズ 34 14 7 13 64 54 +10 49
8 サガン鳥栖 34 13 8 13 41 44 −3 47
9 ヴィッセル神戸 34 13 5 16 40 45 −5 44
10 ガンバ大阪 34 11 10 13 48 41 +7 43
11 北海道コンサドーレ札幌 34 12 7 15 39 47 −8 43
12 ベガルタ仙台 34 11 8 15 44 53 −9 41
13 FC東京 34 10 10 14 37 42 −5 40
14 清水エスパルス 34 8 10 16 36 54 −18 34
15 サンフレッチェ広島 34 8 9 17 32 49 −17 33
16 ヴァンフォーレ甲府 (R) 34 7 11 16 23 39 −16 32 J2リーグ 2018へ降格
17 アルビレックス新潟 (R) 34 7 7 20 28 60 −32 28
18 大宮アルディージャ (R) 34 5 10 19 28 60 −32 25 J2リーグ 2018へ降格 2

最終更新は2017年12月2日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝クラブにもAFCチャンピオンズリーグ2018参加資格が与えられるが、同大会優勝クラブがJ1リーグ戦上位に入った場合は、リーグ戦次点のクラブに参加資格が与えられる。
2JリーグYBCルヴァンカップ出場権喪失。

J2[編集]

チーム 出場権または降格
1 湘南ベルマーレ (C) (P) 42 24 11 7 58 36 +22 83 J1リーグ 2018へ昇格 1
2 V・ファーレン長崎 (P) 42 24 8 10 59 41 +18 80
3 名古屋グランパス (O) (P) 42 23 6 13 85 65 +20 75 J1昇格プレーオフに出場 1
4 アビスパ福岡 42 21 11 10 54 36 +18 74
5 東京ヴェルディ 42 20 10 12 64 49 +15 70
6 ジェフユナイテッド千葉 42 20 8 14 70 58 +12 68
7 徳島ヴォルティス 42 18 13 11 71 46 +25 67 J2残留
8 松本山雅FC 42 19 9 14 61 45 +16 66
9 大分トリニータ 42 17 13 12 58 50 +8 64
10 横浜FC 42 17 12 13 60 49 +11 63
11 モンテディオ山形 42 14 17 11 45 47 −2 59
12 京都サンガF.C. 42 14 15 13 55 47 +8 57
13 ファジアーノ岡山 42 13 16 13 44 49 −5 55
14 水戸ホーリーホック 42 14 12 16 45 48 −3 54
15 愛媛FC 42 14 9 19 54 68 −14 51
16 FC町田ゼルビア 42 11 17 14 53 53 0 50
17 ツエーゲン金沢 42 13 10 19 49 67 −18 49
18 FC岐阜 42 11 13 18 56 68 −12 46
19 カマタマーレ讃岐 42 8 14 20 41 61 −20 38
20 レノファ山口FC 42 11 5 26 48 69 −21 38
21 ロアッソ熊本 42 9 10 23 36 59 −23 37
22 ザスパクサツ群馬 (R) 42 5 5 32 32 88 −56 20 J3リーグ 2018へ降格 2

最終更新は2017年11月19日の試合終了時
出典: J. League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1. J1リーグ昇格ならびにJ1昇格プレーオフ出場は、J1ライセンスを保有するクラブに限る。
2. J3リーグ降格は、J3リーグの上位2チームにJ2ライセンスを保有しないクラブが入った場合は対象チームが変更となる。

J3[編集]

チーム 出場権または降格
1 ブラウブリッツ秋田 (C) 32 18 7 7 53 31 +22 61 J3残留 1,2
2 栃木SC (P) 32 16 12 4 44 24 +20 60 J2リーグ 2018へ昇格 1,2
3 アスルクラロ沼津 32 16 11 5 60 27 +33 59 J3残留
4 鹿児島ユナイテッドFC 32 17 4 11 49 37 +12 55
5 AC長野パルセイロ 32 13 11 8 34 25 +9 50
6 FC琉球 32 13 11 8 44 36 +8 50
7 藤枝MYFC 32 12 11 9 50 43 +7 47
8 カターレ富山 32 13 8 11 37 33 +4 47
9 ギラヴァンツ北九州 32 13 7 12 44 37 +7 46
10 福島ユナイテッドFC 32 13 4 15 39 43 −4 43
11 FC東京U-23 32 12 7 13 36 47 −11 43
12 SC相模原 32 9 12 11 34 41 −7 39
13 セレッソ大阪U-23 32 8 11 13 39 43 −4 35
14 Y.S.C.C.横浜 32 8 8 16 41 54 −13 32
15 グルージャ盛岡 32 7 8 17 32 49 −17 29
16 ガンバ大阪U-23 32 7 5 20 31 65 −34 26
17 ガイナーレ鳥取 32 4 9 19 31 63 −32 21

最終更新は2017年12月3日の試合終了時
出典: J. League data
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決の結果 5.警告数 6.抽選.
1J2リーグへの自動昇格については、J3の1位・2位クラブがJ1もしくはJ2ライセンスを保有している場合のみ行われる[43]
22位までにU-23チームが入賞した場合、U-23チームを除く14チームの成績を基として、自動昇格チームを決定する[43]

昇格・降格[編集]

J1からJ2への降格
  • 第32節第2日(11月18日)の結果によりアルビレックス新潟の16位以下が確定し、J2降格が決定[44]
  • 第33節第1日(11月26日)の結果により大宮アルディージャの17位以下が確定し、J2降格が決定[45]
  • 第34節第1日(12月2日)の結果によりヴァンフォーレ甲府の16位が確定し、J2降格が決定。
J2からJ1への昇格
  • 第39節第1日(10月28日)の結果により湘南ベルマーレの2位以内が確定し、J1昇格が決定[46]
  • 第41節第1日(11月11日)の結果によりV・ファーレン長崎の2位以内が確定し、J1昇格が決定[47]
J2からJ3への降格
  • J3 第34節第1日(12月3日)の結果によりザスパクサツ群馬のJ3降格が決定[48]
J3からJ2への昇格
  • 第34節第1日(12月3日)の結果により栃木SCの2位が確定し、J2昇格が決定[49]

J1昇格プレーオフ[編集]

  準決勝 (11月26日・パロ瑞穂 / えがおS) 決勝 (12月3日・豊田)
                 
3位  名古屋グランパス 4  
6位   ジェフユナイテッド千葉 2  
    3位  名古屋グランパス 0
  4位  アビスパ福岡 0
4位  アビスパ福岡 1
5位  東京ヴェルディ 0  

準決勝[編集]

2017年11月26日
16:03
名古屋グランパス
(3位)
4 - 2 ジェフユナイテッド千葉
(6位)
田口泰士 61分にゴール 61分
シモビッチ 66分にゴール 66分86分90+6分 (pen.)
公式記録 ラリベイ 45+2分にゴール 45+2分90分 (pen.)
パロマ瑞穂スタジアム
観客数: 18,350人
主審: 村上伸次

2017年11月26日
13:03
アビスパ福岡
(4位)
1 - 0 東京ヴェルディ
(5位)
山瀬功治 14分にゴール 14分 公式記録
えがお健康スタジアム
観客数: 9,019人
主審: 廣瀬格

決勝[編集]

決勝に駒を進めたのは、FWシモビッチのハットトリックなどでシーズン2敗の6位千葉に逆転勝ちを収めた3位名古屋[50]と、本拠地開催権を得ながらホームスタジアムのレベルファイブスタジアムラグビーワールドカップ2019に向けた改修工事により使用不可のため、隣県のえがお健康スタジアムでの開催を余儀なくされながらも、前半のMF山瀬功治のミドルシュートによる1点を守り切って5位東京Vを下した4位福岡[51]の2チーム。「1年でのJ1復帰」を目指すチーム同士の対戦となった。

ポゼッションを高め中央突破をはかるリーグ最多得点の名古屋と、守備を固めセットプレーで勝ち点を奪うリーグ最少失点の福岡という「ほこたて」対決[52]となったこの試合、前半13分には名古屋MFガブリエル・シャビエルのクロスに名古屋MF田口泰士が頭で合わせゴールネットを揺らすも、直前の名古屋FWシモビッチのファウルによりノーゴールの判定[53]。直後の19分には福岡DF亀川諒史のスローインに福岡FWウェリントンが頭で反応したボールがクリアされたところに福岡MF山瀬功治がミドルシュートを放つもクロスバー直撃、跳ね返りにFW仲川輝人が詰めるが、名古屋GK武田洋平が押さえて得点ならず[53]。一進一退の展開を繰り返しつつも前半はスコアレスで終える。

後半に入っても一進一退の展開は変わらず、後半13分(58分)には福岡DF駒野友一のクロスにFWウェリントンが反応してゴールネットを揺らすが、わずかにオフサイドの判定[53][54]。昇格のためには最低でも1点を挙げる必要がある福岡はFW石津大介、FW城後寿といった攻撃的な選手を投入するが、名古屋の前線から体を張った守備になかなか決定機を作らせてもらえず[53]、アディショナルタイム以降は守備を固めた名古屋の前に最後まで得点を奪うことが出来ず、J1昇格プレーオフ最多となる37,959人を集めた試合はスコアレスのままタイムアップ。レギュレーションによりリーグ3位の名古屋が1年でのJ1復帰を果たした。一方、リーグ後半で2位をキープし続けた福岡はシーズン終盤で長崎・名古屋の後塵を拝し、1年でのJ1復帰を逃す結果となった。

2017年12月3日
16:02
名古屋グランパス
(3位)
0 - 0 アビスパ福岡
(4位)
公式記録
豊田スタジアム
観客数: 37,959人
主審: 木村博之

表彰[編集]

Jリーグアウォーズ2017年12月5日に開催された[55]

受賞者
最優秀選手賞 日本の旗 小林悠川崎フロンターレ
得点王 日本の旗 小林悠川崎フロンターレ
ベストヤングプレーヤー賞 日本の旗 中山雄太柏レイソル
最優秀監督賞 日本の旗 鬼木達川崎フロンターレ
優秀監督賞(J1) 大韓民国の旗 尹晶煥セレッソ大阪
優秀監督賞(J2) 大韓民国の旗 曺貴裁湘南ベルマーレ
優秀監督賞(J3) 日本の旗 杉山弘一ブラウブリッツ秋田
最優秀主審賞 日本の旗 西村雄一
最優秀副審賞 日本の旗 相樂亨
フェアプレー賞 高円宮杯 サンフレッチェ広島
フェアプレー賞 (J1) ベガルタ仙台
セレッソ大阪
FC東京
サガン鳥栖
川崎フロンターレ
ガンバ大阪
ジュビロ磐田
フェアプレー賞 (J2) 大分トリニータ
松本山雅FC
愛媛FC
東京ヴェルディ
ファジアーノ岡山
モンテディオ山形
ツエーゲン金沢
フェアプレー賞 (J3) ブラウブリッツ秋田
アスルクラロ沼津
Y.S.C.C.横浜
セレッソ大阪U-23
グルージャ盛岡
AC長野パルセイロ
福島ユナイテッドFC
フェアプレー個人賞 日本の旗 中澤佑二横浜F・マリノス
日本の旗 柿谷曜一朗セレッソ大阪
日本の旗 水本裕貴サンフレッチェ広島
功労選手賞 日本の旗 市川大祐
日本の旗 大島秀夫
最優秀育成クラブ賞 FC東京
最優秀ゴール賞 日本の旗 関根貴大浦和レッズ)第17節 vs広島戦 90分(埼玉)

ベストイレブン[編集]

ポジション 選手名 受賞回数 所属クラブ
GK 日本の旗 中村航輔 柏レイソル
DF 日本の旗 昌子源 2 鹿島アントラーズ
日本の旗 西大伍 鹿島アントラーズ
ブラジルの旗 エウシーニョ 川崎フロンターレ
日本の旗 車屋紳太郎 川崎フロンターレ
MF 日本の旗 中村憲剛 7 川崎フロンターレ
日本の旗 井手口陽介 ガンバ大阪
日本の旗 山口蛍 2 セレッソ大阪
FW 日本の旗 興梠慎三 浦和レッズ
日本の旗 小林悠 2 川崎フロンターレ
日本の旗 杉本健勇 セレッソ大阪

月間MVP[編集]

J1 J2
選手 所属 出典 選手 所属 出典
2月・3月 ラファエル・シルバ 浦和レッズ [56] 渡大生 徳島ヴォルティス [57]
4月 興梠慎三 浦和レッズ [58] イバ 横浜FC [59]
5月 中村航輔 柏レイソル [60] ウェリントン アビスパ福岡 [61]
6月 中澤佑二 横浜F・マリノス [62] 秋元陽太 湘南ベルマーレ [63]
7月 杉本健勇 セレッソ大阪 [64] 赤嶺真吾 ファジアーノ岡山 [65]
8月 金崎夢生 鹿島アントラーズ [66] ガブリエル・シャビエル 名古屋グランパス [67]
9月 小林悠 川崎フロンターレ [68] 工藤浩平 松本山雅FC [69]
10月 ジェイ 北海道コンサドーレ札幌 [70] ドウグラス・ヴィエイラ 東京ヴェルディ [71]
11月・12月 小林悠 川崎フロンターレ [72] 前田悠佑 V・ファーレン長崎 [73]

月間ベストゴール[編集]

J1
選手 所属 対戦相手(試合会場) 得点時間 出典
2月・3月 ダビド・バブンスキー 横浜F・マリノス 2節 札幌(ニッパツ) 47分 [74]
4月 中村俊輔 ジュビロ磐田 8節 鹿島(カシマ) 21分 [75]
5月 クリスラン ベガルタ仙台 13節 新潟(ユアスタ) 84分 [76]
6月 山口蛍 セレッソ大阪 16節 仙台(ユアスタ) 68分 [77]
7月 関根貴大 浦和レッズ 17節 広島(埼玉) 90+2分 [78]
8月 北川航也 清水エスパルス 21節 C大阪(アイスタ) 73分 [79]
9月 森谷賢太郎 川崎フロンターレ 28節 C大阪(等々力) 58分 [80]
10月 杉本健勇 セレッソ大阪 29節 鳥栖 (ベアスタ) 25分 [81]
11月・12月 ジェイ 北海道コンサドーレ札幌 34節 鳥栖 (札幌ド) 6分 [82]

協賛団体[編集]

2017年 Jリーグパートナー(協賛団体)一覧(特記なき物は2016年12月13日決定[83]
協賛カテゴリー種別 協賛団体名 契約開始年度
Jリーグタイトルパートナー 明治安田生命保険 2015年
Jリーグトップパートナー キヤノン
キヤノンマーケティングジャパン
1996年
アイデム 2005年
明治安田生命保険 2014年
ルートインジャパン 2015年
イオンリテール
エレクトロニック・アーツEAスポーツ 2016年
TAG HEUER, Branch of LVMH Swiss Manufactures SA
マスターカード・ジャパン 2017年
NTTドコモ 2017年[注 1]
Jリーグ百年構想パートナー 朝日新聞社 2003年
リーグカップ戦スポンサー ヤマザキビスケット 1992年
スーパーカップスポンサー 富士ゼロックス 1994年
Jリーグオフィシャルエクイップメントパートナー モルテン 1993年
アディダス ジャパン 2005年
Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナー Perform Investment LimitedDAZN 2017年
Jリーグスポーツ振興パートナー 日本スポーツ振興センタースポーツ振興くじ <toto>) 2003年
Jリーグオフィシャルチケッティングパートナー ぴあ 2012年
JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー 楽天 2017年[注 2]
Jリーグオフィシャルテクノロジーパートナー NTTグループ 2017年[注 1]
Jリーグサポーティングカンパニー ヤフーYahoo! JAPAN 2015年
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー
デロイトトーマツコンサルティング
2017年[注 3]

Jリーグ百年構想クラブ[編集]

特記なしはいずれも日本フットボールリーグ(JFL)所属
前年度からの継続

2018年度クラブライセンス審査結果[編集]

2017年9月26日、Jリーグは2018シーズンのクラブライセンスのうち、J1・J2のライセンスについて、クラブライセンス交付第一審機関(FIB)による審査結果を発表した[36]。J2ライセンス以上についてはJ1・J2の40クラブ、J3の7クラブ(栃木・富山・長野・鳥取・北九州・鹿児島・琉球)の計47クラブから申請があり、申請した47クラブ全てにライセンスが交付された。鹿児島・琉球は初のJ2ライセンス交付となる。

一方、J3クラブライセンスについては、まず2017年9月28日に「J3入会を希望するクラブ」に対するJ3クラブライセンス申請の審査結果が公表され[84]、申請のあった八戸・武蔵野・奈良・今治の4クラブのうち、武蔵野を除く3クラブに対してJ3ライセンス交付の判定となったことを発表した。今治は初のJ3ライセンス交付となる。武蔵野については、本拠地の武蔵野陸上競技場がJ3クラブライセンス基準を満たさないとして不交付の判定となった。2017年10月24日には、J2以上のライセンスを取得していない、J3リーグに参加している7クラブ(盛岡・秋田・福島・YS横浜・相模原・藤枝・沼津)に対するライセンス申請の審査結果が公表され、すべてのクラブにライセンス交付の判定の結果となった[85]。なお、Jリーグ百年構想クラブのうち、JFLに所属する栃木ウーヴァFC、地域リーグ(関東サッカーリーグ 2部)に所属するtonan前橋はJ3ライセンス申請を行っていない。

クラブ名の後ろに「Arrowupgreen.png」が付いたクラブは当該ライセンスを初めて交付されたクラブ。

  • J1ライセンス(40クラブ) - 札幌・仙台・山形・鹿島・栃木・群馬・浦和・大宮・千葉・柏・FC東京・東京V・川崎・横浜FM・横浜FC・湘南・甲府・松本・新潟・富山・金沢・清水・磐田・名古屋・岐阜・京都・G大阪・C大阪・神戸・岡山・広島・山口・徳島・愛媛・福岡・北九州・鳥栖・長崎・熊本・大分
  • J2ライセンス(7クラブ) - 水戸・町田・長野・鳥取・讃岐・鹿児島Arrowupgreen.png・琉球Arrowupgreen.png
  • J3ライセンス(10クラブ) - 八戸・盛岡・秋田・福島・YS横浜・相模原・藤枝・沼津・奈良・今治Arrowupgreen.png

注釈[編集]

  1. ^ a b 2017年6月30日発表[29]
  2. ^ 2017年4月25日発表[17]
  3. ^ 2017年5月25日発表[24]

出典[編集]

  1. ^ “JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結 ~2017年からライブストリーミングサービス「DAZN」で明治安田生命J1、J2、J3を全試合生中継~” (プレスリリース), (2016年7月20日), http://www.jleague.jp/release/post-44293/ 2016年9月18日閲覧。 
  2. ^ “2017Jサテライトリーグ参加クラブ決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年2月23日), http://www.jleague.jp/release/post-48194/ 2017年2月23日閲覧。 
  3. ^ “「2017JリーグDAZNニューイヤーカップ」  大会概要決定 ~「DAZN」で全試合生中継~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年1月11日), http://www.jleague.jp/release/post-47720/ 2017年1月11日閲覧。 
  4. ^ “2017明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年1月12日), http://www.jleague.jp/release/post-47739/ 2017年1月12日閲覧。 
  5. ^ 2017シーズンの日程が発表【Jリーグ】”. 日本プロサッカーリーグ (2017年1月25日). 2017年1月25日閲覧。
  6. ^ 2017JリーグYBCルヴァンカップ全試合で追加副審導入決定”. 日本プロサッカーリーグ (2017年2月23日). 2017年2月23日閲覧。
  7. ^ “レノファ山口FCホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年2月23日), http://www.jleague.jp/release/post-48198/ 2017年2月23日閲覧。 
  8. ^ “本日開催試合におけるDAZN視聴について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年2月27日), http://www.jleague.jp/release/post-48235/ 2017年2月27日閲覧。 
  9. ^ “シャペコエンセに対する義援金について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年3月21日), http://www.jleague.jp/release/post-48414/ 2017年3月21日閲覧。 
  10. ^ “レノファ山口FCホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年3月21日), http://www.jleague.jp/release/post-48411/ 2017年3月21日閲覧。 
  11. ^ “J3藤枝「クモ男」シジマール22年ぶり現役復帰 54歳、選手登録追加”. スポーツニッポン. (2017年3月31日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/03/31/kiji/20170331s00002000251000c.html 2017年3月31日閲覧。 
  12. ^ “登録選手追加・変更・抹消のお知らせ(2017/04/28)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年4月28日), https://www.jleague.jp/release/post-48783/ 2017年4月29日閲覧。 
  13. ^ 明治安田生命J2リーグ 第29節~第42節 8-20(日)~11-19(日) 後半日程発表”. 日本プロサッカーリーグ (2017年4月6日). 2017年4月6日閲覧。
  14. ^ 明治安田生命J3リーグ 第19節~第34節 8-19(土)~12-3(日) 後半日程発表”. 日本プロサッカーリーグ (2017年4月6日). 2017年4月6日閲覧。
  15. ^ “2017明治安田生命J3リーグ 第5節 久保建英 選手(F東23) J3リーグ戦最年少得点記録更新 15歳10ヶ月11日” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年4月15日), http://www.jleague.jp/release/post-48648/ 2017年4月18日閲覧。 
  16. ^ “J1リーグ戦 通算20,000ゴール!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年4月21日), http://www.jleague.jp/release/post-48701/ 2017年4月21日閲覧。 
  17. ^ a b “JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年4月25日), http://www.jleague.jp/release/post-48707/ 2017年4月26日閲覧。 
  18. ^ “Jリーグインターナショナルシリーズ 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017 開催決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年4月27日), https://www.jleague.jp/release/post-48764/ 2017年4月27日閲覧。 
  19. ^ “横浜F・マリノスホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年4月27日), https://www.jleague.jp/release/post-48752/ 2017年4月27日閲覧。 
  20. ^ “徳島ヴォルティスホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年4月27日), https://www.jleague.jp/release/post-48755/ 2017年4月27日閲覧。 
  21. ^ “2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第5節 土屋征夫 選手(甲府) リーグカップ戦最年長得点記録更新 42歳9ヶ月10日” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年5月10日), https://www.jleague.jp/release/post-48870/ 2017年5月10日閲覧。 
  22. ^ “明治安田生命Jリーグ タイでの放送開始のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年5月18日), https://www.jleague.jp/release/post-48948/ 2017年5月18日閲覧。 
  23. ^ “福島ユナイテッドFCホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年5月25日), https://www.jleague.jp/release/post-49013/ 2017年5月25日閲覧。 
  24. ^ a b “2017Jリーグサポーティングカンパニー契約決定決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年5月25日), https://www.jleague.jp/release/post-49017/ 2017年12月13日閲覧。 
  25. ^ “2017/2018年競技規則の改正について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年6月19日), https://www.jleague.jp/release/post-49198/ 2017年6月19日閲覧。 
  26. ^ “スペイン ラ・リーガとの戦略的連携協定の締結について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年6月22日), https://www.jleague.jp/release/post-49285/ 2017年6月22日閲覧。 
  27. ^ “グルージャ盛岡ホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年6月17日), https://www.jleague.jp/release/post-49338/ 2017年6月27日閲覧。 
  28. ^ “役員退任について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年6月27日), https://www.jleague.jp/release/post-49379/ 2017年6月27日閲覧。 
  29. ^ a b “2017年Jリーグトップパートナー&オフィシャルテクノロジーパートナー契約決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年6月30日), https://www.jleague.jp/release/post-49414/ 2017年7月12日閲覧。 
  30. ^ Jリーグ 後半戦日程発表”. 日本プロサッカーリーグ (2017年7月19日). 2017年7月19日閲覧。
  31. ^ “7対4…なんのスコア? J2で最多得点記録更新 4点差追いつかれた名古屋が勝利”. スポーツニッポン. (2017年8月6日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/08/06/kiji/20170806s00002180289000c.html 2017年8月6日閲覧。 
  32. ^ “2017明治安田生命J2リーグ 第33節 愛媛FC vs 京都サンガF.C. 開催中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月16日), https://www.jleague.jp/release/post-50628/ 2017年9月16日閲覧。 
  33. ^ “2017明治安田生命J2リーグ 第33節 愛媛FC vs 京都サンガF.C. 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月26日), https://www.jleague.jp/release/post-50805/ 2017年9月26日閲覧。 
  34. ^ “2017明治安田生命J2リーグ 第33節 ロアッソ熊本 vs アビスパ福岡 開催中止および代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月16日), https://www.jleague.jp/release/post-50621/ 2017年9月16日閲覧。 
  35. ^ “2017明治安田生命J3リーグ 第23節 セレッソ大阪U-23 vs ギラヴァンツ北九州 開催中止および代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月16日), https://www.jleague.jp/release/post-50613/ 2017年9月16日閲覧。 
  36. ^ a b “クラブライセンス交付第一審機関(FIB)決定による 2018シーズン Jリーグクラブライセンス判定について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月26日), https://www.jleague.jp/release/post-50795/ 2017年9月26日閲覧。 
  37. ^ “2018シーズン以降のJリーグYBCルヴァンカップ 大会方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月28日), https://www.jleague.jp/release/post-50812/ 2017年9月28日閲覧。 
  38. ^ “京都サンガF.C.ホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月28日), https://www.jleague.jp/release/post-50837/ 2017年9月28日閲覧。 
  39. ^ “ヴァンラーレ八戸FCホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月28日), https://www.jleague.jp/release/post-50840/ 2017年9月28日閲覧。 
  40. ^ “湘南ベルマーレ ホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年10月24日), https://www.jleague.jp/release/post-51320/ 2017年10月24日閲覧。 
  41. ^ “水戸ホーリーホック ホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年11月21日), https://www.jleague.jp/release/post-51680/ 2017年11月21日閲覧。 
  42. ^ “グルージャ盛岡 ホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年12月12日), https://www.jleague.jp/release/post-51944/ 2017年11月12日閲覧。 
  43. ^ a b “2017明治安田生命J3リーグ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年12月13日), http://www.jleague.jp/release/post-47368/ 2016年12月13日閲覧。 
  44. ^ “来季のJ2降格決定 昇格14年目で初”. 新潟日報. (2017年11月18日). http://www.niigata-nippo.co.jp/albirex/soccer/20171118358291.html 2017年11月19日閲覧。 
  45. ^ “大宮が3年ぶり2度目のJ2降格決定…直接対決はスコアレス、甲府は今節での降格回避”. ゲキサカ (講談社). (2017年11月26日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?231831-231831-fl 2017年11月26日閲覧。 
  46. ^ “湘南のJ1復帰決まる=J2”. 時事通信. (2017年10月28日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102800521&g=scr 2017年10月29日閲覧。 
  47. ^ “長崎がJ1初昇格=J2”. 時事通信. (2017年11月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111100492&g=scr 2017年11月11日閲覧。 
  48. ^ “ザスパクサツ群馬のJ3降格が決定…今季5勝5分け32敗と低迷”. サッカーキング. (2017年12月3日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20171203/678245.html 2017年12月4日閲覧。 
  49. ^ “栃木SC、3年ぶりJ2復帰 最終戦、沼津と1-1ドロー”. 下野新聞. (2017年12月4日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20171204/2894535 2017年12月4日閲覧。 
  50. ^ “名古屋、逆転勝利でPO決勝進出! “苦手”千葉を撃破、シモビッチがハット”. サッカーキング (フロムワン). (2017年11月26日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20171126/673906.html 2017年11月26日閲覧。 
  51. ^ “福岡山瀬V弾「最後は集中して守れた」J1復帰王手”. 日刊スポーツ. (2017年11月26日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/201711260000643.html 2017年11月26日閲覧。 
  52. ^ データスタジアム (2017年12月1日). “チームスタイルで占うJ1昇格PO決勝 最多得点の名古屋、最少失点の福岡を分析”. スポーツナビ. Yahoo! JAPAN. 2017年12月4日閲覧。
  53. ^ a b c d “J1昇格最後の椅子は名古屋グランパスに!スコアレスドローも年間順位で/J1昇格プレーオフ”. GOAL.com. (2017年12月3日). http://www.goal.com/jp/%E8%A9%A6%E5%90%88/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9-%E5%AF%BE-%E3%82%A2%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%91%E7%A6%8F%E5%B2%A1/%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88/bfdzam9kbvtu3sxemem7bvbe2 2017年12月4日閲覧。 
  54. ^ “J1昇格プレーオフ決勝 1点遠く、福岡J1逃す 名古屋とドロー”. 毎日新聞(西部本社版). (2017年12月4日). https://mainichi.jp/articles/20171204/ddp/035/050/009000c 2017年12月4日閲覧。 
  55. ^ “2017Jリーグ 各賞発表のお知らせ 最優秀選手賞は小林 悠選手(川崎フロンターレ)が初受賞 ~得点王とのダブル受賞は史上6人目!~”. 日本プロサッカーリーグ. (2017年12月5日). https://www.jleague.jp/release/post-51879/ 2017年12月5日閲覧。 
  56. ^ 2017年2月・3月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2017年4月6日). 2017年4月6日閲覧。
  57. ^ 2017年2月・3月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2017年4月6日). 2017年4月6日閲覧。
  58. ^ 2017年4月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2017年5月12日). 2017年5月12日閲覧。
  59. ^ 2017年4月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2017年5月12日). 2017年5月12日閲覧。
  60. ^ 2017年5月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2017年6月9日). 2017年6月9日閲覧。
  61. ^ 2017年5月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2017年6月9日). 2017年6月9日閲覧。
  62. ^ 2017年6月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2017年7月7日). 2017年7月7日閲覧。
  63. ^ 2017年6月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2017年7月7日). 2017年7月7日閲覧。
  64. ^ 2017年7月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2017年8月8日). 2017年8月8日閲覧。
  65. ^ 2017年7月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2017年8月8日). 2017年8月8日閲覧。
  66. ^ 2017年8月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2017年9月11日). 2017年9月11日閲覧。
  67. ^ 2017年8月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2017年9月11日). 2017年9月11日閲覧。
  68. ^ 2017年9月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2017年10月12日). 2017年10月12日閲覧。
  69. ^ 2017年8月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2017年10月12日). 2017年10月12日閲覧。
  70. ^ 2017年10月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。
  71. ^ 2017年10月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。
  72. ^ 2017年11月・12月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2017年12月4日). 2017年12月4日閲覧。
  73. ^ 2017年11月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2017年11月24日). 2017年11月24日閲覧。
  74. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2017年2・3月”. J.LEAGUE.jp (2017年4月6日). 2017年4月6日閲覧。
  75. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2017年4月”. J.LEAGUE.jp (2017年5月12日). 2017年5月12日閲覧。
  76. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2017年5月”. J.LEAGUE.jp (2017年6月9日). 2017年6月9日閲覧。
  77. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2017年6月”. J.LEAGUE.jp (2017年7月7日). 2017年7月7日閲覧。
  78. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2017年7月”. J.LEAGUE.jp (2017年8月8日). 2017年8月8日閲覧。
  79. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2017年8月”. J.LEAGUE.jp (2017年9月11日). 2017年9月11日閲覧。
  80. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2017年9月”. J.LEAGUE.jp (2017年10月12日). 2017年10月12日閲覧。
  81. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2017年10月”. J.LEAGUE.jp (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。
  82. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2017年11月・12月”. J.LEAGUE.jp (2017年12月4日). 2017年12月4日閲覧。
  83. ^ “2017年Jリーグオフィシャルパートナー契約決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年12月12日), https://www.jleague.jp/release/post-47377/ 2017年12月13日閲覧。 
  84. ^ “2018シーズン J3クラブライセンス判定結果について (J3入会を希望するクラブ)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月26日), https://www.jleague.jp/release/post-50832/ 2017年9月26日閲覧。 
  85. ^ “2018シーズン J3クラブライセンス判定結果について(現J3クラブ)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年10月24日), https://www.jleague.jp/release/post-51315/ 2017年10月24日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]