2017年のJリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jリーグ > 2017年のJリーグ
2017年のJリーグ
J1
期間 2017年2月25日 - 12月2日
34節/合計306試合
J2
期間 2017年2月26日 - 11月19日
42節/合計462試合
J3
期間 2017年3月11日 - 12月3日
34節/合計272試合
YBCルヴァンカップ
2016
2018

この項目では、2017年シーズンの日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)について述べる。

概要[編集]

Jリーグ発足から25年目のシーズンになる。

この年から放映権の更新に伴い、メディア中継はそれまでのスカパー!によるテレビ中継からパフォーム・グループが展開するOTT(ライブ動画配信)サービス「DAZN」がメインとなる見込み[1]

JサテライトリーグにはJ1のベガルタ仙台アルビレックス新潟清水エスパルスサンフレッチェ広島、J2の湘南ベルマーレの5チームが参加する[2]

できごと[編集]

1月11日
プレシーズンマッチの一環である「JリーグDAZNニューイヤーカップ」(「Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ」改め)の開催が発表された。前年同様宮崎県鹿児島県沖縄県で開催される。全試合がパフォーム・グループが展開するOTT(ライブ動画配信)サービス「DAZN」で全試合生中継される[3]
1月12日
J1、J2、J3各クラブのホーム開幕カードが発表された。J1は2月25日と26日、J2は2月26日、J3は3月11日と12日に開幕を迎える[4]
1月25日
J1、J2、J3及びYBCルヴァンカップの全試合日程が発表された[5]
2月23日
この日行われた理事会で、JリーグYBCルヴァンカップ全試合で追加副審(アディショナル・アシスタント・レフェリー、AAR)を導入することを決定した[6]
また、同理事会でレノファ山口FCのホームタウンを「山口市・下関市・山陽小野田市・宇部市・防府市・周南市・美祢市を中心とする全県」に変更(美祢市を追加)することを承認した[7]
2月26日
この日行われたJ1 第1節のガンバ大阪ヴァンフォーレ甲府とJ2 第1節の愛媛FCツエーゲン金沢の2試合がDAZNで視聴ができない状態となり、2試合はJリーグの公式YouTubeチャンネルで試合映像を配信する処置をとった[8]
3月21日
この日行われた理事会で2016年11月に発生したラミア航空2933便墜落事故により被害を受けた、ブラジルセリエA所属のシャペコエンセに対して義援金100万円を拠出することを決定。同年8月に開催されるスルガ銀行チャンピオンシップに同クラブが出場予定のため、来日した際にJリーグの主管試合にて実施した義援金募金と合わせてお渡しする予定[9]
また、同理事会でレノファ山口FCのホームタウンを「山口市・下関市・山陽小野田市・宇部市・防府市・周南市・美祢市・萩市・下松市・岩国市・光市・長門市・柳井市・周防大島町・和木町・上関町・田布施町・平生町・阿武町【山口県全県】」に変更(萩市・下松市・岩国市・光市・長門市・柳井市・周防大島町・和木町・上関町・田布施町・平生町・阿武町を追加)することを承認した[10]
3月31日
藤枝MYFCが54歳のシジマールGKコーチを選手登録。選手の負傷に伴う第3GKの位置づけだが、Jリーグへの選手登録は22年振りで、50歳台のJリーガーはこの年出場し最年長ゴール記録を更新した三浦知良横浜FC)について2人目[11]
4月6日
J2 第29節以降、J3 第19節以降の開催日が発表された[12][13]
4月15日
この日行われたJ3 第5節・セレッソ大阪U-23vsFC東京U-23ヤンマースタジアム長居)で、FC東京U-23の久保建英が15歳10カ月11日でJリーグ初ゴール。J3リーグ戦最年少得点記録を更新するとともに、J1・J2を含めた全カテゴリでも森本貴幸(当時東京ヴェルディ)の持っていた15歳11ヶ月28日での最年少ゴールを上回る記録となった[14]
4月21日
この日行われたJ1 第8節・川崎フロンターレvs清水エスパルス等々力陸上競技場)で、清水の金子翔太が14分に挙げた得点が、J1リーグ戦通算20000万得点に到達した[15]

J1[編集]

J2[編集]

J3[編集]

表彰[編集]

月間MVP[編集]

J1 J2
選手 所属 出典 選手 所属 出典
2月・3月 ラファエル・シウバ 浦和レッズ [16] 渡大生 徳島ヴォルティス [17]

月間ベストゴール[編集]

J1 J2
選手 所属 対戦相手(試合会場) 得点時間 出典 選手 所属 対戦相手(試合会場) 得点時間 出典
2月・3月 ダビド・バブンスキー 横浜F・マリノス 2節 札幌(ニッパツ) 47分 [18]

協賛団体[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結 ~2017年からライブストリーミングサービス「DAZN」で明治安田生命J1、J2、J3を全試合生中継~” (プレスリリース), (2016年7月20日), http://www.jleague.jp/release/post-44293/ 2016年9月18日閲覧。 
  2. ^ “2017Jサテライトリーグ参加クラブ決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年2月23日), http://www.jleague.jp/release/post-48194/ 2017年2月23日閲覧。 
  3. ^ “「2017JリーグDAZNニューイヤーカップ」  大会概要決定 ~「DAZN」で全試合生中継~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年1月11日), http://www.jleague.jp/release/post-47720/ 2017年1月11日閲覧。 
  4. ^ “2017明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年1月12日), http://www.jleague.jp/release/post-47739/ 2017年1月12日閲覧。 
  5. ^ 2017シーズンの日程が発表【Jリーグ】”. 日本プロサッカーリーグ (2017年1月25日). 2017年1月25日閲覧。
  6. ^ 2017JリーグYBCルヴァンカップ全試合で追加副審導入決定”. 日本プロサッカーリーグ (2017年2月23日). 2017年2月23日閲覧。
  7. ^ “レノファ山口FCホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年2月23日), http://www.jleague.jp/release/post-48198/ 2017年2月23日閲覧。 
  8. ^ “本日開催試合におけるDAZN視聴について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年2月27日), http://www.jleague.jp/release/post-48235/ 2017年2月27日閲覧。 
  9. ^ “シャペコエンセに対する義援金について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年3月21日), http://www.jleague.jp/release/post-48414/ 2017年3月21日閲覧。 
  10. ^ “レノファ山口FCホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年3月21日), http://www.jleague.jp/release/post-48411/ 2017年3月21日閲覧。 
  11. ^ “J3藤枝「クモ男」シジマール22年ぶり現役復帰 54歳、選手登録追加”. スポーツニッポン. (2017年3月31日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/03/31/kiji/20170331s00002000251000c.html 2017年3月31日閲覧。 
  12. ^ 明治安田生命J2リーグ 第29節~第42節 8-20(日)~11-19(日) 後半日程発表”. 日本プロサッカーリーグ (2017年4月6日). 2017年4月6日閲覧。
  13. ^ 明治安田生命J3リーグ 第19節~第34節 8-19(土)~12-3(日) 後半日程発表”. 日本プロサッカーリーグ (2017年4月6日). 2017年4月6日閲覧。
  14. ^ “2017明治安田生命J3リーグ 第5節 久保建英 選手(F東23) J3リーグ戦最年少得点記録更新 15歳10ヶ月11日” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年4月15日), http://www.jleague.jp/release/post-48648/ 2017年4月18日閲覧。 
  15. ^ “J1リーグ戦 通算20,000ゴール!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年4月21日), http://www.jleague.jp/release/post-48701/ 2017年4月21日閲覧。 
  16. ^ 2017年2月・3月の月間MVP(J1)”. J.LEAGUE.jp (2017年4月6日). 2016年4月8日閲覧。
  17. ^ 2017年2月・3月の月間MVP(J2)”. J.LEAGUE.jp (2016年4月6日). 2016年4月8日閲覧。
  18. ^ Jリーグ最優秀ゴール賞(J1) 2017年2・3月”. J.LEAGUE.jp (2017年4月6日). 2016年3月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]