レノファ山口FC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レノファ山口FC
原語表記 レノファ山口FC
呼称 レノファ山口FC[1]
愛称 レノファ
クラブカラー      オレンジ[1]
創設年 1949年
所属リーグ 日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン J2リーグ
クラブライセンス J1
ホームタウン 山口市下関市山陽小野田市宇部市防府市周南市美祢市萩市下松市岩国市光市長門市柳井市周防大島町和木町上関町田布施町平生町阿武町山口県全県】[2]
ホームスタジアム
Ishin Memorial Park Stadium Seating assignment.JPG
維新みらいふスタジアム[1]
収容人数 15,115人[1]
運営法人 株式会社レノファ山口[1]
代表者 日本の旗河村孝
監督 日本の旗 霜田正浩
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社レノファ山口
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
753-0067
山口県山口市赤妻町3-5[3]
設立 2013年11月1日
法人番号 8250001014396
事業内容 スポーツ振興、子供の健全育成
代表者 日本の旗 河村孝(代表取締役社長)
資本金 9,900万円 (2018年1月期)[4]
売上高 10億1,900万円 (2018年1月期)[4]
営業利益 ▲2,900万円 (2018年1月期)[4]
経常利益 ▲2,900万円 (2018年1月期)[4]
純利益 ▲2,400万円 (2018年1月期)[4]
純資産 9,900万円 (2018年1月期)[4]
総資産 3億5,900万円 (2018年1月期)[4]
決算期 1月
テンプレートを表示

レノファ山口FC(レノファやまぐちエフシー、Renofa Yamaguchi FC)は、日本山口県全19市町をホームタウンとする[2]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要[編集]

1949年創設の「山口県サッカー教員団」を起源とし、2006年にクラブチーム化して発足した。クラブ名称の「レノファ」は、「renovation(維新)」の頭文字「レノ」と「fight(戦う)」や「fine(元気)」の「ファ」を合わせて作られた造語である。「山口県民に愛され、山口県民へ感動・勇気・元気を与える山口県民による真の地元クラブを創造する」ことをチーム理念としている[5]

運営母体は2006年から2010年までは任意団体「レノファ山口FC」、2011年から2013年は「特定非営利活動法人山口アスレチッククラブ」(YAC)、2014年以降は「株式会社レノファ山口」である。なおトップチームの運営から離れたYACはスポーツ振興くじ (toto) を活用したサッカー教室を行っている[6]

ホームタウンは、Jリーグ準加盟時は「山口市を中心とする山口県全県」であった[7] が、Jリーグへの正式入会を前にした2014年9月に、ホームゲームを開催している下関市と練習場のある山陽小野田市をホームタウンの中心となる自治体に追加。さらに「Jリーグ加盟に向けたクラブを取り巻く環境の拡大」をテーマに、主催試合を開催する山口市と下関市の県内2大都市を結ぶ、山陽小野田市と宇部市を重点的なホームタウン活動地域と位置付け[8]、宇部市の承諾が得られたことから、2015年7月に宇部市もホームタウンの中心となる自治体に追加している[9]。2016年9月に防府市と周南市をホームタウンの中心となる自治体に追加[10] し、さらに2016年シーズンオフに美祢市など県内各自治体に対してホームタウンへの協力要請を行い、2017年3月21日付で県内全19市町がホームタウンとして登録された[2]

クラブエンブレムは2013年3月に一新されたもので、一般公募約30点の中から周南市在住のウェブデザイナーである斉藤寛和がデザインしたものが採用された[11]。山口市のシンボルの一つである瑠璃光寺五重塔国宝)のシルエットをバックに、中心のサッカーボールには長州藩毛利氏)の紋章(一文字に三つ星)をアレンジした模様が描かれ、外枠はをイメージした形となっている[11]。チームカラーは山口県を代表する色の一つでもあるオレンジ。

オフィシャルマスコットは、戦う“獅子”と維新の“志士”をモチーフとした「レノ丸」。2016年1月30日に発表された[12]

歴史[編集]

前史[編集]

1949年に創設された山口県内の教員を中心に「山口県サッカー教員団」(山口教員団、山口KFC)として発足。1976年第56回天皇杯に中国地区代表として初出場を果たす。1980年中国サッカーリーグに昇格、FW宮成隆の活躍もあって1982年1989年には全国地域サッカーリーグ決勝大会(地域決勝)に進出する(いずれも1次ラウンド敗退)などの成績を収めた。1997年に中国リーグで最下位となり山口県リーグへ降格したが、2000年に中国リーグへ復帰。2003年にも再度県リーグに降格したが、2005年に中国リーグへ復帰している。

2006年 - 2013年(中国リーグ)[編集]

2006年2月20日、山口県サッカー協会が山口教員団を母体とする、山口県からJリーグ参入を目指すクラブの創設を発表[13]。2011年の第66回国民体育大会(おいでませ!山口国体)での優勝と、2015年からのJ1昇格を目標に掲げた。GM兼監督にはクラブOBの宮成隆が就任することになり、4月に任意団体として「レノファ山口FC」が発足した。

2008年
同年の中国リーグを無敗で制し、山口教員団時代を通じて初優勝[14]第32回地域決勝では1次ラウンドグループCで静岡FCグルージャ盛岡松本山雅FCを下して決勝ラウンドへ進出するが、FC町田ゼルビアV・ファーレン長崎ホンダロック相手に1得点も挙げられず4位となり、日本フットボールリーグ (JFL) 昇格を逃す。
2009年
チームスローガン:「粘り勝つ! 常昇[15]
G大阪伊藤博幹ら経験者を中心に11名を補強[15]同年の中国リーグでは連覇は逃したが、優勝した佐川急便中国地域決勝出場を辞退したため、繰り上げで2年連続で地域決勝に進出。1次ラウンドグループCで沖縄かりゆしFCにPK戦で勝利し、浜松大学FCに勝利するも松本山雅FCに敗れてグループ2位となり敗退。
第89回天皇杯では三菱水島FCを下して初勝利を上げ、Jリーグ勢との対戦を実現させた(川崎フロンターレに敗戦)。
宮成はこの年限りで監督を退任、教職を辞して総監督・GMに専念することとなった。
2010年
J1広島元コーチの月岡利明を新監督に迎え、同年の中国リーグで2年ぶりに優勝。第34回地域決勝に3年連続で出場を果たすが、1次ラウンドグループAでY.S.C.C.HOYO Atletico ELAN大分に連敗しこの時点でグループ敗退が決定。SC相模原には意地を見せたものの、結局グループ最下位で終了。
2011年
チームスローガン:「GO for All[16]
5月24日、本格的にJリーグ入りを目指すべく、運営母体となる特定非営利活動法人(NPO法人)山口アスレチック・クラブを設立。同日より運営を同団体に移管した[17]
チーム発足時の目標の一つに挙げた山口国体では、初戦で鹿児島県代表(鹿屋体育大学)に4-2で破れ一回戦敗退に終わる[18]
同年の中国リーグではデッツォーラ島根に次ぐ2位となり地域決勝進出を逃す。月岡はこの年で監督を退任。
2012年
監督に山口県出身でレオーネ山口代表の河村孝が就任。同年の中国リーグでは4位にとどまり、同年度の全社でも2回戦敗退でJFL昇格を逃すなど低迷。河村はこの年で監督を退任し、宮成の後任としてGMに就任した[19]
12月3日には山口市道場門前にアンテナショップをオープン。グッズ販売や展示を行う[20]
2013年
チームスローガン:「異体同心[11]
監督には前年までレノファでプレーし、2012年限りで現役を引退した中山元気が就任[21]。J3創設が発表されたことを受け、クラブはJ3入りに向けて大きく舵を切ることになる。6月10日にJリーグ準加盟申請が受理され[22]8月20日Jリーグ準加盟クラブとして承認された。また、11月1日には財務面の強化を目的として運営母体をNPO山口アスレチック・クラブから株式会社レノファ山口に移管[23]、社長にGMの河村孝が就任した。
同年の中国リーグファジアーノ岡山ネクスト、デッツォーラ島根に次ぐ3位の成績。第49回全国社会人サッカー選手権大会で初優勝したことで第37回地域決勝への出場権を獲得したが、地域決勝は1次ラウンド3位の成績で敗退した。なお、地域決勝を制したグルージャ盛岡が地域リーグ勢で唯一J3入会が承認され、レノファは「J3入会審査に及ばず」との結論でJ3入会は成らなかったが、J3入会希望と並行してJFLのチーム数減に伴う入会希望申請も行っており、12月4日のJFL理事会で、入会希望申請チーム枠の1つとして2014年度からのJFL入会が承認された[24]

2014年(JFL)[編集]

前年監督の中山元気が所持する指導者ライセンスではJFLの監督に就任できないことから監督を退任(U-18監督兼トップチームコーチに転出)、後任としてJ1新潟のユースチーム監督で、トップチーム監督代行の経験もある上野展裕が就任した[25]

一方、15選手が契約満了等により退団。新戦力としてJFL・滋賀からGK永冨裕尚、JFL・V大分からFW島屋八徳、J3琉球からFW鳥養祐矢とMF三浦旭人をいずれも完全移籍で、松本からMF岩渕良太、J3町田からFW岸田和人をいずれも期限付き移籍でそれぞれ獲得。大卒のGK一森純関西学院大)、DF菊本侑希中京大)、DF池永航大体大)、FW三橋隼斗(明治大)と高卒のDF小池龍太JFAアカデミー福島)の5名が新加入となった。また、開幕後にJFL・栃木Uを退団したDF宮城雅史とJ3町田を退団したDF吉弘充志が共に完全移籍で、福岡からMFジャン・ジョンウォンが期限付き移籍でそれぞれ加入した。また、夏の移籍時期に流経大からMF黒田拓真が新加入、新潟からMF小塚和季長崎からMF西森正明熊本からDF藤本大・FWジョン・ミンヒョク・MF山崎侑輝が期限付き移籍でそれぞれ加入する一方で、MF佐藤亨が退団し、MF福原康太が山口県リーグ1部・FCバレイン下関に、MF田村隆生が中国リーグ・デッツォーラ島根に期限付き移籍した。

ファーストステージは7勝5敗1分けで6位にとどまるものの、セカンドステージは第2節からの6連勝を含む9勝2敗2分けで佐川印刷京都に次ぐ2位。年間順位でHonda FC・佐川印刷京都・鹿児島ユナイテッドFCに次ぐ4位となり、平均観客数も2297人で来季J3の昇格基準である「JFL年間4位以内、且つJリーグ百年構想クラブ内で2位以内、平均観客数が原則2,000人以上」の条件をクリア[26]、11月19日のJリーグ理事会でJリーグ入会(J3参入)が決定した[27]。新加入のFW岸田はJFL得点王にも輝いた。

2015年(J3)[編集]

チームスローガン:「ALL for TEAM[28]

上野体制2年目。契約満了等によりMF飯塚亮、GK寺田賢人、DF高田健吾、MF三浦旭人、DF孫正倫、MF坂本博、DF吉弘充志、MF松元亮仁、DF内山勇斗、FW岡本秀雄、期限付き移籍中だったMF福原康太とMF田村隆生が退団。また、期限付き移籍期間満了により熊本から加入していたMF山崎侑輝(JFL・栃木Uに完全移籍)、DF藤本大(熊本に復帰)、FWジョン・ミンヒョク(熊本も退団)、福岡から加入していたMFジャン・ジョンウォン(福岡も退団)、長崎から加入していたMF西森正明(引退)、松本から加入していたMF岩渕良太琉球に期限付き移籍)がいずれもチームを離れた。加えて、GK永冨裕尚がJFL・滋賀に、FW三橋隼斗がJFL・横河武蔵野にそれぞれ完全移籍することになった。これにより、中国リーグ時代からの選手はDF碇野壱馬(2010年加入)とMF平林輝良寛(2013年加入)の2名だけとなった。

一方、町田から期限付き加入中だった前年JFL得点王のFW岸田和人が完全移籍加入、MF小塚和季新潟からの期限付き移籍期間を延長、JFL・V大分からDF黒木恭平とMF福満隆貴讃岐からGK森田耕一郎、町田からMF庄司悦大をそれぞれ完全移籍で、広島からMFキム・ジョンソク(前年は熊本に期限付き移籍)、横浜FMからMF松本翔Kリーグクラシック水原三星からMFチェ・ジュヨンをそれぞれ期限付き移籍でそれぞれ獲得。また、MF浦紘史佐賀大学)、FW原口拓人関西大学)、DF古澤慶太桐蔭横浜大学)、DF香川勇気阪南大学)、DF廣木雄磨東京学芸大学)、DF泉悠哉徳山大学)、GK村上昌謙大阪体育大学)の大卒7名が新加入となった。開幕後、特別指定選手としてFW川口真史(山口大学)が加入。夏の移籍期間にはMFキム・ジョンソクが広島からの期限付き加入を終了し、DF古澤慶太と共に東海リーグFC刈谷に期限付き移籍した一方で、琉球からDF前田晃一を完全移籍で、愛媛からDF代健司を期限付き移籍で獲得した。

Jリーグ経験者をあまり補強せず、開幕節・鳥取戦のスターティングメンバー11名のうち9名がJリーグ初出場となる顔ぶれで臨んだJ3参入初年度[29] の下馬評は決して高くなかったが、前年から引き続き“細かくパスをつないで崩すサッカー”を徹底[30] し、第2節・J-22戦ではJリーグ記録タイとなる8-0で圧勝する[31] など前線の4人を中心に全員が連動する攻撃的サッカーを展開。第1クール(第1節-第13節)を10勝2敗、第2クール(第14節-第26節)を10勝1分1敗とリーグを席巻する。

しかし、第3クール初戦の第27節・秋田戦に敗れると2度の連敗を喫するなど調子を落とし(第38節までの11試合で5勝1分5敗)、2位町田の猛追もあって第36節終了時点には最大で12あった勝ち点差がなくなるという展開にもつれ込む。迎えた11月23日の最終節、山口は鳥取戦で1-2としてリードされて迎えた後半のアディショナルタイム6分(90+6分)、MF平林輝良寛のゴールに同点に追いつき2-2の引き分け、2位の町田も1-1で長野に引き分けたため、得失点差により参入1年目でのJ3初優勝とJ2初昇格権利を手中に収めた[32]。終わってみれば、得失点差の関係で3位だった第1節を除き最後まで首位をキープしつづけ、36試合で総得点96点・得失点差+60、無得点試合がわずかに2試合、得点ランキング上位をFW岸田和人・MF福満隆貴・MF島屋八徳で独占するという圧倒的攻撃力を印象づけたシーズンとなった[33]

2016年 -(J2)[編集]

2016年
チームスローガン:「志 今から未来へ[34]
上野体制3年目。新たにコーチとして元金沢コーチの山根巌が就任。
契約満了等により、DF池永航、DF泉悠哉(以上JFL・滋賀へ移籍)、DF碇野壱馬(現役引退しアカデミーのスタッフに転身)、MF黒田拓真東海リーグFC刈谷へ移籍)、DF前田晃一藤枝へ移籍)、DF菊本侑希(JFL・浦安へ移籍)、MF浦紘史関西リーグ2部・FCティアモ枚方へ移籍)、GK森田耕一郎の8名が退団。期限付き加入中だったMF松本翔横浜FMも契約満了)、MFチェ・ジュヨンKリーグクラシック水原三星に復帰)、DF代健司富山へ完全移籍)、MF小塚和季新潟に復帰)が期限付き移籍満了となった。また、期限付き移籍中だったDF古澤慶太は新たにJFL・東京武蔵野への期限付き移籍となった。
戦力補強として、秋田からDF島川俊郎鳥取からMF安藤由翔とFW中山仁斗東京VからDF福井諒司、JFL・SP京都からMF加藤大樹福島からDF星雄次盛岡からGK田端信成、Kリーグクラシック・大田からDFユン・シンヨン、元相模原のMF三幸秀稔をそれぞれ完全移籍で、名古屋からMF望月嶺臣、横浜FMからDF北谷史孝をそれぞれ期限付き移籍で獲得。また、DF奥山政幸早稲田大学)とMF篠原宏仁関西大学)が新加入。
シーズン途中には出場機会のなかったDF福井諒司が水戸へ、DF島川俊郎が栃木へそれぞれ期限付き移籍する一方で、FC東京からMF幸野志有人育成型期限付き移籍で、岡山からFW岡本英也を期限付き移籍で、チリ2部スペイン語版CDラ・セレナスペイン語版からアルゼンチン人のMFルシアーノを完全移籍でそれぞれ獲得した。
J2に上がっても前年までの「攻撃的パスサッカー」を継続。堅守速攻型の多いJ2では異色のチームスタイルでシーズン序盤はリーグを席捲し、アウェイで昇格候補のC大阪に逆転勝利するなど一時は3位にまで順位を上げる[35]。しかし得点力と裏腹に序盤から失点も多く、中盤以降他チームに攻撃パターンを研究されるようになってからは得点力も低下し、第28節以降の終盤15試合では2勝5分け8敗(うち無得点試合7試合、複数失点9試合)と大きく負け越し、J2初年度は12位で終えた。
シードチームとして出場した第96回天皇杯は2回戦でアビスパ福岡にPK戦の末勝利し、初めてJ1クラブから勝ち星を挙げた。
2017年
チームスローガン:「志 心ひとつに[36]
上野体制4年目。新たにGKコーチとして前京都GKコーチの平井直人、アシスタントコーチとして前筑波大学蹴球部コーチの御簾納将が就任。
前シーズンリーグ戦全42試合出場のDF小池龍太に、MF庄司悦大岐阜に、MF島屋八徳徳島に、40試合出場のMF福満隆貴C大阪に、30試合出場のGK一森純岡山に、29試合出場のFW中山仁斗山形にそれぞれ完全移籍。またDF奥山政幸町田に完全移籍。水戸に期限付き移籍中だったDF福井諒司がそのまま水戸に、栃木に期限付き移籍中だったDF島川俊郎甲府に、JFL・東京武蔵野に期限付き移籍中だったDF古澤慶太がそのまま東京武蔵野にそれぞれ完全移籍。GK田端信成が現役引退。MFルシアーノ、DF黒木恭平大分に移籍)、MF安藤由翔(栃木に移籍)、FW原口拓人鳥取に移籍)、MF篠原宏仁藤枝に移籍)、MF平林輝良寛(現役引退し名古屋のスクールコーチに転身)、DFユン・シンヨンKリーグチャレンジ大田に移籍)が契約満了により退団、期限付き加入中だったDF北谷史孝、MF幸野志有人(以上長崎に完全移籍)、MF望月嶺臣(京都に完全移籍)がいずれも期限付き移籍満了となった。
一方で、岡山から期限付き加入中だったFW岡本英也が完全移籍加入。徳島からDF福元洋平、山形からDF渡辺広大横浜FCからMF小野瀬康介、栃木からFW大石治寿とGK吉満大介熊本からMF髙柳一誠愛媛からDFパク・チャニョン、京都からMF佐藤健太郎をそれぞれ完全移籍で、札幌からDF前貴之、京都からGK山田元気、C大阪からFW米澤令衣新潟からMF小塚和季横浜FMからFW和田昌士をそれぞれ期限付き移籍で獲得(小塚は2年ぶりの再加入)。MF清永丈瑠関西大学)とMF池上丈二大阪体育大学)が新加入。6月にはU-18所属の松本蓮がクラブ初の2種登録選手となった。
リーグ戦では前年のレギュラーメンバーのほとんどを失い、スタイルを継続してチームの立て直しを図ったが、前年終盤からの決定力不足やセットプレーからの失点などの課題が克服できず、15試合終了時点で6試合勝ち無しの2勝4分9敗の20位に低迷した5月23日に上野が退任[37]。アカデミーダイレクターの猿澤真治が暫定的に指揮を執った2試合を挟み、6月5日にはかつて藤枝B福岡のDFとして活動し、直前までプリメーラB(アルゼンチン2部)クラブ・アルマグロの指揮を執っていたアルゼンチン人カルロス・アルベルト・マジョールの監督就任を発表した[38]
監督交代を経た夏の移籍期間にはFW岡本英也が長野、DF香川勇気が長崎に完全移籍した一方で、ボリビア1部クラブ・ブルーミングからMFマルセロ・ビダルアルゼンチン3部スペイン語版CAアトランタスペイン語版からFWレオナルド・ラモス、マジョールが直前まで指揮を執っていたアルマグロからDFアベル・ルシアッティというアルゼンチン人選手3名を獲得した。さらに、9月2日の第31節・アウェイ京都戦を前に村上昌謙の負傷、山田元気の契約条件に伴う出場不可に伴い、登録GKが吉満大介のみになったことから、GKコーチの平井直人を2010年以来7年ぶりに選手登録(翌週に登録解除)。併せて九州産業大学のGK加藤大喜を特別指定選手として登録した。またFW米澤令衣はシーズン終了を待たずに9月に期限付き移籍終了・C大阪へ復帰となった。
マジョールは就任時点で最下位に沈んでいたチームに対し、主にCBだったDF宮城雅史をアンカー(守備的MF)で起用する[39] などの試行錯誤を続け一時は20位まで浮上するも、試合中のシステム変更で逆にチーム内のバランスを崩して守備が崩壊する場面も目立ち[40]讃岐の連勝もあり8月11日の第27節終了時に再び降格圏の21位に転落。第39節終了時点で19位讃岐・20位熊本と勝点差6まで広げられていた。しかし、第40節・アウェイ東京V戦の後半で岸田和人・大石治寿の2トップに据えて逆転勝利を果たす[41] と、この布陣で臨んだ最後の3試合を2勝1分けで勝ち点を積み上げ、20位でシーズンを終えた。5連敗・3連敗がそれぞれ1度ずつあった一方で、連勝は2連勝が2回のみと波に乗れず、引き分けもわずか5試合(特にマジョール就任以降の引き分けは最終節の愛媛戦のみ)で、勝ち点を積み上げることができなかった。
シーズン終了後、「戦い方などを総合的に判断」との理由で、契約期間を1年残していたマジョールの解任が発表され(プリメーラB・CAボカ・ウニドススペイン語版監督に就任)、コーチの山根巌、GKコーチの平井直人(富山GKコーチに就任)、フィジカルコーチのファクンド・ペラルタも契約満了となったほか、アシスタントコーチの御簾納将も広島トップチームコーチに転出し、コーチ陣が一新されることになった。
2018年
チームスローガン:「蹴球維進2018[42]
新監督に前JFA技術委員長でベルギー1部シント=トロイデンVVコーチの霜田正浩が就任。コーチに札幌トップチームコーチの名塚善寛、GKコーチに東京V育成GKコーチの土肥洋一、フィジカルコーチにタイ・リーグパタヤ・ユナイテッドFCフィジカルコーチの井田征次郎、新設のテクニカルコーチにつくばFCコーチの武石康平を招聘。
DFパク・チャニョン讃岐に移籍)、MFマルセロ・ビダルコロンビア2部英語版ウニオン・マグダレナ英語版に移籍)、FWレオナルド・ラモスメキシコ2部タパチュラスペイン語版に移籍)、DFアベル・ルシアッティアルゼンチン2部スペイン語版CAプラテンセに移籍)の外国籍選手4人が契約満了で退団。DF星雄次大分、DF宮城雅史京都へ、MF加藤大樹金沢へ完全移籍した。また、期限付き加入中だったMF小塚和季甲府に完全移籍)とFW和田昌士横浜FMに復帰)が期限付き移籍満了となった。
一方、札幌から期限付き加入していたDF前貴之が完全移籍加入。山形からDF瀬川和樹湘南からDF坪井慶介徳島からMF大崎淳矢鳥取からMF廣田隆治鳥栖(昨季は松本に期限付き移籍)からGK藤嶋栄介をそれぞれ完全移籍で、C大阪(昨季後半は長崎に期限付き移籍)からMF丸岡満東京VからFW高木大輔浦和からFWオナイウ阿道千葉からMF高橋壱晟を期限付き移籍でそれぞれ獲得。また、京都から期限付き加入しているGK山田元気の移籍期間を延長。DFミン・キョンジュン清州大学校)、DF楠本卓海東京国際大学)、FW山下敬大福岡大学)が新加入。U-18所属のMF糸井岬とGK岡本大知を2種登録。シーズン開幕後に、ブラジル・パラナ州1部フォス・ド・イグアスからDFへナンインドSLムンバイ・シティFCからDFジェルソン・ビエイラが新加入。なお、DFミン・キョンジュンは4月に東海L・FC刈谷に期限付き移籍した。6月には翌年加入内定のDF起海斗興国高校)を特別指定選手として登録した。
夏の移籍時期には東京VからMF高井和馬を、さらに名古屋を退団したMFワシントンを完全移籍で、札幌からMFジュリーニョを期限付き移籍で獲得したが、MF小野瀬康介がG大阪へ完全移籍。また、DFジェルソン・ビエイラもインドSL・アトレティコ・デ・コルカタへ完全移籍した。
就任時「ゴールに向かっていくようなサッカーをしたい」とイメージを語った霜田は高木大輔・オナイウ阿道・小野瀬康介を最前線に幅広く配置する3トップの布陣を敷き、その後にインサイドハーフ(攻撃的MF)を2名配置する4-3-3 (4-1-2-3) の布陣を採用[43]。開幕戦の熊本戦に勝利するとそこから3連勝を挙げてスタートダッシュに成功。さらに第12節からは9試合負け無し(6勝3分)と好調を維持し、前半戦を2位で折り返す。しかし、第19節で首位に立った後、リーグ前半戦全試合出場でチーム2位の10得点を挙げていた小野瀬の移籍などもあり得点力が低下、さらに第20節から12試合複数失点と守備のほころびが目立つようになり、14戦勝ち無し(7分7敗)と低迷し、順位を13位まで落とす。そこで霜田は、第35節・横浜FC戦でDFを3枚にしてWBを配置して中盤を厚くし前線を2トップ気味に配置する3-5-2(3-1-4-2もしくは3-2-3-2)の布陣に変更。これが功を奏して15試合ぶりの勝ち星を挙げる[44] と、そこからチーム状態は持ち直す。上位との直接対決となった福岡・町田との対戦を共に落としたこともあり、第39節の時点でJ1参入プレーオフ進出への道は閉ざされたが[45]、J2参戦後最高順位となる8位でシーズンを終えた。
2019年
チームスローガン:「ORANGE SOUL 山口を魂で染め上げろ[46]
霜田体制2年目。U-18監督を務めていた中山元気がトップチームコーチに復帰。
FW大石治寿相模原に移籍)、MF高柳一誠九州L沖縄SVに移籍)、MF廣田隆治岩手に移籍)、MFワシントンブラジル3部ブラジウ・ジ・ペロタスに移籍)が契約満了で、MFジュリーニョ札幌も退団)、MF丸岡満C大阪に復帰)、FWオナイウ阿道大分に期限付き移籍)、MF高橋壱晟山形に期限付き移籍)が期限付き移籍期間満了でそれぞれ退団となった。また、DF廣木雄磨岡山へ、DF福元洋平がJFL・V大分へ、MF大崎淳矢栃木へそれぞれ完全移籍、東海1部FC刈谷に期限付き移籍中のDFミン・キョンジュンが刈谷に完全移籍、GK村上昌謙水戸へ、GK藤嶋栄介川崎へ、DF渡辺広大群馬へそれぞれ期限付き移籍した。
一方、期限付き加入していたGK山田元気京都から)とFW高木大輔東京Vから)がそれぞれ完全移籍加入。町田からMF吉濱遼平岐阜からMF田中パウロ淳一ウズベキスタンSLネフチ・フェルガナからDFドストン関東1部浦安からDF田中貴大をそれぞれ完全移籍で、広島からFW工藤壮人ポルトガル1部ヴィトーリア・ギマランイスからDFマルシーリオを期限付き移籍で、仙台(前年は讃岐に期限付き移籍)からMF佐々木匠、C大阪からGK永石拓海FC東京からGK廣末陸、広島からMF川井歩を育成型期限付き移籍でそれぞれ獲得。DF起海斗興国高校)、DF小野原和哉流通経済大学)、DF菊池流帆大阪体育大学)が新加入。
夏の移籍期間には、DFマルシーリオとの期限付き加入契約を解除し、DF瀬川和樹が栃木に、チーム最古参だったMF鳥養祐矢琉球に、前半戦の主力だったFW高木大輔G大阪にそれぞれ完全移籍した一方で、川崎からFW宮代大聖磐田からDF石田崚真を期限付き移籍で、G大阪からMF高宇洋を育成型期限付き移籍でそれぞれ獲得。
前年からの攻撃的サッカーのスタイルは維持するも、センターバックが楠本・菊池・ドストンと若手主体となり、守備面での連携がままならず自滅的な失点を重ね低迷[47]。15節終了時点で3勝3分け9敗の21位に沈む。そこから6試合負けなし(4勝2分け)で15位まで浮上して前半戦を折り返すが、そこから調子を上げられず上位との勝ち点差が徐々に開き、第37節の鹿児島戦で引き分けたことでJ1昇格の可能性が消滅。しかし次の千葉戦で勝利したことによりJ2残留を確定させた[48]
シーズン終了をもって、チーム最年長のDF坪井慶介が現役を引退することになった[49]

チーム成績・歴代監督[編集]

タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

カップ戦他[編集]

個人[編集]

スタジアム・練習場[編集]

ホームスタジアムは維新みらいふスタジアム山口市)で[1]下関市営下関陸上競技場下関市)でもホームゲームを行う。2013年シーズンは維新百年記念公園ラグビー・サッカー場(収容人員3,850人)を、2012年までは やまぐちサッカー交流広場(山口市徳地)や 山口県立おのだサッカー交流公園山陽小野田市)等も使用していた。

練習場は山口県立おのだサッカー交流公園[1]山口きらら博記念公園(山口市阿知須[1] であり、下部組織はやまぐちサッカー交流広場や アディダスフットサルパーク山口(山口市下小鯖)も使用する。Jリーグ参入後は、天然芝グラウンドのあるおのだサッカー交流公園、山口きらら博記念公園、維新百年記念公園ラグビー・サッカー場、同補助競技場、山口県セミナーパーク(山口市)を使用する機会が増えている。

2016年シーズンまではJ1ライセンスに必要となる「優先利用できる天然芝の練習場」と「クラブハウス」を所持しておらず、ホームスタジアムの維新百年記念公園陸上競技場の収容可能人員も 14,850人と規定値に届いていなかったが、レノファ山口FCでは常用練習場確保に向けて県や山陽小野田市と協議。これに対し、山陽小野田市は2015年10月8日に市内の赤崎運動広場を芝生化して天然芝コート2面を新設し、レノファが優先利用できる練習場に充てることが可能になったことを報告。クラブハウス機能については、同市が指定管理者の一員である山口県立おのだサッカー交流公園の交流施設(管理棟)を充てることを想定していた[50][51] が、おのだサッカー交流公園の所有者である山口県(スポーツ・文化局)が「一企業に対して県有施設を優先的に使用させることは出来ない」と同公園の活用に難色を示しているとの報道[52] もあって対応を再検討。2016年6月17日に村岡嗣政山口県知事や畑原基成山口県議会議長が河村孝社長と会談した際、村岡知事は山陽小野田市がおのだサッカー交流公園内に新たにクラブハウスを整備し、県が公園内の天然芝グラウンド1面をレノファが優先利用できるグラウンドとして提供すること、維新百年記念公園陸上競技場の客席数を増設すること(サイドスタンドの立ち見席増設により15,115人収容を確保)で、レノファのJ1ライセンス基準充足を支援することを表明した[53]。これらの施設整備にめどが立ったことから、2016年9月28日発表されたクラブライセンスの審査結果では、J1ライセンスを取得することとなった[54]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) オレンジ オレンジ オレンジ
FP(2nd)
GK(1st) 水色 水色 水色
GK(2nd)
GK(3rd) 黄緑 黄緑 黄緑
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd
GK 3rd

チームカラー[編集]

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
ユーピーアール upr 2014年 -
鎖骨[注 1] エクスジール EXZEAL 2018年 - 左側に掲出
山口銀行 山口銀行 2019年 - 右側に掲出
2006年 - 2013年は胸
背中上部 山口マツダ 山口マツダ 2016年 - 2014年 - 2015年はパンツ
背中下部[注 2] ビ・メーク VAN-VEAL 2016年 - 2006年・2007年・2013年は袖[注 3]
2012年・2014年・2015年は背中上部[注 3]
マエダ商事 ME 2014年 - 2013年はパンツ
パンツ マックスバリュ西日本 MaxValu(1st)
BIG(2nd)
2016年 -

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

歴代ユニフォーム[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2006 山口銀行 解禁前 シティコンタクト 解禁前 美・メーク ほっぷ asics
2007 - -
2008 富士商 赤崎興産 MC Fujiyama
2009 10shiro
2010
2011
2012 PIECE IS PEACE - -
2013 ヒューモア ビ・メーク ME DIADORA
2014 upr VAN-VEAL ME 山口マツダ FINTA
2015
2016 山口マツダ VAN-VEAL MaxValu(1st)
BIG(2nd)
2017
2018 EXZEAL
2019 EXZEAL(左)
山口銀行(右)

アカデミー[編集]

クラブ設立時には育成組織(アカデミー)を持っていなかったが、2014年に現GMの河村孝が設立した独立系のユース・ジュニアユースクラブであるレオーネ山口のU-18チームを移管して、レノファ山口FC U-18となった。高円宮杯U-18サッカーリーグ山口県ユースリーグに所属。

2015年にはレオーネ山口と本格的な提携を行い、同クラブが2015年4月1日以降「レノファ山口FCアカデミー」に名称変更して[57] レノファ山口FCの下部組織の一つとなった。レオーネ時代から引き続いてU-15(トップ / セカンド)、U-13、U-12(トップ / レオーネ)、プリマヴェーラ(小3-小5クラス)、バンビーノ(小学校低学年)の各チームを有する。サッカー以外にはテニスフットサルの部門を有する。運営はNPO法人レノファ山口スポーツクラブ。

レディース[編集]

2008年に発足したレオーネ山口のレディースチームを前身とする。永らく県リーグで活動しており、2012年に中国女子サッカーリーグに昇格するも1年で降格。

2016年にレディースチームの運営をレノファ山口FCアカデミーからレノファ山口本体に移管し、「レノファ山口FCレディース」として日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)への参戦を本格的に目指す方針を明らかにした[58]。運営移行後の2016年シーズンは県リーグで優勝、中国女子サッカーリーグチャレンジ戦にも勝利し中国リーグへの再昇格を果たした。

2019年3月8日、レディースチームは2019年度の中国女子サッカーリーグにて対戦を行わず、不戦敗とすると発表した(事実上の棄権)[59]

メディア[編集]

テレビ
ラジオ

テーマソング[編集]

  • MIKKO「スタートライン~All For Team~」(クラブ公式テーマソング、2015年8月制定[67]

このほか、jealkb『Fight for a renovation』[68]水本諭『Orange』、Unlimited tone『RENOFA SOUL』(yab「みんなのレノファ」主題歌)などがクラブ公認の「応援ソング」として試合会場等で用いられている。

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ 2018年シーズンよりユニフォーム鎖骨部分への広告掲出が可能になった[55]
  2. ^ 2016年シーズンよりユニフォーム背中裾への広告掲出が可能になった[56]
  3. ^ a b 2006年・2007年は「美・メーク」表記、2012年は「PIECE IS PEACE」表記、2013年は「ビ・メーク」表記。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h プロフィール:レノファ山口FC”. Jリーグ. 2015年4月8日閲覧。
  2. ^ a b c “レノファ山口FCホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年3月21日), http://www.jleague.jp/release/post-48411/ 2017年3月21日閲覧。 
  3. ^ “事務所移転について” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2016年2月16日), http://www.renofa.com/archives/7812/ 2016年3月3日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g 2017年度(平成29年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。
  5. ^ レノファ山口FC 短・中・長期経営計画(2013~2020) (PDF) - レノファ山口FC公式サイト内
  6. ^ 特定非営利活動法人山口アスレチック・クラブ 平成26年度活動報告 (PDF)
  7. ^ “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年8月20日), オリジナルの2013年8月23日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130823014936/http://www.j-league.or.jp/release/000/00005277.html 2014年1月28日閲覧。 
  8. ^ “ホームタウンへの下関市および山陽小野田市の追加について” (プレスリリース), レノファ山口, (2014年9月16日), http://renofa.com/news2014/0916.html 2014年11月20日閲覧。 
  9. ^ “レノファ山口FCホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年8月21日), http://www.jleague.jp/release/post-36847/ 2015年7月24日閲覧。 
  10. ^ “レノファが防府に来た! 周南とともにホームタウンに承認”. 山口新聞. (2016年9月24日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0924/12p.html 2016年9月29日閲覧。 
  11. ^ a b c “レノファ、昇格へ「異体同心」 スローガン、新ロゴ発表”. 山口新聞. (2013年3月4日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2013/0304/6p.html 2014年2月20日閲覧。 
  12. ^ “レノファにマスコットキャラ 獅子と志士モチーフ、名称を募集”. 山口新聞. (2016年1月31日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0131/2p.html 2016年2月7日閲覧。 
  13. ^ “県サッカー協会「J」参戦めざし、チーム結成”. 山口新聞. (2006年2月21日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2006/feb/y060221.html 2014年1月26日閲覧。 
  14. ^ “サッカー レノファ山口、初優勝 JFL昇格へ挑戦権”. 山口新聞. (2008年10月27日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2008/1027/9p.html 2014年1月26日閲覧。 
  15. ^ a b “レノファに11人新加入 「常昇」スローガンに”. 山口新聞. (2009年3月15日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0315/10p.html 2015年11月26日閲覧。 
  16. ^ “JFL昇格誓う レノファ”. 山口新聞. (2011年4月12日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2011/0412/11p.html 2015年11月26日閲覧。 
  17. ^ “レノファ運営のNPO設立”. 中国新聞. (2011年7月10日). オリジナルの2011年9月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110913214856/http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201107100051.html 2013年10月24日閲覧。 
  18. ^ 第66回国民体育大会競技結果一覧 【サッカー】
  19. ^ 河村孝 GM就任のお知らせ”. レノファ山口FC (2012年11月19日). 2014年1月26日閲覧。
  20. ^ “レノファのアンテナ店誕生”. 47NEWS中国新聞配信). (2012年12月4日). http://www.47news.jp/localnews/yamaguchi/2012/12/post_20121204155135.html 2013年10月24日閲覧。 
  21. ^ 中山元気選手 現役引退および監督就任のお知らせ”. レノファ山口FC (2012年12月14日). 2014年1月26日閲覧。
  22. ^ “Jリーグ準加盟申請提出について” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2013年6月13日), http://www.renofa.com/news/index.php?mod=news_top&act=detail&cate=&mon=&no=293#_news 2013年6月13日閲覧。 
  23. ^ “レノファJ3目指し株式会社”. 47NEWS中国新聞配信). (2012年11月5日). http://www.47news.jp/localnews/yamaguchi/2013/11/post_20131105231711.html 2013年12月4日閲覧。 
  24. ^ “お知らせ「第16回日本フットボールリーグ新入会チーム決定!」”. 日本フットボールリーグ. (2013年12月4日). http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=672 2013年12月4日閲覧。 
  25. ^ “レノファ新監督に上野氏 J1も指揮、幅広い経験”. 山口新聞. (2013年12月18日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2013/1218/1p.html 2014年1月26日閲覧。 
  26. ^ リーグ戦4位でJ3昇格基準をクリア!”. レノファ山口FC (2014年11月9日). 2014年11月9日閲覧。
  27. ^ “Jリーグ入会審査 (J3) 結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年11月19日), https://www.jleague.jp/release/article-00006183/ 2019年8月6日閲覧。 
  28. ^ “2015シーズンのチームスローガンは ALL for TEAM” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2015年2月14日), http://www.renofa.com/archives/1718/ 2015年12月11日閲覧。 
  29. ^ 維新公園に刻んだレノファ山口の第一歩。応援の幸せと、初々しき勇気”. 川端暁彦の千態万状Jリーグ. 日本プロサッカーリーグ (2015年3月18日). 2015年11月25日閲覧。
  30. ^ 舩木渉 (2015年5月6日). “J3を席巻する雑草軍団。現在首位、躍進するレノファ山口がつなぐ未来”. フットボールチャンネル. カンゼン. 2015年11月25日閲覧。
  31. ^ “【J3】U-22選抜が大敗! J最多タイ8点差”. スポーツ報知. (2015年3月21日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20150321-OHT1T50233.html 2015年11月25日閲覧。 
  32. ^ “山口がJ2初昇格! ロスタイムに劇的同点弾 町田は入れ替え戦へ”. スポーツニッポン. (2015年11月23日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/11/23/kiji/K20151123011558090.html 2015年11月25日閲覧。 
  33. ^ “雑草軍団の山口がロスタイムドロー弾でJ2昇格”. 日刊スポーツ. (2015年11月24日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1570396.html 2015年11月28日閲覧。 
  34. ^ “2016シーズン チームスローガンは、「志 今から未来へ」” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2016年2月1日), http://www.renofa.com/archives/7104/ 2016年2月1日閲覧。 
  35. ^ 浅田真樹 (2016年5月18日). “J2でも大爆発! レノファ山口の超攻撃的サッカーが面白すぎる”. Sportiva (集英社). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2016/05/18/j2_6/ 2016年11月26日閲覧。 
  36. ^ “山口が今季スローガンを発表…「志 心ひとつに」”. ゲキサカ (講談社). (2017年1月10日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?207626-207626-fl 2017年2月3日閲覧。 
  37. ^ “レノファ、上野監督を解任 猿沢氏が代行に”. 山口新聞. (2017年5月24日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2017/0524/1p.html 2017年5月27日閲覧。 
  38. ^ “【山口】アルゼンチン人のマジョール氏が新監督就任…過去に福岡でプレー”. スポーツ報知. (2017年6月5日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170605-OHT1T50133.html 2017年6月5日閲覧。 
  39. ^ [山口]チームメートも称賛。DF宮城がボランチ出場で11試合ぶりの勝利に大きく貢献”. BLOGOLA. スクワッド (2017年6月28日). 2017年12月30日閲覧。
  40. ^ 上田真之介 (2017年9月10日). “レノファ山口:3ゴール挙げるも白星ならず。バランス崩壊、大量5失点”. Yahoo!ニュース 個人. 2017年11月20日閲覧。
  41. ^ “レノファ山口、逆転勝ちで降格圏脱出に望み”. 宇部日報. (2017年11月6日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00010000-ubenippo-l35 2017年11月20日閲覧。 
  42. ^ “無所属を経て加入したクラブで主将に…山口のキャプテンがMF三幸秀稔に決定”. ゲキサカ (講談社). (2018年1月21日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?236537-236537-fl 2018年1月21日閲覧。 
  43. ^ 飯尾篤史 (2018年5月1日). “「サッカーを文化として根付かせたい」山口・霜田正浩監督インタビュー<前編>”. スポーツナビ. Yahoo! JAPAN. 2018年7月28日閲覧。
  44. ^ “ついに長いトンネル突破!山口、楠本デビュー弾などで横浜FCを下して3か月半ぶり白星”. ゲキサカ. (2018年9月30日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?255590-255590-fl 2018年11月18日閲覧。 
  45. ^ “サッカーJ2、レノファ4試合ぶり勝利 J1昇格は逃す”. 山口新聞. (2018年10月29日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2018/1029/6p.html 2018年11月18日閲覧。 
  46. ^ “山口、2019シーズンのスローガンが決定”. ゲキサカ (講談社). (2019年1月20日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264579-264579-fl 2019年1月25日閲覧。 
  47. ^ J2山口が迎えた難局。リーグ2位の14得点を挙げても降格圏に沈む理由は?”. サッカーダイジェスト (2019年4月12日). 2019年11月7日閲覧。
  48. ^ “レノファ、鮮やか逆転 18人全員で勝負 田中が決勝弾”. 山口新聞. (2019年10月28日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/e-yama/articles/1748 2019年11月7日閲覧。 
  49. ^ “サッカー元日本代表の坪井が引退 40歳DF、浦和などで活躍”. 共同通信. (2019年11月7日). https://this.kiji.is/565074841787810913 2019年11月7日閲覧。 
  50. ^ “レノファ山口、来季から練習拠点を山陽小野田市内に”. 山口新聞. (2015年10月8日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2015/1008/7p.html 2015年10月8日閲覧。 
  51. ^ “山陽小野田市でレノファの「練習拠点」環境整う”. 宇部日報. (2015年10月8日). http://ubenippo.co.jp/sports/%E5%B1%B1%E9%99%BD%E5%B0%8F%E9%87%8E%E7%94%B0%E5%B8%82%E3%81%A7%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%83%95%E3%82%A1%E3%81%AE%E3%80%8C%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%8B%A0%E7%82%B9%E3%80%8D%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%95%B4%E3%81%86/ 2015年10月8日閲覧。 
  52. ^ “レノファ練習場の整備、暗礁に”. 宇部日報. (2016年2月15日). http://ubenippo.co.jp/sports/レノファ練習場の整備、暗礁に/ 2016年2月17日閲覧。 
  53. ^ “J1ライセンス取得アシスト 村岡知事、レノファと約束”. 山口新聞. (2016年6月18日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0618/2p.html 2016年6月18日閲覧。 
  54. ^ “スタジアムやトレーニング施設を整備…群馬、山口、北九州に新たにJ1ライセンス”. ゲキサカ. (2016年9月28日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?199695-199695-fl 2015年9月28日閲覧。 
  55. ^ “Jリーグで来季から“鎖骨スポンサー”導入 クラブは大幅増収も”. スポーツ報知. (2017年10月25日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20171025-OHT1T50004.html 2018年1月9日閲覧。 
  56. ^ “スポンサー募集! Jリーグユニ背面下部の広告解禁”. 日刊スポーツ. (2015年12月15日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1579754.html 2015年12月23日閲覧。 
  57. ^ レノファ山口FCアカデミーへの名称変更について - レオーネ山口公式サイト2014年3月10日
  58. ^ “レノファ山口FCレディースについて” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2015年12月13日), http://www.renofa.com/archives/6380/ 2016年1月31日閲覧。 
  59. ^ “【レディース】2019年度の中国女子サッカーリーグ不戦敗について” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2019年3月8日), http://www.renofa.com/archives/42935/ 2019年3月13日閲覧。 
  60. ^ “yab「みんなのレノファ」放送時間変更のお知らせ” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2018年4月5日), http://www.renofa.com/archives/32913/ 2018年4月6日閲覧。 
  61. ^ “KRY「週刊! レノファTV」放送日変更のお知らせ” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2017年4月1日), http://www.renofa.com/archives/22402/ 2017年4月8日閲覧。 
  62. ^ レノファ山口FCのゲームMCを務める 吉永 達哉さん”. サンデー山口 (2015年12月9日). 2016年5月23日閲覧。
  63. ^ “tys「ちぐスマ!」でレノファ応援コーナー「レノスマ!」がスタート!” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2018年3月1日), http://www.renofa.com/archives/31823/ 2017年3月22日閲覧。 
  64. ^ “開幕前メディア情報【KRY山口放送】” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2016年2月25日), http://www.renofa.com/archives/8336/ 2016年3月9日閲覧。 
  65. ^ “4/6(金)KRYラジオ「おはようKRY」ジャンプアップレノファ スタート” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2018年4月5日), http://www.renofa.com/archives/32901/ 2018年4月6日閲覧。 
  66. ^ まるっとレノファ”. FMサンサンきらら. 2019年7月5日閲覧。
  67. ^ “クラブ公式テーマソング決定!” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2015年8月16日), http://www.renofa.com/archives/4856/ 2017年12月16日閲覧。 
  68. ^ “jealkb『Fight for a renovation』発売決定!” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2017年4月10日), http://www.renofa.com/archives/22710/ 2017年12月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]