早稲田大学ア式蹴球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
早稲田大学ア式蹴球部
原語表記 早稲田大学ア式蹴球部
クラブカラー     海老茶(臙脂
創設年 1924年
所属リーグ 関東大学サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 東京都西東京市
ホームスタジアム 東伏見サッカーグラウンド
代表者 岩井方男 (部長)
監督 古賀聡
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

早稲田大学ア式蹴球部(わせだだいがくアしきしゅうきゅうぶ、英語: Waseda University Association Football Club)は、東京都西東京市にある早稲田大学サッカー部である。ア式蹴球とはサッカーの別称である「アソシエーション式フットボール」に由来する。

全国タイトル計30回(全国大学タイトル計27回・天皇杯3回)、全国大学タイトル計27回(東西対抗13回・全日本選手権12回・総理大臣杯2回)や、現役学生のみのア式蹴球部による天皇杯優勝3回、関東大学リーグ優勝26回は全国の大学で最多である。

歴史[編集]

創部は1924年であるが、1922年に行われた日本最初のサッカーリーグとなる「専門学校蹴球リーグ戦」に東京帝国大学東京高等師範東京商科大と共に早稲田大学の蹴球部が参加した。なお、創部した1924年より関学蹴球部との早関サッカー定期戦が開催されている。

専門学校蹴球リーグ戦はこの年に2回実施されたのみで、スケジュールの都合が付かず、中止されることになった。しかし、関東の大学チームにおけるリーグ戦の必要性が痛感された為、東京帝大の野津謙を中心として、1925年からリーグ運営を体系立てた上で「ア式蹴球東京コレッヂリーグ」として再開された。これが現在の関東大学リーグの大本となっている。第1回ア式蹴球東京コレッヂリーグ1部は専門学校蹴球リーグ戦に参加した早稲田、東京帝大、東京高師の他に、法政大慶應義塾大、東京農大の6校が参加した。この第1回ア式蹴球東京コレッヂリーグ1部で優勝したのが早稲田大学ア式蹴球部である。

以降、関東のサッカーシーンは東京帝大、慶應義塾、そして早稲田の3強を軸として進められていった。又1960年代までにおいても、関東の大学サッカーがその他の地域に比して優勢であった為、この3校は日本サッカー界の中心でもあった。また当時は、大学を卒業してからもOBクラブに所属しプレーを続ける事が一般的であった。天皇杯で1928年に優勝、1940年に準優勝の早大WMW(ワセダ・マルーン&ホワイト)は早稲田大学ア式蹴球部のOBクラブである。

1950年10月1日、神宮外苑競技場で第1回早慶サッカー定期戦が開催された。なお、この試合はサッカーにおける日本国内初のナイトゲームであった。

1960年に天皇杯で古河電工が優勝すると、次第に日本サッカーシーンの主軸は大学サッカーから実業団へと傾斜していった。1966年の早稲田大学ア式蹴球部による天皇杯の優勝は、大学勢による最後の天皇杯優勝であった。

その後、大学サッカーの中心であった早稲田、慶應義塾といった存在は、日本サッカー界に「学閥」と言う形で残った。早稲田、慶應義塾から丸の内御三家への入部が、日本サッカー協会でのメインストリームになった。この象徴となっているのが川淵三郎(第10代日本サッカー協会会長)である。

1996年の1部優勝を最後に低迷し、1997年に関東2部、2000年に東京都リーグへ降格した。2004年にOBの大榎克己が監督に就任し、同年に関東2部へ、2005年に1部へそれぞれ昇格した。また、2005年の総理大臣杯で準優勝の成績を収めた。2006年全日本選手権(インカレ)で準優勝した。2007年度は関東大学リーグで準優勝、全日本選手権で優勝を果たした。なお、大榎は同年で監督を退任した。

2008年から2009年までサッカーチャイニーズタイペイ代表元監督の今井敏明が監督を務めた。2010年から鹿島アントラーズ元ユース監督の古賀聡が監督に就任し、2012年にインカレで5年ぶり12回目の優勝を果たした。

2015年は第7節を終えて最下位と苦しんでいたが、堅守を活かし残り15試合を7連勝を含む12勝2分1敗で終え、関東大学リーグ1部で19年ぶりの優勝を果たした[1]

2016年の東京都サッカートーナメントで初優勝して、19年ぶりの天皇杯本戦への出場を決めた[2]。リーグ戦では苦戦し、12年ぶりの二部降格が決まった。

戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 アミノ杯 総理大臣杯 インカレ 監督
1998 関東2部 6位 10 7 3 1 3 9 10 -1 - 優勝 1回戦敗退
1999 3位 12 7 3 3 1 12 9 3 - - 由井濱洋一
2000 8位 3 7 0 3 4 9 19 -10 - 伊藤徹
2001 東京都1部 - 藤原義三
2002 関東2部 8位 9 14 2 3 9 13 32 -19 -
2003 東京都1部 優勝 -
2004 3位 - 大榎克己
2005 関東2部 優勝 50 22 16 2 4 62 19 43 準優勝
2006 関東1部 5位 37 22 11 4 7 43 25 18 ベスト8 準優勝
2007 2位 43 22 14 1 7 53 29 24 - 優勝
2008 10位 21 22 6 3 13 27 35 -8 一回戦敗退 - 今井敏明
2009 7位 29 22 8 5 9 30 32 -2 - -
2010 10位 26 22 7 5 10 31 31 0 - - 古賀聡
2011 5位 35 22 10 5 7 30 23 7 一回戦敗退 -
2012 3位 41 22 13 2 7 46 31 15 優勝 ベスト4 優勝
2013 2位 36 22 10 6 6 34 31 3 7位 二回戦敗退 2回戦敗退
2014 4位 35 22 10 4 7 27 20 7 7位 - ベスト8
2015 優勝 44 22 13 5 4 27 19 8 二回戦敗退 - ベスト8
2016 11位 23 22 6 5 11 27 30 -3 準優勝 ベスト8 -
2017 関東2部 22 -

主な成績[編集]

早大WMW[編集]

主な所属選手[編集]

1925年から1955年[編集]

人名 出身校 主な経歴
1925 鈴木重義 東京高等師範学校附属中学校 日本代表。ベルリン五輪日本代表監督。日本サッカー殿堂入り
1927 玉井操 明治学院中等部 日本代表。日本サッカー協会副会長。日本サッカー殿堂入り
1928 野村正二郎 大阪府立天王寺中学校 日本代表。上智大学教授
1920年代 有馬暎夫 日本代表
1920年代 朝倉保英語版
1920年代 高橋茂英語版
1930年代 本田長康 東京高等師範学校附属中学校 日本代表
1930年代 熊井俊一英語版
1930年代 名取武英語版
1930年代 西邑昌一 関西学院大学 ベルリン五輪日本代表。日本サッカー殿堂入り
1930年代 不破整 東京府立第五中学校 ベルリン五輪日本代表。日本サッカー殿堂入り
1930年代 笹野積次 静岡県立志太中学校 ベルリン五輪日本代表。日本サッカー殿堂入り
1930 高師康 埼玉県立浦和中学校 日本代表
1930 杉村正三郎 日本代表
1932 工藤孝一 岩手県立盛岡中学校 ベルリン五輪日本代表コーチ。早稲田大学監督
1932 井出多米夫 静岡県立静岡中学校 日本代表。清水サッカー協会初代理事長
1935 立原元夫 東京高等師範学校附属中学校 ベルリン五輪日本代表。日本サッカー殿堂入り
1935 野沢晃 広島高等師範附属中学校 日本代表
1935 堀江忠男 静岡県立浜松第一中学校 ベルリン五輪日本代表。早稲田大学監督。日本サッカー殿堂入り
1935 鈴木保男 東京府立第八中学校 ベルリン五輪日本代表。日本サッカー殿堂入り
1936 村形繁明 東京府立第八中学校 国際審判員。日本サッカー協会理事。日本サッカー殿堂入り
1937 川本泰三 大阪府立市岡中学校 ベルリン五輪日本代表。日本サッカー殿堂入り
1937 佐野理平 静岡県立静岡中学校 ベルリン五輪日本代表。日本サッカー殿堂入り
1937 加茂健 静岡県立浜松第一中学校 ベルリン五輪日本代表。日本サッカー殿堂入り
1939 加茂正五 静岡県立浜松第一中学校 ベルリン五輪日本代表。日本サッカー殿堂入り
1940 高橋英辰 愛知県刈谷中学校 早稲田大学監督、日本代表監督。日本サッカー殿堂入り
1940年代 末岡圀孝 広島県立第一中学校 日本代表
1940年代 田村恵 神奈川県立湘南中学校 日本代表
1940年代 米谷徳也 日本代表(戦死)
1941 裴宗鎬 普成専門学校 日本代表。韓国代表
1945 加納孝 東京府立第八中学校 日本代表
1945 宮田孝治 兵庫県立第一神戸中学校 日本代表
1948 岩谷俊夫 兵庫県立第一神戸中学校 日本代表。日本サッカー殿堂入り
1949 岡田吉夫 兵庫県立第一神戸中学校 日本代表
1950年代 青木要三 日本代表
1951 松永碩 静岡県立志太中学校 日本代表
1952 山路修 兵庫県立第一神戸中学校 日本代表
1954 古川能章 広島高等師範附属中学校 ヤンマーディーゼルサッカー部創設者

1955年から1990年[編集]

1949年の学制改革により、新制早稲田大学が設置され、日本各地の旧制中学校が新制高校に移行した。

人名 出身校 主な経歴
1957 轡田隆史 埼玉県立浦和高校 朝日新聞論説委員
1957 大橋謙三 広島大学附属高校 日本代表。早稲田大学監督
1958 八重樫茂生 岩手県立盛岡第一高校 メキシコ五輪日本代表。日本サッカー殿堂入り
1960 川淵三郎 大阪府立三国丘高校 日本代表。Jリーグ初代チェアマン。日本サッカー殿堂入り
1961 宮本征勝 茨城県立日立第一高校 日本代表。鹿島アントラーズ初代監督。日本サッカー殿堂入り
1961 鬼武健二 広島大学付属高校 セレッソ大阪社長。Jリーグチェアマン。日本サッカー殿堂入り
1963 野村尊敬 広島大学付属高校 日本サッカー協会副会長
1963 松本育夫 栃木県立宇都宮工業高校 メキシコ五輪日本代表。川崎フロンターレサガン鳥栖監督。日本サッカー殿堂入り
1963 丹羽洋介 広島大学付属高校 日本代表。AC長野パルセイロ社長
1964 桑田隆幸 広島大学付属高校 日本代表
1964 西山孝朗 愛知県立熱田高校 日本代表
1965 二村昭雄 京都府立山城高校 日本代表
1966 森孝慈 修道高校 メキシコ五輪日本代表。浦和レッズ初代監督。日本サッカー殿堂入り
1966 釜本邦茂 京都府立山城高校 メキシコ五輪日本代表。日本代表最多得点記録保持者。日本サッカー殿堂入り
1966 大野毅 城北高校 日本代表
1968 細谷一郎 兵庫県立神戸高校 日本代表
1969 中村勤 修道高校 フジタ監督
1970 松永章 静岡県立藤枝東高校 日本代表。早稲田大学監督
1972 淀川隆博 兵庫県立芦屋高校 ジェフユナイテッド市原社長
1973 古田篤良 広島大学付属高校 日本代表
1975 碓井博行 静岡県立藤枝東高校 日本代表。日立監督
1976 今井敏明 埼玉県立浦和西高校 早稲田大学監督
1977 下條佳明 長野県松本県ヶ丘高校 横浜F・マリノスチーム統括本部部長。名古屋グランパスゼネラルマネジャー
1977 西野朗 埼玉県立浦和西高校 日本代表。アトランタ五輪代表監督。ガンバ大阪など監督
1977 松浦敏夫 神奈川県立横浜緑ヶ丘高校 日本代表
1978 加藤久 宮城県仙台第二高校 日本代表。ヴェルディ川崎など監督
1979 岡田武史 大阪府立天王寺高校 日本代表。1998W杯2010W杯日本代表監督など
1979 唐井直 神奈川県立横浜緑ヶ丘高校 FC町田ゼルビアGM、ジェフユナイテッド千葉強化担当部長
1980 木村孝洋 広島県立広島皆実高校 サンフレッチェ広島など監督
1980 原博実 栃木県立矢板東高校 日本代表。浦和レッズ、FC東京監督。Jリーグ副理事長
1982 城福浩 徳島県立城北高校 FC東京ヴァンフォーレ甲府監督
1982 吉田靖 國學院大學久我山高校 日本代表
1983 神戸清雄 静岡県立静岡高校 サッカーフィリピン代表監督
1983 関塚隆 千葉県立八千代高校 川崎フロンターレなど監督。ロンドン五輪代表監督
1987 大榎克己 静岡県立清水東高校 日本代表。清水エスパルス監督
1988 上野展裕 滋賀県立膳所高校 レノファ山口FC監督
1988 松山吉之 京都府立山城高校 日本代表
1989 松山博明 京都府立山城高校 ブータン代表監督
1990 関口潔 読売クラブユース サッカー北マリアナ諸島代表監督
1990 曺貴裁 京都府立洛北高校 湘南ベルマーレ監督

1991年以降[編集]

1992年にJリーグが発足した。

人名 出身校 Pos 主な所属 現在
1991 大倉智 暁星高校 FW 柏レイソル 現役引退
1991 古賀聡 早稲田実業学校高等部 MF 鹿島アントラーズ 現役引退。早稲田大学監督
1992 奥野僚右 京都府立山城高校 DF 鹿島アントラーズ 現役引退
1992 池田伸康 帝京高校 MF 浦和レッズ 現役引退
1992 塚野真樹 鳥取県立米子東高校 MF ヴィッセル神戸 現役引退。ガイナーレ鳥取社長
1992 矢野由治 長崎県立長崎南高校 北京五輪代表フィジカルコーチ
1993 相馬直樹 静岡県立清水東高校 DF 鹿島アントラーズ 現役引退。FC町田ゼルビア監督
1993 原田武男 長崎県立国見高校 MF 横浜フリューゲルス 現役引退。ギラヴァンツ北九州監督
1995 斉藤俊秀 静岡県立清水東高校 DF 清水エスパルス 現役引退
1994中退 上野良治 武南高校 MF 横浜マリノス 現役引退
1996 渡辺光輝 静岡県立浜松西高校 MF 柏レイソル 現役引退
1996 高田栄二 日本大学藤沢高校 DF 川崎フロンターレ 現役引退
1996 外池大亮 早稲田実業学校高等部 FW 湘南ベルマーレ 現役引退
1996 丸山良明 帝京高校 DF 横浜F・マリノス 現役引退
1997 友近聡朗 愛媛県立南宇和高校 FW 愛媛FC 現役引退。前参議院議員
1994中退 中島豪 長崎県立国見高校 DF 浦和レッズ 現役引退
2001中退 横山聡 多々良学園高校 FW 大宮アルディージャ 現役引退
2002中退 結城耕造 横浜フリューゲルスユース DF ジェフユナイテッド市原 現役引退
2003 山田正道 京都府立山城高校 MF 京都パープルサンガ 現役引退
2004 植草裕樹 船橋市立船橋高校 GK 川崎フロンターレ 清水エスパルス
2005 金子聡 フィジカルコーチ
2005 高橋周大 船橋市立船橋高校 MF 水戸ホーリーホック
2005 徳永悠平 長崎県立国見高校 DF FC東京 FC東京
2005 矢島卓郎 滋賀県立膳所高校 FW 川崎フロンターレ 現役引退
2006 時久省吾 熊本県立大津高校 GK ヴァンフォーレ甲府 現役引退
2006 松橋優 長崎県立国見高校 FW 大分トリニータ ヴァンフォーレ甲府
2006 山口貴弘 帝京高校 DF 湘南ベルマーレ 大分トリニータ
2007 島村毅 早稲田実業学校高等部 DF 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ
2007 鈴木修人 船橋市立船橋高校 MF 鹿島アントラーズ 現役引退
2007 兵藤慎剛 長崎県立国見高校 MF 横浜F・マリノス 北海道コンサドーレ札幌
2007 山本脩斗 岩手県立盛岡商業高校 FW ジュビロ磐田 鹿島アントラーズ
2007 横山知伸 帝京高校 DF 川崎フロンターレ 北海道コンサドーレ札幌
2008 岩田啓佑 川崎フロンターレユース MF 横河武蔵野FC 東京武蔵野シティFC
2008 塗師亮 東京ヴェルディユース DF 沖縄かりゆしFC 現役引退
2008 渡邉千真 長崎県立国見高校 FW 横浜F・マリノス ヴィッセル神戸
2009 中野大輔 桐蔭学園高校 MF 佐川印刷SC
2009 松本怜 青森山田高等学校 MF 横浜F・マリノス 大分トリニータ
2010 岡根直哉 初芝橋本高校 DF 清水エスパルス SC相模原
2010 野田明弘 サンフレッチェ広島ユース DF FC岐阜 現役引退
2011 奥井諒 履正社高校 MF ヴィッセル神戸 大宮アルディージャ
2012 富山貴光 矢板中央高校 FW 大宮アルディージャ サガン鳥栖
2012 島田譲 鹿島アントラーズユース MF ファジアーノ岡山FC V・ファーレン長崎
2012 畑尾大翔 FC東京U-18 DF ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府
2013 三竿雄斗 東京ヴェルディユース DF 湘南ベルマーレ 鹿島アントラーズ
2013 片山瑛一 埼玉県立川越高校 FW ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山
2014 近藤貴司 三菱養和SCユース MF 愛媛FC 愛媛FC
2014 松澤香輝 流通経済大学付属柏高校 GK ヴィッセル神戸 徳島ヴォルティス
2014 上形洋介 早稲田実業学校高等部 FW V・ファーレン長崎 栃木SC
2015 奧山政幸 名古屋グランパスU-18 DF レノファ山口FC FC町田ゼルビア
2015 宮本拓弥 流通経済大学付属柏高校 FW 水戸ホーリーホック 水戸ホーリーホック
2015 八角大智 流通経済大学付属柏高校 DF グルージャ盛岡 グルージャ盛岡
2016 新井純平 浦和レッズユース DF 横浜FC 横浜FC
2016 中山雄希 大宮アルディージャユース FW 横浜FC 横浜FC
2016 山内寛史 國學院久我山高校 DF セレッソ大阪 セレッソ大阪
2016 後藤雅明 國學院久我山高校 GK 湘南ベルマーレ 湘南ベルマーレ

脚注[編集]

  1. ^ “早稲田大が19年ぶり26度目V!!”. ゲキサカ. (2015年11月15日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?176468-176468-fl 2015年11月15日閲覧。 
  2. ^ “19年ぶりの快挙!後半に試合をひっくり返し、天皇杯本戦進出!”. 早稲田スポーツ新聞. (2016年8月22日). http://wasedasports.com/news/20160820_52713/ 2016年8月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]