森田耕一郎 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森田 耕一郎 Football pictogram.svg
名前
愛称 モリ[1]、タモ
カタカナ モリタ コウイチロウ
ラテン文字 MORITA Koichiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-10-28) 1984年10月28日(34歳)
出身地 東京都東大和市[2]
身長 182cm
体重 80kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2005 ベガルタ仙台 0 (0)
2005 FC東京 (loan) 0 (0)
2006 佐川急便東京 25 (0)
2007-2012 SAGAWA SHIGA[注 1] 138 (0)
2013 SC相模原 23 (0)
2014 カマタマーレ讃岐 9 (0)
2015 レノファ山口FC 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015.11.29現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森田 耕一郎(もりた こういちろう、1984年10月28日 - )は、東京都東大和市出身の元プロサッカー選手

ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

小学生時にサッカーを始め、2000年国分寺高校に進学。3年時の2002年にはU-19日本代表候補に選出された[3]

2003年Jリーグベガルタ仙台に加入[4]高桑大二朗小針清允といったGK陣の中で経験を積み、2005年にはリーグ戦のベンチメンバーに入ることもあったが[5]、公式戦の出場機会は得られなかった[2]

2005年8月、FC東京に期限付き移籍[2][6]。GKに負傷離脱が続き[7][8]手薄となっていた中での加入だったが、公式戦に帯同する2名(土肥洋一及び遠藤大志)は健在だったため、第3GKからのスタートとなった。しかし、森田自身も練習中に左手舟状骨を骨折し[9]、離脱。同年末に移籍期間を満了し、同時に仙台との契約も打ち切られ[10]退団した。

2006年に、地元東京のJFLクラブ・佐川急便東京SCに移籍[11]。シーズン途中に出場機会を掴むとレギュラーに定着し、攻撃的なスタイルのチームにおいて飛び出しの鋭さと広いプレーエリアで後方を固め、チームの2位躍進を支えた。

2007年、佐川東京SCが佐川急便大阪SCと合併して新たに発足した佐川急便SC(後のSAGAWA SHIGA FC)に加入。元佐川大阪のGK真子秀徳とのポジション争いを制し、積極的なプレーでチームのJFL初優勝に貢献。JFLベストイレブンにも選出された[12]2008年はチームが下位に低迷する中でやや出場機会を減らしたが、2009年にはチームも復調し、自身初の全試合出場とともにシーズンを優勝で飾った。中でも8月2日に行われた鳥取との上位対決では、1点リードの状況で試合終了直前の相手PKを止めるなど[13]、勝負強さも発揮した。2010年は31試合に出場、調子の波があったチームの中で安定したプレーを見せた。2011年は、村山智彦とのポジション争いによりシーズン中盤からは控えに回り、出場機会を減らした。2012年のシーズン中盤から再びレギュラーに定着。同年の天皇杯の2回戦ではヴィッセル神戸に対して好セーブを連発し、勝利に貢献した[14]。この年限りでSAGAWA SHIGA FCが活動停止となり、退団を余儀なくされた。

2013年、JFLのS.C.相模原へ移籍[15]。3月と遅い時期の加入となったが、5月に出場機会を得るとレギュラーに定着し、23試合に出場した。

2014年、対戦相手として森田を高く評価していた北野誠から招かれる形で[16] J2・カマタマーレ讃岐に完全移籍[17][18]。同年J2第3節大分戦でプロ入り後12年目にしてJリーグ初出場を果たすも[16]、通年での出場機会を確保することは叶わず、1年限りで契約満了により退団[19]

Jリーグ合同トライアウトを経て2015年はJ3・レノファ山口FCへ移籍[20][21]したが、一森純からポジションを奪うことが出来ず、天皇杯1試合の出場にとどまり、11月26日に契約満了による退団が発表された[22][23]。同シーズンを最後に引退。

2016年より國學院大學に入学している[24]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 仙台 16 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2004 J2 0 0 - 0 0 0 0
2005 0 0 - - 0 0
FC東京 40 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 佐川東京 21 JFL 25 0 - - 25 0
2007 佐川急便/
SAGAWA
SHIGA
33 26 0 - 2 0 28 0
2008 19 0 - 1 0 20 0
2009 34 0 - 1 0 35 0
2010 31 0 - 1 0 32 0
2011 7 0 - 1 0 8 0
2012 21 0 - 3 0 24 0
2013 相模原 23 23 0 - - 23 0
2014 讃岐 1 J2 9 0 - 0 0 9 0
2015 山口 J3 0 0 - 1 0 1 0
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 9 0 - 0 0 9 0
日本 J3 0 0 - 1 0 1 0
日本 JFL 186 0 - 9 0 195 0
総通算 195 0 0 0 10 0 205 0

タイトル[編集]

チーム
個人
  • JFL ベストイレブン (2007年)

脚注[編集]

注釈
  1. ^ a b 2008年に佐川急便SCからSAGAWA SHIGA FCへ改称。
出典
  1. ^ a b 『Jリーグ選手名鑑2015 J1・J2・J3 (エルゴラッソ特別編集)』三栄書房、2015年、270頁。
  2. ^ a b c 森田耕一郎選手 FC東京へ期限付き移籍のお知らせ - ウェイバックマシン(2005年11月18日アーカイブ分) ベガルタ仙台 (2005年8月29日)
  3. ^ U-19日本代表候補トレーニングキャンプ(4/25〜30)不参加及び追加選手について - ウェイバックマシン(2003年1月19日アーカイブ分) 日本サッカー協会 (2002年4月24日)
  4. ^ 新加入選手決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2003年2月3日アーカイブ分) ベガルタ仙台 (2003年1月21日)
  5. ^ 選手出場記録 ベガルタ仙台 Jリーグ (2005年12月3日)
  6. ^ 森田耕一郎選手 期限付移籍加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2005年11月24日アーカイブ分) FC東京 (2005年8月29日)
  7. ^ 近藤健一選手の手術結果について - ウェイバックマシン(2005年12月10日アーカイブ分) FC東京 (2005年6月15日)
  8. ^ 塩田仁史選手の検査結果について - ウェイバックマシン(2005年12月10日アーカイブ分) FC東京 (2005年8月22日)
  9. ^ 森田耕一郎選手の検査結果について - ウェイバックマシン(2006年8月22日アーカイブ分) FC東京 (2005年11月19日)
  10. ^ 契約満了選手のお知らせ - ウェイバックマシン(2005年12月6日アーカイブ分) ベガルタ仙台 (2005年12月5日)
  11. ^ 森田耕一郎選手 佐川急便東京SCへ移籍のお知らせ - ウェイバックマシン(2006年3月22日アーカイブ分) ベガルタ仙台 (2006年2月17日)
  12. ^ 第9回日本フットボールリーグ表彰式 受賞者 JFL (2007年12月10日)
  13. ^ 公式記録 第11回日本フットボールリーグ 後期 第5節 (PDF) JFL (2009年8月2日)
  14. ^ Match No.31 第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会”. 日本サッカー協会. 2012年12月9日閲覧。
  15. ^ 新加入選手のお知らせ SC相模原オフィシャルブログ (2013年3月8日)
  16. ^ a b 讃岐 12年目のJデビュー。GK森田耕一郎、次は初勝利を。 blogola (2014年3月21日)
  17. ^ 森田耕一郎選手 カマタマーレ讃岐へ完全移籍のお知らせ SC相模原オフィシャルブログ (2014年1月7日)
  18. ^ 森田耕一郎選手 完全移籍加入のお知らせ カマタマーレ讃岐 (2014年1月7日)
  19. ^ 契約満了選手のお知らせ カマタマーレ讃岐 (2014年12月15日)
  20. ^ 森田耕一郎選手 レノファ山口FC 移籍のお知らせ カマタマーレ讃岐 (2015年1月13日)
  21. ^ 森田耕一郎選手、香川勇気選手 加入のお知らせ レノファ山口FC (2015年1月13日)
  22. ^ “J3優勝&J2昇格の山口、GK森田ら10選手が退団”. スポーツニッポン. (2015年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/11/26/kiji/K20151126011580430.html 2015年11月29日閲覧。 
  23. ^ “退団選手のお知らせ” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2015年11月26日), http://www.renofa.com/archives/6223/ 2015年11月29日閲覧。 
  24. ^ “夢先生の紹介 スポーツこころのプロジェクト”. http://www.sports-kokoro.jp/pc/yumesensei.php?id=590 2018年8月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]